αリポ酸で手軽にアンチエイジング!その効く理由とサプリを紹介します

αリポ酸で手軽にアンチエイジング!その効く理由とサプリを紹介します

αリポ酸は、アンチエイジングに効果があるといわれており、サプリメントなどでも人気があります。αリポ酸が老化に効く理由や人気が高いサプリメントを紹介します。


αリポ酸のアンチエイジング効果とは

Getty logo

アルファリポ酸は、健康や美容のためのサプリメント、健康食品として見かけることのある成分です。そんなアルファリポ酸には体の中から健康を取り戻して若々しくなれるアンチエイジング効果があると言われています。

お肌の若さも大切な働きですが、長く健康に楽しく暮らすには体の中の若さも大切になります。アルファリポ酸は細胞レベルで働くためあらゆる面でアンチエイジング効果を発揮してくれそうです。

αリポ酸がアンチエイジングに効く理由とは

Getty logo

アルファリポ酸は併せ持ついくつかの働きによってアンチエイジング効果を発揮しています。若さと健康、そして美容に役立つアルファリポ酸の働きのメカニズムを見てみましょう。アルファリポ酸は体内のいろいろな部分で密かに、そして何よりも効率よく働いています。

強力な抗酸化力を持つ

アルファリポ酸のアンチエイジング効果の源は、非常に強力で効率的に働く抗酸化力です。アルファリポ酸は、体内で発生した活性酸素(フリーラジカル)を中和して、体の酸化を防ぎます。活性酸素は細胞を酸化させて病気を引き起こしたり、肌にシミやしわを増やす原因となります。

アルファリポ酸は体内のあらゆる組織の中に素早く吸収されていき、あらゆる細胞で抗酸化作用をもたらします。脳や心臓、肝臓、腎臓などの内臓はもとより、血液や骨にまで入っていくことが可能となります。これはアルファリポ酸が水溶性にも脂溶性にも働くことができる抗酸化物質であるためです。

コエンザイムQ10などの他の抗酸化栄養素を再生する

アルファリポ酸は、自分が高い抗酸化作用を持ち細胞の酸化を防ぐだけでなく、他の抗酸化栄養素の働きも効率化します。アルファリポ酸が体内にあることで、ビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10などの再生を助けて抗酸化力をさらに高めることができます。

抗酸化栄養素の要となるαリポ酸

ビタミンCは水溶性として、ビタミンEとコエンザイムQ10は脂溶性でありお互いに作用し合って効果を発揮することでそれぞれに酸化を防ぎます。これらの抗酸化物質はそれぞれに高い効果を持っていますが、他の栄養素を再生するのはアルファリポ酸だけです。そのため、抗酸化作用の中心となる成分として大変重要視されています。

ビタミンCは自らも免疫細胞を強化する働きも持っていますが、ビタミンEをリサイクルする働きもあります。コエンザイムQ10も同様にビタミンEを元の状態に戻す作用を持っています。さらにそのビタミンCやコエンザイムQ10をリサイクルできるのがアルファリポ酸です。

デトックス効果を持つ

アルファリポ酸は、体内の解毒酵素を活性化することでデトックス効果にも深く関わっています。現代人の暮らす環境で自然に蓄積されてしまう有害ミネラルや有害重金属を排出するのを助け、体内汚染を防ぎます。デトックスには、体内の余分な物質を排除することで体内の循環を改善してダイエットをスムーズにする効果も期待できます。

糖と脂肪を燃やし新陳代謝を高める

アルファリポ酸には、ビタミンB群の機能を助け、新陳代謝を高める効果も期待できます。ビタミンB群は糖質や脂肪を燃やしてエネルギーに変える代謝の働きを持っています。

肥満は生活習慣病を引き起こして健康を阻害する原因であり、加齢とともに減っていく基礎代謝によってリスクが高くなるものです。ダイエットのために食事を減らす努力をする人も多くなりますが、食事量を減らすことで栄養素のバランスが悪くなったり、さらに基礎代謝が減る恐れもあります。

そのため、健康的にダイエットをするには、正しく食事を取ってエネルギーとして消費することが大切です。アルファリポ酸を摂取することで、食事を極度に減らすことなく新陳代謝でエネルギーとして燃焼することができます。

アンチエイジングの基本知識

Getty logo

アンチエイジングのためにアルファリポ酸を意識的に摂取する人が増えていますが、そもそもアンチエイジングとはどのようなことを指すのでしょうか?アンチエイジングの効果と必要性などの基礎知識を理解して、効率的なアンチエイジングを目指しましょう。

アンチエイジングとは

アンチエイジングとは、年齢に抗い、体や肌などを若く保つことです。抗老化、抗加齢とも呼ばれます。しかし、私たちの体は、加齢とともに進む老化を完全に止めたり、不老不死になることはできません。

では、アンチエイジングとは具体的にはどのような状態を求めているのでしょうか?アンチエイジングの狙いと目指すところを考えてみましょう。

エイジング曲線を緩やかにする

アンチエイジングの目指すものの基本は、体内で時を刻む時計を進ませないこと、そして少しだけ時を戻すこととなります。加齢によって進む体の機能の低下を示す「エイジング曲線」は、30代を境に急速に落ち始めます。その曲線の描くカーブをできるだけ緩やかにすることで、体の機能をできるだけ長く維持することがアンチエイジングです。

暦年齢と生物学的年齢の関係

人の体は、時の進みとともに必然的に年齢を重ねます。それを「暦年齢」といい、生年月日を基準として進むため止めることはできません。一方で、時の経過によるのではなく、実際の健康状態や心身の機能の状態を示す「生物学的年齢」というものがあります。

アンチエイジングの考え方としては、暦年齢ではなく生物学的年齢の方を重視して、体の年齢の進みを遅らせることを目的としています。年齢の進みは止めたり遅らせることはできませんが、それとともに起こる老化現象を遅らせることで若々しい体を維持します。

老年期のQOL(クオリティオブライフ)の向上

アンチエイジングを行うことは、老年期のQOLを向上させることに結びつきます。体を若々しく保ち健康的な状態を維持することで、病気を予防して、判断力と体力を高く保つことが期待できます。そのことで自主的で活動的な社会生活を送ることができる基礎を築くことができるのです。

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)とは一人ひとりの人生の内容や社会生活の内容の「質」のことを指す言葉です。人間はただ生きているだけでなく、人間らしい生活を送り、自分らしく生きて幸福を感じられることが大切になります。生きがいや人生の満足度を増やすことがQOLの向上です。

老化の原因とその作用

アンチエイジングとして私たちが戦うべきものは老化の原因となる体内のトラブルです。老化の原因がどのように起こるか、その作用を理解してアンチエイジングの目的を明らかにしましょう。

酸化

酸化は細胞レベルで体を老化させる原因となり、病気を引き起こすリスクにもなるものです。酸化とは体内の組織が活性酸素によって不安定になり機能を失うことを言います。活性酸素の中には、フリーラジカルという種類があり、それが酸化を進めます。

フリーラジカルは、電子を失った不安定な状態で、正常な細胞から電子を奪います。細胞が電子を奪われることを「酸化」といい、酸化した細胞は傷ついてガン化したり死亡してしまいます。細胞の酸化が増えることで、肌はシワが増え、内臓は機能を停滞するなどの不具合が起こります。脂肪が酸化することで

ホルモンの減少

ホルモン分泌の減少は、さまざまな体調不良を引き起こすとともQOLにも影響を与えると考えられています。人間の体は加齢とともにさまざまなホルモン分泌が低下していき、筋力低下や骨粗しょう症、肥満、生活習慣病のリスク増加などを引き起こします。また、記憶の低下や睡眠障害、更年期障害など、心身ともに不調を感じるようになります。

ホルモン分泌の減少は男女で差があり、女性の方が年齢に伴う変化が大きく、その弊害も大きいとされています。女性の更年期障害の悩みが大きく取り上げられているのもそのためです。しかし、男性の更年期障害も近年話題に上るようになり、男性にも個人差によって体調の変化があることが分かってきています。

メンタル的な原因

人は加齢が進むとともに体だけでなく心も老化していきます。感情が老化することによって意欲が減り、体を動かすことが少なくなることで体も急速に衰え始めます。意欲の減少の他に、気持ちを切り替えられなくなったり、何をするのも面倒になることもあります。

こうしたメンタルの変化は、前頭葉の萎縮が原因と考えられています。意欲や感情を司る前頭葉が加齢とともに萎縮することで、メンタル面の老化が起こりやすくなります。

アンチエイジングに効く食習慣

老化現象は、体内で静かに起こり、徐々に体内の機能を停滞させていきます。しかし、普段の生活の中でそれを遅らせることも可能です。特に食習慣は体内に栄養を届けることで大きな影響を与えます。アンチエイジングのために良い食習慣を作りましょう。

食べる順番を守る

食事を取るときに食べる順番を正しくすることもアンチエイジングには大切です。食べる順番によっては、血糖値が急激に上がってしまい、インスリンというホルモンがたくさん分泌され肥満のリスクを高めます。

インスリンは、すい臓で作られて、糖質を処理する働きを持っています。インスリンは糖をエネルギーとして使うために必要ですが、余った糖を脂肪として蓄えたり、脂肪の燃焼を抑える働きもあります。糖質が急激に増えると、処理が間に合わず脂肪として蓄積され、さらに脂肪が燃焼されにくくなります。

そのため、インスリンを急激に分泌させないために、血糖値を抑える食べ方が必要です。最初に野菜を取ることで血糖値の急激な上昇を抑えることができ、肥満の予防につながります。

食物繊維を充分に摂る

食物繊維は、腸壁をキレイにして便秘を解消します。食べ過ぎた脂肪を排出して、吸収しにくくしたり、小腸の免疫機能を高める働きも持っています。野菜や玄米、海藻やこんにゃくなど複数の食品から水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく摂取することが大切です。

朝食は控えめに

朝食は抜かない方が良いものですが、たっぷりと食べ過ぎないことも大切です。朝食を多く食べると消化のためにエネルギーの消耗が激しくなる恐れがあります。消化活動ばかりが行われることで、代謝や排出機能が停滞してしまいます。

オリーブオイル、納豆、小魚を食べる

アンチエイジングに効果的な食材を食事に取り入れましょう。体の機能を向上させて健康を守る食材としてオリーブオイルや納豆、小魚があります。

オリーブオイルは善玉コレステロールを増やして栄養の吸収を高めます。また、納豆などの大豆製品には女性ホルモンと同じ機能を持つイソフラボンが含まれます。小魚は丸ごと魚の栄養素を摂取でき、血液の健康や脳の機能を守るEPAやDHAが豊富です。

食品の組み合わせに注意

食品には消化されやすいものとそうでないものがあり、組み合わせることによって消化を助けて内臓の負担を減らすことができます。消化しにくい肉や魚、穀類などは、野菜や果物と組み合わせて食べると良いでしょう。

アンチエイジング以外のαリポ酸摂取で期待できる効果

Getty logo

アルファリポ酸は、アンチエイジングの効果の他にもいろいろな働きを持っており健康や美容ケアを助けると言われています。

疲労回復効果

アルファリポ酸は、細胞の酸化を防ぎ、エネルギーを効率よく作り出す働きを持っています。そのため、疲れた体をスムーズに癒し、疲れにくくしてくれます。

糖尿病予防効果

アルファリポ酸は糖をエネルギーとして燃やすのを助けて体の糖代謝を促進する効果が期待できます。また、高血糖によって起こる糖尿病の合併症を予防する働きもあると言われています。

ダイエット効果

アルファリポ酸は糖や脂肪を燃焼させて、エネルギーをスムーズにすることからダイエット効果が期待できます。また、体に有害な物質を排出することで代謝をサポートする働きもダイエットに役立ちます。

美肌効果

アルファリポ酸は肌に発生する活性酸素を除去することで美肌効果も期待できます。紫外線や外的な刺激は活性酸素を発生させますが、アルファリポ酸が中和してシミやシワを予防することができるでしょう。

生活習慣病予防効果

アルファリポ酸はガンや脂肪の酸化の原因となる活性酸素を除去して、生活習慣病全般を予防することが期待できます。また、ダイエット効果の向上によっても、肥満を改善することで生活習慣病を退けることが出来そうです。

αリポ酸摂取で発症する可能性がある副作用

Getty logo

αリポ酸には高い抗酸化力があり、健康に良いものですが、副作用のリスクはあるのでしょうか?アンチエイジングに活用する前に、悪い面もしっかりと確認することが大切です。

αリポ酸は基本的に安全

αリポ酸で副作用が起こることは非常にまれであり基本的には安全性の高い成分です。過剰摂取や持病を持つ人の摂取、妊産婦さんでは安全性の裏づけがないため、注意しましょう。

インスリン自己免疫症候群が発症する可能性がある

副作用の注意が必要なのは、インスリン自己免疫症候群の可能性です。αリポ酸摂取によって低血糖発作を引き起こすことがあります。動悸やめまい、震え、冷や汗などの症状を感じたら注意が必要です。

稀に起こる可能性のある他の副作用

αリポ酸でまれに起こる可能性のある副作用としては、下痢や悪心、食欲不振などがあります。また、空腹時に脱力感を感じることもあります。

αリポ酸とは

Getty logo

αリポ酸のアンチエイジング効果に源となる作用のメカニズムや発見されてから注目されるまでの歴史を紹介します。詳しく知ることで体内でどのような変化が起こっているか理解でき、より安心して利用できるようになるでしょう。

αリポ酸の歴史

αリポ酸が発見されたのは1930年代のことです。1960年代には中毒患者の治療に使われるようになり、1989年に注目されている抗酸化力が認められました。それまでは活性酸素の老化への影響は知られておらず、アルファリポ酸の研究とともに活性酸素除去の有効性が認められるようになりました。

αリポ酸はR体とS体の2種類

αリポ酸には自然界に存在するR体とそうではないS体という2種類のものがあります。健康やアンチエイジングに用いられるのはR体の方です。R体は体内でも合成されるもので、人工的に作られるものはR体とS体の組み合わさったラセミ体という化合物となります。そこからR体だけを取り出すことでサプリメントなどで使われます。

αリポ酸R体が肝臓で作られる

αリポ酸のR体は肝臓内で脂肪酸とシステインから作られています。システインはアミノ酸の1種であり、αリポ酸同様にサプリメントにも含まれる成分です。

年齢とともに体内生産量は減少する

αリポ酸は体内で作られるものですが、体内生産量は加齢とともに減少していきます。そのため、不足した分は食べ物などから補う必要が出てきます。

細胞内のミトコンドリアに存在する

αリポ酸は、細胞内のミトコンドリアに存在してエネルギー産出に作用しています。ブドウ糖を細胞内のミトコンドリアに届けて、熱エネルギーを作ります。αリポ酸は、ミトコンドリアのエネルギー生成の元になる物質を作る働きを担います。

ミトコンドリアは、細胞内の小器官のひとつであり、ひとつの細胞内に数個から数千個存在しているといわれています。細胞内で酸素と栄養素を使って、細胞が活動するエネルギーを作り出す働きをしています。この機能がないとエネルギーを作れなくなり、新しい細胞を作ったり修復したりする機能が失われます。

体内のすべての細胞に自由自在に入り込む

αリポ酸は、水溶性と脂溶性のどちらの性質も持っており、どちらの性質を持つ組織にも溶け込むことができます。そのため、体内の内臓や血液、脂肪など、すべての細胞に自由自在に入ることができそこで抗酸化作用を発揮します。

他の成分とお互いの力を高め合う

αリポ酸は自分自身が働くだけでなく他の成分とともに相乗効果で健康を維持します。ビタミンCやE、コエンザイムQ10、グルタチオンなどを再生して増やす働きや、抗酸化物質として細胞内で働くグルタチオンを働きやすくする作用も持っています。

グルタチオンも、高い抗酸化作用を持つ成分としてアンチエイジングや健康維持に働きかける成分です。グルタチオンはαリポ酸の力なしに細胞内で働くことが出来ません。

ネット上で紹介されているαリポ酸サプリメント商品5選

Getty logo

ネットで紹介されている話題のαリポ酸サプリメントを紹介します。サプリメントはそれぞれに含有量やその他の成分、特徴、価格が違うので自分に合った条件を選んで使うことが大切です。口コミも見て、使い勝手を比較しましょう。

①AFC「α-リポ酸+L-カルニチン GOLD&プロテイン」

α-リポ酸を1日分で100mgとL-カルニチン888mgを摂取できる燃焼系サプリメントです。プロテインも配合して、体を動かす前に飲むサプリとしてダイエットを支えます。

【AFC公式ショップ】αリポ酸+Lカルニチン&プロテイン GOLD 30日分

¥ 1,931(税込:2017/8/2時点)

②オーガランド「α-lipoic acid」

ダイエットサプリとして加齢とともに減るαリポ酸を補給できます。α-リポ酸100.1mg配合で、エコとコスト削減によるリーズナブルな料金も魅力です。販売サイトでは同じくダイエット系サプリのLカルニチンとαリポ酸を選べるようになっているので、選択の間違いに注意しましょう。

α-リポ酸 425mg×60カプセル(約1ヶ月分)

¥ 756(税込:2017/8/2時点)

ダイエットの助けになればいいです
ダイエットサプリって割と高いものが多いのですがこちらの商品は安くて気軽に試せます。

③資生堂「ギムリンド スーパーバーン(RN)」

美しさと健康を維持したい人のための食事のコントロールを助けるサプリメントです。プロポーション作りから食生活の乱れが気になる人、食べて健康と美容を維持したい人に適しています。1日あたりαリポ酸20mgをはじめ、ガルシニア・カンボジアエキス417mg、Lカルニチン、ギムネマ、生姜といった複数のダイエットサポート成分が含まれています。

ギムリンド スーパーバーン(RN) 270粒

¥ 3,820(税込:2017/8/2時点)

④FANCL「α-リポ酸」

体のサビ(酸化)にアプローチするとともに糖のエネルギー代謝に働きかけます。1日あたり100mgのαリポ酸が摂取できます。

ファンケル α-リポ酸 22.6g (約30日分)

¥ 1,598(税込:2017/8/2時点)

調子がいい
以前からファンケルのコエンザイムQ10は飲んでいましたが、α-リポ酸を一緒にとり始めてから体の調子がいいです。肌の調子もそうですが、何よりも疲れにくくなった気がします。

⑤DHC「α-リポ酸」

健康維持や若々しくいたい人のために1日あたり210mgのαリポ酸が摂取できるサプリメントです。エクササイズの効果の向上も期待できます。こちらは60日分となっており、2ヶ月分としてはリーズナブルな価格です。

DHC α-リポ酸 60日分 120粒

¥ 1,316(税込:2017/8/2時点)

αリポ酸摂取で「アンチエイジング効果」を実感

Getty logo

αリボ酸は、高い抗酸化作用によって体の内側から始まる老化を遅らせる効果が期待されています。また、αリポ酸は、ダイエット効果や生活習慣病の予防などの働きも発揮して、加齢に伴って起こる健康の悩みにも答えてくれます。いつまでも若々しく過ごせるようにαリポ酸を摂取して健康づくりを始めましょう。

アンチエイジングはサプリメントだけに頼るのではなく、食生活を見直してトータルで行うことが大切です。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。