[白髪対策]髪の毛に傷みを与えない!白髪染めのベストな間隔・頻度を解説!

[白髪対策]髪の毛に傷みを与えない!白髪染めのベストな間隔・頻度を解説!

2017年09月26日 公開 白髪(32) [白髪対策]髪の毛に傷みを与えない!白髪染めのベストな間隔・頻度を […]


[白髪対策]髪の毛に傷みを与えない!白髪染めのベストな間隔・頻度を解説!

[白髪対策]髪の毛に傷みを与えない!白髪染めのベストな間隔・頻度を解説!

白髪を染める際に髪や頭皮のダメージが気になる方必見!市販の白髪染めをする際のベストな間隔と頻度を解説します。また、部分染めを上手に活用する方法や男女別のおすすめ白髪染めランキングを大公開します。


白髪染めは美容院?それとも市販の白髪染め!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

白髪を染めたいと思った時あなたは美容院で染めますか?それとも市販の白髪染めを自宅で使用しますか?

美容院で白髪染めをすると、プロの美容師が白髪を染め上げてくれる為にムラなく綺麗になりますがその分コストがかかります。自宅で白髪染めをすると非常に低価格でお手軽に染める事ができますが、素人が染める為にどうしても仕上がりにムラが出来たり何度も染め直してしまいます。

結果的に自宅で白髪を染めた場合は、こういった何度も白髪を染める事による髪や頭皮へのダメージは蓄積されて最終的にパサパサの髪になる可能性があります。

どちらもメリット、デメリットがありますが、ここでは自宅で白髪を染める場合の上手な染め方や適切な頻度、おすすめの市販の白髪染め等をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

白髪染めの適切な頻度と髪を傷めない間隔

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

白髪染めには最適に染めるペースが存在します。毛髪が成長する間隔等を考慮した場合、白髪染めをする頻度はいったいどれくらいが適切か、毛髪や頭皮を傷めない間隔等をここではご紹介します。

白髪染めを使用する頻度はどれくらい?

綺麗に白髪を染め上げても、毎日髪の毛は数ミリずつ伸びていきます。これを考慮した場合、2~3週間程経過すると髪の根本部分に白髪が目立ってきて気になってきます。

ただ、こういった新しく生えてきた白髪を完璧に全部隠そうとすると3週間ほどの頻度で染めなければいけない為に、費用や毛髪、頭皮へのダメージは計り知れないほどになってしまいます。一般的には白髪を染める頻度としては、1ヶ月~2ヶ月に1回程度が適切と言われていますのでぜひ覚えておきましょう。

毛髪や頭皮を傷めない白髪染めの間隔は?

市販の白髪用ヘアカラーやカラートリートメントで全体を染めた後に、生え際や根元の伸びてきた白髪が気になる人は非常に多いですよね。こういった箇所の白髪が気になる間隔は、早い人で2週間ほど、白髪が少ない人で2ヶ月ぐらいと言われています。

毛髪や頭皮を傷めない為に白髪を染める間隔も、白髪染めに適切な頻度と同じ1ヶ月~2ヶ月ですので、基本的に全体染めをした後は1~2ヶ月経ってから、再度白髪を染める程度が良いとされています。

それ以上の頻度や全体染めを何度も頻繁に行うと、毛髪や頭皮へのダメージが蓄積されて将来的に頭皮環境に悪影響が出るので控えるようにしましょう。

部分染めを上手に活用する方法

髪の根元や生え際の伸びてきた白髪を染めるなら部分染めを使用すると良いと言われています。部分染めはクリームやスティック等タイプも色々と販売されています。

細かい頻度で部分染めをしていく事によって、白髪が目立ちやすい生え際等を含め全体的に綺麗な髪を維持する事ができます。1ヶ月に何度も部分染めをしたい人は成分配合に気をつけて、無添加や自然派タイプの商品を使用すると良いでしょう。

おすすめの使い方としては、1~2ヶ月に一度全体染めをしてから気になる生え際等の箇所に部分染めをその都度使用するといった方法です。全体染めと部分染めを交互にうまく使用する事で、毛髪や頭皮へのダメージも軽減でき、いつでも綺麗な黒髪を保つ事ができます。

白髪染めはどちらがおすすめ?

一般的に主流なのは、毛髪や頭皮に刺激が少なく髪が傷まないカラートリートメントですが、どうしても一回で白髪を染め上げてしまいたい人には向いていません。

そんな人はカラートリートメントではなく、白髪染めヘアカラーを最初に使用して全体を一回で染め上げてから、伸びてきた新しい生え際や根元の白髪をカラートリートメントでリタッチする方法もあります。

どちらもメリットとデメリットがありますので、あくまでも自分の肌体質や使用用途によって使い分けるのがベストだと言えるでしょう。

白髪染めヘアカラーとカラートリートメントの違い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

白髪染めをする際にヘアカラーとカラートリートメントの違いを把握しておく事はとても大切です。通常のヘアカラーと違って白髪染めヘアカラーやカラートリートメントは白髪用に作られている為、キレイに染まり白髪が目立たなくなる点は共通しています。

ここでは両者にどんな違いがあるのかをご紹介します。

ヘアカラーのメリット

テレビCM等で知られるほとんどの白髪染めはこのヘアカラー(永久染毛剤)に分類されます。黒髪が明るい色にお手軽に染められる事と、染めてから1ヶ月~2ヶ月と色持ちが良い事が非常に魅力的です。

また、ヘアマニキュアや一時染めのように毎日のシャンプーで色落ちする事がない事、1回でしっかり染められる事が最大の利点と言えるでしょう。

ヘアカラーのデメリット

一般的な市販のヘアカラーはその強力な染毛力がある反面、毛髪や頭皮に多大なダメージを与えてしまいます。中には海外で禁止されている強い成分やアレルギーや皮膚障害が起こる場合もあるので、使用前のパッチテストは毎回必ず行いましょう。

また、お風呂で染められない事や染め直しや重ね染め等でダメージが蓄積される為に、ある程度の期間を空ける事が必須となります。アレルギー体質の人や敏感肌の人はヘアカラーは刺激が強すぎる為できるかぎり避けるようにしましょう。

カラートリートメントのメリット

白髪染めの中でも現在主流となっているのが、ヘアカラートリートメント(半永久染毛料)です。入浴後に使用し10分ほど間隔を空けて使用する事で白髪を染めるタイプがほとんどです。

白髪染めヘアカラーに比べて毛髪や頭皮への刺激・ダメージがほぼなく、皮膚トラブルや毛髪の痛みがほとんどないのが最大の特徴です。カラートリートメントは髪の表面だけに着色するもので、自毛には染まらず白髪だけに染まります。

髪の傷みが気になる人や敏感肌や刺激の強いものが嫌で通常の白髪染めヘアカラーに抵抗のある人に適した白髪染めです。

カラートリートメントのデメリット

カラートリートメントは毛髪や頭皮にダメージがほとんどない反面、一度で全体を綺麗に染め上げるような染毛力はありません。毎日使用し続ける事で白髪をしっかりと染め上げていき効果を実感できる白髪染めなのです。

カラートリートメントは、白髪を繰り返し染めるうちに徐々に配合されている染毛成分が髪に浸透して白髪を黒髪に染め上げるという点はおさえておきましょう。

市販でおすすめの白髪染めランキング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

【男性】1位:利尻ヘアカラートリートメント

【特徴と効果】
ミネラル成分が豊富な利尻島産の天然利尻昆布を使用した無添加カラートリートメントです。数々の白髪染めの賞(白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェア2015年で1位等)を取っています。保湿力の高い天然のフコイダン配合とトリートメント感覚でツヤと潤いたっぷりの綺麗な髪へ染め上げられる大評判の商品です。

自然派clubサスティ 利尻昆布ヘアカラートリートメント白髪染め 200g×1本(全4色)

¥ 2,000(税抜:2017/12/19時点)

1,000円OFF!!(通常価格:3,000円)



【男性】2位:LPLP(ルプルプ)

【特徴と効果】
毎日使用するコンディショナータイプの白髪染めです。いつも使用しているリンスやコンディショナーと入れ替えるだけなので非常にお手軽に白髪染めできます。使い方もリンスと同じで、シャンプー後に水気を切って、塗って5分放置して洗い流すだけです。

天然海藻エキスやコラーゲン、ミネラルも豊富に配合していますので、白髪染めだけでなくダメージ補修をしながら髪のハリやコシを出してボリュームアップ効果も期待できます。

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント 200g ×1本(全4色)

¥ 1,980(税込:2017/12/19時点)

39%OFF!!(通常価格:3,240円)



【男性】3位:資生堂プリオール カラーコンディショナー

【特徴と効果】
最大手の資生堂発の白髪染めトリートメントです。なんと5分置くだけで気になる白髪を毎日徐々に染めて目立たなくするだけでなく、ツヤ、コシのある髪にしてくれる効果が評判です。

地肌にやさしい成分配合でほぼ毎日使用可能、白髪が目立ってからの対処ではなく目立たないように対応したい人は必見の白髪染めです。

プリオール カラーコンディショナー N ブラック 230g

¥ 1,380(2017/2/2時点)



【女性】1位:フラガール カラートリートメント

【特徴と効果】
毛髪と頭皮に非常に優しい成分配合、自然と染めていきたい人に特におすすめのカラートリートメントです。

ハワイ由来の成分と頭皮ケアの為の美容成分も配合しています。ヘアケアしながら徐々に髪に色をいれていく事ができますので周りに気付かれにくい点は非常に嬉しいですね。香りもアロマの匂いで癒されると好評です。

フラガール カラートリートメント 250g (ダークブラウン)

¥ 2,160(2017/2/2時点)



【女性】2位:サロンドプロ クリームヘアカラー

【特徴と効果】
白髪をとにかく綺麗に染めたい!という人向けの白髪用ヘアカラーです。カラー剤独特のきついニオイがない成分だけ使用されている為にまずニオイが全く気になりません。

椿オイルやパールエキス、ローズヒップオイル、海藻エキス等たくさんの潤い成分で綺麗に美しく染め上げてくれます。混ぜる手間もなしのワンプッシュボトルが非常に口コミで良いと話題になっているようです。

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー(白髪用) 6<ダークブラウン> 50+50g

¥ 733(2017/2/2時点)



【女性】3位:アンナドンナ エブリ

【特徴と効果】
こちらは元々の髪色が明るい人におすすめのカラートリートメントです。色がオレンジやレッド等非常に豊富で径種類もあり非常に人気が高いです。白髪染めだけでなく髪全体を明るい色にしたい人にもおすすめのカラートリートメントです!

アンナドンナ エブリ カラートリートメント <ブルー>

¥ 1,318(2017/2/2時点)



白髪染めは肌にやさしい成分配合のものを選びましょう

白髪染めはヘアカラーやカラートリートメントタイプの他、今回ご紹介しなかったヘアマニキュア等、非常に多くの種類が販売されています。

しかしどの商品にもメリットがあればデメリットも必ず存在しますので、自分の白髪をどう染めたいのか、髪質や肌質等を考えて自分の染め上がりを実現できるような白髪染めを選びましょう。

一般的にはやはりカラートリートメントタイプが主流となっており、毛髪や頭皮へのダメージがほとんどない為に人気で売れているようです。白髪染めは染め続けなければいけない為、一度の染毛力よりも毛髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えて徐々に染め上げるカラートリートメントが選ばれている理由なのかもしれません。



記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


関連する投稿


最新の投稿


白髪発生のメカニズムを解説!白髪の原因となるメラニン色素が減る理由8つ

白髪発生のメカニズムを解説!白髪の原因となるメラニン色素が減る理由8つ


ナイトブラは胸が大きくても小さくても必需品‼ポイントとおすすめ商品まとめ

ナイトブラは胸が大きくても小さくても必需品‼ポイントとおすすめ商品まとめ


白髪を染めるならヘアマニキュアが良い!知らなきゃ損するオススメの理由3選

白髪を染めるならヘアマニキュアが良い!知らなきゃ損するオススメの理由3選


ミランダが愛用する「コンブチャ」が日本上陸!TVや雑誌で話題に!その理由と効果とは….

ミランダが愛用する「コンブチャ」が日本上陸!TVや雑誌で話題に!その理由と効果とは….


男性用白髪染め3選|白髪が気になるメンズは注目!白髪染め選びのポイントも解説!

男性用白髪染め3選|白髪が気になるメンズは注目!白髪染め選びのポイントも解説!