[完全公開]シミウスの成分を分析して発覚した衝撃事実

[完全公開]シミウスの成分を分析して発覚した衝撃事実

シミに効果があると大評判の美白マッサージジェル シミウス。配合されている成分の何がシミに効いているのか、他にはどのような効果があるのか、成分を徹底分析しました。


今話題のシミウス!その成分を徹底分析してみた

最近、ずいぶんと話題になっているシミウス。どうやらシミウスにはたくさんの美容成分が含まれていますが、それらにどのような働きがあるのか気になりますよね。

あらためて成分を紐解いてみると聞いたことがあるものからまったく知らないものまでさまざまですが、どれも肌のことを極限まで追求した結果、良いものばかりが集まっている印象です。

それぞれについて詳しく見てみましょう!

徹底解剖したシミウスの成分別まとめ

シミウスの全成分を一覧表にすると以下のようになります。この中から肌のために配合されている良い成分について詳しく解説します。

シミウスの成分一覧
【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス

【その他の成分】
精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カリボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青1、赤106、香料

グリチルリチン酸ジカリウム

生薬に使われているマメ科の甘草(かんぞう)を原料とした成分。抗炎症作用があり、肌荒れの改善やニキビへの対策を目的として使われています。主に漢方薬やニキビ対策用化粧品に配合されています。

プラセンタエキス

聞き馴染みのある名前ですが、これは哺乳類の胎盤から抽出されたエキスで、多くの美容化粧品に使用されています。

アミノ酸が豊富で、肌のターンオーバー(新陳代謝)を整える作用があるためシミの改善が期待できます。肌に浸透すると保湿成分セラミドの生成を促す働きがあるため肌のうるおいにもつながります。

その他の成分にもシミや美肌に効果的なものがたくさん

シコン(紫根)エキス

紫根は多年草植物の根です。紫根に含まれるシコニンという色素には肌荒れを抑えてくれる効果や殺菌作用があり、古くから外用の漢方薬「紫雲膏(しうんこう)」として使われている成分です。

また、紫根にも肌のターンオーバー(新陳代謝)を整える作用があるため、シミの改善の助けになると言えます。

ブチレングリコール(BG)

BG とも略される保湿成分です。抗菌作用があり、さらりとした使用感で低刺激。肌を保湿する作用があります。

濃グリセリン

グリセリンは石鹸を作る際の副産物ですが、濃グリセリンはその濃度が98%以上と濃いものです。ブチレングリコール同様、保湿成分ですが、さらりとしたブチレングリコールよりややベタつきがあるぶん、さらに保湿に優れています

プロピレングリコール(PG)

PGとも略される保湿成分。保湿剤としてだけでなく、乳化剤や殺菌剤、溶剤など幅広い目的で使用されています。

ペンタンジオール

保湿剤として使われるほか、抗菌力を活かして溶剤としても使用されている成分です。ブチレングリコールよりも低濃度で抗菌できると言われています。

水溶性コラーゲン液

動物由来のコラーゲンで、保水力や弾力性が高く肌表面に浸透しやすいため保湿剤として使われます。

サクラ葉抽出液

その名の通り、サクラの葉から抽出されたもので、シミの原因となるメラニンの生成を抑える働きや保湿・美白作用、さらに抗炎症作用や肌荒れを防止する作用など幅広い効果があると言われています。

ヒアルロン酸ナトリウム

保湿成分として有名なヒアルロン酸は水に溶けやすい性質で保水力が高い成分です。肌に馴染みやすいため角質層にうるおいを与えることができ、さまざまな化粧品に使用されています。

アルニカエキス

アルニカという花から抽出されたエキスで、ヨーロッパで古くから捻挫の治療などに使用されてきました。保湿力が高く、シミの原因となるメラニンの生成を抑える働きと抗炎症作用があります。また、血行促進の効果もあるため育毛剤などにも使用されています。

シナノキエキス

別名をフユボダイジュエキスといい、シナノキのはや花から抽出されたエキスです。不眠症などに効くハーブとしてヨーロッパでは古くから使用されています。肌に対しては保湿作用、収れん作用、血行促進作用、抗酸化作用などがあります。

スギナエキス

スギナから抽出されたエキスで多くの効果があるとされ、化粧品だけでなく入浴剤や育毛剤など幅広く使用されています。その効果は保湿作用、抗炎症作用、収れん作用などがありますが、皮膚にハリを与えることから小ジワへの効果も期待できます。

オトギリソウエキス

オトギリソウ、またはセイヨウオトギリソウから抽出されたエキスで、保湿作用、収れん作用、抗炎症作用、抗酸化作用、美白作用があると言われています。日焼け止めの効果もあるため多くの化粧品に使用されています。

セージエキス

セージから抽出されたエキスで、ヨーロッパではハーブティーや調味料として古くから使用されています。抗菌作用、抗炎症作用、収れん作用、血行促進作用などがありますが、化粧品だけでなく入浴剤や育毛剤などにも使われています。

セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウから抽出されたエキスで、収れん作用、抗酸化作用、抗炎症作用、抗男性ホルモン作用などがあります。化粧品だけでなく入浴剤にも使われています。

ゼニアオイエキス

ゼニアオイから抽出されたエキスで、保湿効果が高いため、乾燥から肌を守るための化粧品に多く使われています。

カモミラエキス

カモミールから抽出されたエキスで肌に優しく保湿効果が高いのが特徴です。
シミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる働きがあるため、美白化粧品に多く使用されます。

トウキンセンカエキス

トウキンセンカから抽出されたエキスで、保湿作用、抗炎症作用、抗菌作用、鎮静作用、血行促進作用などがあります。とくに敏感肌にも使えることやアクネ菌に対する抗菌作用が強いためニキビ用の化粧品に使われることが多くあります。

そもそもシミウスが該当する医薬部外品って?

シミウスは基礎化粧品でありながら医薬部外品とのこと。そう書かれているだけでなんだか頼もしいイメージがあります!しかし医薬部外品が何なのかということは実は詳しくわからない…。

医薬部外品とは?

化粧品には「薬用」と記載されているものが多くありますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

医薬品医療機器等法(薬機法)ではそのうち「化粧品」「医薬品」「医薬部外品」の3つに分かれます。このうち化粧品は作用も穏やかですが、医薬品と医薬部外品についてはある一定の効果が見込めるとされ、有効成分を記載できるものとなっています。

医薬部外品と医薬品の違いは?

作用の強さで言うと医薬部外品は医薬品より弱いもので、化粧品と医薬品の中間に位置します。わかりやすくすると、作用が強い順に「医薬品>医薬部外品>化粧品」となります。

医薬品はさらに、医師が処方する「医療用医薬品」と処方箋がいらない「一般用医薬品」に分かれます。

化粧品にも種類がさまざま

少しでも効果が高いものを使って
シミを改善したい!
↓   ↓   ↓

シミウスは医薬部外品だから効果が見込める!

分析してわかったシミウスの衝撃の事実

シミウスにはシミに効くさまざまな成分が配合されていることがわかりました。話題になるのも納得です。

シミへの効果や保湿効果については主要な成分だけでなく「その他」に含まれる成分にも「保湿」「メラニン抑制」「収れん作用」「抗炎症作用」などなどさまざまな効果があるものが目白押しでした。

やはりシミウスはシミ対策や保湿効果に強いこだわりをもって作られた商品だということですね。ハーブなどの植物から抽出されたエキスが多く使われていることも個人的には好印象です。シミ対策をしたい人だけじゃなく幅広い人におすすめしたい商品です!

シミウスについてさらに詳しい記事はこちら!

関連するキーワード


シミウス オールインワン