自信をもっておすすめするプロテイン13選!効果を最大限高める摂取方法を解説

自信をもっておすすめするプロテイン13選!効果を最大限高める摂取方法を解説

筋トレやダイエットをしている人に欠かせないものと言えば・・・そう「プロテイン」です!しかし、一口にプロテインと言っても価格や味、種類など様々なタイプの商品が売られているため正直どれを選べばよいのか迷うことも。そこで今回は自信をもっておすすめするプロテインをご紹介。効果を最大限高める摂取方法も解説しています!


そもそもプロテインとは?

Getty logo

筋トレやダイエットをしている人に欠かせないプロテインとは「タンパク質」が手軽に摂取できる栄養補助食品のことを言います。

プロテイン摂取で得られる効果は?

プロテインは筋肉を形成したり、ボディメイクしている人が摂取しているイメージがあるかと思いますが、それは筋肉を含む体の様々な箇所がタンパク質によって形成されているためです。

筋トレや運動によって負荷がかけられた筋肉というのは傷がついた状態になります。ついたその傷を治し成長させるためにはタンパク質の摂取が欠かせません。プロテインによってタンパク質を補うことは、いち早く筋肉を修復し、肥大化させ、強く引き締めるためにとても重要なことなのです。

プロテインは筋肉を強くしたり、引き締める効果が特徴として挙げられますが、その他にも体の疲労を回復させたり、ダイエットにも良いとされています。

おすすめのプロテインとは?何を基準に選べばよい?

Getty logo

プロテインはいくつもの種類が販売されています。何を基準に選べばよいの?と完全に迷子になることもありますよね。プロテインをまだ一度も飲んだことのない初心者なら尚更だと思います。プロテインを購入する前に、プロテインを選ぶ基準など知識は最低限もっておくことが必要でしょう。

プロテインを購入する際は以下の4つの基準を比較検討して選んでみましょう。

  • 種類
  • 味(飲みやすさ)
  • 価格
  • 品質(製法やタンパク質含有量)

■プロテインの種類

プロテインの種類は一つだけではありません。種類の主なものはとして挙げられるのは

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • エッグプロテイン
  • ソイプロテイン

の4種類です。

どの種類のプロテインがおすすめ?

プロテイン4種類の中で、筋肉をつけたい初心者から上級者まで、全ての人におすすめできるのは「ホエイプロテイン」です。健康維持やダイエット目的であるなら「ソイプロテイン」がおすすめです。

「カゼインプロテイン」はホエイプロテインと同じ牛乳を原材料として作られていますが摂取後の消化・吸収に時間がかかるため、筋肉のためにプロテインを飲むのならホエイプロテインを摂取するほうが良いと言えるでしょう。

「エッグプロテイン」はホエイプロテインと同じように筋肉に良い効果をもたらしますが、日本国内では流通量が少なく値段も高額なため手軽に飲めるプロテインではありません。

筋肉のために飲むのなら「ホエイプロテイン」、健康増進やダイエット目的なら「ソイプロテイン」で間違いないでしょう。

ホエイプロテインの効果を解説

Getty logo

筋肉をつけたい、引き締めたい人にとっておすすめのホエイプロテインは牛乳から乳脂肪分などを除いた状態の液体である「乳清」を原材料にして作られたプロテインです。ホエイプロテインは栄養価が非常に高いことから「プロテインの王様」と呼ばれています。

吸収率が高く、タンパク質を素早く届けることができるためホエイプロテインは筋肉を大きくしたい人には最適なのです。

ソイプロテインの効果を解説

Getty logo

ソイプロテインは「大豆」から作られた植物性のプロテインのことです。吸収される速度は遅く、体内でゆっくりと長時間タンパク質を補給できるメリットがあります。ゆっくりと吸収されることで満腹感が得やすくダイエットしている人が摂取するのに最適です。

ソイプロテインの原材料である大豆にはイソフラボンやサポニンが豊富に含まれているため、ホルモンバランスを正常に保つ働きやアンチエイジングをサポートする抗酸化作用など、女性にも嬉しい効果が得られます。

プロテインは飲みやすいかどうかも重要

プロテインを選ぶ基準として味や飲みやすさは非常に重要です。プロテインは飲み続けなければ筋肉の成長やダイエットでのサポートを受けることはできません。飲み続けるためには「味」について考えることも非常に重要なのです。不味いプロテインを飲み続けるほど苦痛なことはありません・・・。

プロテインの中でもフレーバーのついていないナチュラルタイプは不要なものが配合されていない分、タンパク質そのものを摂取したい人には人気ですが、独特の味がするため初心者には厳しいかもしれません。

飲みやすさで言うとやはりフレーバー付きの商品です。今では様々な味がつけられたプロテインが販売されているため、飲みやすさを重視するのならそちらを検討しても良いでしょう。注意点として、フレーバー付きの商品は体にとって不必要な人工甘味料が含まれている可能性もあるためしっかりと確認して選びましょう。

■1杯あたりの価格にも注目

プロテインを選ぶ際には1杯あたりの価格にも注目してみましょう。プロテインは飲み続ける方が体にメリットをもたらしますが、続けるということはその分お金もかかると言うことです。いくら良いプロテインでも費用がかさむと続けることが難しいですよね。

有名でも価格の高いプロテインの場合、広告・宣伝費によって高くなっていることもあるため、値段と中身のバランスが取れているかを比較して選びましょう

■品質(製法やタンパク質含有量)もしっかりと吟味しよう

効果のあるプロテインを選びたいのなら品質もしっかりと吟味したいところです。プロテインは種類による違い以外にも製法の違いやタンパク質含有量の違いもあります。

製法による違いを解説

まず、製法による違いですが、多くのホエイプロテインは「WPI(ホエイプロテインアイソレート)」か「WPC(ホエイプロテインコンセントレート)」によって作られています。

ソイプロテインは主にSPI製法という作り方が採用されています。ホエイプロテインのWPI製法とWPC製法による違いとソイプロテインのSPI製法は以下を参考にしてください。

製法による比較
製法 メリット・デメリット
WPI製法(ホエイプロテイン) WPI製法は「分離乳清タンパク質」と言われており、タンパク質以外の余計なものを極力省いた製法です。この製法の良いところはタンパク質の含有量が80~90%と非常に高いため筋肥大に有効な点です。プロテインには脂肪が含まれた商品が多いのですが、WPI製法の場合はその脂肪も取り除いているため筋肉作りをしたい人に最適です。デメリットは価格がほかのプロテインに比べて高いことです。
WPC製法(ホエイプロテイン) WPC製法は「濃縮乳清タンパク質」と言われており、市場に出回っている商品のほとんどがこの製法で作られたプロテインです。この製法で作られたプロテインは価格が安いことが魅力です。安いといってもタンパク質の含有量は70~80%程度の商品が多く、筋肉の疲労防止や免疫力を高めたりする効果が得られます。デメリットはWPI製法よりも脂肪や乳糖が多く含まれていることです。人によっては乳糖が体内に入ることで下痢を起こしやすくなることもあります。
SPI製法(ソイプロテイン) SPI製法はまず、脱脂大豆に水分を加え、繊維質や皮、水溶性である非たんぱく質を取り除いたソイプロテインの元を作ります。そこからセラミックフィルターやイオン交換法などを使い、非たんぱく質や炭水化物から分離精製してソイプロテインを作るのです。SPI製法は不要な非たんぱく質や炭水化物を取り除けるため、タンパク質含有量は90%以上まで高めることができます。

■タンパク質の含有量もしっかり確認

プロテインはタンパク質が主成分ですが、製品によって100g中の含有量は様々です。基本的に70%以上含有されている商品が良いとされています。タンパク質は筋肉に直接働きかける成分であるため、できれば高い含有量のプロテインを選ぶことが大切です。

パッケージの裏などに含有量が何%なのか表示されているので、しっかりと確認して選ぶようにしましょう。

自信をもっておすすめするプロテイン13選を紹介

Getty logo

筋肉に効果的なホエイプロテインと健康維持やダイエットに効果的なソイプロテインの中でおすすめの商品をご紹介します。

初心者におすすめ!味が飲みやすいプロテインは?

プロテインを摂取したことがない初心者の場合、飲みやすさを重視し、価格や品質などバランスの良い商品を購入したほうが続けやすいでしょう。

①初心者におすすめのプロテイン!「ザバス ホエイプロテイン100」

ザバスの「ホエイプロテイン100」は日本でもっともメジャーなプロテインなので初心者にもおすすめです。価格、飲みやすさ、タンパク質の含有量などバランスの良い商品と言えるでしょう。

WPC製法のホエイプロテインで、タンパク質の含有量は75%。1杯あたりの価格は約80円です。タンパク質以外にも7種のビタミンB群やビタミンCなどが配合されており、愛用者が多いプロテインなので安心して飲むことができるでしょう。

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

¥ 4,020(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:ココア味
●価格:1杯あたり約80円
●品質(製法:WPC、タンパク質含有量:75%)

②味が良くて価格も良心的なプロテイン「ビーレジェンド ホエイプロテイン」

ビーレジェンドのホエイプロテインはWPC製法で作られており、タンパク質の含有量は71.1%。高品質なのに低価格で飲みやすさも併せ持った商品です。カロリーは約116キロカロリーで一緒に摂取するとタンパク質の吸収を助けると言われるビタミンCやビタミンB6も配合されています。

泡立ちが少なく、バナナシェイクのようで美味しいと評判です。多くのフレーバーを取り揃えているため、様々な味を試してみても良いと思います。

ビーレジェンド -be LEGEND- そんなバナナ風味 (1Kg)

¥ 3,970(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:そんなバナナ風味
●価格:1杯あたり約115円
●品質(製法:WPC、タンパク質含有量:71.1%)

③味も良いプロテイン「Kentai 100%CFMホエイプロテイン グルタミン+」

Kentaiの「100%CFMホエイプロテイン グルタミン+」は高いタンパク質の含有率を誇るCFM製法によって作られたホエイプロテインです。

CFM製法で作られているだけあってタンパク質の含有量は89.6%を誇ります。また筋肉の回復に効果的なアミノ酸である「グルタミン」と共に11種類のビタミン、2種類のミネラルを配合。価格は1杯200円ほどで高価ですが、本格的でありながら味も美味しく、牛乳はもちろん水で溶かしても飲みやすいと好評です。

Kentai 100%CFMホエイプロテイン グルタミン+ チョコレート風味 700g

¥ 5,518(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:チョコレート味
●価格:1杯あたり約197円
●品質(製法:CFM、タンパク質含有量:89.6%)

筋肉がつけたい人におすすめのプロテインは?

筋肉をつけるためにプロテインを摂取したい場合、タンパク質含有量の多いWPI製法で作られた商品を選ぶようにしましょう。

④ナチュラル味でタンパク質含有率も高い「バルクスポーツ アイソプロ」

バルクスポーツの「アイソプロ」はWPI製法で作られたプロテインで、タンパク質含有量は86.4%と高いことが特徴です。脂質が0.4gに抑えられ、ナチュラル味のため人工甘味料も不使用です。余計なもを極力排除しているため、ダイレクトにタンパク質を摂取して筋肉を大きくしたい人におすすめのです。

価格が高いと言われているWPI製法で作られているのに、1杯あたりの価格が100円を切っているコスパの良いプロテインです。

バルクスポーツ アイソプロ (ナチュラル , 1kg)

¥ 3,700(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:ナチュラル味
●価格:1杯あたり約93円
●品質(製法:WPI、タンパク質含有量:86.4%)

⑤タンパク質含有量で選ぶなら「グリコ パワープロダクション ホエイプロテイン WPI」

グリコパワープロダクションの「ホエイプロテイン」は、WPI製法によりタンパク質の含有率を94.2%まで高めているので筋肉を大きく強くしたい人におすすめです。

タンパク質以外にもマグネシウムやカルシウム、鉄、10種類のビタミンが配合されています。乳糖が含まれておらず、砂糖も使用していないナチュラルタイプなので、不要なものは摂取したくない人の強い味方となるプロテインです。

グリコ パワープロダクション ホエイプロテイン WPI プレーン味 1kg

¥ 5,045(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:ナチュラル味
●価格:1杯あたり約101円
●品質(製法:WPI、タンパク質含有量:94.2%)

⑥筋肉増量に効果アリ!「ゴールドジム ホエイプロテイン ヨーグルト風味」

ジムで有名なゴールドジムの「ホエイプロテイン ヨーグルト風味」はプロテインに吸収率の早いホエイペプチドをプラスしているため、筋肉への効果が抜群です。

WPI製法で作られており、タンパク質の含有量は81.6%。1杯あたりの価格は190円台ですが、7種類のビタミンB群に加え、BCAAも配合されているため疲労回復にも効果をもたらしてくれます。

ゴールドジム ホエイプロテイン ヨーグルト風味 360g

¥ 3,456(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:ヨーグルト味
●価格:1杯あたり約192円
●品質(製法:WPI、タンパク質含有量:81.6%)

価格が安いおすすめのプロテインが知りたい!

プロテインは毎日摂取することで筋肉や体に良い効果をもたらしますが、飲み続けるとなると費用も気になるところ。できれば価格が安くて効果的なコスパの良いプロテインが知りたいですよね。高校生でも購入できるお求め安いプロテインをご紹介します。

⑦激安価格!「アルプロン ホエイプロテイン プレーン」

アルプロンは高品質で低価格を売りにしているプロテインメーカーです。この「ホエイプロテイン プレーン」はWPC製法で作られ、タンパク質含有量約80%。砂糖や保存料、増粘材を一切使用していないため、タンパク質以外の余計なものは必要ないという人におすすめです。味はナチュラルで1杯あたりの価格は45.2円という驚異的な安さを実現しています。

ホエイプロテイン プレーン 3kg アルプロン

¥ 6,780(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:ナチュラル味
●価格:1杯あたり約45円
●品質(製法:WPC、タンパク質含有量:80%)

⑧高校生におすすめの激安プロテイン「540プロジェクト 540プロテイン」

540プロジェクトの「540プロテイン」は1杯あたり20gの使用で約36円と激安価格で摂取できるプロテインです。国内最安値と言われているのも納得の安さですね。

安さだけでも驚きですが、WPC製法でタンパク質含有量は81.5%と品質も申し分なし。味はノンフレーバーのナチュラルな味なので、余計なものを摂取したくない人にとってはコスパ最高のプロテインと言ってよいでしょう。

540プロテイン 540WPC4k

¥ 7,260(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:ナチュラル味
●価格:1杯あたり約36円
●品質(製法:WPC、タンパク質含有量:81.5%)

筋トレする女性におすすめのプロテインは?

筋トレしている女性の場合、筋肉をムキムキにしたくないためにタンパク質をたくさん摂取したくない人もいると思います。また、味にもこだわる人もいるでしょう。そんな女性にとって最適なのは”女性向け”に作られたプロテインです。

⑨タンパク質含有量を抑えた「DNS Woman ホエイフィットプロテイン」

DNSが販売している「ホエイフィットプロテイン」は女性向けに作られているプロテインです。男性よりも体重が軽い女性に向けて1杯分のタンパク質を15gに抑え、質含有量も65.6%と低くしています

ビタミンCや鉄分も配合されており、筋肉をたくさんつけたくはないけどタンパク質が摂取したいと言う女性に最適です。3種類のフレーバーはどれも飲みやすいと好評です。

DNS ウーマン レディース ホエイフィットプロテイン ダブルベリー風味 690g

¥ 4,104(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:ダブルベリー風味
●価格:1杯あたり約137円
●品質(製法:WPC、タンパク質含有量:65.6%)

海外製品でおすすめのプロテインは?

海外は日本人よりもジムなどで鍛えている人が多いため、扱っているプロテインの種類も豊富です。特にアメリカはプロテイン先進国と言っても良いでしょう。海外製品の中でおすすめの商品をご紹介します。

⑩コスパが良い「コンバット 100%ホエイ プロテイン」

コンバットの「100%ホエイ プロテイン」はWPC製法のプロテインでタンパク質含有量は80%です。脂質が低く、グルテンフリーなのでダイエットをしている人も安心して摂取できます。タンパク質が豊富に含まれていながら1杯あたり79円台という低価格を実現しています。日本で多くの人に飲まれているのも納得できますね。

コンバット 100%ホエイ プロテイン 2.2kg チョコレートミルク風味

¥ 7,000(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:チョコレート風味
●価格:1杯あたり約79円
●品質(製法:WPC、タンパク質含有量:80%)

⑪日本でも人気の「チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン」

チャンピオンの「ピュアホエイスタック プロテイン」は高純度のタンパク質を使用していながら1杯あたりが約95円という低価格を実現している商品です。WPC製法でタンパク質の含有量は70.4%。日本人にも愛用者の多いプロテインで味付けが濃厚なため、甘党の人に向いているプロテインです。

チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン チョコレート 2.27Kg

¥ 6,000(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ホエイ
●味:チョコレート風味
●価格:1杯あたり約95円
●品質(製法:WPC、タンパク質含有量:70.4%)

男性も女性も使えるダイエットにおすすめのソイプロテインは?

ダイエットをしている人におすすめなのは、摂取後の吸収速度がゆっくりで動物性のホエイよりもカロリーが低いソイプロテインです。摂取することで健康維持にも役立ちます。

⑫痩せたい人向けのソイプロテイン「ザバス ウェイトダウン」

ザバスの「ウェイトダウン」はソイプロテインを使用しているダイエット向けのプロテインです。1食あたり79キロカロリーと低カロリーを実現。ダイエットに効果的な成分と言われる「ガルシニアエキス」が配合されており、筋肉を失うことなくキープしたまま減量することができます。

その他にもビタミン11種類や鉄分、カルシウム、マグネシウムが配合され筋トレをしながらのダイエットに最適です。タンパク質の含有量は84.5%と高く、1杯あたりの価格も約79.5円と低価格を実現しています。

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

¥ 3,974(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ソイ
●味:ヨーグルト風味
●価格:1杯あたり約79.5円
●品質(製法:SPI、タンパク質含有量:84.5%)

⑬2ちゃんでもおすすめ!低価格の「ボディウイング 大豆プロテイン 1kg 無添加」

ボディウイングの「大豆プロテイン 1kg 無添加」は1杯あたり40円台と言う驚異的な低価格タンパク質含有量は84.6%、アミノ酸やBCAAが豊富なソイプロテインを使用しており、保存料や香料、着色料などの添加物を使用していない高品質のソイプロテインです。

大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすい大豆プロテイン

¥ 2,100(2017/6/28時点)

詳細情報
●種類:ソイ
●味:ナチュラル味
●価格:1杯あたり約42円
●品質(製法:SPI、タンパク質含有量:84.6%)

プロテインの効果を最大限高める摂取方法を解説

Getty logo

プロテインイは種類によって摂取する方法やベストタイミングが異なります。品質の良いプロテインを摂取したとしても摂取タイミングを誤れば効果は半減してしまいます。

ホエイプロテインの摂取方法とタイミング

ホエイプロテインを摂取するベストタイミングは「筋トレ直後」と「就寝前」です。

■筋トレ直後

筋トレ直後は筋肉に傷がつきプロテインを欲している状態であるため、プロテイン摂取の「ゴールデンタイム」と呼ばれる筋トレや運動後30分以内に摂取しましょう。このタイミングにタンパク質を補うことで傷を早く治し筋肉を大きく強くする効果があるのです。

■就寝前

もう一つの摂取タイミングである「就寝前」は、寝ている間に分泌される成長ホルモンをサポートするためです。

成長ホルモンは筋肉を大きくさせる効果もあるため、タンパク質を就寝前に摂取することでより効果的に働きかけることができるのです。就寝前に摂取する場合、寝る直前では胃に負担がかかってしまうため、30分前までには飲むようにしてください。

ソイプロテインの摂取方法とタイミング

ソイプロテインは筋肉を大きくするためよりも健康維持やダイエットのために摂取したいプロテインであるため、ホエイプロテインの摂取タイミングとは若干変わってきます。ソイプロテインの摂取タイミングは「起床時」「トレーニングの前」「間食時」「就寝前」という4つです。

■起床時

起床後は体内のタンパク質や栄養が不足している状態ですが、ソイプロテインを摂取することでそれらを一気に補うことができます。また、ゆっくりと分解・吸収される腹持ちの良いソイプロテインを朝食代わりに摂取することでお昼ご飯までの空腹を抑えることもできます。

■トレーニングの前

ソイプロテインをトレーニングの2時間以上前に摂取することで、ゆっくりと分解・吸収され、トレーニング中に起こりがちな筋肉の分解を防ぐ効果が得られます。

■間食時

ダイエットをしている人におすすめなのがソイプロテインを間食時に摂取することです。ゆっくりと分解・吸収される特徴から満腹感が得られるため、間食時に摂取することでカロリーの高いお菓子などの代替になりますし、ご飯の食べすぎを防ぐ効果も得られます。

■就寝前

就寝前にソイプロテインを摂取することで寝ている間に分泌される成長ホルモンと共に脂肪燃焼をサポートし、ダイエットの効果を高めることができます。

おすすめのプロテインを正しく摂取して効果を高めよう!

Getty logo

プロテインは目的によって摂取する種類が変わってきます。筋肉を大きく強くしたいのならホエイプロテインを摂取しておけば間違いありません。ダイエットや健康維持ならソイプロテインが有効です。

プロテインを継続して摂取するためにも味や価格、品質などを比較して最適な商品に出会うことが大事です。自信をもっておすすめしたプロテインの中からあなたに合った商品を選び、正しく摂取して最大限の効果を得ましょう!

関連記事はコチラ