ウエストダイエットで引き締めよう!お腹にくびれができる運動と食事方法を解説

ウエストダイエットで引き締めよう!お腹にくびれができる運動と食事方法を解説

引き締まったウエストに憧れのある人は多いと思います。しかし、なかなか痩せることが難しい部位でもありますよね。今回は短期間でウエストを引き締められる運動と食事方法を解説していきます。


ウエストダイエットとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「ウエストダイエット」とはその名の通り、特に女性の皆さんが引き締めたいと思っているウエスト部分を引き締めて”くびれ”を作るダイエットのことです。胴体がまっずぐな寸胴体型や、脂肪による”たるみ”に困っている人は多く、メリハリのあるボディラインに憧れている人は多いでしょう。

ウエストがたるんでしまう原因は?

ウエストがたるんでしまうのは「皮下脂肪」や「内臓脂肪」が原因です。

皮下脂肪とは?

皮下脂肪とは、「皮膚の下」についている脂肪のことで、お腹はもちろんお尻や二の腕、太ももなど、指で掴むとつまめる部分がそれに該当します。女性の場合、ウエストに脂肪がついていしまうのは「皮下脂肪」による原因が多いとされています。皮下脂肪は男性よりも女性に付きやすい脂肪で、食べすぎや運動不足によることが大きな原因です。

皮下脂肪が女性に付きやすいとされている理由は、妊娠や出産などに備えて子宮の周辺を守るためです。女性の体を守る役割が皮下脂肪にはあるため削ぎ落とすことはよくありませんが、ウエストをはっきりとさせるためには無駄な脂肪を落として引き締めることが大切です。

皮下脂肪は内臓脂肪よりも落としにくい脂肪で、食生活を改善するだけでは取り除くことはできません。運動やマッサージなどを行う必要があります

内臓脂肪とは?

もう一方の「内臓脂肪」は内臓周辺に付いてしまう脂肪のことで、暴飲暴食が主な原因です。女性よりも男性がなりやすく、放っておくと”ぽっこりとしたお腹”の原因となります。

ぽっこりとしたお腹で悩んでいる人は多いのですが、内臓脂肪は比較的落としやすい脂肪であるため、食生活の改善に運動をプラスすることでしっかりと落とすことができます

内臓脂肪をそのままにしておくと肥満、高血圧などの生活習慣病を引き起し、動脈硬化、心筋梗塞といった病気になる可能性があるため注意が必要です。

効果的なウエストダイエットの方法は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ウエストを引き締める方法として一番に思いつくのが腹筋などのお腹を引き締める筋トレではないでしょうか?確かに腹筋はお腹の筋肉を鍛える効果がありますが、残念ながらダイエットには向いていません

筋トレだけではウエストダイエットできない!

腹筋などの筋トレは、行う際に息を止めて力を込めるため無酸素運動を呼ばれています。この無酸素運動は筋肉を引き締めてくれる効果はありますが、脂肪を燃焼する効果は薄いのです。

ウエストダイエットとして筋トレを行う場合は、脂肪を燃焼した後に行うと引き締め効果が得られて効果的です。

ウエストダイエットをするための最適な方法は?

筋トレだけでは行えないウエストダイエットに最適な方法は「運動」と「食生活の改善」です。

脂肪燃焼に効果的な有酸素運動と共に簡単なエクササイズやストレッチ、マッサージなどもウエストにくびれを作るうえで行いたい運動です。食生活の改善も有効で、脂肪をこれ以上溜め込まない食生活に変えてダイエットを目指しましょう。

簡単なのに効果抜群!短期間でウエストがダイエットできる有酸素運動

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ウエストをダイエットするためには、運動を行いましょう。運動といっても最初に行うのは筋トレではありません。まずは有酸素運動を行い脂肪を燃焼させることが重要です。

■脂肪燃焼に効果的な「ウォーキング」

有酸素運動の代表であるウォーキングは脂肪燃焼に効果的な種目です。脂肪を燃焼させるためには散歩のようにゆっくりと歩くのではなく、息があがるくらいのスピードでいつもより大股で歩くことを意識しましょう。

ウォーキング中は背筋を伸ばした姿勢で歩くこともポイントです。手に拳を作った状態で肘を90度に曲げ、腕を大きく振りながら歩くことで血液の流れが良くなり、より脂肪燃焼に効果を発揮します。

脂肪燃焼に効果的なウォーキングのポイント
・歩幅を意識して大股で歩く
・背筋を伸ばし正しい姿勢で歩く
・少しスピードをあげて歩く
・腕をしっかりと振って歩く

ウォーキングで脂肪燃焼するための注意点

ウォーキングを行うと開始直後は体内の”糖”がエネルギーとして消費されます。私たちがなくしたい”脂肪”がエネルギーとして使われるまでには少し時間がかかるのです。そのため、確実に脂肪を燃焼させるためには、エネルギーとして消費される20分以上の運動時間を確保する必要があります

有酸素運動は運動した分だけ体内にある糖と脂肪がエネルギーとして消費されるため、脂肪を燃焼させるためには10分×2回など細かく区切って運動を行うか、一度に長時間行うようにすると効果的です。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


シグナリフトの幹細胞美容液の口コミや評判は本当?実際に購入してたるみ・ほうれい線への効果を検証

シグナリフトの幹細胞美容液の口コミや評判は本当?実際に購入してたるみ・ほうれい線への効果を検証

今回は話題の幹細胞美容液「シグナリフト(Signalift)の口コミや評判をリサーチ。口コミからシグナリフトの効果を探っていきます。また、実際に美容液を購入して使ってみることで、たるみ・ほうれい線・シワに効果があるか実験してみました。シグナリフトの購入は、公式サイトのお試しコースを利用したので、かなり安く入手することができました。Amazonや楽天で買うよりも安いのか、どうすれば格安で購入できるのか、編集部で調査した情報をお届けします。再生医療センターが開発したシグナペプチドという新成分をはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分も配合されているので、年齢肌・乾燥肌の方にもおすすめのシグナリフト。この記事で理解を深めてくださいね♪


安いフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

安いフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

今回は、おすすめの安いフードプロセッサーについてお伝えいたします。価格重視で選ぶときには、自分が必要としている機能に注目するのがポイント。据え置きタイプ、ハンディタイプのどちらも選択可能です。自分なりのお気に入り機能を見つけることも選ぶにあたって大事でしょう。上位には、安価ながら多機能なフードプロセッサーが多いです。


洗いやすいフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

洗いやすいフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

今回は、おすすめの洗いやすいフードプロセッサーについてお伝えします。フードプロセッサーを選ぶときには、手早く下ごしらえをするのに役立つ多彩な機能がポイントです。後片付けのしやすさ、自分が必要としている特徴にも注目して、選ぶようにしてください。上位には、各パーツの分解がしやすいタイプの商品が多いです。


フードプロセッサーおすすめランキング12選!2018年人気トレンドはリーズナブルで高機能

フードプロセッサーおすすめランキング12選!2018年人気トレンドはリーズナブルで高機能

今回は、フードプロセッサーのおすすめ商品をランキング形式で12商品ご紹介。代表的な選び方としては、フードプロセッサーの種類や容器の素材、使い勝手などさまざま。 ランキング上位には、日常に使いやすいフードプロセッサーや、リーズナブルで高機能なフードプロセッサーが揃っています。購入したいフードプロセッサーを選びましょう。


自立式ハンモックのおすすめランキング10選|「品質しっかり」が2018年人気のトレンド

自立式ハンモックのおすすめランキング10選|「品質しっかり」が2018年人気のトレンド

ハンモックは元々南米の原住民の間で使われていたアイテムでしたが、今や世界中に広まっています。海外ドラマや映画に登場するハンモックに憧れたことは誰しも一度はあるはず。通常、ハンモックは木や柱に括り付けて使用しますよね。適当な木や柱がない場合、諦めてしまうしかないのでしょうか。そこでおすすめなのがスタンドが付いた自立式ハンモックです。スタンド付きなので平坦な場所であればどこでも好きな場所で使うことができます。アウトドアだけではなく、室内での利用にもおすすめ。十分なスペースがあれば憧れのハンモックを部屋に設置することができます。今回はそんな自立式ハンモックのおすすめをランキング形式で紹介。品質がしっかりしていているものを集めました。