錠剤型プロテインってどうなの?粉末とは何が違う?メリット・デメリットを解説

錠剤型プロテインってどうなの?粉末とは何が違う?メリット・デメリットを解説

プロテインと聞いて皆さんが思い浮かべるのは、水や牛乳などに溶かして飲む、粉末タイプのプロテインではないでしょうか?実はプロテインには粉末タイプ以外にも錠剤型が存在することはあまり知られていません。そこで今回は錠剤型プロテインの様々な情報をご紹介します。錠剤?粉末?あなたに合ったプロテインはどちらのタイプですか?


錠剤型プロテインとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

プロテインの主流といえばやはり皆さんがご存知の粉末タイプのものになります。錠剤型プロテインは「タブレットプロテイン」とも呼ばれていますが、市場に出回っている数が少ないため、なかなかメジャーになっていないのが現状です。

錠剤型プロテインは筋肉の肥大化に必要なタンパク質の含有量が1粒あたりで考えると、粉末タイプのプロテインに比べて少ないため、物足りなさを感じる人もいるかもしれません。しかし錠剤型には粉末タイプにはないメリットもあります。

現在は、粉末タイプや錠剤型以外にもドリンクタイプのプロテインダイエットやプロテインバーも安く販売されていますが、どちらの場合も、粉末タイプや錠剤型のプロテインよりも1度に摂取できるタンパク質の量が少なくなっている商品がほとんどです。

錠剤型プロテインのメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

市場にあまり出回っていない錠剤型プロテインですが、メリットもしっかりとあります!最もメジャーなプロテインである粉末タイプと比較し、そのメリットをまとめました

錠剤型プロテインのメリットを簡単に説明すると・・・
・粉末タイプと比べて格段に飲みやすい
・いつでもどこでも手軽に摂取できる
・プロテイン初心者や栄養補給を目的とした人にもおすすめ

粉末タイプと比べて格段に飲みやすい

粉末タイプのプロテインの場合、粉になったタンパク質であるプロテインを水や牛乳に溶かして飲むことが一般的です。現在市販されているプロテインは改良や味のバリエーションが増えたことで、昔と比べて格段に飲みやすくなったと言われています。

しかし、その粉っぽさや味に馴染めないという理由で苦手意識を持っている人はまだまだ多いと思います。筋肉を大きくするためにタンパク質が豊富な粉末タイプのプロテインを我慢して飲んでいる人も人も少なくないでしょう。

その点において、錠剤型プロテインの場合、飲みやすさや味に関して心配する必要は一切ありません。市販されているサプリメントや錠剤の薬と同じような感覚で飲めるため、粉末タイプよりも格段に飲みやすくなっています。

無理して飲む粉末タイプのプロテインは”苦行”でしかありません。無理して飲んでいては長続きもしないため本末転倒です。我慢して粉末タイプのプロテインを今まで飲んでいたという人は錠剤タイプのプロテインをおすすめします。

プロテイン粒タイプはいつでもどこでも手軽に摂取できる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

粉末タイプのプロテインの場合、割って飲むための水や牛乳が必要になります。それらの水分を入れても溶けて混ざらないこともあり、粉っぽいままの商品も多くあります。そういう場合、皆さんが使うアイテムがシェーカーです。

シェーカーにプロテインと水や牛乳などの水分を入れてシェイクすることで粉っぽさを少しでもなくし飲みやすくさせるんです。このことからもわかるとおり粉末タイプのプロテインを飲むためには、プロテイン本体、水や牛乳などの水分、シェーカーを常に持ち歩く必要があるのです。

錠剤の場合は、タブレットのケースに入って売られているものがほとんどで、大きくないため、商品ごと持ち歩いても負担になることはありません。会社帰りにジムに通っている場合や、出張などのときにも持ち運びできるため非常に便利なのです。

プロテイン初心者や栄養補給したい人におすすめ!

手軽さがウリの錠剤型プロテインは、1粒あたりのタンパク質含有量が少ないながらも成分はしっかりとしています。本格的に筋肉を鍛えている訳ではないけど、少しでも筋肉を大きくさせたい、栄養補給したいという人には錠剤型プロテインが最適。

無理に飲みにくい粉末のプロテインを選ぶよりも、錠剤の方が苦にならず気軽に飲み続けられますし、プロテイン初心者にもハードルが低いと言えるでしょう。

錠剤型プロテインのデメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

錠剤型プロテインは手軽で飲みやすいなどのメリットもありますが、粉末タイプのプロテインと比較したときに見えてくるデメリットもあります。ここではその見劣りする点についてご紹介します。

錠剤型プロテインのデメリットを簡単に説明すると・・・
・1粒あたりのタンパク質含有量が少ない
・吸収されるのに時間がかかる
・商品のバリエーションが多くない

1粒あたりのタンパク質含有量が少ない

錠剤型プロテインは1粒に含まれるタンパク質の量が少ないため、粉末タイプのプロテインと同じ効果を得ようとした場合、飲まなければならないプロテインの”量”に差が出てきます

プロテインは飲むことでタンパク質を摂取できます。筋肉はタンパク質で作られているため、筋肉を鍛えたい人にとってプロテインは欠かすことのできないものなのです。

筋肉を鍛えたい人に欠かせないタンパク質は商品によって摂取できる量にバラつきがあり、粉末タイプのプロテインを1食分(約20~25g)飲むことで約15~25gぐらいのタンパク質を得ることができます。

一方で錠剤型プロテインの場合、15~25gのタンパク質を得ようとすると一度に約65~70粒前後の錠剤を飲まなければなりません。錠剤型プロテインで粉末タイプのプロテインと同等の効果を得ようとした場合、大量に摂取しなければならないのです。

65~70粒前後の錠剤を摂取するのは大変ですし、胃や腸に負担がかかってしまうため、行うのは危険です。筋肉を本格的に鍛えてムキムキにさせたい人はタンパク質が多く摂取できる粉末タイプのプロテイン。筋肉を手軽に鍛えたい人は錠剤タイプと使い分けることが大事です。

吸収されるのに時間がかかる

粉末タイプのプロテインは溶かしてドリンクとして体に流し込むため、消化・吸収が早いという特徴があります。特に吸収が早いといわれているのは、プロテインの王様と呼ばれている「ホエイプロテイン」です。このホエイプロテインは筋トレ愛好者であるトレーにーの中でも人気の高い商品です。

なぜ吸収が早いホエイプロテインが人気なのかといいますと、筋トレをしたあとの筋肉というのは、その負荷によって筋肉を形成している筋繊維1本1本が傷ついた状態となっています。筋繊維はその傷を治すためにタンパク質をもの凄く欲しているのです。

そのタンパク質を欲している傷ついた筋繊維に向けてタンパク質の塊であるホエイプロテインを与えることで傷の修復が早くなり、筋肉の成長も促すことができるのです。

筋トレ後の30分間はプロテイン摂取の「ゴールデンタイム」と呼ばれており、この時間内にプロテインを摂取して筋肉に吸収させることが傷の修復と筋肉の成長に最も効果を発揮すると言われています。このような点から吸収されるのが早い粉末タイプのホエイプロテインが人気となっているのです。

一方、錠剤型プロテインはと言いますと、飲んでも体への吸収は残念ながら遅いです。「ゴールデンタイム」の30分以内では消化・吸収はされません。筋繊維の傷を修復させ、筋肉を成長させることだけを目的として考えているのなら、錠剤型よりも粉末タイプのプロテインを摂取したほうが良いと言えるでしょう。

商品のバリエーションが多くない

粉末タイプに比べると市場に出回っている商品の数が圧倒的に少ないため、近くで販売されていなかったり、商品を確保したくても売り切れていたりすることがあるようです。

在庫があるうちに確保しておくことがオススメかもしれません。開封後は早めにお飲みくださいね。

粉末タイプのプロテインよりも錠剤型は価格が安い?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

プロテインの摂取を続けようと思うと価格も気になるところですよね。粉末タイプも錠剤型も安いものから高いものまであるため一概にどちらのほうが高いと言うことは判断できないのですが、錠剤型の方がタンパク質の含有量が少ないことや、筋肉への吸収の速度が遅いことを考えると、粉末タイプよりも割高だと感じる人の方が多いようです。

がっつりと筋肥大をしたいのなら粉末タイプ。栄養補給や筋肉を少し大きくしたい、粉末タイプが飲めないなどの理由であれば錠剤型を使用するなど用途に合わせて選択するのも良いでしょう。

安売り・最安!一番安い錠剤型プロテインを紹介

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

Kentai プロテインスーパータブ プロフェッショナル

こちらのKentaiが発売している「プロテインスーパータブ プロフェッショナル」はタンパク質含有量が約80%と粉末タイプのプロテインにも負けていません。また、保存料、着色料、人工甘味料が使われていないので体の健康を考えて飲む人にもおすすめです。1回に10~20粒をそのまま食べるか水で流し込んで摂取してください。

2017年2月8日時点で1粒約0.33円と市販されている中でも安い錠剤型プロテインです。

Kentai プロテインスーパータブ プロフェッショナル 900粒(90日分)

¥ 3,891(2018/1/13時点)

おすすめの錠剤型プロテインは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここではおすすめの錠剤型プロテインをご紹介します。粉末タイプも販売している人気メーカーの商品を選びました。用途に合わせてご使用ください

Kentai アミノスーパータブ900

「アミノスーパータブ900」は体への吸収が早いと言われる大豆ペプチドを10粒あたり3,500mg配合しています。アミノ酸の含有量も高いため健康維持をしていきたい人やアスリートにも使用して頂ける商品です。

タンパク質は10粒あたり3.5gと多くないので、アミノ酸を吸収し疲労の回復力を高めるという目的で飲むほうが良いでしょう。こちらも噛み砕いてそのまま食べるか、水を使用して飲んでください。

Kentai アミノスーパータブ900(大豆ペプチド) 900粒

¥ 3,680(2018/1/13時点)

ウイダー カルニチン&CLA

こちらのウイダーが販売している「カルニチン&CLA」は脂肪燃焼の働きをするL-カルニチンと共役リノール酸と呼ばれる「CLA」を配合した商品なので、筋トレや運動でダイエットを目指している人におすすめです。タンパク質の含有量は0.84gと少ないため、筋肥大の効果は低いと言えるのでしょう。

摂取のタイミングは食事前や運動前に1回4粒を目安に飲んでください。

ウイダー カルニチン&CLA 120粒 (約30回分)

¥ 3,522(2018/1/13時点)

筋肉にも効果的な錠剤型プロテインが知りたい!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

筋肉に働きかける成分というのはタンパク質だけではありません。錠剤型のプロテインを摂取して健康維持だけではなく筋肉にも効果をもたらしたいのなら、分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれる「BCAA」が配合された錠剤型プロテインがおすすめです。

BCAAとは必須アミノ酸である「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つで、これらの成分は筋タンパク質の35%ほどを構成しているため、筋肉作りに大きな役割を果たしてくれるのです。BCAAの摂取はトレーニング時のパフォーマンスを向上させてくれるメリットや筋肉の疲労回復の効果も備えています。

ザバス(SAVAS) パワーアミノ2500 タブレット

ザバスの「パワーアミノ2500」は1回6粒で2,500mgの速攻型ホエイペプチドが配合されたアミノ酸が摂取できます。そのほかにも、BCAAがしっかりと含まれているため、運動後の体の回復機能を高めてくれる効果が期待できます。

運動後の疲れを早く回復させたいなら手軽に摂れる「パワーアミノ2500」で決まりです。ザバスの錠剤型プロテインの中でも効果から見るお得感は最安値と言えるのではないでしょうか?国産で安いプロテインというところも安心できますよね。

噛み砕いてそのまま食べるか、水を使用して飲んでください。

ザバス(SAVAS) パワーアミノ2500 タブレット 700粒

¥ 5,926(2018/1/13時点)

アミノバイタル タブレット

スポーツ時や普段の生活で、体に大切な栄養源・エネルギー源となるアミノ酸を主成分としたサプリメントがこの「アミノバイタル タブレット」です。

1日あたり4粒(4g)を目安にお召し上がりください。4粒中にアミノ酸が約2000mg配合されており、そのまま噛んで食べられるタブレットですので、場所を選ばずお召し上がりいただけます。

アミノバイタル タブレット 120粒入

¥ 2,589(2018/1/13時点)

通販で買える!アメリカで販売されている錠剤型プロテイン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

海外の中でもアメリカはプロテイン先進国です。多くのプロテインが日本にも輸入されています。数としてはやはり粉末タイプの商品が圧倒的に多いのですが、錠剤型プロテインも通販で購入することができます。アメリカで使われている錠剤型サプリメントをご紹介します。

ニトリックス (2.0アドヴァンス・ストレンジ)

ニトリックスの「2.0アドヴァンス・ストレンジ」は1日6粒を2回に分けて摂取する錠剤型プロテインです。摂取することで筋肉への血流が増加し、パンプアップに期待が持てます

筋肉疲労の回復にも効果があるため、摂取する際は筋トレの1時間前を目安に3粒摂取し、筋トレ後にも3粒を目安に摂取することがおすすめです。

ニトリックス (2.0アドヴァンス・ストレンジ) (180 タブレット)

¥ 7,500(2018/1/13時点)

ホエイプロテインの錠剤型タブレットは販売されている?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

これまでに粉末のプロテインを苦手だけど飲んでいた場合、錠剤型のプロテインを一度でも摂取するとその手軽さや良さがわかると思います。錠剤型のネックとなるのはやはり粉末のプロテインのように多くの量のタンパク質を吸収することができないという点です。

粉末のプロテインの中で筋肉を鍛えるトレーニーに一番摂取されている「ホエイプロテイン」の錠剤タイプがあれば最高だと思いませんか?しかし探してみてもご紹介したような大豆タンパク質が含有された錠剤型のプロテインは販売されていますが、粉末タイプのホエイプロテインの効果をそのまま錠剤にしたような商品は販売されていないようです。

錠剤型プロテインを摂取するタイミングはいつが良い?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

粉末タイプのプロテインの場合、「ゴールデンタイム」と呼ばれる筋トレ後30分以内と、寝ている間に分泌される成長ホルモンの効果で、より筋肉を肥大させるために睡眠の30分~2時間前に摂取することが望ましいとされています。

では錠剤型プロテインの摂取のタイミングは?というと、筋トレの前後や食事前、間食時に摂取するなど、ありとあらゆるタイミングでの使用が可能です。

目的に応じて錠剤型プロテインを摂取しよう!

ダイエットを目的として筋トレや運動を行っているのなら間食時に摂取し、空腹をプロテインで満たしてください。

筋トレや運動をして筋肉を少しでもつけたい、健康のために体を動かしているのであれば、筋トレや運動を行う前に摂取することで体の疲労回復や筋肉疲労を解消させることができます。

BCAAが配合されている錠剤型プロテインも筋トレや運動を始める30分前が最も良い摂取のタイミングとされています。筋トレや運動を行う前に摂取することで筋肉の分解を防ぐ効果や筋肉量の維持に一役買ってくれるからです。パフォーマンスの維持や向上という点からも筋トレや運動前に飲むことがおすすめです。

[目的別]錠剤型プロテインの摂取タイミング
・ダイエット目的なら間食として摂取
・筋肉をつけたいのなら筋トレや運動を行う前が最適

錠剤型プロテインは上手に活用しよう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

錠剤型のプロテインはいつでもどこでも摂取できる手軽さが大きなメリットです。粉末タイプのプロテインよりも、タンパク質の含有量や吸収の速さという点で、筋肥大への効果は低くなってしまいますが、そのまま噛み砕いて食べられたり水で簡単に流し込めるため、粉末タイプのプロテインの味が苦手な人は一度試してみてもよいでしょう。

粉末タイプのプロテインと比較するとメリットやデメリットがありますが、それを知った上で、筋トレ後には粉末タイプ、健康維持に錠剤型のプロテインなど、上手に使い分けることでより効果が得られますよ!

関連記事はこちら

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


プロテイン

関連する投稿


ザバスのプロテインがおすすめな理由は?初心者にも嬉しい特徴や効果を徹底紹介

ザバスのプロテインがおすすめな理由は?初心者にも嬉しい特徴や効果を徹底紹介

プロテインの中でも有名な日本のメーカーといえば「ザバス」です。プロテインに興味のない人でも一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?そんなザバスのプロテインがおすすめの理由と共に、初心者にも嬉しい特徴や効果を徹底紹介します!


アルギニンサプリのおすすめランキング12選|配合量とコストが人気のポイント

アルギニンサプリのおすすめランキング12選|配合量とコストが人気のポイント

体内で生成することができる日必須アミノ酸のアルギニン、体の成長や健康維持に欠かせない栄養素ですが、生成や食事だけでは不足しやすい栄養素でもあります。そんなアルギニンを効率的に摂取できるアルギニンサプリを紹介します。


おすすめプロテイン用シェーカーの人気ランキング12選!3つの選び方も徹底解説

おすすめプロテイン用シェーカーの人気ランキング12選!3つの選び方も徹底解説

肉体作りに欠かせないプロテインは、液体に混ぜるのが基本的な飲み方です。粉末状のプロテインはダマになりやすく、飲みやすくするには専用のプロテインシェーカーがあると便利です。今回は人気のプロテイン用シェーカーを紹介します。


おすすめ海外製プロテインの人気ランキング12選!3つの選び方も徹底解説

おすすめ海外製プロテインの人気ランキング12選!3つの選び方も徹底解説

筋トレやダイエットのお供に使われるプロテイン。海外では日本よりも多くの人々に親しまれている健康補助食品です。品質・安全性に不安を抱える人は多いと思いますが、海外製のプロテインには高品質で効率的な商品も多いのです。今回は、人気の海外製プロテインについて紹介します。


筋トレするなら摂取したい!BCAA 5000 powderについて解説

筋トレするなら摂取したい!BCAA 5000 powderについて解説

筋肥大や体を引き締めるダイエットなど、様々な目的が行われる筋トレはトレーニングの質も大切ですが、筋肉を育てるためのBCAAを効率良く摂取することも重要です。そこで今回は。筋トレする際の摂取におすすめしたい「BCAA 5000 powder」について解説します。


最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。