産前産後こそバストケアが必要!マタニティから授乳まで使えるナイトブラ3選

産前産後こそバストケアが必要!マタニティから授乳まで使えるナイトブラ3選

産前・産後のバストは一生で一番忙しく変化する時期といっても過言ではありません。忙しい授乳期が終わると自然と小さく垂れてしまうことが多いというのもよく耳にする話ですよね。それは仕方ないと思いがちですが実はそうではありません。産前産後はしっかりナイトブラでケアをすればバストを美しく保つことは十分可能なんです!


マタニティ期間から授乳が終わるまでのバストは大忙し!

待望の赤ちゃんを授かった喜びは何事にも変えられませんよね。しかし、妊娠から出産までは意外とあっという間。産後はすぐに授乳も始まり、育児や家事に忙しくバストのケアまで手が回らないのが実情ではないでしょうか。

そうして授乳期が終わり、ふと自分のバストを鏡で見てみたら「妊娠前より垂れた」「サイズが小さくなった!」なんて人も少なくありません

赤ちゃんへの授乳を頑張ったからこその変化ではありますが、やはりショックを受けてしまいますよね。でも仕方ないと諦めるのはまだ早いのです。産前からしっかりケアしておくことで、産後のバストの変化を抑えることは十分可能なんです!

産前・産後にバストに訪れる変化とは?

妊娠するとバストが大きくなる、産後はバストがしぼんでしまう、ということはよく耳にしますね。実際わたしたちの体やバストは、産前~産後どのような変化が起こるのか詳しく見ていきましょう。

妊娠~出産までのバストの変化

妊娠中のバストは母乳を作る準備に入るため、サイズはどんどん大きくなっていきます。平均して妊娠前より2カップ程度サイズアップする人が多いようです。

しかし母乳を作る準備としてバストが大きくなるメカニズムは具体的にはどのようなものなのでしょうか。

女性の胸は主に9割の脂肪と1割の乳腺という組織で出来ています。そして乳腺の先には乳腺葉と呼ばれる組織があり、これが母乳を作る役割を持っています。この乳腺葉は産後に母乳を作るために、どんどん発達していき、それに伴い乳腺葉を守ろうと周りの脂肪もどんどん増えていくのです。これが妊娠するとバストサイズが大きくなるという仕組みです。

ですが妊娠によってバストが大きくなる時期や速さには大きく個人差があります。もちろん大きくならないからといって産後に母乳が出にくくなるというわけでもありません。現在妊娠中の人もあまり気にせずリラックスして過ごすようにしましょう。

出産~卒乳までのバストの変化

出産後授乳が始まると赤ちゃんに刺激され、バストの中では母乳をフル稼働で正産している状態となります。そのため、妊娠中よりもさらにサイズが大きくなる人もいるようです。

しかし卒乳の時期になると母乳をつくる必要が無くなり、そのため発達した乳腺葉が衰退し、それを守っていた周りの脂肪もしぼんでしまうのです。

サイズが小さくなるだけでなく、大きくなったバストの重みや赤ちゃんの引っ張りによって垂れてしまったというケースも多くあるようです。

中には妊娠で大きくなったバストサイズが卒乳後も変わらないという人もいますが、ごくまれなケースのようです。多くの場合は妊娠の影響で大きくなったバストは、卒乳後に元に戻る運命にあるといえます。

マタニティ~授乳期のバストケアはナイトブラがおすすめ

産前から産後まではの忙しい時期のお母さんにはナイトブラでのバストケアをおすすめします。ですが、他のケアと何が違うのか、ナイトブラとはそもそもどんなものなのか、なぜおすすめなのかをここでは詳しく説明して行きます

バストアップサプリやクリームはおすすめ出来ない

産前・産後のバストは上記で説明したように変化が激しい時期のため、しっかりバストケアをする必要があります。

しかしバストケアといっても、サプリやマッサージ、筋トレなど様々な方法があります。ですが産前は体調も不安定な場合も多く、産後は育児に追われるため、自分のケアを入念に行なう時間や体力はほとんどないのではないでしょうか

また妊娠中や授乳中の場合、女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれるバストアップサプリやクリームの使用はおすすめ出来ません。産前・産後はホルモンバランスが不安定な時期のため、思わぬ体調不良を起こす場合もあるためです。また、へその緒や母乳経由で赤ちゃんに成分が届いてしまう可能性もあるため、健康な発育のためにも避けた方が良いといえます。

ナイトブラがおすすめな理由

バストマッサージやエクササイズなども、自宅で手軽に出来るケア方法の一つではありますが、妊娠中は体調も変化しやすく、産後は育児に追われるため、時間を取って毎日行う事はなかなか難しいものですよね。

産前から授乳中のバストは張りやすい状態が続くため、そのような状態では普通のワイヤー入りのブラは痛いと感じる人も多いようです。また、大きくなるバストの妨げもになるため、無理をして付けない方が無難といえます。

そこで赤ちゃんにもお母さんの体にも負担がほとんど無いバストケアとしては「ナイトブラ」がおすすめです。ナイトブラとは、その名の通り睡眠時に着けることを想定して開発されたブラのことでバストが垂れたり離れたりするのを防ぐ・背中や脇のお肉を補正してくれるという効果が期待出来るものです。

睡眠を妨げないようゆったりとした付け心地なので、窮屈さや授乳しやすさのためにノーブラで過ごしている人も快適に使うことが出来ます。何しろ着けて寝るだけ、というのも忙しいお母さんには嬉しい限りですね。

マタニティ~授乳期のナイトブラの選び方

体に負担の少ないバストケアとして、ナイトブラの使用が適しているとお伝えしてきました。ですが下着である以上、合わないサイズや素材を選んでしまう体の負担となる可能性があります。

ここでは産前・産後のバストの変化を優しくサポートし、バストケアもしっかり出来るナイトブラの選び方を詳しくご紹介して行きます。

バストサイズの変化に対応出来るもの

妊娠前よりサイズが大きくなったバストは、授乳中は母乳が溜まることで張ったり、授乳直後は母乳を出した分張りが落ち着くということを繰り返します。サイズの変動が非常に激しいこの期間は、今まで使っていたワイヤー入りの普通のブラでは多くの人が窮屈に感じてしまうようです。

また大きくなったバストは、それに伴い重さもアップします。重みが増えたバストは、バストを支えるクーパー靭帯という組織や肩に負担がかかりやすくなってしまうため、垂れ胸や肩こりの原因になってしまいます。

それらを防ぐためには、適度なホールド感のあるナイトブラがおすすめです。サイズの変化にも対応出来るよう、カップ部分を中心に全体的に伸縮性のあるものを選ぶようにしましょう。

授乳しやすい形のもの

産後に授乳が始まれば、人によっては1年以上の授乳生活となることもあります。赤ちゃんへの授乳は夜中や外出先でも行なわなければいけないケースもあるため、いつでもすぐに授乳しやすい状態にしておく必要があるのです。

ナイトブラは多くがスポーツブラのようなワイヤーのない形のものなので、サッとカップ部分を下げるだけですぐ授乳できるので、とても便利です。形もフロントオープン出来るものや、クロスタイプのものもあるので、自分の授乳しやすいナイトブラを探してみてください。

また、授乳中は専用の授乳ブラを使用する人も多いですが、授乳ブラというのはあくまでも「授乳しやすい」という点に特化したブラなので、ナイトブラのようにバストを補正する機能が無いため24時間使用する場合は注意が必要です。

しっかりバストケアをしたいという人は、昼夜兼用のナイトブラを選んだり、昼は授乳ブラ、夜はナイトブラで使い分けるなどの方法がおすすめです。

やさしい肌触りのもの

授乳中のお母さんにとってはブラの素材もとても重要です。授乳の度に赤ちゃんに吸われた乳首は、人によっては荒れたり痛みが出てしまうということもあるようです。また、硬い素材のものだと、授乳中に赤ちゃんの顔に擦れたりしないかも心配ですよね。

そのためお母さんにも赤ちゃんにも優しい素材のナイトブラを選ぶようにしましょう。肌の弱い人は綿やシルク素材などの天然繊維がおすすめです。もちろんナイロンなどの化学繊維でも、最近では通気性も良く快適に着けられるものが多いので、是非自分に合った素材を探してみてください。

マタニティ~授乳期におすすめのナイトブラ3選

これまで産前・産後のナイトブラ選びのポイントを紹介しましたが、実際ナイトブラって種類が多くてどれがいいのかわからないものですよね。

そんな人のために授乳中におすすめなナイトブラを3つ厳選してご紹介したいと思います。

1:viageビューティーアップナイトブラ

楽天総合ランキング1位常連、満足度93%を誇る、viage(ヴィアージュ)のビューティアップナイトブラ。ノンワイヤーで伸縮性が高い素材を使用しているので着心地も抜群です。

アンダーバスト部分に施された伸縮性ゴム編み構造が、重くなったバストをしっかりサポートしてくれるので、バストへの負担が減り、卒乳後にバストが垂れてしまうことを防ぐことが期待出来ます。また、バストラインに沿った着圧構造が、おわん型の美しいバストラインに整えてくれます。

伸縮性の高い素材なので、授乳の際もサッとバストを出しやすくなっています。

サイズはS-M・M-Lの2種類展開で、カラーはブラック1色です。シンプルなデザインなので、授乳が終わった後も、通常のナイトブラとして使い続ける人が多いようですよ!

viageビューティーアップナイトブラ

¥ 2,980(税抜:2018/2/22時点)

授乳もできるナイトブラ
を探していて、授乳後に胸がしぼんで垂れてしまわないように授乳中の今からケアしたいと思ってレビューの良いこちらを購入しました。

口コミにもあったようにホールド感がよく、でも締め付けつけず購入して良かったです!!そして授乳もしやすいのでまさに探していたブラです!授乳が終わったあと、垂れないように続けてつけてみようと思います。

初のナイトブラ…
ずっと気になっていた人生初のナイトブラ!1人目を妊娠し卒乳後の胸は、かなり悲惨なことに…現在双子を妊娠していますが1人目のときのようにならないように寝てる間も垂れないケアをしようとナイトブラを注文しました(^^ )

今までノーブラかノンワイヤーブラをして寝ていたのですが、いつも垂れていた胸…ですがこれは仰向けで寝てもくっきり谷間が!(笑)締め付け感はないのにすごいです。

2:おやすみブラ

妊娠初期から授乳中まで、幅広く対応出来るナイトブラがこちらの「おやすみブラ」

カップ裏のサイド・アンダー部分にパワーネットが内臓されているため、寝ている間のバストの横流れを防止してくれます。また、クロスオープンタイプなので片手でも簡単に授乳出来るのが嬉しいポイント

ストラップ部分も幅広なので大きくなったバストをしっかり支えてくれるので、肩への負担も軽減されます。

M・Lの2サイズ展開でカラーバリエーションは3色。素材は綿92%なので肌触りもばっちりです。2,000円以下ととってもリーズナブルで、長い期間使用出来るのでコスパも〇。

おやすみブラ

¥ 1,600(2017/2/26時点)

つわりがおさまってきてから、夜にかぎらず一日中使っています。可愛いし、締め付けが苦しい時期には良いと思います。

産後にブルーを購入しました。写真で見るような薄い水色ではなく鮮やかではっきりした水色でした。おやすみブラなので締め付け感はなく多少のホールド力もあり。授乳もしやすくつけ心地もいいのできにいってます。

3:ピジョンおやすみ授乳ブラ

哺乳瓶や赤ちゃん用品でも有名なピジョンも、授乳出来るナイトブラ「おやすみ授乳ブラ」を販売しています。

伸縮性のよいストレッチ素材を採用し、カップ内側左右のパワーネットで、睡眠中にバストが流れるのをしっかりと防いでくれます。

ぱっと見フロントオープンタイプに見えますが、なんとサイド&クロス&フロントと3通りのオープン機能が採用されています。シーンに合わせて、起きて授乳する際はフロントかクロスから、添い寝しながら授乳する際はサイドからバストを出すことが可能です。

着脱しやすくアンダー調節も可能なので、産前・産後のバストと体系の変化にも対応出来るのが嬉しいですね。

サイズはM・Lの2サイズで、ドット柄のネイビー・グレーの2色展開です。綿95%、ポリウレタン5%で肌に優しい使い心地となっています。機能もデザインもこだわりたいというお母さんに特におすすめのナイトブラです。

ピジョンおやすみ授乳ブラ

¥ 1,942(2017/2/26時点)

マタニティから使えるナイトブラで徹底バストケア!

赤ちゃんのための体の変化は立派なお母さんの証ですが、やはり女性たるもの、いつまでも素敵なボディラインを保ちたいですよね。

無理なく毎日着用するだけでバストケアが出来るナイトブラは、忙しいお母さんたちの強い味方です。

ナイトブラは出来るだけ早い段階から着ける方がケアの効果を感じやすいといえますが、卒乳後からでは遅いということもありません。

いつまでもキレイなお母さんでいるためにも、早速ナイトブラを習慣を始めてみましょう!

関連するキーワード


ナイトブラ