酵素の正しい摂り方を徹底解説!酵素の力を効率よく引き出し健康生活を獲得

酵素の正しい摂り方を徹底解説!酵素の力を効率よく引き出し健康生活を獲得

健康や美容に欠かせない酵素ですが、ただ摂れば良いというものではありません。その摂り方によっては効果を高めたり、逆にゼロどころかマイナスにしてしまうことも…酵素を無駄にしないために知っておくべき正しい取り方について解説!


摂り方で変わる酵素の効果

Getty logo

酵素というと何を思い浮かべるでしょうか。ひと昔前ならば洗剤や洗濯用洗剤のコマーシャルによく使われていました。確かに酵素にはタンパク質や油脂を分解する働きがありますが、それは酵素の力のほんの一部。最近になって酵素の健康効果に注目が集まってきましたが、酵素には様々な効果があります。

酵素は食べ物やサプリメント、ドリンクなどから摂取することができますが、摂取の仕方によってはその働きを高めたり、逆に酵素の力を損なってしまったりします。摂り方で変わる酵素の効果について詳しく解説していきます。せっかく酵素を摂るのならば最大限効果を生かせる摂取方法にしましょう。

酵素を効果的に摂る方法

Getty logo

酵素は食品からも摂ることができますが、どのようにしたらより効果的に摂取することができるのでしょうか。酵素を効果的に摂る方法についてまとめました。酵素を含む食材の効果的な摂り方や一緒に摂ると良い成分などをご紹介。

新鮮な野菜や果物を加熱しないで摂る

食物酵素は加熱することで多くが失われてしまいます。そのため、食物酵素を摂取するには生で食べることが重要。魚や肉は生で食べられる料理が限られているので、食物酵素の摂取には生で食べられる果物や野菜がおすすめです。また食物酵素の量は鮮度によっても変化するので、新鮮な生の果物や野菜を加熱しないで摂りましょう

1日350gのサラダ

食物酵素を十分量摂るのに摂取すべき野菜の量は350グラム、果物の量は200グラムが目安とされています。ちなみにサラダ1皿がおよそ120~150グラムなので毎食1皿はサラダか生野菜を食べると良いでしょう。また果物ならばリンゴ1個は、およそ300グラムなので三分の二、バナナはおよそ100グラムなので2本食べると良い計算になります。

すりおろして食べる

生の果物や野菜は食物酵素を摂りやすい食べ物ですが、ひと工夫することでさらに効果的に摂取することが可能になります。それはすりおろすこと。食物酵素は細胞の中に含まれますが、すりおろすことで細胞膜を壊して外に出やすくすることができます。そうすると酵素が働きやすくなり、また酵素が細胞の中に入ったまま排出されることも減少します。

酢と一緒に食べる

酵素は酢と同時に摂取することも効果的。酢自体も栄養素が豊富ですが、酢には酵素を活性化する働きがあります。また殺菌効果もあるので、生ものと一緒に食べるのに適しています。酢と生の野菜を使ったマリネや果物にデザートビネガーをかけて食べると美味しく摂取できるのでおすすめ。

伝統的な発酵食品を利用して摂る

発酵食品は、元の食品を発酵することで分解しているので、消化しやすい食品。また発酵食品には食物酵素も豊富なので、消化酵素をそれほど使用せずに消化・吸収を行うことができます。さらに、発酵食品には様々な栄養価や腸内環境を整える乳酸菌なども含まれています。これらのことから発酵食品は身体に良いと言われます。

ただし、発酵食品は伝統的な製法で作られたものでなければ酵素の補給は見込めません。添加物で反応させたものや強力に殺菌してある加工品には酵素は含まれていないので注意。

酵素ドリンクやサプリメントを利用して摂る

酵素は食品だけではなく、サプリメントやドリンクでも補うことができます。食物酵素は生の食品や発酵食品に含まれる成分。これらの食品を摂取することが難しい方はサプリメントやドリンクの利用がおすすめです。食事が偏っているという方や食べ過ぎという方もこれらを上手に活用すると良いでしょう。

体を温めて酵素を効果的に働かす

酵素は37度前後で働きが活発になります。そのため、低体温や冷え性で体が冷えていると酵素の働きが鈍ってしまいます。特に細身の方や女性などの筋肉量が少ない方は、身体が冷えやすいので注意。また薄着や空調の効いた室内に長時間いることも身体を冷やす要因となります。

低体温や冷え性の方は、厚着をしたり半身浴をしたりして身体を冷やさない工夫をしましょう。

主食と酵素の組み合わせを意識する

主食と酵素の組み合わせを意識して食事をすることも重要です。つまり、主食となる食品を分解する酵素が含まれている食品を同時に摂取するということ。

例えば、米やうどん、パスタなどの炭水化物はアミラーゼを多く含むキャベツ、レタスなどと一緒に摂るのが消化に効果的です。タンパク質ならばプロテアーゼを含む人参やバナナなど、脂質ならばリバーゼを含むセロリやキュウリなどと一緒に摂ることを意識しましょう。

補酵素も一緒に摂る

補酵素というのはその名の通り酵素の働きを補助する成分のこと。英語ではコエンザイムと言い、スキンケア用品にはよく含まれているので聞いたことがあるという方は多いと思います。補酵素には様々な成分がありますが、主にビタミン類。一部ミネラル類もあります。

酵素を摂っても補酵素が不足していたら酵素は上手く働かないので、補酵素も一緒に摂ることを意識しましょう。

酵素摂取時の注意点

Getty logo

酵素の摂取方法は分かりましたが、摂取する際に気を付けなければならないことはあるのでしょうか。酵素摂取時の注意点についてまとめました。せっかく酵素を摂っても効果が半減したり、ゼロになってしまうこともあります。そのようなことを防ぐために確認しておきましょう。

大量の動物性タンパク質を生で摂るのは逆効果

酵素は生の魚や肉などの動物性タンパク質に多く含まれます。料理で言えば、刺身やカルパッチョなど。しかしながら、これらを大量に摂ることは逆効果になる可能性があります。

動物性タンパク質は消化しにくいので消化酵素を大量に消費。また、悪玉コレステロールや飽和脂肪酸を含むため大量に摂ると身体に悪影響を及ぼします。健康を考えるのならば動物性タンパク質からの酵素摂取はほどほどにしておく必要あり。

熱い飲み物と一緒には摂らない

酵素は熱に弱いので加熱すると破壊されてしまいますが、熱い飲み物と一緒に摂ることでも働きを失ってしまいます。酵素が機能しなくなるのは48度以上と言われています。そのため熱いと感じる温度であれば酵素の働きは期待できなくなります。酵素と熱い飲み物の組み合わせはせっかく取った酵素を意味のないものにしてしまうので気を付けましょう。

継続すること

酵素に限らずどんなに健康効果の高い成分や栄養素を摂ったとしても、1回や2回摂ったところで体質に変化はありません。継続して摂取することが健康に効かせるコツ。少なくても1ヵ月以上は継続して摂ることで酵素の効果を実感できるはずです。

またせっかく効果が出ても摂るのを止めてしまったら、元に戻ってしまいます。酵素は継続して摂ることで健康に役立てることが可能。

摂りすぎには注意

酵素自体を摂り過ぎても特に副作用のようなものはありません。酵素の主成分はタンパク質なので摂り過ぎたところで特に影響はありません。逆に適量以上摂ったとしても効果が高まるというものでもありません

酵素自体は摂り過ぎても問題ありませんが、サプリメントやドリンクなどは酵素以外の成分も含んでいるので、過剰摂取により身体に悪影響を及ぼすことがあります。それぞれ適量が決められてるので用法・用量を守り摂取するようにしてください。

酵素を摂取するタイミング

Getty logo

酵素はいつ摂ると効果的なのでしょうか。酵素を摂取するタイミングについてまとめました。食事を摂るタイミングとの関係や食事を酵素ドリンクに置き換えることなどについて解説しています。

食事と一緒なら最初に酵素食品を食べる

食事の最初にキムチや納豆、ヨーグルトなどの酵素食品を食べることで、食事を消化する働きがあります。生野菜や果物などを摂っても構いません。要は消化しにくい食物を胃に入れる前に、酵素の多い食物を摂ることで消化酵素の補助を行うということ。

一般的にヨーグルトや果物などは食事の最後に食べますが、酵素の働きから見ると食事の最初に食べた方が良いと言えます。

できれば朝食抜きで酵素ドリンクを摂る

食事を抜いて酵素ドリンクを飲む置き換えを行うことで、酵素の働きを大きくすることが可能。置き換えを行うのはできれば朝食が良いでしょう。消化のリズムの観点から見ると、食事は12~20時の間に摂るといいとされています。朝食はその時間帯から外れているので、置き換えを行うのにぴったり。1食抜くことで消化酵素を節約することができ、代謝酵素を増やすことにつながります。

酵素ドリンクは酵素以外も栄養豊富で腹持ちも良いのでそれほど苦痛に感じることはないと思います。慣れてきたら1~3日酵素ドリンクだけで過ごすファスティング(断食)も行ってみると良いでしょう。

女性も喜ぶ酵素の効果

Getty logo

酵素には様々な働きがあります。具体的に酵素にはどのような効果があるのか見ていきましょう。女性に嬉しいあんな効果やこんな効果がたくさん。酵素の美容効果について紹介していきます。

ダイエット

食事をカロリーの少ないものに置き換える、置き換えダイエットは栄養が偏ったり足りなくなったりと健康的に痩せるのは難しいダイエットです。

しかしながら、酵素ドリンクを用いた置き換えダイエットならば、豊富な栄養素を含んでおり健康的。また腹持ちが良いものが多いので、ストレスもたまることなくダイエットを行うことができます。酵素を用いることで健康的にストレスなくダイエットすることが可能。

代謝力アップで痩せやすい体質に

酵素ドリンクにより食物酵素を摂取することで、消化酵素を節約して代謝酵素を増やすことになります。代謝酵素が増えれば基礎代謝量が上がり痩せやすい体質になるのでダイエット効果が期待できます。

デトックス効果で老廃物排出

酵素ダイエットにはデトックス効果もあります。通常デトックスは断食などにより効果が期待できるものですが、酵素摂取により毒素や余分なものを排出することが可能。さらに酵素ドリンクには乳酸菌などの腸内環境を整える栄養素も含まれていることが多いのでさらにデトックス効果アップ。

便秘の解消

消化酵素が十分に働くことで食べ物を消化して吸収しやすいようにすることができますが、消化の働きを高めることは便通が良くなることにもつながります。また逆に下痢を防止することにも。つまり消化酵素の働きで食べ物の消化が上手く行われることで、便秘や下痢を解消することができます。

免疫力アップで病気になりにくい健康体に

代謝酵素の働きにより基礎免疫力が向上します。つまり外部からのウィルスや病原菌などの侵入を防いだり、体内で発生したがん細胞などの除去を行ったりする働きがアップします。またケガをした際に出血や傷の治りが早くなるといったように治癒力も向上

肌が輝く美肌効果

代謝酵素は新陳代謝を行うので、美肌になると言えます。肌の古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーのサイクルが正常に行われることで肌を美しく保つことができます。逆に代謝酵素が不足しているとターンオーバーのサイクルが遅れるだけではなく、栄養が行き渡らなかったり免疫力が落ちたりするので、炎症やくすみなどの肌のトラブルを起こすことに。

酵素の基礎知識

Getty logo

酵素とは一体どのようなものなのでしょうか。また体内でどのような働きをするのでしょうか。酵素の基本知識を紹介します。酵素の種類とそれぞれの特徴や働きについて見ていきましょう。

酵素の種類とその成分

酵素は種類が多く、現在分かっているだけで2万種類以上存在することが明らかになっています。そんな酵素ですが、身体の中で作られる潜在酵素と食べ物から摂取する食物酵素に分けられます。さらに潜在酵素はその働きにより、消化酵素と代謝酵素に分けられます。消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3つの酵素の働きについて見ていきます。

消化酵素の働き

潜在酵素である消化酵素は、摂取した食べ物の消化を行う酵素。口や胃腸の消化器官から分泌されます。消化酵素は唾液や胃液などに含まれており、食べ物を吸収できるレベルまで分解。代表的なものには唾液に含まれる唾液アミラーゼや胃で分泌されるアミラーゼ、ペプシン、小腸で分泌されるアミノペプチダーゼなどがあります。

摂取した食べ物を吸収できるように消化する働きを持つのが消化酵素。

代謝酵素の働き

潜在酵素である代謝酵素は、免疫や新陳代謝など生きるために必要な活動をする酵素。消化された栄養素を身体中に届ける、筋肉を動かす、呼吸する、体内に侵入したウィルスなどを撃退する、古くなった細胞を新しいものに取り換える働きなど消化以外の生命維持に必要な働きを行っています。

そのため、健康維持、美容、ダイエット、運動能力アップなどにとって必要不可欠な物質でもあります。

食物酵素の働き

食べ物に含まれるのが食物酵素。食物酵素はその食べ物自体を消化する働きがあります。そのため消化酵素の働きを補助します。食物酵素が含まれるのは果物やサラダなどの生の食べ物やヨーグルトや納豆などの発酵食品。消化酵素は食べ物によって多いものや少ないものがありますが、調理法や食べ方によっても増減したり吸収率が変化します。

潜在酵素は年齢とともに減少する

潜在酵素である代謝酵素は体内で消化以外の生命維持に必要な働きの全てを行います。そのため健康を維持するには代謝酵素の働きが欠かせません。しかしながら、潜在酵素の数は加齢によって年々減少していきます。また生活習慣も酵素の量に関係します。そのため、なるべく酵素の量を減らさない生活習慣を送ることが健康を維持するカギと言えます。

「消化酵素+代謝酵素=一定」という考え方

潜在酵素には消化酵素と代謝酵素がありますが、その総量は一定であるとされます。酵素を体内で作れる量と使える量は決まっていて、それらを消費に合わせて消化酵素と代謝酵素に振り分けます。また、優先順位があり代謝酵素よりも消化酵素の方が優先。つまりは、消化酵素を多く消費すると代謝酵素が少なくなるということ。

健康を維持するには代謝酵素を減らさないことが重要ですが、消化酵素を大量に消費するような生活を送っていると、代謝酵素が不足して健康を保てなくなります。

酵素の無駄使いをしない事が健康の秘訣

健康維持には代謝酵素を増やすことが重要。代謝酵素と消化酵素の量は決まっているので、消化酵素を節約することが代謝酵素を増やすことにつながります。消化酵素を多く必要とするジャンクフードや脂質の多いものを控えたり、よく噛んで食べることで酵素を節約することが可能。酵素の無駄使いをしないことが健康の秘訣です。

酵素と補酵素の違い

補酵素は酵素の働きを補助するビタミン類やミネラル類のこと。酵素は単体で働くものもありますが、補酵素の存在なくしては、働けないものもあります。それらの酵素を助けるのが補酵素であり、密接な関係にあります。

補酵素の多くはビタミン類で、特にビタミンB群が多いのが特徴。ビタミンB群のビタミンは補酵素として、栄養素をエネルギーに転換したり、代謝に必要だったりと重要な働きを行います。

「消化酵素+代謝酵素=一定」に反対する考え方

消化酵素と代謝量の総量は一定であるという前提のもとに話を進めてきましたが、それを否定する考え方もあります。消化酵素と代謝酵素の量に関係はないという考え方。酵素についてはまだ明らかになっていないことも多く、現に新しい酵素が次々と見つかっています。消化酵素を消費しすぎないことは、代謝酵素と関係がなかったとしても健康にメリットがあることなので取り組んで損はないでしょう。

酵素の持つ特徴とは

Getty logo

酵素はどのような特徴を持つ物質なのでしょうか。酵素の持つ特徴についてまとめました。酵素とビタミン、ミネラルとの関係や酵素の弱点などについて紹介していきます。

酵素は生きるためにはなくてはならないもの

炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの5大栄養素や食物繊維を加えて6大栄養素が生きるために必要な栄養素と言われます。

もちろんこれらも必要ですが、酵素がなければこれらを消化・吸収することができません。消化の働き以外にも呼吸や筋肉の収縮、新陳代謝、免疫など挙げればきりがないほどその働きは多岐にわたります。そのため酵素はいきるためになくてはならないものと言えます。

酵素を中心としたビタミンやミネラルとの協同作用

ビタミンやミネラルはサプリメントとして人気の栄養素ですが、酵素がなければその健康効果は得ることができません。そもそもビタミンやミネラルは酵素の補酵素として体内で働きます。ビタミンやミネラルの美肌効果や整腸効果などの様々な効果は酵素を中心とした共同作用によってもたらされます。

ビタミンやミネラルを摂るのであれば、その前に酵素が十分に摂取できているかどうか確認しましょう。

酵素は一つの仕事しかできない

酵素は2万種類以上存在することが分かっていますが、それぞれの酵素は1つの仕事しかできません。そのためにこれだけの種類が存在するとも言えます。

例えば唾液に含まれる消化酵素である唾液アミラーゼは、炭水化物を一定まで分解する働きしか持ちません。また胃液に含まれる消化酵素であるペプシンもタンパク質を一定まで分解する働きのみ。代謝酵素も同様に1つの種類につき1つの働きを行います。

酵素は熱、強い酸やアルカリで変成する

酵素の主成分はタンパク質。タンパク質は熱に弱い成分なので、酵素は熱に弱い性質があります。そのため食べ物は、発酵食品以外は生で食べなければ食物酵素の働きは期待できません。また酵素は強い酸やアルカリでも変成します。さらに生の食品でも鮮度が落ちると酵素は失われます。酵素はこのように失われやすいと言えます。

酵素は新鮮な生の食品や発酵食品に含まれている

食物酵素は果物や野菜、発酵食品、生の魚や肉などに含まれています。果物ではバナナ、マンゴー、アボカド、野菜では大根、玉ねぎ、トマトなど。発酵食品では納豆、鰹節などから酵素が摂取できます。また野菜や果物は未熟なものよりもよく熟れたものの方が酵素を多く含みます。

酵素を正しく摂って獲得する健康体

Getty logo

酵素は摂り方によって効果に影響を与えることが分かりました。酵素は生きるために必要不可欠な成分。食べ物やサプリメントから効果的に摂取して健康に生かしたいものです。効果をアップさせる方法は、食事前に摂ったり組み合わせを考えたりと、ひと工夫するだけなので意識すれば難しくはないはず。酵素を正しく摂って健康体を獲得しましょう。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。