プロテインシェーカーおすすめ10選|メリットや選び方を徹底解説

プロテインシェーカーおすすめ10選|メリットや選び方を徹底解説

トレーニーのプロテイン摂取に、あると便利なのがシェーカーです。どれも同じように見えるシェーカーですが、各メーカーがこだわりを持って作っており、その使用感に違いもあります。プロテインシェーカーを使うことのメリットや選び方、おすすめのシェーカーをご紹介します。目的に合ったシェーカーでプロテインをストレスなく摂取しましょう!


そもそもプロテインシェイカーとは?

「プロテインシェイカー」とはパウダー状のプロテインをシェイクする容器の名称です。プロテインを摂取している人ならほとんどの人が持っているグッズです。

プロテインシェーカーの使い方は?

プロテインシェーカーの使い方はとても簡単です。シェーカーに水や牛乳、オレンジジュース、プロテインを入れ、フタをしっかりと閉めて、シャカシャカとシェイクするだけです。

プロテインシェーカーを使用するメリットは?

■プロテインシェーカーを使用するメリットは?
・プロテインを短時間で溶かすことができる
・プロテインが飲みやすくなる
・持ち運びに便利で手軽に摂取できる

プロテインシェーカーを使用してプロテインを作った方が良いのはどうしてなのでしょうか?プロテインシェーカーを使用するメリットを解説します。

プロテインを短時間で溶かすことができる

プロテインは水や牛乳などのドリンクと混ぜ合わせて摂取することが可能です。しかし、プロテインシェーカーを使用せずにスプーンなどでかき混ぜても、なかなか混ざり合ってくれません。もともとプロテインはタンパク質を主成分とした商品であるため、溶けにくい性質を持っているのです。

では、プロテインシェーカーを使用するとどうでしょう。シェイクすることで短時間でプロテインを混ぜ合わせることができます。プロテインを摂取するタイミングで多いのは、プロテイン摂取のゴールデンタイムと呼ばれるトレーニング後30分以内でしょう。

シェーカーを使うことで短時間の間にプロテインを用意することができるため、トレーニング後にもスムーズに栄養補給することが可能なのです。仮にシェーカーを使っていなければいつまで経っても混ざり合わずに、イライラしてストレスが溜まってしまいます。

プロテインが飲みやすくなる

プロテインシェーカーを使うとシェイクする分、プロテインが混ざり合って飲みやすくなります。これがシェーカーを使わずに飲もうとすると、しっかりと混ざり合わせることができずダマになってしまうことがあります。

プロテインは様々なフレーバーの商品が発売され飲みやすく改良されてはいますが、まだまだ味が苦手という人も多いでしょう。そんなプロテインを少しでもおいしく飲むためには、水やドリンクなどの水分とプロテインをシェーカーでしっかりと混ぜ合わせて粉っぽさをなくすことが大事なのです。

持ち運びに便利で手軽に摂取できる

プロテインシェーカーを使用すると持ち運びに便利で手軽に摂取できるメリットがあります。シェーカーの形状によっても違いがありますが、フタが付いており、そのまま飲むことが可能となっているため、他の容器やコップに移す必要がありません

また、プロテインシェーカーは非常に軽く簡単に持ち運びできるため、トレーニングジムなどに通っている場合、シェーカーとプロテイン、水やドリンクなどの水分を用意しておくことで、どこでも手軽に作れて、欲しいと思ったときすぐにタンパク質を体内に補給することができるのです。

値段も1つ数百円から販売されているため、価格的にもコスパが良い商品と言えるでしょう。

良いプロテインシェーカーの選び方やポイントを徹底解説

良いプロテインシェーカーの選び方やポイントまとめ
・飲み口の広さを確認
・フタがしっかりと閉まるかどうか
・容量はどれくらい必要?
・耐久性や軽さにも気を配ろう
・ブレンダーやメッシュありの商品はダマが残らない

プロテインシェーカーと言っても様々なタイプがあり、値段も変わってきます。どんなプロテインシェーカーを選べば失敗しないのか、選び方のポイントと共に、良いプロテインシェーカーに求められる要素や種類を見ていきましょう

飲み口の広さを確認

プロテインシェーカーには飲み口が広いものと狭いものがあります。

飲み口が広いとプロテインをシェイクした後、一気に摂取することが可能で、価格も数百円と手頃です。容器とフタと言う非常にシンプルな構造であるため、洗いやすいことも特徴として挙げられます。飲み口が広い分、横から液ダレする可能性があるため注意する必要があります。

飲み口が狭いタイプは、キャップを開けて飲むタイプなので、プロテインを摂取する際に横からこぼれる液ダレの心配がありません。フタを開封せずに、キャップを開けるだけで飲めるため手間がかからず、素早く摂取することができます。デメリットとしては、飲み口が狭いため、一気にプロテインを摂取できないことや、洗う際に手間がかかる点です。

飲み口の違いにおいては、一長一短であるため、用途や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

フタがしっかりと閉まるかどうか

プロテインは水やドリンクと混ぜ合わせるため、フタがしっかり閉まっていないと液ダレの原因となります。フタがしっかりと閉まらない商品は持ち運びの際にもトラブルの原因となるため、この点は口コミなども確認して購入した方が良いでしょう。

容量はどれくらい必要?

プロテインシェイカーのサイズが商品によって様々ですが、容量の平均は400~500mlくらいです。中には800mlなどの大容量のシェイカーも存在しています。

プロテインを1回摂取するのに必要な水や牛乳などのドリンク類は200~300ml程度です。それを考えると400mlの容量があれば十分でしょう。あまりも大容量だと持ち運びが不便となるため、400mlぐらいの大きさが選ばれています

耐久性や軽さにも気を配ろう

耐久性や軽さにも気を配ることが大切です。あまりにも値段の安い商品は耐久性に問題があったりするため注意が必要です。軽さも持ち運ぶことを考えると重要です。丈夫で、軽量なプロテインシェーカーを選びましょう

ブレンダーやメッシュありの商品はダマが残らない

プロテインをシェイクする中で気になるのはパウダーが水やドリンクとしっかり混ざり合っているかと言うことです。粉がダマになって残ると気になるという人もいるでしょう。

粉をしっかりとなくしたいのなら、ブレンダーやメッシュつきのシェーカーの購入をおすすめします。このブレンダーやメッシュはプロテインの混ざりやすさを格段に高めてくれるもので、ダマになりにくいのです。

最近のプロテインは混ざりやすい商品が多いため気にしない人もいますが、しっかりと最後まで混ぜたいと言う人はブレンダーやメッシュつきのシェーカーの購入を考えてみてください

[タイプ別]プロテインシェイカーおすすめ10選

選び方や要素を見極めて選んだプロテインシェーカーを以下の種類別でご紹介します。

●飲み口が広いタイプ
●飲み口が狭く飲みやすいタイプ
●機能的に優れているタイプ


購入する際の参考になると幸いです。

飲み口が広いプロテインシェーカー

1:一番人気!「savas(ザバス)プロテインシェイカー (500ml) 」

Amazonベストセラー1位にも輝いているのが、このSAVAS(ザバス)のシェイカーです。プロテインシェーカーと言えばコレ!という商品です。広い飲み口の使用ですので、プロテインを作った後に一気に補給することができます

非常にシンプルなプロテインシェーカーですが、少しくびれている構造によって、パウダーが混ざりやすい設計になっています。中身が入ったまま持ち運ぶことはできません。

明治 ザバス プロテインシェイカー (500ml)

¥ 590(税込:2017/9/2時点)

2:使い方が簡単「dns プロテインシェイカー」

DNSのプロテインシェーカーは取っ手がついているところが特徴的です。これによりフタをスムーズに開閉することができます。持ち運びに便利な点も嬉しいですね。容量は600mlですがコンパクトな設計になっているためカバンになどに入れてトレーニングジムへ行くことも可能です。

ディーエヌエス DNS ハンディシェイカー 400ml目盛 スポーツ プロテイン・サプリ

¥ 410(税込:2017/9/2時点)

3:有名ジムのシェイカー「ゴールドジム プロテインシェーカー」

世界一有名なスポーツジムである「ゴールドジム」のプロテインシェイカーです。内容量は400mlでイエローのカラーリングが目を引きます。広い口のタイプですので洗う際の手間も省けます。

ゴールドジム プロテインシェイカー 400ml

¥ 799(税込:2017/9/2時点)

4:容量が大きい「Kentai(ケンタイ)プロテインシェーカー 500ml」

ケンタイのプロテインシェーカーは容量が500mlと大き目です。約500mlの冷たい水や牛乳などのドリンクを入れ、シェイクしてお飲み下さい。プロテインメーカーならではのシンプルでお手頃なシェーカーです。

Kentai(ケンタイ)【K0005】シェーカー 500mlサイズ プロテイン

¥ 317(税込:2017/9/2時点)

5:コンパクトサイズが売り!「アルプロン -ALPRON- プロテインシェイカー300ml」

プロテインメーカーであるアルプロンのシェーカーです。容量は300mlのコンパクトサイズで、500mlなどが少し大きいと感じている人に最適です。同社のプロテインを使用するならこのシェーカーが容量的にも最適です。

フタ部分にはパッキンが付いていないため、手入れも簡単で衛生的です。軽くて持ち運びにも便利!キャップ部分はドーム型になっているため、開封時に液ダレしにくいのもポイントとなっています。

アルプロン -ALPRON- NEWアルプロンシェイカー300m

¥ 419(税込:2017/9/2時点)

飲み口が狭く飲みやすいプロテインシェーカー

6:液ダレしにくい「ウイダー プロテインシェーカー」

日本でも有名なプロテインメーカーであるウイダーのプロテインシェーカーは容量400ml。フタの締りがよく、構造により液ダレしにくくなっています飲み口が狭いため横からこぼれることもありません

ウイダー プロテインシェーカー

¥ 700(税込:2017/9/2時点)

7:人と同じが嫌なら「MRM グリーン プロテインシェーカーボトル 591ml」

アメリカのサプリメントブランドである「MRM」のプロテインシェイカーです。値段は高いですが人と同じものが嫌だという人には最適です。飲み口が狭く硬く閉められるため液ダレも防止できます。容量も591mlと大き目です。

MRM グリーン プロテインシェーカーボトル 591ml 用 [ 並行輸入品 ]

¥ 1,300(税込:2017/9/2時点)

機能的に優れているプロテインシェイカー

8:ブレンダーとメッシュつき!「AVOIN colorlife スポーツボトル プロテインシェーカー 720ml」

AVOIN colorlifeのプロテインシェーカーは容量が720mlと大きく、ブレンダーとメッシュが付いているため、ダマを残すことなくプロテインを溶かしてくれます

また、食品グレードのPPプラスチックを採用しているため、無害無臭で安全性が高いため、体にも優しい商品です。密封性もあるため、液ダレもしにくいです。

その他の特徴として、シェーカーの底部分が取り外せて、200mlのプロテインを収納することができます。通常、ジムに行く際は、プロテインを分けて持っていく人も多いかと思いますが、このシェーカーを使えばボトルだけ持っていけばプロテインが作れます。フタには取っ手があるため持ち運びにも便利です。

AVOIN colorlife スポーツボトル プロテインシェーカー ボトル プラスチック ウォーターボトル ジム ダイエット 直飲み 720ml

¥ 1,799(税込:2017/9/2時点)

9:プロテインが混ざりやすい「Kulbay Sports プロテインシェイカー 500ml」

KulbaySportsスパイラルは容量が600mlのプロテインシェーカーで、フタの下に内蔵されているステンレス製のバネが泡だて器のような役割を果たし、プロテインをしっかりと溶かしてくれます。シェーカーの底には2段階に分かれるケースがついており、プロテインやサプリメント入れることができます。密封性も高いプロテインシェーカーです。

Kulbay Sports プロテインシェイカー 500ml シェーカーボトル (黒)

¥ 1,450(税込:2017/9/2時点)

10:自動でプロテインをシェイク!「電動シェーカーPROMIXX」

アメリカなど海外で人気となっている電動シェーカーのPromixx。電動式なのでしっかりとプロテインを混ぜ合わせることができ、ダマもできません

ボタン一つで水が竜巻のように回転するため、シェイクできてダマにもならず、プロテインの味自体も飲みやすくなったと言う人もいるほどです。値段は高いですがそれ以上のメリットが期待できるプロテインシェーカーです。

電動シェーカーPROMIXX ブラック

¥ 4,580(税込:2017/9/2時点)

プロテインシェイカーを代用できるものはある?

有名プロテインメーカーなどのシェーカー以外でもフタのある容器であれば100円ショップなどの商品で代用することは可能です。

しかし、中には液ダレしたり密封性も弱かったりと様々な問題もあるようです。プロテインシェーカーはそれなりに安い値段の商品が多いため、心配であれば有名プロテインメーカーが販売している商品を買ったほうが良いでしょう。

プロテインシェーカーをより効果的に使うために

プロテインシェーカーを使用する際により効果を高める使い方が存在します。今までプロテインシェーカーを使っていて、あまり満足していなかった人は実践してみてください。きっと満足度が上がるはずです。

プロテインに書かれている作り方を守る

プロテインを作る場合、プロテインの容量は正確でも、水や牛乳を適当に入れている人も中にはいるかと思います。混ざりにくいプロテインを混ぜるために、水分を増やしてダマをなくそうと考える人がいますが、それを行うと余計に混ざりにくくなってしまうのです。

プロテインを作る際は、その商品に書かれている適正な水分量を守ることが、もっともおいしく作るポイントです。

事前にプロテインを水分に浸しておくと混ざりやすい

プロテインを摂取するタイミングと言えばトレーニング直後であると思います。

トレーニング直後にプロテインを作ってシェイクしている人もいますが、もしもあなたのプロテインが溶けていないのなら、トレーニング開始前にプロテインを水分の中に入れ、浸しておき、終了後に一気にシェイクしましょう。そうすることで、以前よりも混ざりやすくなっているはずです。

作る順番に気をつける

プロテインを作る際は、水や牛乳などのドリンクをプロテインシェーカーに入れ、その後でプロテインのパウダーを入れシェイクしたほうが混ざりやすいと言われています。今までプロテインからシェーカーに入れていた人で、混ざり具合がイマイチだったと言う場合は、一度この順番を試してみてください

シェイカーは衛生的に使うべし

プロテインシェーカーをより効果的に使うためには衛生面にも気をつけることが大切です。どれだけ性能が良いシェーカーでも、プロテインが付着するため、使用後は洗剤、スポンジ、ブラシなどでしっかりと洗い乾燥させましょう。密封性を高めるためのゴムパッキンは溝など、カビやすくなるため、細かく洗いましょう。

熱いお湯でも大大丈夫なシェーカーは熱湯で消毒し、1ヶ月に1回は塩素系漂白剤などを使用して、消毒を行うと良いでしょう。

プロテインシェーカーは買い替えも検討すること

プロテインシェーカーは簡素な作りの製品が多く、こまめに手入れを行っても、数ヶ月から長くて数年も経てば、劣化したり、耐久性や密封性が弱くなってきます耐久性に問題が出ることを考えて、ある程度、使い込んだら買い替えも検討して使いましょう。

プロテインは良質な商品を購入するべし

いくらプロテインシェーカーの性能が高くても、粗悪なプロテインを使用している場合はシェイクしても混ざり合わなかったり、ダマが残ってしまう可能性も否定できません。しっかりとしたプロテインメーカーが作っている製品を選ぶこともシェーカーを効果的に使うためには必要なことです。

プロテインを飲むならメリットの多いシェーカーを使おう!

プロテインを飲むのならメリットの多いシェーカーを使うことが良いでしょう。飲み口が広いタイプや機能的に優れているタイプなど様々な商品が出されているため、自分の必要と思うシェーカーを選んでください

シェーカーがあれば、”プロテイン摂取のゴールデンタイム”と呼ばれる筋トレ後30分以内にストレスなくスムーズに補給することができ、トレーニングの効果をより高めてくれますよ!

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


プロテイン

関連する投稿


アルギニンサプリのおすすめランキング12選|配合量とコストが人気のポイント

アルギニンサプリのおすすめランキング12選|配合量とコストが人気のポイント

体内で生成することができる日必須アミノ酸のアルギニン、体の成長や健康維持に欠かせない栄養素ですが、生成や食事だけでは不足しやすい栄養素でもあります。そんなアルギニンを効率的に摂取できるアルギニンサプリを紹介します。


おすすめプロテイン用シェーカーの人気ランキング12選!3つの選び方も徹底解説

おすすめプロテイン用シェーカーの人気ランキング12選!3つの選び方も徹底解説

肉体作りに欠かせないプロテインは、液体に混ぜるのが基本的な飲み方です。粉末状のプロテインはダマになりやすく、飲みやすくするには専用のプロテインシェーカーがあると便利です。今回は人気のプロテイン用シェーカーを紹介します。


おすすめ海外製プロテインの人気ランキング12選!3つの選び方も徹底解説

おすすめ海外製プロテインの人気ランキング12選!3つの選び方も徹底解説

筋トレやダイエットのお供に使われるプロテイン。海外では日本よりも多くの人々に親しまれている健康補助食品です。品質・安全性に不安を抱える人は多いと思いますが、海外製のプロテインには高品質で効率的な商品も多いのです。今回は、人気の海外製プロテインについて紹介します。


女性におすすめ!フィットネスクラブが作ったカーブスのプロテインの効果とは?

女性におすすめ!フィットネスクラブが作ったカーブスのプロテインの効果とは?

プロテインは筋トレやダイエットなど、理想の体作りをサポートしてくれる補助食品です。数あるプロテインの中でも、体作りのエキスパートとも言えるフィットネスクラブが作った「カーブス」のプロテインをご存知でしょうか?今回はカーブスのプロテインの効果についてご紹介します。


最新の投稿


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。


洗濯用洗剤おすすめランキング15選|綺麗に洗える商品が人気の秘訣

洗濯用洗剤おすすめランキング15選|綺麗に洗える商品が人気の秘訣

毎日の洗濯に必須の「洗濯用洗剤」。どうせ洗濯するのなら汚れを効率的に落とし、衣類を綺麗にしてくれる商品を選びたいですよね。そこで今回は洗濯用洗剤のおすすめランキングをご紹介!汚れをしっかりと落とし、綺麗に洗える商品を集めました。


HDMI変換アダプターのおすすめ商品10選|「古いタイプから最新まで」が2018年人気のトレンド

HDMI変換アダプターのおすすめ商品10選|「古いタイプから最新まで」が2018年人気のトレンド

HDMI端子はパソコンやディスプレイ、モニターの主流端子。HDMI端子同士であればそのままケーブルを使って接続することができますが、端子の規格が違うと使えないのでしょうか。こんな時に活躍するのが変換アダプターですよね。今回はHDMI端子から変換できるアダプターのおすすめ商品をご紹介していきます。今回はVGA、USBを利用したMHL、マイクロHDMI、RCAと変換できるアダプターをピックアップしました。アナログ時代のモニターやカーナビなどの機器から最新のスマートフォンまで接続できる変換アダプターの数々を集めています。端子の規格が違うからと使用を諦めていた機器も変換アダプターがあれば問題なく使うことができますね。


安いミキサーのおすすめランキング10選|「コスパに優れていて使用感も抜群」が2018年人気のトレンド

安いミキサーのおすすめランキング10選|「コスパに優れていて使用感も抜群」が2018年人気のトレンド

ミキサーはジュースやスムージーなどのジュース専用ではありません。そのままでは食べにくい果物や野菜をミキサーにかけることで、栄養そのままの健康ジュースを作ることができるのも魅力的。野菜を細かく粉砕したりペースト状にしたりして料理しやすくしてくれます。ミル自家製のふりかけやお茶、ドレッシングなどを作ることもできるので調理の幅を広げてくれる優れたアイテムです。そんなミキサーの価格はピンキリ。数千円から数万円するものまで様々です。今回は安くても優れているミキサーのおすすめ商品をご紹介していきます。コスパに優れていて使用感も抜群なものを集めました。お試しで欲しい方やあまり予算がないという方もミキサーライフを楽しみましょう。