筋トレするなら摂取したい!BCAA 5000 powderについて解説

筋トレするなら摂取したい!BCAA 5000 powderについて解説

筋肥大や体を引き締めるダイエットなど、様々な目的が行われる筋トレはトレーニングの質も大切ですが、筋肉を育てるためのBCAAを効率良く摂取することも重要です。そこで今回は。筋トレする際の摂取におすすめしたい「BCAA 5000 powder」について解説します。


BCAA 5000 powderの効果とは?

Getty logo

BCAA 5000 powderとは、アメリカのスポーツサプリメントメーカーであるOptimum Nutrition社が販売するBCAAサプリです。

Optimum Nutrition社製のプロテインは海外でも人気が高く、必須アミノ酸サプリであるBCAA 5000 powderは、ビッグサイズで比較的安価と言うことで人気のある商品です。

今回は、このBCAA 5000 powderの効果について詳しく紹介します。

BCAAの特徴

Getty logo

BCAA 5000 powderの商品説明の前に、まず、BCAAとは何かを知っている必要があります。知っている人も知らない人も、一度ここでBCAAの特徴を説明しながら解説していきたいと思います。

BCAAとは?

BCAAとは、バリン、ロイシン、イソロイシンと呼ばれる3種の必須アミノ酸の総称です。

これら3つは分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸とも呼ばれ、正式名称である「Branched Chain Amino Acids」の頭文字であるB.C.A.Aを取って、BCAAと呼ばれています。

アミノ酸はたんぱく質を合成するための栄養素であり、必須アミノ酸は食事でしか摂れない栄養素です。このBCAAは、たんぱく質中に占める割合が50%以上に及ぶとされています。

プロテインとの違い

BCAAはプロテイン同様にトレーニングと併用することで効果が高いとされています。BCAAとプロテインは共に健康補助食品と呼ばれることもありますが、この2つは似て非なるものなのです。

プロテインは牛乳や大豆などを原料としたたんぱく質以外に、脂質や糖質、味を調えるための香料や甘味料などの添加物を含むものがあります。一方のBCAAは純粋な必須アミノ酸を使用したサプリメントです。

このことから、プロテインはBCAAよりカロリーよりもずっと高いものとされています。また、味を調えるための原材料が省かれているBCAAは、カロリーが低い一方で味に難点があると言う欠点があります。

1日の摂取量と飲み方

BCAAの成分であるバリン、ロイシン、イソロイシンは、厚生労働省による日本人の食事摂取基準として摂取量の目安が定められています。

1回の摂取量の目安はおよそ5~10g程度と言われ、体重1㎏に対して、バリン26㎎、ロイシン39㎎、イソロイシン20㎎の計85㎎が摂取の目安と考えられています。

BCAAの副作用

BCAAは摂取することで肝臓で代謝が始まり、腎臓で不要となったBCAAが排出されるサイクルが行われます。

過剰摂取をすることでこれらの内臓機能に負担がかかり、消化機能などの低下が引き起こされる可能性が高まります。

内臓や消化機能の低下によって考えられる異常に、吐き気やケトン血症や高グルタミン血症などの症状が見られることもあります。

BCAAの効果

Getty logo

アミノ酸であるBCAAには、体を作るたんぱく質を合成するっという働きがあります。しかし、BCAAがもたらす効果と言うのはそれだけではありません。BCAAを摂取することで現れる効果について紹介します。

筋肉の分解を抑制する

たんぱく質の半分以上を占めるBCAAは、摂取することで筋肉と血中の必須アミノ酸濃度が高まり、筋肉の分解を抑制する効果があるとされています。

筋トレなどの激しい運動において、体のエネルギーは筋肉に蓄えられている栄養を分解して作られています。BCAAを摂取することで栄養素を補給し、分解される筋肉を抑制することで筋トレ効果を高めることができると考えられています。

筋トレ時のエネルギーになる

前述したように、人間は体の栄養素を燃焼させてエネルギーとすることで活動します。筋トレ時のBCAAの摂取は、激しい運動によって常に消費されるエネルギーの補給減となります。

エネルギーが不足した状態では思うような筋トレ効果が得られるとは考えにくく、BCAAはエネルギーを補給するための燃料となります。

たんぱく質を合成させる作用を増大させる

BCAAであるロイシンには、インスリンの分泌を促進させる効果があるとされています。分泌されたインスリンは、血液中に含まれるブドウ糖=血糖を取り込み、たんぱく質の合成を促します。

たんぱく質の合成作用が増大することで、エネルギーが蓄えられ、筋トレ時のパフォーマンスを上げることが期待できます。

乳酸を抑えて筋肉疲労の原因を抑える

エネルギーは筋肉に蓄えられた糖質=グリコーゲンが分解・変換されることで生み出されます。エネルギーが消費されることでグリコーゲンが分解され、その過程でグリコーゲンが乳酸に変わると言う性質を持ちます。

このグリコーゲンの分解の過程には。疲労の原因物質が発生すると考えられています。BCAAには乳酸の発生を抑える効果があるとされ、乳酸の発生を抑えることが期待されています。

BCAAの効果には、乳酸を抑えることで疲労の原因物質の生成を防ぎ、疲労を軽減させる効果に繋がるとされています。

Optimum NutritionのBCAAの種類

Getty logo

冒頭で説明したように、Optimum Nutrition社は世界最大級のアメリカのスポーツサプリメントメーカーです。取り扱う商品のラインナップも豊富で、BCAAも様々な種類が製造販売されています。

そんな数あるOptimum Nutrition社のBCAAをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

定番の「BCAA 5000 Powder」

世界中のアスリートに高い人気があるBCAAサプリメントです。BCAAに含まれるロイシン、バリン、イソロイシンが2:1:1の理想とされる割合で配合されており、香料を使用しない純度の高さが特徴です。

BCAAは水に溶けにくいと言う欠点がありますが、こちらのBCAA 5000 Powderは水に溶けやすいという特徴もあります。ただし、独特な苦みがあるため、BCAAの苦みが苦手な人は飲み方を工夫する必要があります。

オプティマムニュートリション BCAA5000 パウダー 345g

¥ 4,970(2017/6/28時点)

アミノ酸が豊富「BCAA 1000 Caps」

アミノ酸配合比2:1:1の理想とも言える黄金比のアミノ酸サプリメントです。こちらはパウダーではなく、口に含んで水に流し込むカプセルタイプとなります。

BCAAの苦みなどの飲み辛さが気になる人におすすめです。

OPTIMUM NUTRITION社 BCAA1000 60カプセル 海外直送品

¥ 2,086(2017/6/28時点)

パフォーマンス向上を目指すなら「BCAA + Creatine」

BCAAの効果を引き出すための最善の組み合わせがクレアチンとの併用です。

クレアチンは体内で合成することができるアミノ酸の一種です。人が運動などを行う際に、「アデノシン三リン酸」=ATPと呼ばれる成分がエネルギーとして合成され、消費されます。

このATPはアルギニン、グリシン、メチオニンの3種類の網さんで作られており、肝臓、腎臓、膵臓で合成されます。体内のクレアチンの約95%が骨格筋内に存在すると言われ、そのうちの約60%がクレアチンリン酸として存在しています。

筋肉の合成を促進させるBCAAと、骨格筋に存在し強い筋肉を作るクレアチンは、筋トレ時に抜群の相性を誇るとされています。

オプティマムニュートリション クレアチンパウダー 300g

¥ 2,370(2017/6/28時点)

筋肉の維持に「PRO BCAA」

たんぱく質の合成を促すBCAAに、筋肉の成長と疲労回復を補助するグルタミン酸の配合されたBCAAサプリメントです。

筋肉の成長に必要不可欠とされる消費されるエネルギーの補給と、損傷した筋肉組織の回復を素早く同時に行うことを目的とした理想とも言えるBCAAです。

Pro BCAA & グルタミン サポート (ラズベリーレモネード 390g) 海外直送品

¥ 5,170(2017/6/28時点)

実際に試した人の口コミ

Getty logo

BCAAは筋肉の成長を促し、筋トレをより効果的にするためのサポートとなります。噂ではよく耳にすることBCAAですが、実際に使ってみないことにはピンと来ない人も多いことでしょう。そこで、実際にBCAAを試してみた人たちの口コミを集めてみました。

試したBCAAの種類

筋トレやダイエットにおいて、プロテインやサプリメントを各種試している人が多く見られ、BCAAは特に良質のものを求める人が多く見受けられました。

国内よりもむしろ海外製のサプリメントメーカーのものが多く、ネットでも評判の高いエクステンド社の名前が多く挙げられていました。

飲んだタイミング

飲むタイミングは多くの人がトレーニング前と言う人が多く、筋トレにはエネルギーを十分な状態で臨む人が多いと感じられました。

BCAAなどのサプリメントに馴染みのない初心者の方は、「飲むタイミングが解らない」と言う意見も見られ、試行錯誤を繰り返している様も見受けられました。

飲んだ感想・効果

BCAAを試した人のほとんどが、翌日に疲労を持ち越さないなどの疲労回復効果を実感する声が見受けられました。また、飲んだ後は空腹感を感じないと言う声も見られ、吸収効果の高さも窺えます。

中には効果を実感しない、よく解らないと言った声も見られることを考えると、BCAAの効果には個人差や体質との相性も考えられます。

筋トレの強い味方!自分に合ったBCAAを見つけよう

Getty logo

筋トレ時のエネルギー補給と筋肉の成長が見込めるBCAAは、効率の良い筋トレを行う上では欠かせない栄養素と言えます。ただし、全ての人に効果があると一概に言えるものでもありません。体質との相性や味の好き嫌いも当然出てくることも考えられます。

筋トレ効果をより高いものにするためにも、自分に合ったBCAAを見つけてみてくださいね。