[完全公開]メタルマッスルの成分全種類を分析して発覚した衝撃事実

[完全公開]メタルマッスルの成分全種類を分析して発覚した衝撃事実

筋肉を発達させるのにとても役立つという噂のサプリメント、メタルマッスル。どのような成分が入っており、どういった効果を発揮するのか詳細に調べてみました。そこで浮かび上がった事実とは!?


トレーニー大注目のメタルマッスルとは?

空前のジムブームが巻き起こっていることもあり、メタルマッスルHMBがトレーニーの間で注目されています

プロテインは耳にしたことがあっても、「HMB」に関してはあまり知らないという人が多いのかもしれません。

まずはHMBが何であるかについてを説明していきます!

HMBってどんなサプリ?

HMBの正式名称はヒドロキシイソ吉草酸。メタルマッスルの裏面にはHMBカルシウムの名前で記されています。必須アミノ酸の一種であるロイシンが体内で代謝される際にできるのがHMBです。ロイシン全体の5%ほどで希少と言えます。

プロテインはアミノ酸の集合体です。体内に摂り入れたアミノ酸の全てが筋肉に変わるとは限りません。HMBを摂取することによって、アミノ酸を効率良く筋肉に変えられます

HMBは体内における優秀な司令官。最近それに気づいた人たちがHMBを積極的に摂るようになっているのです。

本来であればプロテイン20杯分が必要!

メタルマッスルに含有されているHMBをプロテインから摂取するとすれば、どれくらいの量が必要になるのかを説明していきます。

プロテインはまず体内でペプチドというアミノ酸に分解されます。それがロイシンという分岐鎖アミノ酸となり、さらに分解されたときにできるのがHMB.

本来であればプロテインを20杯分を飲まなければいけないにもかかわらず、メタルマッスルであればたった10錠で事足りてしまうのです。

つまりかなりの時間をショートカットできるだけでなく、内臓への負担も軽減できるのです。トレーニーがメタルマッスルに飛びつくのも分かりますね!

メタルマッスルによる時間の有効活用

本来ならプロテイン20杯分が必要
↓   ↓   ↓

メタルマッスルならたった10錠!

メタルマッスルに含まれている成分を分析

メタルマッスルに含まれているのはHMBだけではありません。他の成分がどういう働きをするかについて、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

BCAA

必須アミノ酸であるBCAAを体内で作るすることはできません。そのため食べ物やサプリから摂る必要があります。

メタルマッスルに含まれているL-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシンの枝分かれの分子構造をしています。分岐鎖アミノ酸と呼ばれるのはそのためです。これを英語に変換するとBranched-Chain Amino Acidとなり、頭文字をとるとBCAAになります。

BCAAは筋肉のエネルギー源となるだけでなく、筋繊維が分解されることを防ぎます。またハードな筋トレ中は集中力が必要不可欠。常に気を張っていなければいけません。BCAAは脳の疲労や脳の疲れを減らす働きがあります。

良い精神状態をキープしながら筋トレを続けられれば、大幅な筋肥大が期待できます。筋繊維の損傷を回復させる力も持っています。

■BCAAの主な効果
・筋肉の損傷をすばやく回復させる
・エネルギー源になる
・集中力が高まる

L-グルタミン

BCAAと同じくグルタミンも筋肉の分解を防止する働きを持っています。免疫力の向上や内蔵機能のアップにも深く関わっています

トレーニングをスタートさせてからよく風邪を引くケースがあります。ハードに鍛えすぎると、一時的に免疫力が下がることもよくあります。そのタイミングで細菌に感染すれば、体調を崩してしまうのは火を見るより明らか。

筋肉をつけたければ、たくさんのアミノ酸が必要になります。摂取するカロリーが増えた結果、腸内環境が悪化してしまうことも…。

筋肥大で大切な二大要素は食事と運動。グルタミンはその双方に良い影響を与えてくれます!

■グルタミンの主な効果
・筋肉の分解を防止
・免疫力のアップ
・内蔵機能の強化

クレアチン

サプリメントを摂取する習慣がない人は、多くの場合クレアチンが足りてません。クレアチンは他の成分と違って体内に貯めておくことができます。毎日、摂取することでだんだんとクレアチンの値が増えていくのです。

クレアチンはパフォーマンスを向上させてくれるため、摂取し続けることによってこれまでよりも重たい重量を上げられることが可能に!

限界突破には欠かせない成分と言っていいでしょう。

また筋肉疲労を緩和させる作用もあります!

■クレアチンの主な効果
・瞬発力を上げパフォーマンス力を向上させる
・筋肉疲労の緩和

コエンザイムQ10

人体を錆びにくくする作用を持っているのがコエンザイムQ10。ハードなトレーニングをすると活性酸素が増加します。活性酸素は人の体を錆びさせて老化させてしまう働きを持っています。

コエンザイムQ10は酸化に抗う性質を持っているため、ハードな筋トレをしたときに発生した活性酸素を除去してくれるのです。

美容にも良い影響がありますので、女性からすれば積極的に摂取したい成分と言えるでしょう。

赤ぶどう発酵エキス末

赤ぶどう発酵エキス末とは赤ワインプリフェノールのことです。

こちらの赤ぶどう発酵エキス末もコエンザイム10と同様に活性酸素を取り除く作用があります。

ハードなトレーニングをする人ほど必要となる成分です。

フェヌグリーク種子エキス末

地中海で収穫できる香辛料のフェヌグリークは、胃腸を回復させる作用があるということで親しまれてきました。

健康的な肉体を手に入れるためには、内臓を良い状態で維持することが求められます。フェヌグリーク種子エキス末を摂取すれば、胃や腸の負担を軽減できるのです。

コレステロール値を下げたり体内の脂肪を除去する働きもあるため、非常に頼もしいと言えるでしょう。

L-オルニチン

オルニチンはアルギニンが体内で分解される際に合成されるアミノ酸の一種。

筋肉が分解され他の物質に変わることをカタボリック(異化)と呼びます。カタボリックはトレーニーにとって天敵でできる限り避けなければいけない現象です。オルニチンを摂取しておくことで、カタボリックを防ぎやすくなります。

アミノ酸をたくさん摂ることにより、肝機能の低下が見られることもあります。

多くのアスリートやボディビルダーは人間ドッグで肝臓の再検査を求められることが多いのだとか。それくらい肝臓に負担をかけているのです。

オルニチンには肝臓の機能を正常に維持する働きがあります。つい肝臓を酷使してしまいがちな人にとっては欠かせません!

■オルニチンの主な効果
・カタボリックな状況を防ぐ
・肝機能を高める

シナモンエキス末

新陳代謝を促す働きを持っているシナモンエキス末。代謝が活発になるため「太りづらい肉体」に変化を遂げやすくなります。

シナモンエキス末とクレアチンを一緒に摂ることにより、クレアチンがより多く筋肉の中へ摂取されることも判明しています。

購買者のことをしっかりと考えた成分と言えそうです。

黒胡椒エキス末

含有されているペパリンには血管を拡張させる働きがあるため、代謝を活発になります。メタルマッスルをダイエット目的で飲む女性もたくさんいるようなので血行促進が期待できるのはポイントが高いですね。

他にもアルカノイドを含んでいるため、多くの栄養素を吸収しやすくなります!

黒生姜エキス末

クラチャイダムとタイの人たちから呼ばれ、昔からたくさんの人の活力源となってきた黒生姜。こちらは精力剤として使う人も多かったようです。

筋肉を作るうえで欠かせないのが男性ホルモン。10代後半から20代中盤にかけての男性が最も筋肥大しやすい理由は、それだけテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが多く分泌されているからです。

黒生姜エキス末によってテストステロンを増加させることにより、筋肉がつきやすい状態へ導くことができます!

トンカットアリエキス末

こちらも男性ホルモンを活性化させる成分です。東南アジアで滋養強壮に大きな効果を発揮するということから、多くの人に服用され続けてきました。

同じ負荷をかけていてもテストステロンの値が上がるだけで、筋肥大に大きな違いが見られます。たくましい体を求めるなら、トンカットアリエキス末は絶対に必要と言っても過言ではないでしょう!

ビタミンE

筋肥大という現象をシンプルに言い表すとしたら「破壊」と「回復」の繰り返しと言えます。筋繊維を一度壊してから回復させることによって、最初よりたくましくなるのです。

その際に必要となるのがビタミンEです。筋トレによってぐったりと疲れた体をいつもより早く回復させてくれる作用があるのです。

筋肉を発達たければ必ず「休養期間」を設定しなければなりません。あまりに休みの期間が長くなると、トレーニングの頻度が減ってしまいます。

ビタミンEの摂取は体を健康に保つ意味でも大切なのです!

澱粉

筋肉はアミノ酸だけでは肥大しづらいと言われています。澱粉は体内に入ると分解されてブドウ糖に変化します。ブドウ糖は筋肥大を助けるだけでなく、体を動かすエネルギー源にもなるため重要です。

セルロース

植物細胞の細胞壁であり、食物繊維の主成分となる多糖類です。

筋肉をつけるためにタンパク質を積極的に摂取しすぎて、便秘になるケースがあります。セルロースは食物繊維のため便秘防止が期待できます!

ヒドロキシプロピルセルロース

こちらのセルロースは天然のパルプを原料として作られたもの。潤滑剤、コーティング剤としてよく使われます。添加物に対して苦手意識がある人も少なくありませんが、大量に摂取しなければ特に問題はなりません。たくさん摂りすぎる柔便になってしまう人もいるようです。

ステアリン酸カルシウム

サプリメントや医薬品などの分野でよく使用されるものです。

パルミチン酸カルシウムが主な成分である高級脂肪酸のカルシウム塩混合物。その歴史は古く100年近く前から欧米で食品に用いられてきました。

混ざりづらい性質を持っているものは、ステアリン酸カルシウムを入れることによって均等に混ざり合うようになるためとても重宝されています。

メタルマッスルは初心者トレーニーほど飲むべき!

Getty logo

メタルマッスルへの理解を深めよう!

どんな人が高い効果を期待できる?
↓   ↓   ↓

伸びしろ抜群の初心者トレーニー

最後にお伝えしておきたいのが「筋トレを始めて間もない人ほどメタルマッスルを飲むべき」ということです。

HMB系のサプリメントを摂取することによって、最も肉体が変化しやすいのは初心者の人!

実はすでに筋肉量が多い人が大幅な肉体改造を期待するのは難しいサプリと言えます。もちろん少量の筋肉が増えることはあるものの、さらにビルドアップできるかと言えばそこはクエスチョンでしょう。

初心者トレーニーほどメタルマッスルの摂取が推奨されます。ぜひチャレンジしてみましょう!

個人差はあるものの様々な栄養素を含んでいるメタルマッスルによって、早い人なら一ヶ月ほどで肉体に変化が見られますよ!

関連するキーワード


筋肉サプリ