ダイエット中に効果的な間食方法!コンビニでも買えるおすすめのおやつ等食べ物10選!

ダイエット中に効果的な間食方法!コンビニでも買えるおすすめのおやつ等食べ物10選!

ダイエット中は間食であるおやつ等を我慢するのが普通だと思っていませんか?しかし時には、間食を我慢しすぎる事でダイエット効果を妨げてしまう事があるのです。今回はダイエット中の間食を我慢すると逆効果になる理由や間食する事で得られる効果、おすすめの間食おやつ10選をご紹介します。


ダイエット中に間食を我慢すると逆効果とテレビや本でも話題!?

Getty logo

様々な方法でダイエットを実践したものの、途中で挫折してしまう一番の理由…。それは「ストレスの蓄積」と言われています。確かに、ダイエット中は間食であるおやつ等はやめるにこした事はないですが、我慢しすぎてストレスが蓄積してその反動でリバウンドやドカ食いをしてしまい失敗するケースも少なくありません

最近ではテレビや雑誌等の本でも、ダイエット中は我慢せずに上手におやつを食べるべきとの声もあり話題になっているようです。ただし、どんなおやつもOKなわけではなく間食に選ぶ食べ物にはあるポイントがあると言われています。

今回は、そんな誰もが気になるダイエット中に食べても良いおすすめの間食10選やダイエット中に間食した方が良い理由、話題のナッツの成分効果などを徹底解説しますので、ぜひこれをダイエット中の参考にしてくださいね。

間食をやめるよりダイエット中に食べた方が良い理由

Getty logo

ダイエットを実践しているほとんどの人は、間食やおやつは「食べたら太る」と思っているようです。しかし、ダイエット中には間食を摂取すべきなのです。最近ではネット上にたくさんの間食向けのレシピも存在していますので参考にするのも良いでしょう。

ただ、どれだけ食べても良いというわけでもないので、ここではダイエット中に間食を食べた方が良い理由をご紹介します。

【理由①】ストレスを溜めずに継続できる

Getty logo

ダイエット中に避けて通れないのが「好きなものを食べられない事によるストレス」です。ストレスは特にダイエット中に蓄積されやすく、普段しない事を無理にしようとするので無意識のうちに溜まっていきます。

こうして溜まったストレスは、ダイエット中に様々な悪影響を与えてしまうのです。具体的には、以下のような症状が出ると言われています。

  • 体中の血流が悪くなり基礎代謝機能が低下する

  • 自律神経が乱れやすくなり、食べた物の消化が悪くなる

  • 睡眠の質が低下して日々の生活に支障をきたす
  • 以上のような症状が出た場合、ダイエットは失敗に向かっている可能性があります。間食を摂る事は、ただ単に食べられないストレスを無くすだけでなく、間食を食べる事によって日々の生活で蓄積されたストレスを解消する効果があると言えるでしょう。

    【理由②】ダイエット後のリバウンドを防止する

    Getty logo

    いくら効果的なダイエットを短期間で成功させたとしても、その後すぐにリバウンドしてしまえば意味がありません。また、過剰な食事制限ダイエットなどは体重の減少はしますが、筋肉量を減らして体の代謝機能が下がり痩せにくい体質を作ってしまいます。

    「もう我慢しなくていい!」という気持ちが、せっかく痩せた体に多くの食べ物を詰め込んでドカ食いしてしまい太ってしまうという悪循環に陥ります。

    間食の有無はリバウンドに大きく関連しています。ダイエット中に適度な間食をせずにいると、どんなものをどれくらいの量食べていたのかという基準が鈍り、ダイエット後の間食をたくさん食べてしまう原因にもなるのです。

    【理由③】主食での物足りなさをなくす

    Getty logo

    ダイエット中の間食の有無は、1日3食の主食への気持ちが大きく左右されると言われています。間食を無理に我慢して主食を食べようとすると、

  • 空腹感が大きいので毎食の食事量では物足りなく感じてしまう

  • 主食を食べ終わっても満腹感が得られずにストレスが溜まる
  • といった事態を招いてしまうのです。その為、主食の前に間食を上手にする事によって間食で食べた物がお腹に残った状態で主食を食べる事ができる上に、主食の食事量を減らして摂取カロリーをカットする事も不可能ではないのです。

    ナッツがダイエット中の間食に効果的で大人気!?その効果とは?

    Getty logo

    ダイエット中の間食に一番効果的と言われているのが「ナッツ類」と言われています。ここでは、そんなナッツが間食に及ぼす影響や効果をみていきましょう。

    【効果①】腹持ちが非常に良い

    ダイエット中の間食に効果的と言われるナッツの主成分はタンパク質や食物繊維ですので、食後の血糖値が上がりにくく体内への吸収が緩やかになるのが特徴です。

    体内への吸収が遅いと、ラーメン等の麺類とは真逆でお腹に長くとどまりやすくなる為、食べた後でお腹が空きにくく腹持ちが良くなります。つまり余分なカロリー摂取を防ぐ事ができるんですね。

    【効果②】コレステロール値を減少させる

    ナッツがダイエット中の間食として一番効果的である理由が「抗酸化作用が高い」事です。ナッツに含まれている「ファイトケミカル」と呼ばれる成分が、血液中のコレステロール値を減少させて血管内の血栓を除去してくれる効果があるのです。

    この効果によってダイエットだけでなく、生活習慣病の予防にも役立つ上に血液がサラサラになるので、間食だけでなくナッツは積極的に摂取したい食材と言えるでしょう。

    【効果③】ビタミンEが豊富である

    Getty logo

    ナッツには豊富なビタミン類が含まれています。その中でも特にビタミンEの効果は注目されており、血液中のコレステロールを排出して老廃物が蓄積するのを防止してくれるのです。

    ビタミンEはアーモンドに非常にたくさん含まれており、その含有量はなんと「アーモンド20gで1日の必要摂取量7割」に相当すると言われています。

    また、ビタミンEは他にもホルモンバランスを正常に整える働きがあるので、ダイエット中の食事制限中でホルモンのバランスが乱れやすい人には必要不可欠な栄養成分と言えるでしょう。

    【効果④】ミネラル類が豊富である

    ナッツにはビタミン類の他にミネラル類も豊富に含まれています。特にカリウム、亜鉛、鉄分等、色々なミネラル成分が含まれているので「ミネラルの宝庫」とも呼ばれています

    ミネラルは摂取した脂質の代謝をサポートしたり、血液中の糖質を熱に変換する働きがあるので、ダイエット面では非常に効果的な成分と言えるでしょう。間食として食べるには、ダイエットに効果的な成分が含まれている事は嬉しい限りですね。

    【効果⑤】お菓子よりも糖質が少ない

    Getty logo

    ダイエット中に我慢する食べ物がお菓子ですよね。カロリーや糖質が高いお菓子類に比べてナッツは糖質が低いので間食として食べても太りづらいと言われています。

    100g当たりのスナック菓子と比較した場合、スナック菓子の糖質が50gに対してナッツは約16gと1/3以下の糖質なのです。

    ただし、ナッツの種類によって糖質は変わってきます。ナッツの中でもマカデミナアナッツやクルミは糖質が少なく、カシューナッツは糖質が多く含まれています。同じナッツ類でも間食として食べる時は、糖質の低いものを選ぶと良いでしょう。

    間食ダイエット中のルールと効果的な食べ方やポイント

    Getty logo

    ダイエット中の間食で一番気を付ける事は「血糖値の急上昇を抑制する」事と言われています。空腹時に食事をする事により血糖値が急上昇すると、インスリンが大量分泌されて体内に脂肪を溜めこんでしまうからです。

    ここでは、ダイエット中に食べる間食の基本的なルールと効果的な食べ方やポイントを解説します。

    【ルール①】間食(おやつ)のカロリーは200kcalまで!

    たとえ血糖値の急上昇を抑制しても、肝心の摂取カロリーがオーバーしては意味がありませんおやつは1日200kcalを超えないようにして、どうしても越えてしまう場合は半分だけ食べて翌日に残りを食べるなどの工夫をしましょう。

    【ルール②】糖質量に気を付ける!

    糖質量が高い食べ物は血糖値の急上昇を招いて体内の脂肪が蓄積される原因になります。200kcalまでの間食であれば気にする必要はありませんが、出来る限り間食の糖質は「1日20~30gまで」に設定するなど意識する必要があります。

    【ルール③】昼食と夕食の間がベストタイミング!

    Getty logo

    間食を食べるタイミングも重要です。最もダイエットに効果的な時間帯が、「昼食後4時間経過後か夕食4時間前」と言われています。

    夕食が何時になるかわからない時は、「15時~16時」くらいが最も太りづらい時間帯になりますので、このタイミングで間食を食べるようにしましょう。

    【ルール④】タンパク質やビタミンB1・B2を積極的に摂る!

    タンパク質は脂肪を燃焼させるとともに腹持ちを良くする効果があると言われています。また、ビタミンB1は糖質の代謝サポートに欠かせない成分です。間食時の食べ合わせで摂取すると効果的なので組み合わせて食べると良いでしょう。

    ちなみにビタミンB群は水に溶ける性質を持っている為、食べ物から摂取するようにしましょう。

    【ルール⑤】小分けして食べる!

    いくらカロリーや糖質が低くダイエットに効果的なおやつでも、ダラダラと食べるのはやめるようにしましょう。一番良い方法は間食を小分けして食べる事ですが、小分けできないチーズやブドウ等は冷凍しておくと食べ過ぎを防止できます。

    要は、間食する時につまんですぐに食べる事ができない工夫が必要です。

    コンビニで買える物も!ダイエット中におすすめの間食(おやつ)10選!

    Getty logo

    太りにくい間食と言われてもパッと思いつかない人も居るでしょう。ここでは、ダイエット中の間食におすすめの食べ物10選をご紹介します。コンビニでお手軽に購入できるものもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    【おすすめ①】ナッツ類

    Getty logo

    ダイエット中の間食として一番おすすめなのが、芸能人やモデルの間でも好んで食べられているというナッツ類です。糖質が低くて良質な脂質を含み、抗酸化作用を持つビタミンEに加えて新陳代謝を促進させるビタミンB群が豊富に含まれているからです。

    また、ナッツ類はよく噛まないと食べられない為に自然と咀嚼回数が増えて脳の満腹中枢を刺激し満腹感が得られるのも特徴なので、非常におすすめです。

    【おすすめ②】ドライフルーツ

    Getty logo

    果物を乾燥させたドライフルーツは栄養価が高くて食物繊維が豊富に含まれています。噛みごたえもあるので間食に最適です。

    ただし、ドライフルーツのカロリーはおやつとしては低くありませんので食べ過ぎには注意が必要です。

    【おすすめ③】ソイジョイ

    ダイエッターや有名人もこぞって愛食している大人気のソイジョイ!大豆粉を使用しておりGI値が低く栄養価も高いと言われています。

    タンパク質や脂質、糖質、食物繊維もバランス良く含まれており、販売メーカーの大塚製薬も間食としてソイジョイを食べる事をおすすめしているほどです。

    【おすすめ④】するめ

    Getty logo

    酒の肴としても美味しく人気が高いするめは、噛みごたえがあって低カロリーなので間食には最適の食品です。満腹感が出て食欲を抑えてくれる他、少量のするめで満足感を得られる為に間食に適したダイエット食品と言えるでしょう。

    【おすすめ⑤】ヨーグルト

    Getty logo

    ヨーグルトはタンパク質を摂取できる上に低カロリーの為にダイエット中の間食に最適!栄養価が高い事と腸内フローラを整える作用のある食品として最近特に注目されている食品です。

    腸内環境の改善は便秘を解消したり、痩せやすい体質づくりに必須なので美味しく食べてダイエットする事ができるおすすめの商品と言えるでしょう。

    【おすすめ⑥】チーズ

    Getty logo

    乳製品の代表格と言えばヨーグルトの他にチーズがありますよね。チーズはタンパク質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでおり、発酵食品なので同じ乳製品のヨーグルトよりも糖質が低いのが特徴です。

    チーズが太りやすいというイメージを持っている人が居ますが、チーズに含まれている脂質は「中鎖脂肪酸」で、比較的分解しやすく消化が早いのが特徴です。芸能人が愛用しているココナッツオイルにも含まれている注目の成分なのです。

    【おすすめ⑦】チョコレート

    Getty logo

    「ダイエット中にチョコレート!?」と意外に思うかもしれませんが、ダイエットの間食にチョコレートは最適なんですよ!特にチョコレートの減量となるカカオには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている上に、カカオの脂質は体内へ吸収されにくいので太りにくいという特徴があるのです。

    また、話題のカカオポリフェノールによる抗酸化作用やリラックス効果も併せ持っているので、美容効果やストレス軽減対策にも最適なのです。ただし、チョコレートは糖類が少なくカカオがたくさん含まれているビターチョコレートを選ぶようにしましょう。

    【おすすめ⑧】マシュマロ

    Getty logo

    これも意外ですが、実は太るイメージが強いマシュマロも低カロリーで間食に適した食品と言われています。栄養価は高くはありませんが、少しの量ならダイエットに影響は全くありません。

    マシュマロ独特の食感が好きな人も多くダイエット中のストレス対策になる他にも、実は美肌やバストアップに良い成分が含まれているのです。

    【おすすめ⑨】ゆで卵

    Getty logo

    完全栄養食品と言われる卵は、タンパク質やミネラル、ビタミンが非常に豊富に含まれています。特にゆで卵がおすすめで、消化が緩やかになって腹持ちも良くなる効果があるようです。

    卵アレルギーのない人ならダイエット以外でも積極的に食べたい食品で、1日1個以上食べても問題はないとされています。

    【おすすめ⑩】おしゃぶり昆布

    間食おやつの大定番と言えばこのおしゃぶり昆布ではないでしょうか。カロリーが低くて噛みごたえもあり、なにより原材料となる昆布には食物繊維やミネラルが豊富に含まれているので栄養補給にも最適です。

    適度な間食おやつを取り入れて効果的にダイエットを成功させましょう!

    Getty logo

    ダイエット中におやつ等の間食をしない事は確かにダイエット効果につながりますが、無理に我慢する事でストレスを蓄積してしまうと、肝心のダイエットを妨げてしまう事になりかねません。

    ここでご紹介した適度や間食向きの食べ物を選ぶことで、ストレスを軽減して体に必要な栄養補助の役割を担うので、ダイエットを継続して加速させる効果も期待できます♪

    記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

    最新の投稿


    口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

    口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

    プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


    育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

    育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

    今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


    プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

    プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

    美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


    鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

    鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

    金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


    シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

    シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

    今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。