ダンベル筋トレが効果的すぎる!目的別に紹介・全身が鍛えられるトレーニング15選

ダンベル筋トレが効果的すぎる!目的別に紹介・全身が鍛えられるトレーニング15選

体を鍛えようとしたら皆さん筋トレをしますよね。今回はダンベルを使用した筋トレをご紹介します。効果ややり方、ダンベル選びの注意点など、効果的すぎるダンベル筋トレに関する情報をお届けします!


ダンベル筋トレがおすすめな理由は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

筋トレには自分の体重を負荷にして鍛える自重トレーニング、バーベル筋トレやマシン筋トレなど様々ありますが、トレーニング方法の中でも、ダンベルを使用して鍛えるダンベル筋トレはおすすめです。おすすめの理由は得られるメリットが多いからです。

ダンベル筋トレで得られるメリットとは?

ダンベル筋トレのメリットはたくさんあります。まず、自重トレーニングよりも負荷を高めた筋トレを行うことができます。ダンベルで鍛えれば、ほぼ全身の筋肉を満遍なく鍛え上げることができ、より理想のボディラインへと近づくことが可能です。

また、ダンベルを購入してしまえば、長く使えることはもちろん、わざわざ高いお金を支払ってジムに行かなくても自宅で鍛え上げることができるのです。左右片手ずつ持っても行えることも、トレーニングにおけるバランスの良い体作りに適しています。

多くのトレーニーが筋トレ器具を買うなら、まずは”ダンベル”と言う通り、体を作りたい人にとってダンベルは間違いのない最強の筋トレ器具と言っても過言ではないと言えるのです。

ダンベル筋トレで得られるメリット
●高負荷によって、全身を鍛え上げることができる。
●ダンベルを購入してしまえばジムに行かなくても自宅で鍛えることができる。
●左右片手ずつ持って行えるためバランスの良い体作りに適している。

筋トレで使うダンベルには2種類ある!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

メリットの多いダンベル筋トレを行う場合、準備しなければいけないものがあります。持っていない人は、まずダンベルを用意しましょう。ダンベルには種類があるため、また、どんなダンベルを選ぶべきなのかを解説します。

「固定式」と「調整式」のダンベルはどっちが良い?

ダンベルを購入する前に基礎知識として、ウェイトが決まっている「固定式」と可変できる「調整式」の2種類があることを知っておきましょう。

ジムなどに置いてあるダンベルは固定式が多いのですが、様々なウェイトを一つずつ揃えることでコストとともに保管場所も必要になります。自宅でダンベル筋トレを行う場合、筋肉が成長することで大きな重量を扱いたい場合も出てくるでしょう。

選ぶのならそれに合せられるよう、ウェイトを自由自在に可変できる調整式の商品をおすすめします。

プレートの素材にも注意!

ダンベルのプレートにも素材に違いがあります。鉄がむき出しになっているアイアンプレートと、プレート全体がラバーで覆われているラバータイプがあります。アイアンタイプはフローリングの床を傷つけやすく、音もしやすいです。

ラバータイプはラバーが付いていることで床を傷つける心配がなくなります。音も静かなため選ぶ際は「調整式のラバータイプ」を購入するようにしましょう。

筋トレで使う場合にはダンベルの重さも考えよう!

重さが可変できる調整式ダンベルも最大重量ごとに販売されています。購入するのなら、片方が最低でも30kgまで重くできるダンベルが良いでしょう。

重量の最大が軽すぎると色々な筋トレで使うことができなくなるため、最大重量が15kgなどのダンベルは価格が安いですが購入しないようにしてください。

ダンベル筋トレで女性が扱う重さはどれくらいが良い?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性の場合、筋肉は引き締めたいけどムキムキになりたくないという人が多いため、30kgものウェイトは必要ない場合があります。また高重量は扱いなれていないと怪我をしてしまう可能性があるため、女性の場合は2~4kgの重さを目安にしておくと良いでしょう。

おすすめのダンベル①:FIELDOOR ブラック ダンベル

「FIELDOOR ブラック ダンベル」は調整式のダンベルで、片手30kgまで重くすることができます。ラバーリングが取り付けられているため、室内の床を保護すると同時に、音も静かです。

調整式ダンベルはシャフトやプレートを組み合わせて自分に合った重量でトレーニングを行うことができるため、しっかりとした重量で行いたいと言う人におすすめです。

FIELDOOR ブラック ダンベル ( 片手30kg×2個セット)

¥ 11,800(税込:2017/7/21時点)

おすすめのダンベル②:ファイティングロード ダンベル ラバータイプ

ファイティングロードのラバーダンベルは、筋肉芸人として有名な”なかやまきんに君”も愛用のダンベルです。床を傷つけないラバータイプで音も静かです。片手30kgまでウェイトを高めることができます。シャフトだけの場合2.5kgなので、女性はシャフトのみでダンベル筋トレを行ってもよいでしょう。

ファイティングロード ダンベル ラバータイプ (60kgセット)

¥ 17,172(税込:2017/7/21時点)

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


シグナリフトの幹細胞美容液の口コミや評判は本当?実際に購入してたるみ・ほうれい線への効果を検証

シグナリフトの幹細胞美容液の口コミや評判は本当?実際に購入してたるみ・ほうれい線への効果を検証

今回は話題の幹細胞美容液「シグナリフト(Signalift)の口コミや評判をリサーチ。口コミからシグナリフトの効果を探っていきます。また、実際に美容液を購入して使ってみることで、たるみ・ほうれい線・シワに効果があるか実験してみました。シグナリフトの購入は、公式サイトのお試しコースを利用したので、かなり安く入手することができました。Amazonや楽天で買うよりも安いのか、どうすれば格安で購入できるのか、編集部で調査した情報をお届けします。再生医療センターが開発したシグナペプチドという新成分をはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分も配合されているので、年齢肌・乾燥肌の方にもおすすめのシグナリフト。この記事で理解を深めてくださいね♪


安いフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

安いフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

今回は、おすすめの安いフードプロセッサーについてお伝えいたします。価格重視で選ぶときには、自分が必要としている機能に注目するのがポイント。据え置きタイプ、ハンディタイプのどちらも選択可能です。自分なりのお気に入り機能を見つけることも選ぶにあたって大事でしょう。上位には、安価ながら多機能なフードプロセッサーが多いです。


洗いやすいフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

洗いやすいフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

今回は、おすすめの洗いやすいフードプロセッサーについてお伝えします。フードプロセッサーを選ぶときには、手早く下ごしらえをするのに役立つ多彩な機能がポイントです。後片付けのしやすさ、自分が必要としている特徴にも注目して、選ぶようにしてください。上位には、各パーツの分解がしやすいタイプの商品が多いです。


フードプロセッサーおすすめランキング12選!2018年人気トレンドはリーズナブルで高機能

フードプロセッサーおすすめランキング12選!2018年人気トレンドはリーズナブルで高機能

今回は、フードプロセッサーのおすすめ商品をランキング形式で12商品ご紹介。代表的な選び方としては、フードプロセッサーの種類や容器の素材、使い勝手などさまざま。 ランキング上位には、日常に使いやすいフードプロセッサーや、リーズナブルで高機能なフードプロセッサーが揃っています。購入したいフードプロセッサーを選びましょう。


自立式ハンモックのおすすめランキング10選|「品質しっかり」が2018年人気のトレンド

自立式ハンモックのおすすめランキング10選|「品質しっかり」が2018年人気のトレンド

ハンモックは元々南米の原住民の間で使われていたアイテムでしたが、今や世界中に広まっています。海外ドラマや映画に登場するハンモックに憧れたことは誰しも一度はあるはず。通常、ハンモックは木や柱に括り付けて使用しますよね。適当な木や柱がない場合、諦めてしまうしかないのでしょうか。そこでおすすめなのがスタンドが付いた自立式ハンモックです。スタンド付きなので平坦な場所であればどこでも好きな場所で使うことができます。アウトドアだけではなく、室内での利用にもおすすめ。十分なスペースがあれば憧れのハンモックを部屋に設置することができます。今回はそんな自立式ハンモックのおすすめをランキング形式で紹介。品質がしっかりしていているものを集めました。