ボルダリングがダイエットに効果抜群と話題!楽しみながら全身引き締められる

ボルダリングがダイエットに効果抜群と話題!楽しみながら全身引き締められる

突起の付いた壁を手と足だけでよじ登る「ボルダリング」をご存知でしょうか?岩谷山に見立てた壁をよじ登るスポーツとして最近話題となっている種目です。実はこのボルダリングがダイエット効果が抜群と注目されているのです。今回はボルダリングについてご紹介します。


ボルダリングダイエットに芸能人も注目!

Getty logo

近年、カラフルな突起が付いた壁のあるジムなどを見かけたことが無いでしょうか?これはよじ登るための設備で、「ボルダリング」と言うクライミング種目なのです。スポーツの一種として注目され、テレビでも芸能人がチャレンジしている姿が時折目に映る機会も増えています。

このボルダリングがダイエットに応用することができ、ちょっとした話題となっていることをご存知でしょうか?今回はボルダリングを利用したダイエットについてお話します。

ボルダリングとは

Getty logo

近年のメディアでも取り上げられているボルダリングという名称ですが、名前は聞いたことがあるけどどういうものかは知らないという人もまだ多いかと思われます。ボルダリングというものがどういうものか、特徴について順を追って紹介したいと思います。

フリークライミングの一種

ボルダリングとは、手足を頼りに最低限の器具だけを使って行うフリークライミングの種目です。元々は岩肌や山を登る際のクライミングの練習用に取り入れられたもので、器具を必要としないトレーニングやスポーツ競技の一種として注目を浴びています。

幅広い年代の人が楽しめることでブームに

近年ではボルダリング専用の施設やジムなども増え、じわじわと認知度が上がっているボルダリングですが、その背景には高額な器具を必要としない手軽さから独立した競技として認知されつつあります。

ボルダリングは、壁に突起物を作ってよじ登ると言ったシンプルかつハードルの低い設備であることから維持費などの面でもそこまで高級なものではないとされています。

また、手軽にスポーツ感覚で誰でも行えることから、スポーツ感覚で楽しめることもブームに拍車をかけました。子どもの頃に誰しもが経験のある壁をよじ登るボルタリングは、シンプルで幅広い年代の人に楽しめる種目と言えるでしょう。

ボルダリングジムで気軽に体験できる

ボルダリングの人気に伴い、全国でも気軽にボルダリングを体験できるボルダリングジムなどの施設が建てられています。

施設は室内に設置されているので天候を気にすることなく利用でき、体一つでボルダリングを楽しむことができます。都内などの交通の便が良い場所にジムが設置されていることが多く、上級者から初心者まで、軽装で誰でも体験できるのが特徴です。

ボルダリングがダイエットとしても人気な理由

Getty logo

クライミングの種目でもあるボルダリングは、誰でも気軽に行えることからも人気が高く、全身を使うことで運動不足の解消にも効果的です。このボルダリングですが、最近ではダイエットの手段としても密かに人気が集まっているのです。

なぜ、ボルダリングがダイエットに人気なのか、その理由について調べてみました。

消費カロリーが高い

ボルダリングは道具に頼らず、自らの腕と脚のみで壁を上る種目です。全身の筋肉を使うことで基礎代謝が上がり、大量のカロリーを消費することになります。

全身運動でもあるボルダリングは腕、脚、背中、などの筋肉を使うことから、同じ有酸素運動のランニングと比べても非常に消費カロリーが高いものなのです。

室内でできる

一般的なボルダリングはジムなどの室内で設備されており、天候に左右されることなく行えます。山や岩肌を登るクライミングとは違い、安全性も高く安心して楽しめる種目なのです。

本来のように自然の岩などを利用したボルダリングや、屋外に設置された壁をクライミングする場合もあり、素材は天然のものから人工物まで様々なものが利用されています。

全身の筋力アップに効果的

ボルタリングは全身を使って自重を支えることが重要で、手足の筋肉や体幹を鍛えるのにも効果的です。体全体を満遍なく使うことから、全身の筋力アップにも効果的な種目なのです。普段使わない筋肉も必要となることから、効果的な筋力アップに役立ちます。

とにかく楽しめる

道具もいらずとにかく壁を登ると言うシンプルなルールは解りやすく、誰にでも楽しめるのがボルタリングの特徴でもあり魅力です。自分の力だけで壁を登りきった時の達成感はとても充実して心地良いものでしょう。年齢性別関係なく楽しめるのがボルタリングという種目なのです。

ボルダリングのダイエット効果

Getty logo

誰でも楽しみながら全身運動が行えるボルタリングは、普段使わない筋肉や適度な運動量で効果的なダイエットとしても注目されています。そんなボルタリングのダイエット効果とは、どのようなものがあるのかを調べてみました。

肩回りや背中の筋肉が鍛えられる

上に登るために上半身の筋肉を使い、背中などの体を支える体幹部分に刺激となり、肩回りや背中の筋肉が鍛えられます。適度な突起部分を掴んで自重を支える必要があるため、肩回りの可動域を広める必要もあり、上半身を無駄なく鍛えられます。

お尻や太ももの引き締めに効果的

腕だけでなく、狭い足場を使って体を支えるための足腰などの下半身を刺激することで、お尻や太ももの引き締めにも効果的です。上半身だけで自重を支えるのは難しく、バランスを上手く使って登るための下半身強化が見込めます。

ボルダリングを始める前の準備

Getty logo

誰でも気軽に行えるボルタリングですが、いきなりぶっつけ本番ではトラブルの可能性が無いとは言い切れません。ボルタリングを行う前に、まずは下準備をすることで安全に楽しむことができます。

それでは、ボルタリングを始める前の準備について説明しましょう。

準備しておくもの

ボルタリングが行えるジムの場所や施設の開放時間、交通手段などはあらかじめ調べておくと良いでしょう。シューズやチョークなどはジムで借りれるので最低限の身支度で十分です。稀に貸し出しを行って居ない場所も無いとは言い切れないので、利用する設備の情報は事前に仕入れておきましょう。

服装はできるだけ軽装に着替え、邪魔にならないように身軽にしておくと良いでしょう。

事前にしっかりストレッチをする

十分なストレッチをして筋肉をほぐし、体を温めることで体の可動域を広めておくことが大切です。硬直した体や無理な体勢でのボルタリングは怪我につながる可能性があります。事前にしっかりストレッチをしておくことで怪我防止になります。

ひっかかりそうなアクセサリー類は外す

ボルタリングは突起や穴に手や足をかけてホールドしながら壁を登る種目です。登っている時にアクセサリー類が引っかかってしまい、トラブルに巻き込まれる恐れがあります。普段身に着けているもので、邪魔になりそうなアクセサリーは外しておくと良いでしょう。

爪を短く整えておく

手を使って突起や穴にホールドする際、長い爪が不意に引っかかって剥がれてしまうなどと言うことも考えられます。壁や穴に引っかかった爪が元で大怪我につながることあり得ます。できるだけ爪を短く整え、手足を使いやすくしておくと良いでしょう。

ボルダリングの基本ルール

Getty logo

ボルダリングを始める前の準備について紹介してきましたが、次はいよいよ実践です。ボルダリングは人工や天然の壁や岩を登る種目ですが、一応ルールが存在します。次に解説するルールに基づいてボルダリングを楽しみましょう。

マットから脚が離れた時点で開始

壁の前に用意されている柔らかいマットがスタート地点となります。マットから脚を離した時点で開始となるので、それを合図に競技者以外の人はマットから離れておきましょう。

ゴールもしくは失敗した際に上から人が落下してきた時、下に人がいるとぶつかるなどの危険があります。ほかの競技者の迷惑にならないためにも、安全対策として見ている際にはマットから離れておきましょう。

ゴールホールドを両手で掴んで保持できれば終了

ジムによって差異はありますが、大体の場合、スタートとゴールのホールドには目印が付いています。スタートホールドを両手で掴んでから始め、ゴールの際にも両手でゴールホールドを掴んで終了の流れとなります。

初心者~上級者までコースが決まっており、自分のランクに合わせたゴールが設定されています。ゴールとなるホールドを探し、両手でゴールホールドを掴むことがボルダリングの目的となります。スタートとゴールは必ず両手でホールドの必要があります。

壁に触れるのはOK

岩肌に見立てた壁はボルダリングのフィールドの一部とされているため、壁の表面に触れるのはOKです。突起や穴だけに限らず、壁の表面を利用して登るのはスメアリングというれっきとしたクライミングのテクニックなのです。

壁の端を掴むのはNG

壁の表面を掴んだり触るのはOKですが、壁の端を掴むのはNGになる場合があります。壁の端っこのことをボルダリングの用語で「カンテ」と呼びます。

ボルダリングジムによってはカンテがOKなところとNGなところがあり、コースによってホールドの一部として指定されている場合もあります。そのジム、コースではカンテがOKかどうか確認しておくと良いでしょう。

ボルダリングのダイエット効果を高めるポイント

Getty logo

ダイエットに高い効果を持つと言われるボルダリングですが、ポイントを抑えることでダイエット効果を高めることが可能です。それでは次に、ダイエット効果を高めるポイントについての解説をします。

無理はせず休憩をしっかり挟む

ボルダリングは楽しみながら行えるスポーツですが、全身を使った消耗の激しい運動です。夢中になってしまうこともあるでしょうが、種目の間には休憩をしっかり挟んで体を休める必要があります。

体力が消耗した状態で続けてもダイエット効果を上げるどころか、怪我につながる可能性も出てくるので、インターバルはしっかり取りましょう。

水分補給をこまめに行なう

続けてのボルダリングには体力の回復と同時に水分の補給も重要です。水分が不足した状態では十分なパフォーマンスを発揮できず、体調不良に陥ってしまうことも考えられます。休憩と同時にこまめに水分補給を行うと良いでしょう。

食事をとって少し休んでから行なう

全身の筋肉を使う運動はエネルギーの消費も激しく、体に多くの栄養が必要となります。ボルダリングを行う、再開する場合には食事をとって体力をつけておきましょう。

食べてすぐの体では消化吸収が不十分なため、胃腸への負担も大きくなってしまいます。食事をとったら少し休んでからボルダリングを行うと良いでしょう。

週1回程度を目安に長期間続ける

最初のうちはなかなか上手く登れず、体の使い方も解らないという人も少なくないはずです。ボルダリングは体が覚えるまでのコツを掴むことが重要で、それと同じくらい筋肉に休息を与える必要があります。

ボルダリング後の筋肉の超回復を考えた場合、週に1回、もしくは2回の頻度を目安にボルダリングと休息を交互に行い、長期間続けることでトレーニングになるでしょう。

サプリメントやプロテインを併用する

ビタミンやミネラルなど栄養補給は体作りや体力回復には欠かせないものです。これらの栄養素は食事だけで賄うのは難しく、運動後の過度の食事は胃腸への大きな負担となります。

サプリメントやプロテインでたんぱく質やアミノ酸などを効果的に摂取することで、体に負担をかけずに効率の良い栄養補給が行えます。

初心者でも安心!全国のおすすめボルダリングジム

Getty logo

今回のお話でボルダリングに興味を持ち、実際に行える場所を探してみようという気になった人が出てくるかもしれません。そういった人たちのために、全国からおすすめのボルタリングジムを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

クライミングジム & ボルダリングジム &ショップ PUMP

東京、神奈川、埼玉に全6店舗あり、初心者から上級者のクライマーまで気軽に利用できるボルタリングジムです。

会員制システムも用意されており、通年で利用したいという人には通常会員とゴールド会員の2種類から選択できます。継続型のフリーパスで発行され、ゴールド会員は全店舗共通で使えるというメリットがあります。

初心者向けのスクールからお子様向けまで全年齢を対象にしたコースもあり、ダイエット目的の利用にもおすすめです。

クライミングスポット ワンムーブ

岩手県盛岡市に所在を置き、様々なクライミングイベントやクライミングウォールの製作販売も行っている東北最大級のフリークライミングスポットです。

公益社団法人日本山岳ガイド協会公認のフリークライミングインストラクターの資格を持つ山のエキスパートがオーナーをしており、クライミングの壁は難度の高いものから様々な形状のボルダリングウォールまで多彩な壁が用意されています。

予約限定で体験クライミングが行われており、希望者には自然のクライミングが可能です。

ジップロッククライミングジム

福岡県の須恵川沿いにある九州最大級のボルタリングスペースを有し、現役のワールドカップクライマーがジムオーナーのクライミングジムです。

施設の利用には初回のみ登録料が必要となり、以降は施設利用料金のみで広々としたボルタリングスペースを自由に利用できます。

初心者でもクライミングシューズとバッグ付きのチョークのレンタル、販売を行っており、無料見学やプロのインストラクターによるレクチャーがあるので、じっくりとボルタリングを楽しむことが可能です。

ボルダリングで楽しくダイエットしよう

Getty logo

楽しく汗を流しながら全身の筋肉を使う運動であるボルタリングは、ダイエットにも効果的な有酸素運動です。一見難しそうに見える種目でも、インストラクターによる指導や安全な設備の下で行われるから初心者にもおすすめです。

辛いはずのダイエットでも、どうせやるならボルタリングで楽しくこなしてスリムな体を手に入れましょう。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。