熱中症と体温には大きな関係が!その理由を解説します

熱中症と体温には大きな関係が!その理由を解説します

暑い夏を元気に乗り切るには、熱中症にならないように予防と対策に努めたいところです。熱中症と体温には大きな関係があり、これを正しく知っておくと、症状に早く気づいたり適切な対処をするのに役立ちます。この記事では、熱中症と体温にはどんな関係があるのか解説したいと思います。


熱中症と体温には大きな関係が!

Getty logo

熱中症の症状はいろいろありますが、その中でも体温の上昇というのは代表的なものだと思います。しかし熱中症による体温の上昇は、風邪やインフルエンザによる発熱とは違う部分が多く、その仕組みや関係についてはよく知らない方が多いのではないでしょうか。

熱中症と体温の関係や発熱の仕組みについて、詳しく見ていきましょう。

熱中症と体温の関係性とは?

熱中症は暑い場所にいるために起こるものですから、当然体温も上昇すると思われがちです。しかし実際は、熱中症になってもあまり体温が上昇しないこともあります。

では熱中症と体温との間には、一体どういう関係性があるのでしょうか?またどういう状態になった時に、体温が上昇してしまうのでしょうか?

体温調節には「産熱」と「放熱」のバランスが重要

暑い場所にいて体が熱を帯びてくると、体はそれを放熱するために汗をかいたり、血液を皮膚の近くの毛細血管に集めたりします。この放熱と体が熱をつくる産熱のバランスによって、人間の体温は一定に保たれます

産熱と放熱のバランスがとれて体温調節がうまくいっている時は、多少暑い場所にいても熱中症にならずに過ごすことができます。

体温より気温が高い時は「汗」が大活躍

気温が上がって体温よりも高くなってくると、体は熱を排出するために汗をかき始めます。汗をかくと皮膚が水分で覆われるので、その水分が蒸発するときの気化熱で体を冷やすことができます。

汗をかくというのは体の最も基本的な体温調節機能です。熱中症を予防するのに水分補給が必要なのは、水分が不足するとこの体温調節機能が失われてしまうためです。

熱中症により体の水分が不足すると「汗」がかけなくなる

人間は暑い環境にいて体温が上がると、汗をかいて気化熱で体を冷やそうとします。しかし体にある水分の量には限りがあるので、あまり汗をかき過ぎるともうこれ以上汗をかけない状態になり、発汗による体温調節ができなくなります。

体温調節ができなくなると体は熱を排出できなくなり、どんどん体温が上がって熱中症になってしまいます。

熱中症による体温上昇の原因は失われた体温調節機能

熱中症になると、初期の段階では軽いめまいや立ちくらみ、筋肉のけいれんなどが起こりますが、体温はまだそれほど上がらないことが多いです。しかし症状が進行してくると段々体温調節機能が落ちてきて、たまった熱を出すことができずにどんどん体温が上昇してしまいます。

熱中症になっても、体の体温調節機能が正常な間はあまり重症にはならないことが多いです。しかし体温調節機能が失われて体温がどんどん上昇してしまうと、場合によっては命に関わるほど重篤な熱中症になってしまいます。

熱中症の高体温と風邪の発熱の違いとは?

Getty logo

風邪をひくと熱中症にかかった時と同じように、体温が上がって発熱の症状が出ます。しかし熱中症で起こる高体温と風邪による発熱は仕組みが全く違うので、風邪のときと同じ要領で熱中症の高体温に対処すると、あまり効果がなかったり、時には逆効果になってしまうこともあります。

熱中症による高体温と風邪による発熱は、何が違うのかを知っておきましょう。

風邪の発熱は体が意図して行っている

風邪による発熱が熱中症の高体温と最も違う点は、入ってきたウイルスを殺すために、体が意図して体温を上げているというところです。このため風邪による発熱では、命の危険があるほどの高熱はめったに出ることがありません。

熱中症の高体温は生命の危機に及ぶ場合も

風邪の発熱はウイルスを殺すための自発的なものでしたが、熱中症の発熱は体が体温調節機能を失った結果、たまった熱を排出することができなくなって起こるものです。

体がコントロールを失ったための発熱なので、生命に危険が及ぶ42℃以上にまで上がってしまうことがあります

熱中症にかかったらまずは「体温」を下げよう

熱中症は体に熱がたまり過ぎて起こるものですから、出来るだけ早く体を冷やして体温を下げることが必要です。

氷や水など冷たいものを使って、首筋やわきの下など、太い血管が皮膚の近くを通っている場所を重点的に冷やしましょう。

水分補給で体の内側から冷やすことも大切

熱中症で高体温になった時に、体を冷やすのと同じくらい重要なのが水分を補給することです。水分を補給して汗をかく能力が回復すれば、体温調節機能が再び働き始めます。

水分を摂る時は、冷たい飲み物を飲むと胃の中からも冷やすことができるのでより効果的です。

ただし意識障害があって自力で水が飲めない場合は、無理して飲ませないようにしましょう。

熱中症にかかったら体温の変化は見逃さないようにしよう!

Getty logo

体温の変化は、熱中症が軽度のものか、病院での治療が必要な重度のものかを見分ける判断材料になります。体温が急激に上昇しだしたら、それは速やかに病院を受診しなければならないサインです。

体温の変化を見逃さないようにして、熱中症に早い段階で気づいて対処できるようにしておきましょう。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。