[ダンベルトレーニング11選]全身が鍛えられる筋トレでカッコいいカラダに!

[ダンベルトレーニング11選]全身が鍛えられる筋トレでカッコいいカラダに!

男性も女性も引き締まったカッコいいカラダに憧れを抱く人は多いでしょう。そんな人におすすめなのがダンベルで行うトレーニングです。今回はこれさえやっておけば間違いない!全身が鍛えられるダンベルトレーニングを解説します。カッコいいカラダを目指しましょう!


「ダンベルトレーニング」とは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「ダンベルトレーニング」とは、筋トレ器具であるダンベルを使用して鍛えるトレーニングです。カッコいい体作りや理想的なボディラインの実現には欠かせないトレーニング方法の一つと言われています。

ダンベルトレーニングはメリットは?

筋トレ器具を買うなら、まずは「ダンベル」と言われるぐらい体作りに適したトレーニングができるダンベルは間違いのない筋トレ器具と言えるでしょう。ダンベルを使用したトレーニングで体を鍛えるメリットをご紹介します。

高負荷で鍛えることができる

ダンベルトレーニングを行うことのメリットは、なんといっても全身を高負荷によって鍛えられることです。自分の体重を負荷にして行う自重トレーニングも有名ですが、ダンベルさえあればより高負荷で鍛えることができます

基礎代謝を向上させることができる

ダンベルトレーニングは高負荷で筋肉が鍛えられるため、基礎代謝の向上にも効果を発揮してくれます。基礎代謝とは私たちが何もしていなくても心臓や内臓などが活動することによって消費されるエネルギーのことです。

基礎代謝は筋肉によってもエネルギー消費がされるため、筋肉量が多くなることで太りにくい痩せ体質になることができるのです。脂肪を燃焼させたい人や、体重を減らして引き締まった体を目指す人にとってダンベルトレーニングは最適と言えるでしょう。

バランスの良い体を作ることができる

人間の体は左右均等になっていません。日常生活の中でよく使うほうの筋肉がより発達しているといえます。手に持って行うダンベルトレーニングの場合、左右で違う筋肉の大きさを調整しながら鍛え上げることができます。バランスの悪い体をよりカッコよくボディメイクできるのもダンベルトレーニングのメリットと言えるでしょう。

自宅でしっかり鍛えることができる

ダンベルはジムにも置いてありますが、ダンベルさえ購入すれば自宅で鍛えることができます。わざわざ高額な入会金や月額の使用料金を払う必要がなくなります。また、ジムで行うマシントレーニングと違い、扱うことで体のインナーマッスルが鍛えられることもメリットと言えるでしょう。

トレーニングを行う前に最低限知っておきたいこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ダンベルトレーニングを行う前に最低限知っておきたいのが、どれくらいの回数やセット数で行うのか、またダンベルの重さはどれくらいを扱うと良いのかということです。筋肉を鍛える順番も効果的なトレーニングを行うために知っておくべきでしょう。

これらの情報を知らないで適当にトレーニングを行ってしまうと効果が得られなかったり、怪我に繋がる恐れがあります。

ダンベルトレーニングの最適な回数やセット数は?

最適な回数やセット数は目的によって変わるため、あなたに合った回数とセット数を選んで行いましょう。

■筋肥大を目的とした回数・セット数

男性の場合、ダンベルトレーニングによって筋肉を肥大化させカッコいい肉体を作りたい人は多いと思います。筋肥大を目的とした回数やセット数は以下の通りです。

回数 10回前後
セット数 3~6セット

筋肉を肥大化させるためには、10回前後行えるぐらいが筋肉に効果的です。セット数は3~6セットが最適でしょう

3セット以下になると、負荷がしっかりと与えきれていない可能性があるため、筋肥大の最大効果が望めません。6セットまでとしているのは、これ以上多く行ってしまうとオーバーワークとなるためです。オーバーワークになると怪我をする可能性が高まり、エネルギー不足によってトレーニングをしても筋肉にとって無意味となってしまいます。

■筋肉の引き締めを目的とした回数・セット数

男性にも女性にも筋肉を引き締めてボディメイクしたい人は多いと思います。引き締め目的の回数やセット数は以下の通りです。

回数 15回前後
セット数 3~6セット

筋肉を引き締める目的でダンベルトレーニングを行う場合は15回前後行えるぐらいの負荷によるトレーニングがおすすめです。セット数の範囲内でしっかりと筋肉を引き締めましょう

ダンベルトレーニングではどれくらいの重さを扱えば良い?

ダンベルトレーニングを始めるうえでダンベルの重さを考えることは重要です。いきなり重すぎるダンベルを扱うと筋トレフォームが崩れたりするため、効果的なトレーニングが行えません。

初めてダンベルトレーニングを行う場合の目安として、男性なら5~10kgの中で自分に合った重さが最適です。

ダンベルの重さは目安であるため、もっと重いダンベルを扱える場合は行っても良いでしょう。しかし、正しいフォームで行うことも筋肉をつけるうえでは非常に重要であるため、初心者の場合、フォームが固まるまでは軽めの重量から始めるほうが安全でしょう。

女性が筋トレする場合のダンベルの重さは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性がダンベルトレーニングによって筋トレをする場合、最適な重さは2~5kgを目安にすると良いでしょう。女性は男性よりも筋肉量が少ないことが多いため、軽めの負荷から行い、決して無理をしないようにしてください

ダンベルトレーニングで扱う最適な重量は・・・?
●男性は5~10kg
●女性は2~5kg

トレーニング種目別に重さを調整しよう

ダンベルの重さはトレーニングの種目別に調節することも大切です。例えば男性の場合、腕を鍛えるときには5kg、下半身を鍛えるときには10kgの重量のダンベルを使うなどです。

行っている際に負荷が軽すぎると思ったら、少し重量を上げて行っても良いでしょう。注意点は無理をして重い重量を使用しないことです。無理をすれば怪我をする可能性が高くなります

ダンベルトレーニングは毎日行っても良い?

早くカッコいい引き締まった体型を目指すために毎日トレーニングを行いたくなりますが、ダンベルトレーニングを行う頻度は1週間に2~3回が最適です。

ダンベルでトレーニングを行うと筋肉を形成している筋繊維が負荷によって傷つきます。傷ついた筋繊維は48時間~72時間の休息を得ることで前よりも強い筋肉へと成長するのです。

仮に毎日トレーニングを行ってしまうと傷ついた筋肉に休息が与えられないため、筋肉を成長させるこの一連のメカニズムである”超回復”を受けることができず、肥大化できなくなります。それどころか、筋肉中のタンパク質がエネルギーとして使われてしまうため、痩せ細ってしまうのです。

筋肉に対して休息を与えなければオーバートレーニングとなりエネルギー不足や怪我をしてしまう恐れもあるため、トレーニングは必ず週2~3回に留め、48時間~72時間の休息を与えるようにしましょう。

全身が鍛えられるダンベルトレーニングメニューを行おう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ダンベルトレーニングは負荷が高いため全身を万遍なく鍛えることができます。ダンベルで鍛えたい部位は、



  • 下半身


  • 大胸筋


  • 背筋






  • 腹筋


です。各部位を鍛えることで筋肉が肥大化したカッコいい肉体や、引き締まった姿になることができます

■下半身

下半身は人間の体の中の約70%の筋肉が集中している部位です。太ももの前面にあたる大腿四頭筋(だいたいしとうきん)や太ももの裏にあたるハムストリング、ふくらはぎなどがしっかりと鍛えられます

体の中で下半身は一番大きな筋肉であるため、トレーニングすることで基礎代謝の向上が望めます。血流の循環がアップするため、ダイエットにも効果的なのです。

下半身は上半身よりも重視している人が少ないのですが、バランスの良い体型を作るためにはしっかりと鍛えるべきでしょう。

■大胸筋

胸の筋肉である大胸筋は男女ともに鍛える人が多い人気の部位です。上半身の中でも大きな筋肉であるため、鍛えることで基礎代謝の向上が目指せます男性の場合は分厚くて逞しい胸板、女性の場合はバストアップの効果が期待できます

■背筋

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

背中の筋肉は上半身の中で最も大きな筋肉です。背中の大きな筋肉である広背筋や、腰周りについている脊柱起立筋などを鍛えることができます。背筋は自分から見えない部分なので鍛えることが少ない部位と言えますが、だからこそ鍛えることで他人と差をつけることができるのです。

基礎代謝の向上はもちろん、猫背など姿勢が悪いことで起こる”ぽっこりお腹”を解消する効果もあるため、背中の筋肉はしっかりと鍛えるべきでしょう。

■腕

腕は力こぶを作る上腕二頭筋、二の腕と部分にあたる上腕三頭筋が主な筋肉です。男性は丸太のような太い腕に憧れがあると思います。女性の場合は二の腕のたるみをしっかりと引き締めることを目的として行いましょう。腕のトレーニングは人気なのでしっかりと行い半袖の服が似合う体型を作りましょう。

■肩

肩には三角筋や大円筋、僧帽筋などがあります。意識して鍛えることで男性の場合は肩幅を広くすることができ、肩幅が広くなることで引き締まった腹筋との対比で逆三角形の体型を手に入れることができます

女性の場合、肩幅を広くする目的よりも、トレーニングすることで血行を良くしましょう。血行が改善することで、肩こりを解消する効果が期待できます。

■腹筋

お腹の筋肉である腹筋は男女ともに鍛えたい部位として人気です。特に6つに割れたシックスパックや縦にラインが入って引き締まった腹筋を目指している人も多いと思います。

腹筋はもともと6つの割れた筋肉なのですが、私たちがそのようになっていないのは脂肪が乗ってしまっているからです。基礎代謝の向上によって脂肪を燃焼させるとともに、ダンベルトレーニングで腹筋を肥大化させシックスパックを目指しましょう

筋肉を鍛える順番もチェック!

筋肉を鍛える場合、効率よく鍛える順番が存在します。特に負荷の高いダンベルトレーニングでは、鍛える順番を守ることが大切です。

初めに鍛えるべきは人間の体の大きな筋肉である下半身、大胸筋、背筋の「大筋群」からです。その後に小さな筋肉である腕、肩、腹筋を鍛えてください

なぜ、大きな筋肉から鍛えるのかと言うと、小さな筋肉からトレーニングを開始してしまうと、少しずつエネルギーが失われ、大きな筋肉を鍛える頃には、スタミナ切れを起こしている可能性があるからです

エネルギーが減ってスタミナが残っていなければ正しいフォームで筋トレを行うことが難しくなります。また、負荷をかけることもできず、怪我をしてしまう恐れもあるのです。

筋肉を鍛える順番
下半身、大胸筋、背筋の「大筋群」から先に鍛えて、腕、肩、腹筋は後で鍛える。

全身を鍛えるダンベルトレーニング11選

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

下半身・大胸筋・背筋・腕・肩・腹筋を鍛える効果的なダンベルトレーニングをご紹介します。

1:下半身を鍛える「ダンベルスクワット」

ダンベルスクワットのやり方
①ダンベルを両手に持ち、足を肩幅くらいに開きます。
②椅子に座るような感覚で腰を落としていきます。
③腰を下に落とす際は、膝がつま先より前に出ないように注意してください。
⑤ゆっくりと身体を元の位置に戻します。

”下半身運動の王様”と呼ばれるスクワットにダンベルをプラスした「ダンベルスクワット」は大腿四頭筋とハムストリングが鍛えられる筋トレです。スクワットは簡単な動作に見えますが正しく行わないと怪我をしてしまう可能性があります

ダンベルスクワットのポイント

ダンベルスクワットを行なう際のポイントは3つです。

1つ目は、膝がつま先よりも前に出ないようにすることです。膝が前に出ると体重の負荷が集中してしまい怪我をする可能性があります。

2つ目は、背筋と胸を張って腰を落としていくことです。姿勢が正されていないと負荷が逃げてしまうため効果を得ることができません。

3つ目は、腰を落とし元の姿勢に戻る際、膝を伸ばしきらないようにすることです。膝を伸ばしきってしまうと負荷が逃げてしまいます。より効果的に行うためには、伸ばしきらない状態を保ちながら動作を繰り返し行いましょう。

2:胸の筋肉全体を鍛える「ダンベルベンチプレス」

ダンベルベンチプレスのやり方
①両手にダンベルを持ったままベンチかストレッチポールの上に仰向けになります。
②ダンベルを真上に上げてセットします。肩甲骨を寄せて胸を張った状態にします。
③真上に上げた状態から両手を下にさげ、大胸筋に負荷をかけます。
④下げた腕を元の位置に戻します。

「ダンベルベンチプレス」はダンベルを使用して大胸筋全体を鍛える筋トレです。行う際には、ダンベル以外にもトレーニングベンチかストレッチポールを使用しましょう

ダンベルベンチプレスのポイント

行う際は肘を外側に向け、背中の肩甲骨を寄せながら胸を張り、背中を浮かした状態を作りましょう。横から見ると弧を描くようになっている体勢がベストです。

ダンベルを持った腕はまっすぐに上下運動させてください。お尻や肩が浮かないように動作することもポイントです。正しいフォームで大胸筋に効かせましょう。

3:ベンチなしで鍛える大胸筋のダンベル筋トレ「ダンベルアダクション」

ダンベルアダクションのやり方
①ダンベルを手に持って中腰になります。
②ダンベルを持った手を伸ばしたまま横に振ります。
③大胸筋の下部を刺激したら元の位置に戻しましょう。

ベンチなしで大胸筋が鍛えられるダンベル筋トレが「ダンベルアダクション」です。通常、ダンベルで大胸筋を鍛える場合は、トレーニングベンチを使用することが多いのですが、このダンベルアダクションはトレーニングベンチがなくても鍛えられるメリットがあります。

ダンベルアダクションのポイント

行う際のポイントは、背筋を伸ばし、脇をしっかりと閉めて行うことです。ダンベル持った手を真横に振り大胸筋に効かせましょう

4:女性も行いたい背筋の筋トレ「ダンベルローイング」

ダンベルローイングのやり方
①ベンチなど平らなところに右手と右膝を乗せ、左足で踏ん張り固定します。
②胸を張り骨盤を前傾に保ったまま、左手で持ったダンベルを下から上に引き上げます。
③背中の広背筋を使い引き上げたら、元の位置におろします。
④逆側も同様に左手と左膝をベンチに乗せ、右手でダンベルを持って行なってください。

「ダンベルローイング」はワンハンドローイングとも呼ばれている背中を鍛える筋トレです。広背筋だけではなく、首裏あたりの筋肉である僧帽筋や肩の筋肉である大円筋なども鍛えることが可能です。

ダンベルを手に持ち上下に動かすだけの動作ですが、筋肉に効かせることが難しく、背中を痛めてしまいやすいので注意が必要です

ダンベルローイングのポイント

ダンベルローイングを行う際は、腕や肩の力で引き上げようとするのではなく、しっかりと背中の筋肉を使うことを意識して引き上げましょう。背筋を伸ばし、胸を張った姿勢で、脇をしめながら行ってください。負荷をかけることが難しいためフォームに気をつけながら正しく行いましょう。

5:背中をしっかり鍛えられるトレーニング「ダンベルデッドリフト」

ダンベルデッドリフトのやり方
①ダンベルを両手で持ちます。
②骨盤を前傾させてお尻を突き出す姿勢を作りましょう。これが基本姿勢です。
③基本姿勢の状態からダンベルを上下運動させます。

「ダンベルデッドリフト」は通常バーベルを持って行うデッドリフトのダンベルバージョンです。デッドリフトは筋トレBIG3の一つにも数えられ、「エクササイズの王様」と呼ばれるほど効果的なトレーニングです。

ダンベルデッドリフトを行うことで、広背筋、脊柱起立筋、僧帽筋、お尻の筋肉である大臀筋(だいでんきん)、ハムストリングスという広範囲を一気に鍛えることができます。高負荷トレーニングであるため怪我をしないように注意しましょう。

ダンベルデッドリフトのポイント

行う際は背筋を丸めたままではなく、しっかりと伸ばし、胸を張って引き上げることを意識してください。正しいフォームで行わないと腰などを痛めてしまう可能性があるため注意が必要です。フォームが固まるまでは軽い重量のダンベルで行いましょう

6:上腕二頭筋が鍛えられる筋トレ「ダンベルカール」

ダンベルカールのやり方
①立った状態でダンベルを両手で持ち、胸をしっかりと張ります。
②肘の位置を動かさないように支点とし、片手ずつダンベルを持ち上げます。
③筋肉を収縮させたら元の位置に戻します。

「ダンベルカール」は力こぶを作る上腕二頭筋が鍛えられるダンベル筋トレです。男性はダンベルカールによって逞しい腕を目指しましょう。引き締める効果もあるため女性も行いたいトレーニング種目です。

ダンベルカールのポイント

行う際は、胸を張った姿勢を保った状態で行いましょう。注意点は肩でダンベルを持ち上げないことです。回数が増えて腕が疲れてくると肩で上げるようになるため、肘を支点としながら腕の力でダンベルを持ち上げる意識を常に持ってください。

ダンベルを持ち上げて腕を下ろす際に、肘を張ってしまわずに、軽く曲げ状態のまま動作を繰り返すことで負荷を逃さずに鍛えることができます

7:上腕三頭筋が鍛えられるダンベルトレーニング 「フレンチプレス」

フレンチプレスのやり方
①ベンチに座り両手で1つのダンベルを持ちます。
②両手を頭の真上に挙げます。
③真上に挙げた手をおろしながら、上腕三頭筋に効かせます。
④両手を元の位置に戻します。

「フレンチプレス」は二の腕と呼ばれる上腕三頭筋が鍛えられるダンベル筋トレです。二の腕のたるみが引き締められるため女性に嬉しい効果が得られます。男性は力こぶを作る上腕二頭筋を意識して鍛えますが、上腕三頭筋も一緒に鍛えることで丸太のような太くて逞しい腕を作ることができるのです。

フレンチプレスのポイント

ダンベルを真上に引き上げる際は肘を固定したまま動作することを意識しましょう。胸を張り背筋を伸ばして行うこともポイントです。

8:肩こり解消にも効果あり!ダンベル筋トレ「サイドレイズ」

サイドレイズのやり方
①ダンベルを両手に持ち、腕を斜め45度の方向へあげていきます。
②床に対して腕が水平になるまであげていきましょう。
③肩に効かせたら元の位置に戻してください。

「サイドレイズ」は肩の筋肉である三角筋側部や僧帽筋が鍛えられるダンベル筋トレです。鍛えることで血流がアップするため、肩こり解消の効果も期待できます。腕を上下に動かす簡単な動作に見えますが、筋肉に対してピンポイントで効かせることが難しいトレーニングです。

サイドレイズのポイント

行う際は手と床とが水平になるくらいまで持ち上げ肩に効かせましょう手を持ち上げすぎると三角筋側部への効果が薄くなってしまうため注意が必要です。肩は怪我をしやすい部位なので無理は禁物です。慣れていない間は低負荷で鍛えていきましょう。

9:肩を鍛えるダンベルトレーニング「フロントレイズ」

「フロントレイズ」は三角筋や大胸筋上部の鎖骨部が鍛えられるダンベル筋トレです。両手でダンベルを持ち、肩の位置まで腕を持ち上げ、鍛えていきましょう。

フロントレイズのやり方
①両手にダンベルを持ち、足を肩幅に開いて立ちます。
②ダンベルを持った両手を体の前方に持ち上げます。
③肩の高さまで持ち上げ、元の位置に戻します。

フロントレイズのポイント

腕は床と平行になるぐらいまで持ち上げるようにしてください。背筋を伸ばしながら行うことも大事ですが、上体を反らし過ぎないように注意しましょう

10:腹筋が鍛えられるダンベルトレーニング「ダンベルクランチ」

ダンベルクランチのやり方
①仰向けになって、両手で一つのダンベルを持ちます。
②ダンベルを両手で持ち上げたまま、上体を持ち上げてください。
③腹筋に効かせて、元の位置に戻します。

「ダンベルクランチ」は腹筋に効果のある自重筋トレのクランチにダンベルをプラスした筋トレです。ダンベルの負荷を利用しながら腹筋の上部を鍛えることができますシックスパックを目指して筋肉を肥大化させてください。

ダンベルクランチのポイント

行う際は、両手に持ったダンベルを落とさないように注意しましょう。お腹の中央の筋肉である腹直筋を縮めこむように行うと効果的です。

11:腹斜筋に効果的なダンベル筋トレ「サイドベンド」

サイドベンドのやり方
①立った状態で片方の手でダンベルを持ちます。
②もう片方の手は頭の後ろに添えましょう。
③ダンベルを持ったほうの手とは逆に体を傾け、反対側の腹斜筋に効かせます。
④元にゆっくり戻ります。

「サイドベンド」は腹斜筋が鍛えられる筋トレです。腹斜筋とはお腹の横の筋肉のことで、中央にある腹直筋とともに腹斜筋を鍛えることで引き締まったシックスパックを作ることができます。くびれのあるウエスト作りにも効果的なので女性も行いたいトレーニングです。

サイドベンドのポイント

行う際は、背筋を伸ばして行い、ダンベルを持っている手とは逆に体を傾け、反対側の腹斜筋をしっかりと伸ばして鍛えましょう

トレーニングを行うにはどんなダンベルが向いている?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ダンベルトレーニングを行う際は、肝心のダンベルがないと始まりません。ダンベルにも種類があるため適切なものをしっかりと選びましょう

ダンベルには種類がある

一口にダンベルといっても種類があることをご存知でしたか?ダンベルにはウエイトが決められている「固定式」と調節できる「可変式」の2種類があります。

固定式はジムに置かれていることの多いダンベルで、それぞれの重さが決まっています。可変式は自分でウエイトを調節することができるため、1つのダンベルで様々なトレーニングに対応することができます。

固定式は様々な重量のダンベルを揃えなければいけないため、コストも置き場所に必要となります。自宅でダンベルトレーニングを行う場合は、重量が調節できる「可変式」を選ぶと良いでしょう。

プレートの素材も目的に合わせて選ぼう

ダンベルには素材にも種類があります。鉄が剥き出しのいかにもダンベルとわかるアイアンプレートと、プレートがラバー素材で覆われているラバータイプの2つが主流です。アイアンタイプは低価格ですが、鉄が剥き出しのため床を傷つけやすく音もしやすいデメリットがあります。

ラバータイプは床を傷つけることなく、音も静かです。デメリットはアイアンタイプに比べて価格が高いことです。おすすめはやはり「ラバータイプ」のダンベルです。

ダンベルの重さについて考えよう

可変式のダンベルにおいても最大重量によって価格が変わってきます。最大重量が低いほど価格は安くなりますが、最大で片手15kgまでしか重量が上げられないようなダンベルでは、筋肉がつくと負荷が軽すぎて使い物にならなくなってしまいます。

お金を無駄にしないためにも購入するのなら片手が最低でも30kgまで重たくできるダンベルが良いでしょう。

女性の場合は30kgものウェイトが必要ない場合が多いかと思いますが、ダンベルの持ち手であるシャフト部分のみで2kgある商品もあるため、鍛え始めて大きな重量を扱いたいと思っている人は可変式のダンベルを購入してください。一般的に女性の場合、2~5kgの重さ目安にダンベルを購入すると良いでしょう。

おすすめのダンベルは?

自宅でダンベルトレーニングを行うために購入するのなら「可変式ラバータイプ」のダンベルで、ウエイトが最低でも片手30kgまで調節できるものが良いでしょう。

トレーニングやダイエットに使える重さ「ファイティングロード ダンベル ラバータイプ」

ファイティングロードの「ラバータイプ」のダンベルは、あの筋肉芸人”なかやまきんに君”も愛用しているダンベルとして有名です。

フローリングを傷つけない、音も静かなラバータイプで、ウエイトは片手30kgまで高めることができますシャフトだけで重さは2.5kgなので、女性の場合、シャフトのみでトレーニングを行うこともできます

プレートは1.25kgが4枚、2.5kgが4枚、5kgが8枚ついているため、自分に合ったウエイトでダンベルトレーニングを行いましょう。

60キロセット以下は買うな!
これから買おうとしてる皆さん今後レベルアップした時物足りずまた追加する様になる為 金額は高いけど後悔はしない! あと赤いラバーは必要!無いとフローリングに傷がつくし見た目も違う!

ファイティングロード ダンベル ラバータイプ (60kgセット)

¥ 17,172(税込:2017/7/31時点)

60キロセット以下は買うな!
これから買おうとしてる皆さん今後レベルアップした時物足りずまた追加する様になる為 金額は高いけど後悔はしない! あと赤いラバーは必要!無いとフローリングに傷がつくし見た目も違う!

ダンベル以外に準備すべきものは?

ダンベルトレーニングを行う際、ダンベル以外で準備したいのは、大胸筋を鍛えるトレーニングで使う機会の多いトレーニングベンチです。トレーニングベンチはスペースをとってしまうため、置き場所がなくて購入できないと言う人にはストレッチポールで代用すると良いでしょう。

また、マンションやアパートなど集合住宅で暮らしている人は騒音を気にする必要があるため、ラバータイプのダンベルを使用していたとしても念のために防音のトレーニングマットを購入しておくことでご近所トラブルを回避できます。

ダンベルトレーニング初心者の人はこの記事に掲載されているトレーニング動画とともに本を購入して学ぶことも大切です。

「リーディングエッジ フォールディング フラットベンチ」

リーディングエッジの「フォールディング フラットベンチ」は日本人の体型に合わせて作られており、耐荷重は200kgです。シート部分は耐久性を保った5cmの厚いシートを採用するなどこだわりの詰まった商品です。お求めやすい価格で、折りたたむことができる点も人気となっています。

リーディングエッジ フォールディング フラットベンチ 正規品 折りたたみ ダンベルプレス用ベンチ トレーニング器具 LE-FFB

¥ 5,960(税込:2017/7/31時点)

しっかりしてて期待通りだった
色々類似の商品が多いので迷ったが,本製品で正解だった。シットアップベンチや,インクラインベンチも検討したが折り畳みができて十分な重量に絶えられるのは本製品だった。ベンチの有無でトレーニングの幅が大きく変わるので,もっていないならばおススメしたい

「LPN ストレッチポール(R)EX」

ストレッチポールと言えば「LPN ストレッチポール(R)EX」を思い浮かべる人も多いでしょう。多くのジムでも採用されているストレッチポールなので品質は確かです。ストレッチポールに仰向けに寝ることでトレーニングベンチ代わりとして使うこともできます

LPN ストレッチポール(R)EX

¥ 9,180(税込:2017/7/31時点)

ストレッチポーラー
ジムやスポーツ整形外科で使用していたので、今回は自宅用に購入しました。自分だけではできない筋肉のほぐしはもちろん、筋力アップにも利用できます。これ一本でいろいろ使えて置き場所もとらず、また他社の製品よりも高品質なので、お勧めします。

「Readaeer® ヨガマット トレーニングマット」

防音対策として持っておくと便利なReadaeer®(リーダル)のトレーニングマットは厚さが10mmあるため、ダンベルを置く際の傷を防ぐ効果も持ち合わせています

Readaeer® ヨガマット トレーニングマット エクササイズマット ゴムバンド・収納ケース付 厚さ10mm

¥ 1,690(税込:2017/7/31時点)

トレーニングマット
厚さ幅丈も良い、さっそく使用しています、使いこごちがよく満足しています。

ダンベルトレーニング本『自宅で、30分でできるダンベルトレーニング』

40種類におよぶ定番のダンベルトレーニングや正しいテクニックが満載の本です。30分でできるトレーニングが解説されています。

『自宅で、30分でできるダンベルトレーニング』

¥ 1,944(税込:2017/7/31時点)

基本書としてオススメ
本のタイトル通り、ダンベルを使う「定番メニュー」がきちんと掲載されています。流行の体幹を鍛えるメニューより、定番中の定番がきちんと紹介されています。ダンベル1組あれば、全身鍛えられます。ダンベルの選択からメンテ方法も紹介されており、基本書の1冊として十分。

ダンベルトレーニングで使えるアプリはある?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

カッコいい体や引き締まった体型になりたければダンベルでのトレーニングを継続して行うことが必要です。継続のためにはモチベーションを高めることが一番です。ダンベルトレーニングに特化したアプリも出ているため、モチベーションを保つ一環として是非ダウンロードしてアプリを利用してみてください

■筋トレ記録アプリ フィットネスアーカイブ

「筋トレ記録アプリ フィットネスアーカイブ」はダンベル専用のアプリではありませんが、ダンベルトレーニングのやり方が動画として確認できるため、見ながら行うことができます筋トレをした日やトレーニング内容もしっかりと管理できるためおすすめです。”無料”で使用できるため、まずはダウンロードしてお使いください。

ダウンロードはこちらから!↓↓

iOS
Android

■ダンベルトレーニング

「ダンベルトレーニング」というダンベル専用のアプリです。ダンベルトレーニングアプリは海外の英語表示のものが多い中、これは日本語で表示されているアプリです。

毎日10分で行える全身を鍛えるダンベルでのトレーニングが表示されます。負荷は3種類に分かれているため、初心者も気軽に挑戦することができます

時間計測とカウント機能が付いており30秒×3セットのトレーニング時間をカウントしてくれます。独自のトレーニングメニューも作ることができるため、自らが鍛えたい場所を効果的にトレーニングしましょう。

ダウンロードはこちらから!↓↓

iOS
Android

ダンベルトレーニングで全身を鍛えてカッコいいカラダに!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ダンベルトレーニングは初心者から上級者まで行えるトレーニングです。ボディメイクしたいのなら自重トレーニングも効果的ですが、負荷を高めて行えるダンベルを使用したトレーニングを取り入れましょう。全身が鍛えられるダンベルトレーニングメニューでカッコいいカラダを作りましょう

関連記事はコチラ

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


筋トレで肉体改造したい人は有酸素運動を取り入れた方がいい?メニューや時間も解説!

筋トレで肉体改造したい人は有酸素運動を取り入れた方がいい?メニューや時間も解説!

筋トレをすれば筋肥大が起こり、たくましい肉体へと進化していくことはすでによく知られています。意外と見落とされがちなのが、有酸素運動との組み合わせ。全てのトレーニーにとって有酸素運動が必要かといえば、必ずしもそうではありません。有酸素運動の取り入れ方は、トレーニングの方向性によって変わります。今回はどういった目的で筋トレをしている人が、どのタイミングで有酸素運動をしたらいいのかや、またどれくらいの時間を有酸素運動に費やすべきかを詳しく解説していきます。ジム通いをして筋トレを続けながらも視界に入るジョギングマシン、ランニングマシンがずっと気になっていたという人は、ぜひこちらの記事に目を通してください!


超音波美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは多目的に使えるアイテム

超音波美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは多目的に使えるアイテム

今回は超音波美顔器の人気商品を調べ上げ、2018年のおすすめランキングを作成しました。超音波美顔器の選び方は、ピーリング機能・マッサージ機能のどちらを重視するのか、あるいはその両方を実現したいのか考えてみることがおすすめです。また、超音波美顔器には、超音波以外のうれしい機能が搭載されていることも多いので、肌悩みの多い方には多機能モデルも向いているでしょう。おすすめランキングの上位には、多目的に使える超音波美顔器を厳選しました♪超音波の振動で毛穴の角栓・皮脂をはじき飛ばしたり、お肌をタッピングして美肌にしたり、さまざまな目的で使える超音波美顔器は要チェックです。お気に入りの美顔器を見つけて、スキンケアを楽しみましょう!


ニキビ対策に使える美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは洗顔で落ちない汚れの除去

ニキビ対策に使える美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは洗顔で落ちない汚れの除去

今回はニキビ対策に使える美顔器を徹底調査し、人気商品をおすすめランキング形式でまとめました。ニキビ肌の方が美顔器を選ぶときには、毛穴の角栓や皮脂をオフできるアイテムや、保湿して乾燥を防ぐアイテムを選んでみましょう。おすすめランキングの上位には、洗顔では落ちにくい毛穴汚れをクリアにできる美顔器を厳選しました。普段の洗顔ではファンデーションなどが残ってしまい、肌に刺激となってニキビができるケースも少なくありません。また、手塗りの保湿では肌が乾燥し、皮脂が過剰分泌される人も多いので、イオン導入機能などで丁寧に保湿していくことは重要です。番外編として、ニキビ・ニキビ跡に活用したいフォトフェイシャル美顔器の情報も集約していきます!


高周波美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは温熱+美顔機能の同時使用

高周波美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは温熱+美顔機能の同時使用

今回は高周波美顔器の人気商品を徹底調査し、おすすめランキングを作成しました。高周波美顔器を選ぶときには、「高周波」「RF」「ラジオ波」などと記載のあるアイテム、あなたの肌悩みを解消できるアイテムを選びましょう。また、習慣的に使うものなので、使い勝手のよさも忘れることはできません。おすすめランキングの上位には、高周波による温熱と、ほかの美顔機能を同時に使えるモデルを厳選しました。美容業界でも注目を集めている高周波の力で、お肌を効果的に温め、ワンランク上のスキンケアを実現していきたいですね。表面を温めるだけでは温熱できない、肌内部まで温めることができるので、美肌づくりをサポートしてくれるでしょう。


毛穴に効く美顔器のおすすめランキング10選!本質的な肌ケアが2018年人気トレンド

毛穴に効く美顔器のおすすめランキング10選!本質的な肌ケアが2018年人気トレンド

今回は毛穴に効く美顔器の人気商品を調査し、おすすめランキングで10のアイテムを集約しました。毛穴ケアを重視するときは、目的別に製品を選ぶことがおすすめです。毛穴の角栓や黒ずみ、いちご鼻が気になるなら、超音波を使ったピーリング美顔器でケアすることがおすすめです。また、毛穴の開きやたるみなどで陰影ができているときは、フォトフェイシャルや赤色LEDなどでコラーゲンの生成を促進すると効果的です。イオンの力で汚れを吸着したり、美容成分を浸透させたりするイオン機能はプラスアルファとしてあると便利です。人気ランキングの上位には、目立つ毛穴を本質的にケアできるような製品を厳選しました。お気に入りの美顔器を見つけて、上手に毛穴ケアしましょう!