食事制限で確実に痩せる!成功するダイエットの方法・ポイントを徹底解説

食事制限で確実に痩せる!成功するダイエットの方法・ポイントを徹底解説

減量を目指す人が行うダイエット方法の一つに食事制限があります。ダイエッターには人気の方法ですが、確実にダイエットするためには守るべき方法やポイントがあります。食事制限で行う減量について解説します。


食事制限とは?

Getty logo

「食事制限」とは、食事を制限してダイエットを目指す方法です。食事制限をして減量に励む人は多く、ダイエットをするためには、皆さんもご存知の通り、摂取カロリー<消費カロリーの状態にする必要があります。

食事によって減量しようと考える人の多くは、この食事制限によるダイエットを考えるのではないでしょうか?

食事制限は英語圏でも人気のダイエット方法

ダイエットをしたいと言うのは日本だけではなく、世界共通の悩みです。皆さんも憧れるアメリカのセレブもダイエットをする際には食事制限をして減量を目指すことも多く、人気のダイエット方法であることがわかります。日本の芸能人も食事制限によってダイエットをし、憧れのボディを手に入れた人は多くいます

食事制限でのダイエットも収められた以下の記事も参考にしてください!↓↓

食事制限だけでダイエットできる?メリットは?

Getty logo

食事制限だけでダイエットすることは可能なのかと不安になる人もいると思いますが、正しい方法で食事制限を実践すれば、これまでよりも摂取カロリーを少なくすることができるため、自然と体重が減っていくことになります。

食事制限だけでダイエットできる・・・?
●これまでよりも摂取カロリーを少なくすることができるため、食事制限だけでダイエットすることは可能!

食事制限によるメリットは?

ダイエットを行う際に皆さんが考える主な方法が、食事によるダイエットか、運動によるダイエットでしょう。食事制限でダイエットすることは運動での行うダイエットよりも手軽で簡単というイメージがあるかと思います。

運動によってダイエットする有名な方法として有酸素運動が挙げられます。有酸素運動は酸素を体内に取り込むことができるため、脂肪燃焼に効果的と言われていますが、カロリー消費量は皆さんが思っているほど多くはないのです。

例えば、ウォーキングを体重55kgの人が40分間行うことで消費されるカロリーは135kcalです。私たちが毎日食べるお米(白米)1膳分(160g)は約269kcalですから、ウォーキングを行っても半分ほどしか消費していないことになります。これでは毎日頑張って行う気力がなくなってしまいますよね。

一方、食事制限によるダイエットは摂取カロリーを制限する方法ですので、より簡単にダイエットをすることができるメリットがあるのです。

食事制限にはデメリットもある!?

Getty logo

摂取カロリーを制限することで運動によるダイエットよりも手軽な食事制限でのダイエットですが、デメリットもあります

食事制限によるデメリットは・・・?
●栄養バランスが偏る
●食事制限のみでダイエットするとリバウンドしやすい

栄養バランスが偏る

食事制限でのダイエットはその名の通り、食事を制限するため、栄養の摂取も制限され、偏りが出てしまうデメリットがあります。栄養のバランスを整えながら行う正しい食事制限を行わないと、痩せられないばかりか最悪の場合、栄養失調や栄養障害になってしまう可能性もあるのです

食事制限のみでダイエットするとリバウンドしやすい

食事制限でのダイエットは運動でのダイエットよりもリバウンドしやすいデメリットがあります

早くダイエットがしたいからと無理な食事制限によって減量を目指すと、一気に体重を減らすことができます。しかし、体内の栄養が不足することで、人間の脳は何か重大な病気や危険が迫っていると判断し、体内のエネルギー消費をストップさせ、体を守ろうとするのです。

エネルギー消費がストップされた体内は、体重や栄養を取り戻そうと、摂取した食べ物を脂肪として溜め込みます。この状態になるとダイエットをしていても体重は減らずに逆に増えてしまうリバウンド状態となってしまうのです。

食事制限でやってはいけない痩せない7つのNGポイント

Getty logo

今までに食事制限をしたけれど、痩せることができなかったという人も多いかと思います。正しい食事をすれば摂取カロリーが減っていくため痩せられるはずなのですが、ダイエットに失敗してしまったという人は、行った食事制限に何か問題点があると言うことです。

ダイエットに失敗した人も、これから挑戦してみたいと言う人も、ダイエットの努力が無駄にならないよう、食事制限をしても痩せない理由を確認しておきましょう

痩せない7つのNGポイントとは・・・?
1:カロリー制限がしっかりと行えていない
2:これまでと同じ量の炭水化物を摂取している
3:アルコールや塩分を制限していない
4:毎日3食摂取できていない
5:間食をしてしまう
6:夕食の時間が遅い
7:筋肉の減少による基礎代謝の低下

1:カロリー制限がしっかりと行えていない

食事制限によってダイエットをする場合、通常の食事よりも何か食材を減らすことで減量に挑戦しているかと思います。減らすことは良いことなのですが、その食事自体のカロリーが何キロカロリーなのか把握していますか?

食事制限をしながら痩せないという人の多くは、食事のカロリーが実は高いまま場合が多いのです。性別や年齢によって差がありますが、1日に行われる消費カロリーの平均は、成人男性で2,130kcal、成人女性で1,660kcalです。

つまり、ダイエットをしていても、この消費カロリー量よりも多くの食事を摂取している場合、いくら頑張って食事制限していても痩せることはできないのです。ダイエット成功のためには、1日にどれくらいのカロリーを摂取しているのかをしっかりと把握し、食事制限を行うことが大切です。

2:これまでと同じ量の炭水化物を摂取している

食事制限でのダイエットは何を制限して減らすのかが重要です。ダイエット中にこれまでと同じ量の炭水化物を摂取している人は太ってしまう原因となる「糖質」を制限できていないことになります。

糖質は私たちが食べるご飯やパンなどの主食に多く含まれ、分解しきれなかった分は脂肪として体内に溜め込まれます。

食事制限で、肉や魚など、おかずとなる食材の摂取量をこれまでより少なくしていても、糖質を取り込む原因である炭水化物を減らしていなければ、思うようなダイエット効果は現れないのです。

3:アルコールや塩分を制限していない

Getty logo

食事制限は朝・昼・晩の3食の食事だけ考えれば良いわけではありません。お酒が好きな人はアルコールもしっかりと制限してください。アルコールはドリンクですがカロリーは高いのです。禁酒できれば良いのですが、減らすように努力はしましょう。

また塩分の摂取にも気をつけましょう。アルコールを摂取すると味の濃い”おつまみ”を摂取することが多いと思います。おつまみによっても摂取カロリーは多くなりますが、塩分の摂り過ぎによる”むくみ”の症状によっても、より太って見えてしまうためしっかりと制限しましょう

厚生労働省による1日の塩分摂取量は、成人男性で8.0g未満、成人女性で7.0g未満となっているため、これを上回らないように注意してください。

4:毎日3食摂取できていない

ダイエットしようとする人は、朝食抜きや食事回数を1日1食にするなど少なくしようと考えますが、1日3食はしっかりと摂取しましょう。食事制限をしているうえに食事回数を減らすと確実に栄養不足やエネルギー不足に陥ります。

食事制限によってダイエットを考える場合、摂取カロリーを制限することと共に、エネルギー消費が欠かせません。エネルギーを消費するには体内が健康でなければ行われないため、食事を抜くことはしないほうが良いのです。

食事回数を減らすと、その安心感から、それ以外の食事での摂取カロリーが多くなる傾向にあります。食事を3回食べないと空腹状態の時間が長くなるため、1回の食事にたくさん食べようとする「ドカ食い」や「まとめ食い」の原因にもなってしまうため、1日3食の食事は基本として摂取しましょう。

5:間食をしてしまう

Getty logo

間食をしてしまう人は食事制限を行っていても痩せることは難しいでしょう。間食は余計な摂取カロリーであり、食べてしまうものといえば、お菓子など高カロリーの商品がほとんどです。間食をしない生活を送るためにも、1日3食の食事をきっちりと摂取する必要があるのです。

6:夕食の時間が遅い

食事制限を正しく行っていても、夕食の時間に気をつけなければ努力が泡となって消えてしまいます。食べ物を消化する胃や腸などの消化器官の活動ピークは夕方と言われています。遅い時間に夕食を摂取すると、消化器官の活動が活発でないため、負担がかかり上手に消化されないのです。

夕方に夕食が食べられないという人は、遅くても20時までに食べ終えるようにしてください。夕食後は、夜食や間食は食べないことがダイエットのためには大切です。22時以降や就寝する3時間前に食事を摂取することも痩せない原因となるため注意しましょう。

7:筋肉の減少による基礎代謝の低下

食事制限を行うと体重は減少しますが、それと同時に筋肉量の減少も起こってしまいます。筋肉はタンパク質によって形成されていますが、食事を制限してしまうことで、栄養不足の影響によって筋肉量が少なくなるのです。

筋肉量が少なくなると、基礎代謝によるエネルギー消費量も低下します。基礎代謝とは、私たち人間が何もしていなくても心臓や内臓などが活動することによって消費されるエネルギーのことです。1日のエネルギー消費量は一般成人男性の場合で約1,500kcal、女性は約1,200kcalと言われています。

基礎代謝の中でもっともエネルギー消費が多いのは筋肉と言われているため、その筋肉量が減少してしまうことで、基礎代謝のエネルギー消費量も低下し、痩せない体へとなってしまうのです。

ダイエットが成功する正しい食事制限の方法を解説

Getty logo

食事制限しても痩せない理由は、カロリー制限がしっかりと行えていなかったり、筋肉量が減ることによる基礎代謝の低下などが原因として挙げられます。それらを踏まえてダイエットが成功する正しい食事制限の方法を実践しましょう

食事制限の痩せる方法
■置き換えダイエット
■低炭水化物ダイエット
■低インシュリンダイエット
■5ファクターダイエット
■8時間ダイエット
■高タンパク低カロリー食材を摂取

■置き換えダイエット

「置き換えダイエット」は、これまで摂取していた、ご飯やパンなどの主食や高カロリーの食べ物を、低カロリーな食材に置き換えて行うダイエット方法です。1日3食すべてを置き換えてしまうとストレスが溜まり痩せにくい体になってしまうため1日1食程度に留めて置き換えましょう。

置き換えダイエットを行うタイミングは朝・昼・晩のどこでも構いませんが、できれば、一番カロリーを多く摂取しやすい夕食に実施すると効果的です。置き換える食材は栄養価が高くて低カロリーな「豆腐」「おから」「もやし」などの豆類や「こんにゃく」。満腹中枢が刺激でき、食べ過ぎ防止に最適な噛み応えのある「キャベツ」などで行うと良いでしょう。

置き換えダイエットに最適な食材
こんにゃく、しらたき、もやし、おから、ゆで卵、キャベツ、豆腐など

■低炭水化物ダイエット

食事制限と聞くと炭水化物を摂取しない「炭水化物抜きダイエット」を行う人が多いのですが、抜いてしまうと糖質の減少により、脳の活動が低下し体に支障が出る危険性があります。

「低炭水化物ダイエット」は炭水化物を”抜く”のではなく主食として食べているお米やパンなどを”減らす”ことによってダイエットを目指す方法です。

炭水化物を抜いてしまう食事制限は非常に苦しいのですが、減らすだけなので、これまで通りの食生活に近い感覚で行うことができます。リバウンドのリスクも炭水化物抜きダイエットよりも少ないダイエット方法です。

■低インシュリンダイエット

「低インシュリンダイエット」は血糖値の上昇を抑えるダイエット方法です。食事をすると血糖値が上昇しますが、急激に上昇するとインシュリンが多く分泌されてしまいます。

インシュリンは糖をエネルギーへと変換してくれる作用を持ちますが、変換できずに残った分は脂肪として体内に溜め込んでしまうのです。ダイエットをするためには、血糖値の上昇を抑え、インシュリンの分泌を少なくすることが必須と言えます。

血糖値を上昇させないためにはGI値(グリセミック・インデックス)の低い食材を摂取する必要があります。低GI値の食材を摂取することで血糖値の上昇を緩やかにすることができるのです。

糖質の多い炭水化物を中心に低GI値の食材に変更しましょう。ご飯の場合、白米よりもミネラルや食物繊維が豊富な「玄米」や「雑穀米」。パンやパスタは小麦粉で作られた商品よりも「ブラン(外皮)」や「ライ麦」のパン、全粒粉パスタを選びましょう。低GI値の食材は食後もお腹が満たされた状態が続くため、食べすぎ防止の効果も期待できます。

■5ファクターダイエット

Getty logo

「5ファクターダイエット」とは、1日の食事回数を3回から5回に増やすダイエット方法です。食事回数を増やすと言っても、食事量はこれまで食べていた3食分を据え置き、5回に分けて実施してください。小分けにして摂取することで食事と食事の間隔が短くなるため、常に満腹感が保てると共に、食べすぎを防ぐ効果や、間食防止に役立ちます

また、一度にたくさん食べることで上昇する血糖値の上昇も抑えることができるため、脂肪を溜めづらい食事方法と言えるのです。朝食と昼食の間に1回、昼食と夕食の間に1回などお腹が空いてしまいそうな時間帯に食事を食べましょう。

■8時間ダイエット

「8時間ダイエット」とは、1日うち食事時間を8時間以内に限定して食べる食事制限によるダイエット方法です。食事を摂取しても良い8時間の間には何を食べても問題ありません。ダイエット効果を高めるためには栄養価が高く低カロリーな食材を摂取することが大切です。

やり方は8時間以内に食事を摂取するだけの方法なので、朝食を10時に食べた場合、その日の夕食は18時までに食べ終えてください。どうしても8時間以内に1日の食事を終えることが無理な場合は、その日に摂取した最後の食事から16時間は何も食べないというルールを守ってください。

16時間の間には水分を補給しても大丈夫ですが、カロリーの高いジュースや炭酸飲料、アルコールなどは控えるようにしてください。

この8時間ダイエットは食べ物を摂取しない時間を16時間空けることにより、消化器官をしっかり休ませることが目的です。胃や腸の消化器官を休ませることで、機能が回復し、よりパワフルな消化によって脂肪燃焼や代謝を活発にすることができるのです。

■高タンパク低カロリー食材を摂取

筋肉の減少による基礎代謝の低下を解消するためには、食事制限中でもタンパク質をしっかりと摂取することです。タンパク質は筋肉以外にも臓器、お肌や髪の毛、爪など多くの部分に使われています。

タンパク質は肉類に多く含まれているため、ダイエット中の人は摂取することを控えてしまう傾向にありますが、高タンパク低カロリー食材を摂取することで躊躇せずに食べられます。鶏肉や、牛や豚の赤身肉、マグロやカツオの赤身、ツナの缶詰、豆腐・ゆで卵などが高タンパク低カロリー食材として有名です。

タンパク質を多く摂取する方法としてプロテインを利用することもおすすめです。

ダイエット中のおすすめは「ザバス ウェイトダウン」

筋肉の減少を防ぎつつ、ダイエットにも効果的なプロテインは、大豆を原材料としたソイプロテインで決まりです。植物性のソイプロテインは摂取後にゆっくりと吸収されるため、長時間に渡りタンパク質を補給できるメリットがあります。吸収がゆっくりであることから、満腹感が得やすく、間食の代わりにもなるプロテインなのです。

ソイプロテインを使用した「ザバス ウェイトダウン」は1食あたり79キロカロリーと低カロリーです。タンパク質含有量が84.5%と高く、ダイエットをサポートする「ガルシニアエキス」が配合されていることから、筋肉の減少を留めキープしながらダイエットすることができます

その他にも、ダイエット中に失われがちなビタミン11種類やマグネシウム、鉄分、カルシウムなどのミネラルが配合されています。女性に嬉しい効果として、大豆イソフラボン、ホルモンバランスを整えるサポニンが豊富に含まれているため、女性ホルモンのエストロゲンに働きかける効果やアンチエイジングをサポートする効果が期待できます。

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

¥ 3,974(税込:2017/8/3時点)

食事制限だけで痩せない場合は運動や筋トレを併用しよう

食事制限だけではなかなか痩せられないと言う人や、制限することが苦しくなった場合、運動や筋トレを併用して行うことでダイエットを目指しましょう

ダイエットを行うには、基礎代謝によるエネルギー消費が欠かせません。食事制限を行うと栄養やタンパク質が不足することで筋肉量が減少しやすいため、運動や筋トレで筋肉の減少を防ぎながら、基礎代謝を向上させましょう

運動と筋トレをどちらか一つ行ってもよいのですが、最も効果的なのは筋トレを行った後にウォーキングなどの有酸素運動をプラスして行うことです。

食事制限だけでなかなか効果が出ない場合は・・・?
●筋トレを行った後に有酸素運動をプラスして行うと効果的!

女性にも行える筋トレ「ハーフクスワット」

ハーフスクワットのやり方
①足は肩幅くらいに開き、両手を頭の後ろで組んでください。
②胸を張った状態のまま浅めに腰を落としていきます。
③膝がつま先より前に出ないようにしてください。
④息を吸いながら下げて、吐きながら体を元の位置に戻します。

「ハーフスクワット」は、皆さんが知っているスクワットよりも深く腰を落とさず軽い負荷で行えるトレーニングです。太ももやお尻の筋肉を鍛えることができます。

下半身には体内の約70%の筋肉があり、ハーフスクワットを行うことで、その一番大きな筋肉を鍛えることができ、基礎代謝の向上を促すことができるのです。筋力の少ない女性や運動不足の人にも適したトレーニングです。

ハーフスクワットを行う際は、膝がつま先よりも前に出ないように注意してください。膝がつま先よりも前に出てしまうと、体重の負荷が集中して怪我をしてしまう恐れがあります。

また、上体を落とす際に背筋が反り返りすぎると負荷が腰付近に集中し、痛めてしまう可能性があるため注意しましょう。腰を落とす際は、お尻を後方に突き出すようなイメージで行うと良いでしょう。

筋トレの後にはウォーキングをプラスして行おう

筋トレ後に有酸素運動をプラスして行うことでダイエットの効果が高まります。ウォーキングは手軽に行える有酸素運動の一つで、体内にある”糖”と”脂肪”をエネルギー源として消費することができます。

ダイエットするためには歩く際のスピードに気をつけましょう。大股で少し息があがるくらいのスピードで歩くと効果的です。ウォーキングを行う際は背筋を伸ばして歩くこともポイントです。手に拳を作り、肘を90度に曲げ、腕を大きく振りながら歩くことで血行を促進することができます。

食事制限後の食生活もしっかりと管理しよう!

Getty logo

食事制限で痩せられたとしても気を抜くとリバウンドしてしまう可能性があります。ダイエット後もしっかりと食事を管理することが大切です。

食事制限後の食事の戻し方を解説

食事制限で減量に成功しても、ダイエット前の食事に戻してしまうとすぐにリバウンドしてしまうでしょう。食事制限の期間中は体内が栄養不足になっており、食べたものの栄養を体に溜め込みやすくなっているため、反動で一気に体重が増加してしまう可能性があるのです。

食事制限後のリバウンドを最小限に留めるには、終了後の3日~数日間は引き続きダイエットを続けたり、おかゆなど軽めの回復食を食べ、胃や腸などの消化機能を徐々に呼び覚ますよう心掛けると良いでしょう。

食事制限でのダイエットは中学生・高校生にも有効?

Getty logo

ダイエットしたいと思っているのは成人した人だけではなく、中学生や高校生にも多いのです。中学生や高校生の中にも手軽に行えるからと食事制限でのダイエットを考えている人がいますが、おすすめはできません

食事制限でのダイエットは中高生でもできる・・・?
●おすすめはできません!ダイエットするなら運動で行いましょう。

中学生・高校生は食事制限なしのダイエット方法を行おう

中学生や高校生の年齢は成長期と重なっています。この期間は体を成長させるためにも栄養はしっかりと摂取しておくべきです。食事制限を行うと栄養が偏ってしまうため、成長の度合いを低下させてしまうことや、女性の場合、生理不順を引き起こしてしまう可能性もあります。

中高生がダイエットを考えるのなら、食事制限ではなく運動による減量を目指しましょう。

中高生向け!短期間で行える食事制限なしダイエット

中高生は食事制限なしのダイエットを目指しましょう。短期間でダイエットできる運動としておすすめするのは「サーキットトレーニング」です。

サーキットトレーニングは有酸素運動と筋トレを組み合わせたトレーニング方法で、30秒ごとに異なる種目を行い、インターバルを含めて4分で終了します。見た目以上にキツく、体内に効率よく酸素を取り入れられる有酸素運動と筋トレの良い点を混ぜ合わせたサーキットトレーニングはボディメイクと共にダイエットに最適です。

サーキットトレーニングは自由に運動を組み合わせることができるため、動画のようなメニューや、独自でアレンジして作ることもできます。体を激しく動かすため、運動不足の人は運動前に必ずストレッチを行ってください。

食事制限でダイエットを成功させるにはアプリも使おう!

Getty logo

食事制限によるダイエットは、正しい方法で行い継続することで確実にダイエットすることができます。食事制限によるダイエットを継続させるためにはモチベーションを保つことも大事です。

モチベーションを保つには様々な方法がありますが、その一つとしてアプリを利用することも考えてみてはいかがでしょうか?ダイエットに役立つアプリの中には無料で使用できるものも多く、カロリー消費や体重の記録・管理ができたり、アドバイスをもらえるアプリなど充実しています。

運動を合わせて行う場合にも有酸素運動や筋トレアプリを使用するとよりモチベーションを高めてくれるでしょう。

食事制限でのダイエットで使いたいアプリ
●食事制限で使いたいアプリ1:「楽々カロリー」
●食事制限で使いたいアプリ2:「あすけん」
●ダイエットで使いたいアプリ:「My Style Note」
●有酸素運動や筋トレで使いたいアプリ:「Sworkit パーソナルトレーナー」
 

食事制限で使いたいアプリ1:「楽々カロリー」

「楽々カロリー」は体重や体脂肪、カロリーが記録・管理できる無料アプリです。このアプリには、外食メニューやコンビニ商品など、60,000件以上の食品データが登録されているため食べたものを簡単に記録することができます。

食品データは毎月更新され、新商品が発売されるごとにそのデータもしっかりと反映されているため安心してカロリー計算することができます。記録した食品は自動でカロリー計算してくれるため、その日、1日の摂取カロリーが把握できます。

目標としている体重を設定することで目安となる1日の摂取カロリーを算出してくれるため、計算によって出された摂取カロリーを越えないよう食事制限することでダイエットが可能となります。体重、体脂肪はグラフで表示できるため、ダイエットの結果や推移を素早く確認することもできます。

ダウンロードはこちらから行なってください!↓↓

iphone
Android

食事制限で使いたいアプリ2:「あすけん」

累計ダウンロードが100万回を超えている人気のダイエットアプリの「あすけん」は、食べた食事内容を記録することでカロリー計算ができ、体重、体脂肪の管理もすることができる無料アプリです。

食事内容は外食や市販の商品を含めた10万件の食事データから検索し、登録することができます。食事を記録すると自動で栄養計算される優れものです。

「あすけん」の最大の魅力は記録した食事内容を専属の管理栄養士が分析し、食事のバランスや摂取すべき栄養素など、ダイエットに関するアドバイスをくれることです。食事の管理だけでなく、運動を行った際の消費カロリーも自動で計算することができます。

ダウンロードはこちらから行なってください!↓↓

iphone
Android

ダイエットで使いたいアプリ:「My Style Note」

「My Style Note」は体のサイズを記録し、バランスがチェックできる無料アプリです。身長や体重、スリーサイズなどが記録できるため、目標のボディバランスがある人や健康的なスタイルを目指したい人におすすめです。

このアプリでは体重や身長、スリーサイズの記録とともに写真も記録・保管することができます。保存した写真を使い”スタイル診断”を行うことができ、今現在のあなたの体型と、目標とするサイズとを比較した数値を表してくれます。

理想とする体型と、今のあなたがどれくらい離れているのかを診断してくれるため、モチベーション維持にも効果を発揮してくれるでしょう

体重や体のサイズをグラフで表してくれるため推移を一目で確認することができます。1週間の体重増減をカロリーにして換算し表示してくれる「ダイエットチェック」や、カロリーがオーバーしている場合は、どれくらいの運動を行えばオーバーしているカロリーが消費できるのかを表示してくれる機能も付いています。

ダウンロードはこちらから行なってください!↓↓

iphone
Android

有酸素運動や筋トレで使いたいアプリ:「Sworkit パーソナルトレーナー」

全世界で1400万人がダウンロードしている人気のトレーニングアプリである「Sworkit パーソナルトレーナー」は、有酸素運動や筋トレがしたい人にぴったりのアプリです。

メニューは体幹を鍛える運動や有酸素運動、ヨガ、ストレッチの4種類から選ぶことができ、160種類以上のトレーニングを組み合わせてサーキットトレーニングも行うことができます。アップグレードまでは無料で使うことができます。

ダウンロードはこちらから行なってください!↓↓

iphone
Android

成功する方法・ポイントを実践して食事制限でダイエット!

Getty logo

食事制限は摂取カロリーを抑えるダイエット方法であるため、正しく行えば確実にダイエットできます。食事制限で行ってはいけない7つのNGポイントを実践しているとなかなか結果を得ることができないため、確実にダイエットを成功させるためには、正しい方法を実践し、食事制限によって痩せることを目指しましょう

関連記事はコチラ

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。