αリポ酸摂取は食品+サプリメントで!オススメの食品とサプリをご紹介

αリポ酸摂取は食品+サプリメントで!オススメの食品とサプリをご紹介

健康や美容にいいといわれる「αリポ酸」ですが、どのような摂取方法がより効果的なのでしょうか?主に食品から摂る方法とサプリメントを使う方法がありますが、これらの利点や注意点は何なのでしょうか。この記事ではαリポ酸を摂れる食品と、おすすめサプリなどをご紹介します。


αリポ酸を含む食品とは

Getty logo

αリポ酸はもともとは医療用に使われる医薬品でしたが、最近はサプリメントとしても販売されて普及してきています。

健康や美容にいいといわれるαリポ酸ですが、サプリメントではなく食品から摂ることはできるのでしょうか?食品+サプリメントで、αリポ酸を効果的に摂る方法を見ていきましょう。

αリポ酸を含む食品とは

Getty logo

αリポ酸は、基本的にあまり食品には含まれていません。しかしいくつかの食品には、αリポ酸がある程度含まれていることが分かっています。サプリメントだけでなくこういった食品を食べることでも、αリポ酸を摂ることは一応可能です。

αリポ酸を含む食品にはどんなものがあるか見ていきましょう。

αリポ酸を含有する野菜とその含有量

αリポ酸を含む野菜は、ほうれん草・ブロッコリー・トマト・グリーンピース・芽キャベツなどです。グリーンピースが最も含有量が多く、次いでほうれん草、ブロッコリーと続きます。

しかしαリポ酸の含有量はどの野菜も非常に少なく、野菜だけから十分な量のαリポ酸を摂るのは難しいでしょう。

αリポ酸を含有する肉とその含有量

αリポ酸が含まれている肉は、牛レバー・牛ハツ・牛肝臓などです。牛レバーが最も含有量が多く、牛ハツと牛肝臓はその半分くらいです。

これらの肉は野菜に比べて数倍のαリポ酸が含まれていますが、それでも含有量は十分でなく、肉を食べてαリポ酸を摂るというのは実際的ではありません。

しかも肉はカロリーが高いので、あまり食べるとカロリーの摂り過ぎになってしまうのもネックです。

αリポ酸を含有する卵類とその含有量

αリポ酸が含まれている卵類ですが、卵黄には一応わずかにαリポ酸が含まれています。しかしその量はとても少なく、ほうれん草やブロッコリーの10分の1くらいにすぎません。

なので卵を使った料理で十分な量のαリポ酸を摂るのは、実際には難しいといえます。

αリポ酸摂取の基本的な考え方

Getty logo

αリポ酸は正しい摂取量や摂り方を守ることで、より効果を高めることができますし、副作用などの悪影響を防ぐこともできます。αリポ酸を摂取する時は、基本的な考え方について知っておくことが大切です。

考え方といっても、特に難しいことや手間のかかることはありません。以下でご紹介するポイントをきちんと守って、αリポ酸の効果をしっかり実感できるようにしましょう。

αリポ酸摂取量の目安

αリポ酸の一日の推奨摂取量は、大体100~300mgくらいといわれています。これくらいの量でαリポ酸の効果は十分得ることができるので、あまり過剰に摂り過ぎないように注意しましょう。むやみにたくさん摂ったからといって効果が上がるわけではないので、適量を守ることが大切です。

またαリポ酸にはR体とS体という種類があり、R体のほうが効果が高いという性質があります。R体かS体かによっても、摂取すべき量は変わってくる部分があるといえます。

αリポ酸は食品で摂取しサプリメントで補う

αリポ酸は食品から摂ることも不可能ではないですが、十分な含有量のある食品がないというのが実際のところです。なのでαリポ酸を摂るためには食品から摂取するだけでなく、サプリメントも利用して補う必要があります

サプリメントの含有量は商品によってばらつきがありますが、大体どれも一日に必要な摂取量を摂れるように成分が配合されています。

野菜はできるだけ水にさらさないで食べる

野菜の下ごしらえで水にさらすことはよくありますが、αリポ酸を摂りたい場合は、水にさらさないで食べたほうが栄養素をしっかり摂ることができます

一般的に野菜を長く水にさらすと栄養素が出ていってしまいますが、αリポ酸は特に水に流れやすい性質があるので、さらすとしても数分程度にしておくようにしましょう。

継続して摂取する

αリポ酸の効果は短期間で出るものではないので、サプリメントを使う時は継続して摂取する必要があります。数日飲んで効果が現れないからといってすぐに飲むのをやめてしまうのでは、αリポ酸の効果を実感することはできないでしょう。

αリポ酸を試してみる時は、少なくとも1ヶ月、できれば数か月くらいは継続して様子を見るようにしてください。

サプリメントを利用するときは用法・用量を守る

サプリメントは商品によってそれぞれ決まった用法・用量があるので、必ずそれを守るようにしてください。

αリポ酸の一日の摂取量は100~300mgとされており、これ以上摂っても効果が上がるわけではありません。早く効果を得たいからといって過剰に飲み過ぎると、かえって効果が落ちたり副作用が出てしまう可能性もあります。

異常を感じたらサプリメントの使用を中止する

αリポ酸は安全性の高い物質なので、健康な人が適量飲む限り、重大な副作用が出るということはまずありません。

しかしごく稀ではありますが、αリポ酸が原因で副作用が起こることも報告されているので、甘く見ずに気をつけておくようにしましょう。

もしαリポ酸を飲んで何か異常を感じたら、すぐに飲むのを中止して医師の診察を受けるようにしてください。

αリポ酸の体内での主要な働きとその効果

Getty logo

αリポ酸に興味がある方は、皆健康や美容にどんな効果があるのかが気になると思います。しかし結果的にどんな効果があるかだけでなく、αリポ酸が体内でどんな働きをしているのか、その化学的な仕組みを知っておくことも大切です。

体内で働く仕組みについて知っておけば、αリポ酸の効果をより深く理解することができますし、それは最終的にαリポ酸の効果をより上手に取り入れることにつながります。

αリポ酸の体内での主要な働きとその効果について、ここで一通りおさらいしておきましょう。

強力な抗酸化作用を持つ

人間の体はエネルギーをつくるために常に細胞で酸素を消費し、最終的にその一部は活性酸素となります。活性酸素は必ずしも体に悪いわけではないのですが、体内に蓄積すると老化や生活習慣病の原因になるといわれています。

αリポ酸は活性酸素の働きを抑える抗酸化作用がとても強い性質があり、このため老化を防ぐアンチエイジング効果が期待できます。

αリポ酸は同じく抗酸化物質として知られているビタミンCよりも、約400倍もの抗酸化力があることが知られています。

脂肪を燃焼し代謝を促進する

αリポ酸には、脂肪を燃焼して代謝を促進する働きがあります。

αリポ酸は細胞の中のミトコンドリアという器官に存在しており、ミトコンドリアがエネルギーを生産するのをサポートしています。なのでαリポ酸がしっかり働いてエネルギー生産が効率的に行われると、結果的に代謝アップも期待できるということになるのです。

またαリポ酸は運動時の脂肪燃焼をサポートするともいわれており、ダイエット目的で摂取するのもおすすめです。

解毒酵素を活性化する

ミネラルというと普通はカルシウムやマグネシウムなど、体に必要な成分のことをいいます。しかしミネラルの中には有害なものもあり、全てが体に必要なわけではありません。

例えば水銀や鉛、アルミニウムやヒ素などは有害なミネラルの例で、食べ物や水道水、または食器の成分から食べ物に染み出たりして体の中に入ってきます。

αリポ酸にはこういった有害な成分を体から除去する、解毒酵素の働きを活性化するといわれているので、デトックス目的で摂取するのもおすすめです。

メラニン色素の生成を抑える

αリポ酸には美肌効果があるとして、美容液やクリームに配合されていることもあります。αリポ酸には抗糖化作用というコラーゲンの劣化を防ぐ働きがありますし、さらにメラニンの生成を抑える働きもあるといわれています。

メラニンはシミやソバカスの原因になるものですから、肌をきれいに保ちたい人にとってもαリポ酸はおすすめだといえるでしょう。

αリポ酸摂取で発症する可能性がある副作用

Getty logo

サプリメントを使う時に注意しておきたいのが副作用です。サプリメントは医薬品に比べて副作用は少ない傾向がありますが、それでも摂取する成分や飲み方によっては、体調を壊すこともあります。せっかく健康のためにサプリメントを摂るのですから、それで体調が悪くなるというのは避けたいですよね。

ではαリポ酸のサプリメントには、どんな副作用の可能性があるのでしょうか?

αリポ酸は基本的に安全

αリポ酸は体内でも生成されるものですし、もともとは医療用に使われていたものですから、健康な人が適量飲む限り、これといった副作用が出ることはまずありません

特にサプリメントは医薬品として使われる時に比べて配合量も少ないので、なおさら副作用が出る可能性は低くなるといえます。

インスリン自己免疫症候群が発症する可能性がある

αリポ酸は基本的には安全な物質ですが、ごく稀に「インスリン自己免疫症候群」という病気を引き起こす場合があることが知られています。

インスリン自己免疫症候群とは、インスリンを投与していないのに投与したのと同じような状態になってしまい、血糖値が下がり過ぎてしまう病気です。

この病気は今まで数百しか症例がない珍しいものなのでめったに起こることはないでしょうが、αリポ酸を飲むにあたって、こういう副作用があるのだと知っておくことは大切だといえるでしょう。

糖尿病治療を受けているときは要注意

αリポ酸は血糖値を下げる効果があり、糖尿病の治療薬として使われることもあります。なので糖尿病の治療でインスリンなど血糖値を下げる薬を使っている方は、αリポ酸を飲むと血糖値が下がり過ぎて、体調が悪化することもあるかもしれません

糖尿病治療を受けている方はαリポ酸の摂取は控えるか、医師に相談することをおすすめします。

稀に起こる可能性のある他の副作用

αリポ酸で起こる可能性のある他の副作用としては、動悸やめまい、手足のふるえ、冷や汗などがあるといわれています。どれも起こる頻度は非常に低いと思われますが、過剰に摂取した時などは、こういった副作用が出ることもあるようです。

αリポ酸とは

Getty logo

αリポ酸を最近知ったばかりの方の中には、そもそもαリポ酸がどういう物質なのかまだよく知らないという人もいると思います。αリポ酸がどういうものなのかきちんと知っておくことは、自分に合ったサプリメントを選んだり、効果的な飲み方を考えたりするのに役立ちます。

ここでαリポ酸とはどういう物質なのかについて、基本的な情報をおさらいしておきましょう。

αリポ酸の歴史

αリポ酸がサプリメントとして普及したのは最近になってからですが、αリポ酸自体が発見されたのは1930年代で、今から90年近く前に遡ります。

1950年代に分子の構造や性質が分かると、食中毒や糖尿病の治療薬として使われるようになりました。その後90年代に入ると抗酸化作用があることが明らかになり、アメリカでサプリメントとして普及します。

そして2004年に日本でもサプリメントでの使用が認められ、広く普及して現在に至ります。

αリポ酸はR体とS体の2種類

αリポ酸は分子の構造の違いによって「R体」と「S体」の2種類があり、R体のほうが働きがいいという特徴があります。

なのでサプリメントを選ぶ時は、単に含有量を見るだけでなく、R体がどれくらい含まれているかをチェックする必要があります。

実際αリポ酸のサプリメントはS体が混ざっているものも多く、一見含有量が多そうでも実はその半分はS体ということもあるので注意しましょう。

年齢とともに体内生産量は減少する

αリポ酸は体内でも生成されますが、その生成量は年齢によって変化します。

一般に若い人のほうが生成量が多く、その後歳をとるとともに段々減少していきます。特に中年以降になると体内での生成だけでは不十分になるので、食事やサプリメントで補う必要が出てきます。

細胞内のミトコンドリアに存在する

αリポ酸は体内では細胞のミトコンドリアという器官に存在し、ミトコンドリアによるエネルギー生産をサポートしています。

ミトコンドリアは人間が生きていくための根本的な働きを果たしており、そしてその働きはαリポ酸のサポートがなければ機能することができません。

なのでαリポ酸は人間が生きていくために必要な、とても重要な物質だということができます。

体内のすべての細胞に自由自在に入り込む

抗酸化作用の高い物質は、αリポ酸以外にもビタミンCやコエンザイムQ10などいろいろあります。しかしこれらの物質は水の中か油の中のどちらかでしか活動できない性質があり、体の中のどこでも自由に動けるわけではありません。

一方でαリポ酸は水と油どちらでも活動できるという特徴があり、脂肪でできた細胞膜を自由にすり抜けて、さらに水が主成分の細胞内で安定して存在することができます。

αリポ酸を豊富に含む食品はない

αリポ酸を含む食品は野菜や肉類などいくつかありますが、どれも含有量が少なく、食品だけから十分なαリポ酸を摂るのは難しいのが実際のところです。なのでαリポ酸をしっかり摂りたい場合は、どうしてもサプリメントに頼る必要が出てきます。

他の成分とお互いの力を高め合う

αリポ酸は単体で摂るよりも、他の成分と組み合わせて摂るほうが効果が高まる場合があります。

αリポ酸と相性がいいといわれているのが「カルニチン」というアミノ酸です。αリポ酸の糖質を消費する効果と、カルニチンの脂肪燃焼効果が組み合わさるとダイエットにより効果を発揮します。

αリポ酸のサプリメントには、カルニチンが配合してあるものもたくさんあります。

ネット上で紹介されているαリポ酸サプリメント商品5選

Getty logo

ネットではいろいろなαリポ酸サプリメントが売られているので、一体どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。特にαリポ酸サプリメントは商品によって配合されている成分に違いがあったりするので、どれを買うべきか決めるのはなかなか難しい部分もあります。

ここではそんなαリポ酸サプリメントの中から、おすすめの商品を5つピックアップしてご紹介します。

1. AFC「α-リポ酸+L-カルニチン GOLD&プロテイン」

AFCの「α-リポ酸+L-カルニチン GOLD&プロテイン」は、ダイエット目的に特化した燃焼系サプリメントです。

αリポ酸の効果はダイエット以外にもいろいろありますが、このサプリメントはカルニチンとプロテインで脂肪を燃焼する効果を高め、ダイエット目的で飲むのに適した配合になっています。

αリポ酸+Lカルニチン&プロテイン GOLD 30日分

¥ 1,931(税込:2017/8/4時点)

2. NOWフーズ Alpha Lipoic Acid

NOWフーズの「Alpha Lipoic Acid」は、1カプセルで600mgものαリポ酸を摂取できる、含有量の高いサプリメントです。

αリポ酸の一日の摂取量は100~300mgとされていますが、このサプリでは1カプセルでそれを上回る量を摂取できます。αリポ酸の効果をしっかり実感したい方におすすめの商品です。

NOWフーズ Alpha Lipoic Acid 600mg 120カプセル

¥ 3,480(税込:2017/8/4時点)

3. 資生堂「ギムリンド スーパーバーン(RN)」

資生堂の「ギムリンド スーパーバーン(RN)」は、食事をコントロールしたい方のためのダイエットサプリメントです。

αリポ酸以外にカルニチンやギムネマなどの成分が配合されており、しっかり食べてもきれいに痩せられるようにサポートしてくれます。

ギムリンド スーパーバーン(RN) 270粒

¥ 3,820(税込:2017/8/4時点)

4. FANCL「α-リポ酸」

FANCLの「α-リポ酸」は、手頃な価格でαリポ酸を摂取できる、初心者向けのサプリメントです。

αリポ酸の含有量はやや少なめですが、初めてαリポ酸を試してみようという方は、このあたりのサプリから試してみるといいと思います。

ファンケル α-リポ酸 22.6g (約30日分)

¥ 1,233(税込:2017/8/4時点)

5. DHC「α-リポ酸」

DHCの「α-リポ酸」は、手軽にαリポ酸を摂ることができる、初心者向けのサプリメントです。

値段が手頃な割にαリポ酸もしっかり配合されており、ドラッグストアなどでいつでも購入できる手軽さも魅力です。αリポ酸がどんなものか、ちょっと試してみたいという方におすすめです。

DHC α-リポ酸 60日分 120粒

¥ 1,316(税込:2017/8/4時点)

αリポ酸は食品+サプリメントで補充するのがオススメ

Getty logo

αリポ酸は食品から摂ることもできますが、十分な量を摂取するにはサプリメントも併用する必要があります。αリポ酸のサプリメントは副作用が少なく値段も比較的安いので、続けやすい成分だといえるのではないでしょうか。

食品+サプリメントでαリポ酸を補給して、健康や美容に役立てましょう。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。