酵素の種類とその働きを徹底解説!ポイントは代謝酵素を増やすこと

酵素の種類とその働きを徹底解説!ポイントは代謝酵素を増やすこと

酵素はドリンクやサプリメント、洗顔料などいろいろな商品に取り入れられ、健康や美容にいい成分としてよく知られています。しかしそもそも酵素って何?と言われると、あまり詳しく分からない方も多いのではないでしょうか。この記事では酵素の種類やその働きについて、詳しく解説したいと思います。


押さえておきたい酵素の種類とその働き

Getty logo

酵素というと何となく健康にいいものというイメージはあるものの、実際何なのかと言われるとあまり詳しくは分からないですよね。ビタミンやミネラル、アミノ酸やポリフェノールなど、体にいいといわれている物質はたくさんあります。

酵素はこれらの物質とは何が違って、どういう役割を果たしているのでしょうか?酵素とは何かについて、一度詳しく勉強してみましょう。

酵素の種類と働き

Getty logo

まずはそもそも酵素とは何かについて、基本的な知識をおさらいしましょう。化学で使われる時の酵素のちゃんとした定義や、どんな種類の酵素があって、どんな役割を果たしているのかについて、できるだけかみ砕いてご紹介したいと思います。

酵素とは

酵素とは、生き物の体の中で行われる様々な化学反応を手助けする物質のことです。

消化や代謝など生き物の体で行われる営みは、たくさんの分子同士の化学反応によって成り立っています。しかし化学反応には反応する分子同士だけでは起こせないものがあり、そういった化学反応を引き起こすために酵素が使われているのです。

酵素は生き物が命を維持するために欠かせない物質の一つだといえます。

補酵素とは

補酵素とは酵素の働きを補助する物質のことです。酵素は英語で「エンザイム」、補酵素は「コエンザイム」といい、健康食品として有名な「コエンザイムQ10」はよく知られた補酵素の一つです。他にもビタミンB2やビタミンB6なども補酵素として働きます。

体内にある消化酵素とその働き

酵素のうち、食べ物の消化に関係しているものを消化酵素といいます。消化酵素は唾液や胃液などに含まれており、炭水化物やたんぱく質、脂肪といった栄養素を分解して、エネルギーとして使える形に変えていきます。

体内にある代謝酵素とその働き

代謝とは生き物が命を維持するために行う様々な化学反応のことで、代謝の化学反応の多くは酵素の助けを必要とします。代謝に関わる酵素のことを代謝酵素といいます。

食べ物から摂り入れた栄養素を体の中で使える形に分解するのが消化酵素で、それを実際に体の様々な営みに利用するのが代謝酵素だといえます。

摂取できる食物酵素とその働き

酵素は体内でも生成されますし、食べ物から摂取することもできます。体内で生成される酵素を潜在酵素といい、それに対して食べ物から摂取する酵素のことを食物酵素といいます

食物酵素は胃の中では活性を失っているので、体に吸収されて潜在酵素として補充されるわけではありません。しかし酵素が豊富な食べ物は胃で消化されやすいですし、酵素によって栄養や風味が増すという利点もあります。

食物酵素は野菜や果物、納豆などの発酵食品に豊富に含まれています。

酵素が持つ5つの特徴

Getty logo

酵素はビタミンやミネラルなど、他の栄養素と比べてどんな特徴があるのでしょうか?酵素を健康増進に役立てるためにも、その特徴をしっかり理解しておきたいところです。

酵素の特徴はいろいろありますが、以下ではその中から主なものを5つピックアップして詳しくご紹介したいと思います。

1. 生きるためには絶対不可欠なもの

酵素は生き物の体で起こる化学反応を引き起こすのに必要な物質ですから、生き物が生きていくには絶対に不可欠なものです。もしこの世に酵素がなければ、生物のような複雑なものは存在できないでしょう。

このように酵素というのは私たち人間に欠かせないものなのですが、一つ勘違いしないようにしたいのは、ビタミンやミネラルのように、酵素を含む食べ物を食べなければ、人間は命を維持できないという意味ではないということです。

不可欠なのは体内で生成される潜在酵素のほうで、食物酵素はあくまで健康にいい面があるという意味です。

2. 補酵素(ビタミンやミネラル)と共に働く

酵素は生き物に必要な化学反応を手助けしますが、酵素だけではこの手助けができないこともあります。この時に酵素の働きをサポートするのが補酵素です。酵素は補酵素と共に働くことによって、生き物に必要な化学反応を手助けすることができます

補酵素はビタミンやミネラル、またはそれらをもとにして作られる物質が多いです。ビタミンやミネラルは酵素と違って体中で生成することができないので、酵素の働きという面から見ても、やはり健康的な食生活というのは重要だということが分かります。

3. 一つの酵素は一つの働きしかできない

酵素が持っている特徴の一つとして「基質特異性」「反応特異性」というものがあります。基質特異性とはある特定の物質としか化学反応しないことで、反応特異性とはその物質に対して可能ないくつかの化学反応のうち、特定の化学反応しか起こさない性質のことです。

つまり酵素というのは、一つの酵素に対して一つの働きしかしないということです。これはビタミンやミネラル、アミノ酸など他の物質がたくさんの働きを持っているのに対して、大きな特徴だといえます。

ただしこれは、ビタミンやミネラルの方がたくさん働きがあるので、酵素よりも健康にいいということではありません。酵素もビタミンも、どれも同じくらい健康には重要です。

4. 熱によって変性してしまう

酵素はたんぱく質をベースにして作られています。たんぱく質は熱を受けると分子の構造が変わってしまい、「変性」という性質の変化が起こります。目玉焼きやゆで卵を作った時に卵白が熱で白く固まるのは、たんぱく質の変性の一種です。

たんぱく質をもとに作られる酵素も、同じように熱によって変性します。多くの酵素は変性すると働きを失ってしまうので、食べ物から酵素をとり入れる時は、変性しないように注意する必要があります。

5. 新鮮な生の食べ物や発酵食品に含まれている

酵素が豊富に含まれている代表的な食べ物は、野菜と果物、そして発酵食品です。しかし野菜や果物に含まれている酵素は熱によって壊れてしまいます。なので野菜や果物から酵素を摂りたい場合は、加熱調理せず生で食べたほうがいいでしょう。

発酵は酵素を利用して起こるものなので、納豆などの発酵食品には酵素が豊富に含まれています。こういった発酵食品を食べるのも、酵素を摂りたい時にはおすすめです。

消化酵素と代謝酵素の関係

Getty logo

消化酵素と代謝酵素の間には関係があり、そのバランスを保つことで痩せやすい体をつくったり、健康を増進できるという考え方があります。以下ではこの考え方がどういうものなのか詳しくご説明し、この考え方にどれくらい信ぴょう性があるのかなども見ていきたいと思います。

「消化酵素+代謝酵素=一定」という考え方

体内で生成される潜在酵素について、消化酵素と代謝酵素のトータルは一定であるという考え方があります。つまり消化酵素があまり使われないとその分代謝酵素が増えて、逆に消化酵素がたくさん使われるとその分代謝酵素が減り、その合計は常に一定であるという考えです。

酵素で健康を増進したりダイエットしたい時に、この考え方をベースにすることによって、どんな食生活や生活習慣をすればいいかが分かってくると考えられています。

代謝酵素の量を増やすのが健康のカギ

筋肉量を増やすなどして基礎代謝を増やすと、痩せやすい体質になって健康増進にもプラスに働きます。「消化酵素+代謝酵素=一定」という考え方では、消化酵素の消費量を減らすことで相対的に代謝酵素の量を増やすと、基礎代謝が上がって痩せやすい体になり、健康にもいいと解釈します。

つまりこの考え方では、消化酵素をできるだけ使わないような生活をすることが、健康増進につながるということになります。

消化酵素を節約し代謝酵素を増やす方法とは

この考え方でいう消化酵素の節約とは、消化にあまり労力を割かないような食生活をするということです。

例えば暴飲暴食や偏食などで胃に負担をかけると、それを消化するのにより多くの労力が必要になります。消化に手間がかかるということは消化酵素をより多く消費するということになり、結果として代謝酵素が減ってしまうと考えます。

逆によく噛んでものを食べたり酵素が豊富な食べ物を食べると、胃がそれを消化するのにあまり労力がかからなくなります。すると消化酵素が節約されて、その分代謝酵素が増えるという仕組みです。

「消化酵素+代謝酵素=一定」を否定する考え方もある

このように消化酵素と代謝酵素には深い関係があり、このバランスを保つことが健康に大切だといわれています。

しかしこの消化酵素と代謝酵素の合計が一定という考えには、あまりちゃんとした科学的根拠はないようです。この考え方には否定的な意見もあるので、それをふまえた上で自己判断で取り入れるようにしましょう。

食物酵素とは

Getty logo

食物酵素とは食べ物の中に含まれている酵素のことです。体内で生成される潜在酵素に対して、体の外から採り入れる酵素を食物酵素と呼びます。

食物酵素は消化や代謝をサポートするなど、様々な体にいい働きがあるといわれています。潜在酵素の量は自分でコントロールすることができませんが、食物酵素なら食べることでよりたくさん採り入れることができるので、できればたくさん採って健康に役立てたいですよね。

以下ではこの食物酵素について詳しく見ていきましょう。

食物酵素が豊富な食べ物とは

食物酵素を豊富に含む食品で代表的なのは、野菜と果物、そして発酵食品です。

食物酵素を豊富に含む野菜にはレタス、キャベツ、人参、トマト、キュウリなどがあります。果物だとバナナ、りんご、キウイなどに食物酵素が豊富に含まれています。発酵食品では納豆、キムチなど、調味料では味噌、しょう油などを使うとよいでしょう。

全体的に見て、私たちが普段よく食べている一般的な食材に、食物酵素が豊富に含まれていることが分かります。食物酵素は日常の食生活にとても取り入れやすい栄養素だといえます。

食物酵素を摂るためには生で食べる

酵素はたんぱく質をベースにして作られているので、たんぱく質と同じように熱に弱く、加熱調理すると働きを失ってしまいます。食物酵素をしっかり摂りたい場合は、火を通さずできるだけ生で食べたほうがいいでしょう

効果的に食物酵素を摂取するための食べ方とは

食物酵素は食べ方を工夫することでより効果的に摂取することができます。

おすすめなのは野菜や果物をすりおろして食べる方法です。野菜や果物に含まれる食物酵素は、すりおろすことで量が増えるといわれています。しかも生野菜というのは加熱調理した野菜に比べて食べづらく、食物繊維が多いためよく噛まないとかえってお腹の調子が悪くなることもあります。

食べやすさという点でも、すりおろすというのはおすすめの食べ方だといえます。

発酵食品が身体に良いと言われる理由

発酵食品に含まれる酵素は、体に様々ないい影響をもたらします。例えば納豆に含まれる酵素であるナットウキナーゼは、血栓を溶かして血液の流れを良くする効果があるので、動脈硬化や脳血栓の予防におすすめです。

発酵食品は酵素が採れるだけでなく、乳酸菌などの効果で腸内環境を整えることもできます。さらに発酵によって糖質やたんぱく質が分解され、アミノ酸などの体にいい成分が豊富なのも長所です。

そして発酵食品は野菜と違って加熱しなくても食べやすいものが多く、酵素を壊す心配がないというのも利点だといえます。

このように、発酵食品が体にいいと言われるのには、様々な理由があるのです

摂取した方が良いとされる野菜や果物の量

厚生労働省では、一日につき350gの野菜を食べることを推奨しています。これは結構大変な量に思えますが、日本人の野菜の摂取量の平均は290gくらいなので、いつもよりもう少しだけ野菜を摂るように意識すれば、ちょうど350gに達するという感じになります。

そして農林水産省が推奨している果物の摂取量は、一日につき200gです。しかし国民の一日当たりの果物の摂取量は平均120gくらいなので、私たちは慢性的に果物不足になっているといえます。

酵素がもたらす具体的な効果の数々

Getty logo

ここまで酵素について、主に化学的な面からその性質や特徴を詳しく見てきました。酵素がどういう物質かは分かりましたが、じゃあ結局のところ酵素を摂るとどんな効果があるのかを知りたいですよね。

以下では酵素が体にもたらす具体的な効果についてご紹介したいと思います。

便通が良くなる

消化酵素がたくさん分泌されて、胃できちんと働くと食べ物がしっかり消化されますので、最終的にお通じの良さへとつながります。食物酵素は直接的には食べものを消化する働きはありませんが、酵素によって栄養価がアップし、それが消化や吸収を高めれば便通の良さにつながることも期待できます

基礎免疫力が向上する

酵素を摂ると免疫力が向上するという話もよく聞きます。酵素自体には免疫力を上げる直接的な働きはありませんが、消化酵素がしっかり働いて腸の機能が活発になると、「腸管免疫系」という免疫機能が高まるといわれています。

腸管免疫系とは腸が栄養を吸収するときに、細菌やウイルスなどの異物を吸収しないように識別する機能で、体を健康に保つには欠かせないものです。

集中力・記憶力が向上する

酵素を摂ると集中力や記憶力がアップするという話も、時々見かけることがあります。

酵素自体が直接脳に何らかの作用をするということはないのですが、しかし例えば、補酵素の一つであるビタミンB1が不足すると記憶力が落ちるといわれていますし、納豆に含まれるレシチンは神経伝達物質のもとになります。

このように酵素を含む食品には、集中力や記憶力を向上させる間接的な効果はあるといえるかもしれません。

運動能力が向上する

同じように運動をしていても、なかなか体力がつかない人もいれば、運動すればするほどどんどん体力や筋肉がついてくる人もいて、人によってとても個人差が大きいのは誰もが経験上感じていると思います。

最近の研究では、スポーツ選手など運動能力の高い人は、「ACE」という酵素が普通の人より多いということが分かってきました。この酵素がどこまで運動能力と関係しているかはまだ不明な部分も多いのですが、酵素を摂れば運動能力が向上するなんてことも、将来的にはあり得るかもしれません。

痩せやすい身体になる

代謝酵素が体でしっかり働くと、基礎代謝がアップして痩せやすい体になります。また食物酵素は直接的には代謝に関与しませんが、食物酵素を含む食品は栄養価が高く体にいいので、健康的な体をつくることで間接的に代謝アップにつながる効果は期待できます。

血液がサラサラになる

酵素の力で血液がサラサラになるというのも、よく聞くことがあるのではないでしょうか。

確かに酵素の中には「ADAM8」など血液循環に関与しているものもありますし、酵素が豊富な食べ物である納豆に含まれる成分には、血栓を取り除く効果があるものもあります。

ドロドロ血が気になる方は、一度酵素を取り入れてみるといいかもしれません。

白髪を抑える

酵素には白髪を抑える効果もあるといわれることがあります。これは髪の黒さのもとであるメラニンを生成するには、「チロシナーゼ」という酵素が必要であることから、このように言われているのだと思われます。

ぜんそく・骨粗鬆症などの慢性疾患が改善される

酵素にはぜんそく・骨粗鬆症などの、慢性疾患を改善する効果があるといわれることもあります。これも酵素によって健康的な体をつくることで、体の内側から疾患を改善できるという考え方だと思われます。

美肌になる

酵素には皮脂や角質の主成分である脂質やたんぱく質を分解する働きがあり、これを利用した酵素洗顔料が市販されています。普通の洗顔料は皮脂を落とすのがメインですが、酵素洗顔料は角質も落とせるのが大きく違う点です。

酵素洗顔料は美肌効果が高く、女性を中心に根強い人気を誇っています。

食物酵素を摂取して代謝酵素を増やす

Getty logo

酵素は体に様々ないい影響をもたらします。特に食物酵素を摂取すると、消化酵素が節約されて代謝酵素が増えるといわれているので、健康のためにぜひ毎日の食生活に取り入れてみてください

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。