続けるなら安くて高品質がいい!おすすめの激安プロテインを紹介

続けるなら安くて高品質がいい!おすすめの激安プロテインを紹介

プロテインを続けるためには、価格が手頃であることも大切です。安くて高品質なプロテインを見極めるため、プロテインを選ぶポイントを解説します。その上で、激安でありながらたんぱく質が多く含まれ、味も美味しいと評判のおすすめプロテインをご紹介します。


安いプロテインは効果があるの?

Getty logo

プロテインの効果は、すぐに実感できるようなものではありません。効果を得るには長く続ける必要があるため、プロテイン選びには価格も重要なポイントです。例え気に入ったプロテインがあったとしても、高価過ぎて続けられないのでは充分な効果は得られません。しかし、安いプロテインでも効果はあるのでしょうか?

プロテインの特徴

安くて高品質なプロテインを見極めるためにも、プロテインについて理解を深め、正しい使い方をすることが大切です。
目的に合った種類や摂取方法を選ぶことで、効果が得られやすくなります。また、誤った使い方をすると、健康に良くない影響やカロリーのとり過ぎにつながることもありますので、注意が必要です。

Getty logo

プロテインとは?

プロテインは、主にたんぱく質を効率よく体に吸収するためのサプリメントです。たんぱく質は筋肉や内臓、皮膚などの体をつくるもとになる重要な成分です。ホルモンや酵素がうまくはたらくようにする役割もあります。

肉や魚、卵、乳製品などに含まれていますが、これらの食品をたくさん食べると、脂質など他の成分まで体に取り込まれてしまいます。そこで、ほとんどたんぱく質だけでできた食品として作られたのがプロテインです。

プロテインの種類

プロテインには、ホエイ、カゼイン、ソイの3種類がありそれぞれ異なる特徴があります。

ホエイプロテインは、吸収が早く、筋肉を作るのをたすけるアミノ酸が豊富に含まれています。カゼインプロテインはゆっくりと時間をかけて吸収されます。

ホエイとカゼインは牛乳から生成されるプロテインですが、ソイプロテインは大豆由来のプロテインです。吸収は比較的ゆっくりで、腹持ちがよいといわれます。

プロテインの摂取方法

プロテインパウダーという粉状のプロテインを、水や牛乳に溶かして飲むものが一般的です。スナックやゼリーの形になっているものもあります。摂取量は商品ごとの表示を確認しましょう。1日に1~2回飲めば十分です。ただし、何回飲むかは、体重や運動量や、食事でのたんぱく質摂取量によって決まります。

飲むタイミングは、運動したあとや、おやつの代わり、就寝前、朝起きた後がおすすめです。

プロテインの注意点

プロテインは、一度にたくさん飲んでも吸収される量には上限があります。大量のプロテインを一度に摂取しても、最大で20~25gしか体に吸収されません。それ以上は無駄になってしまいます。規定の量を守って飲みましょう。

また、プロテインを過剰に摂取すると、ビタミンやミネラル、カロリーのとり過ぎになることもあります。食事での摂取量も考慮して、プロテインを1日に飲む量を決めましょう。

プロテインの効果

Getty logo

プロテインは、足りない栄養を補給し健康を保つためだけのサプリメントではありません。プロテインにはたんぱく質をはじめとして豊富な栄養素が含まれており、それらは身体のさまざまな機能に作用します。トレーニングをして体を鍛えている人や、ダイエットにより美しい体を手に入れたい人にうれしい効果がいくつもあります。

筋肉の合成を助ける

トレーニングにより筋肉は損傷しますが、修復の際には以前より強くなろうとします。プロテインは、筋肉が作られる材料になるたんぱく質を補うのに適しています。

筋肉の合成はトレーニング後すぐに始まります。そのタイミングでたんぱく質を補給することで、トレーニングの効果を最大限に引き出すことにつながるのです。プロテインなら水に溶かして飲むだけなので、手軽にたんぱく質を補給できます。

疲労回復効果がある

プロテインを飲むことで、運動による身体疲労の回復を速める効果があります。回復には、筋肉の修復とエネルギー補給が必要で、そのためにはたんぱく質と炭水化物(糖質)を摂取することが有効であり、プロテインはその両方を素早く補給することができます。

糖質は、それ単体よりもたんぱく質と一緒に摂取する方が、疲労回復の効果が高まるという研究結果があります。回復効果を期待するならば、プロテインの中でも糖質が含まれているものを選ぶようにしましょう。

ストレスを軽減する効果がある

プロテインはたんぱく質が主な成分となっており、必須アミノ酸が豊富に含まれています。その必須アミノ酸のひとつトリプトファンは、精神を安定させる脳内物質セロトニンを作り出すもととなります。セロトニンの分泌が促されることで、ストレスの軽減につながります。

プロテインは体にだけでなく、脳や精神にもはたらきかける効果を持っているのです。

肌や髪のハリが出て美容効果がある

大豆から精製されるソイプロテインには、大豆イソフラボンが含まれています。これは、肌や髪にハリを与える女性ホルモンと似たはたらきをするといわれています。

エストロゲンの減少の理由には生活習慣やストレスなどがあります。さらに、更年期に差し掛かる40代からは誰もがエストロゲンの減少を経験します。

また、多くのプロテインにビタミンやミネラルも豊富に含まれています。これらも美しい肌や髪に欠かせない成分です。

プロテインの選び方

Getty logo

国内外のさまざまなメーカーが、多種多様なプロテインを商品化しています。その中から自分に合ったプロテインを見つけるために、選び方を整理しました。

何のために、いつプロテインを飲むのか、どのくらいお金を掛けられるか、どんな味が好きか、考えてみましょう。自分に合ったプロテインが探しやすくなるはずです。

なぜプロテインを摂取するかの目的で選ぶ

プロテインのどの効果を目的とするかによって、選ぶべきプロテインが決まってきます。たとえば、筋肉合成にはホエイ+BACC、疲労回にはホエイ+糖質、ダイエットや美容にはソイ、などです。

筋トレの効果をアップさせることが目的ならば、吸収の早いホエイプロテインが適しています。特にロイシンというアミノ酸が筋肉合成の助けになるため、ロイシンやBACCの配合が多いものに注目です。

疲労回復にはプロテインの中でも、糖質が配合されている「回復系」「リカバリー系」といわれるものが、おすすめです。

ダイエットや美容には、腹持ちがよく大豆イソフラボンの美容作用が期待できるソイプロテインがよいでしょう。

プロテインの種類で選ぶ

ホエイ、カゼイン、ソイの3種類のプロテインは、主に吸収速度が異なるため、飲むタイミングによって使い分けることができます。

ホエイは吸収速度が速いので、トレーニングの後などすぐにたんぱく質を補給したいときに最適です。

カゼインは何時間もかけて吸収されるため、栄養補給ができない眠っている間に体に行き渡らせるために就寝前に飲むのがおすすめです。

ソイは、比較的吸収速度がゆっくりなので腹持ちがよく、間食や食事の置き換えに向いています。また、大豆イソフラボンの効果を利用したい場合にはソイプロテインを選びましょう。

プロテインの値段で選ぶ

プロテインの平均的な価格帯は、1kg4,000~5,000円です。含まれる成分などにより、もっと安いものも高いものもあります。1杯あたりや1か月あたりの予算からプロテインを選べば、経済的な負担により続けられなくなる心配がありません。

高価なものは、栄養価が高くカロリーが低い傾向があります。逆に言えば、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸などのさまざまな栄養の添加が少なくてもよく、カロリーも少しくらいならば気にしないのであれば、安いプロテインもあります。

さまざまな重量のプロテイン商品があるので、値段は1杯あたりやグラムあたりで比較しましょう。また、10kgなど大容量の商品は単価あたりの値段が安くなることがあります。

プロテインの味で選ぶ

毎日飲むならば、味も重要です。美味しい方が楽しく続けられます。ミルクに似た風味のプレーン味だけでなく、甘いフレーバーのついたプロテインもいろいろあります。

ほとんどどのメーカーでも出しているのがココア味やチョコレート味です。甘さと香りで飲みやすくなっています。イチゴやバナナなどのフルーツ系のフレーバーも人気です。

たんぱく質の含有量で選ぶ

プロテインはたんぱく質のサプリメントなので、大半がたんぱく質だと思いがちですが、実はそうとも限りません。商品によって、たんぱく質が占める割合は異なります。飲むならば、やはりたんぱく質を一度に多くとれるプロテインの方が効率がよいといえます。

1杯(約30g)あたり何gのたんぱく質が含まれているかや、たんぱく質含有率などが表示されている場合には、それを見てみましょう。なければ、成分表示から確認します。

1回プロテインを飲むことで体に吸収されるたんぱく質は20~25gといわれています。よって、1杯あたり20~25gのたんぱく質が含まれている商品ならば、たんぱく質の含有量は充分だといえるでしょう。

おすすめの激安プロテイン

Getty logo

吸収が早くアミノ酸が豊富で、筋肉の合成や疲労回復に適しているホエイプロテイン。そんな定番のホエイプロテインの中から、おすすめの激安プロテインを紹介します。

価格が安いだけでなく、たんぱく質含有量や味などにも定評のある商品を厳選しました。激安プロテインならば、気軽に試せるのもうれしいところですね。

ビーレジェンド「ホエイプロテイン」

1回分のたんぱく質含有量が20g以上で、公式サイトでの値段はナチュラル風味が1kg税込2,600円、フレーバー系ならば1kg税込3,100円です。「コスパが良い」と評判です。

さらに、フレーバーの種類が多いのも特徴です。「激うまチョコ風味」「そんなバナナ風味」が美味しいと人気があり、「一杯飲んどコーラ風味」も微炭酸のプロテインという珍しさが話題です。

ビーレジェンド ホエイプロテイン 一杯飲んどコーラ風味 1Kg (アミノ酸スコア100)

¥ 3,480(2017/6/15時点)

バルクスポーツ「ビッグホエイ」


品質の高いホエイプロテインを使用し、ロイシンなど必須アミノ酸が多く含まれています。

価格は公式サイト直販ならば、1kgで税込2,993円と激安です。たんぱく質含有量は、1杯(25g)あたり18.8gと、全体の75%以上を占めます。

味にもこだわりがあり、定番のココアやバニラ、イチゴの風味に加えて、モモアイスやティラミスなど、スイーツドリンクとして飲める美味しいフレーバーが充実しています。

バルクスポーツ ビッグホエイ 1㎏ ナチュラル (プロテイン)

¥ 3,100(2017/6/15時点)

ザバス「ホエイプロテイン100」

たんぱく質の原材料は100%ホエイプロテインで、ビタミンB群7種類とビタミンCも摂ることができます。ココア味とバニラ味の飲みやすい2種類が展開されています。

たんぱく含量は75%以上で、効率よくたんぱく質を摂取できます。価格は1.05kgで約4,000円。国内メーカーであることや栄養価の高さを考えると、充分なコスパの良さです。

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g SAVAS(ザバス)

¥ 4,020(2017/6/15時点)

チャンピオンパフォーマンス「ピュアホエイプラス」

チャンピオンは海外製プロテインの中でも人気があります。スイーツのようなフレーバーの美味しさにも定評があり、クッキー&クリームやバナナクリームパイなどがあります。

ピュアホエイプラスは、激安プロテインでよく使われているWPCに加え、余分な成分を取り除いたWPIも使用されています。1杯分33gでたんぱく質を22g摂取できます。価格は2.2kgで税込6,000円で販売されており、1kgあたり約2,700円と激安です。

[ 大容量2.2kg ] ピュアホエイプラス プロテインスタック ※クッキー&クリーム風味[海外直送品] ページ

¥ 6,000(2017/6/15時点)

自分に合ったプロテインを見つけよう!

Getty logo

プロテインを選ぶポイントは、目的や種類、味や価格などさまざまです。重視したいポイントが明確になれば、価格が安いプロテインでも満足できるものを見つけやすくなります。自分に合ったプロテインを見つけて、快適にトレーニング&ダイエットを続けたいですね。