1日でも早く眉毛を生やす方法は5つ!まゆ毛育毛を完全攻略

1日でも早く眉毛を生やす方法は5つ!まゆ毛育毛を完全攻略

ふさふさのナチュラル眉毛が流行中の現在。体質的に眉毛が薄い人や、若気の至りで眉毛が生えてこなくなった人の中には、ふさふさのナチュラル眉毛に憧れている人も多いはず。今回はそんな人のために、1日でも早く眉毛を生やす方法を5つご紹介!ふさふさのナチュラル眉毛を手に入れたいという人は、是非試してみてくださいね。


諦める必要なし!眉毛を生やす方法は存在する!

Getty logo

ここ数年、ふさふさの太い眉毛が流行中です。ふさふさの太い眉毛は、清楚で落ち着いたイメージを与えることができ、大人の女性に大人気。肌面積が小さくなるため、小顔効果を期待することもできます。

しかし、ふさふさの太い眉毛は、眉毛の長さや量がある程度揃っていなければつくれないもの。このため、若気の至りで眉毛が生えなくなった人や、生まれながらに眉毛が薄いという人の中には、ふさふさの太い眉毛に憧れながらも「自分には無理だ…」と諦めている人も多いはずです。

しかし、諦めるのはまだ早いです。今回ご紹介する5つの方法を実践すれば、眉毛を生やすことができ、ふさふさの太い眉毛を手に入れることができます。育毛剤や生活習慣、食事など、様々な方面から眉毛を生やす方法をご紹介していきますので、ふさふさの太い眉毛を手に入れたいという人は、是非実践してみてくださいね。

眉毛が生える仕組みと生えなくなる仕組み

Getty logo

1日でも早く眉毛を生やすためには、眉毛はどのようなメカニズムで生えるのか、反対にどういったメカニズムで生えなくなるのかを知っておくことも大切です。そこでここでは、眉毛が生える仕組みと生えなくなる仕組みについて解説していきます。

眉毛が生える仕組み

髪の毛に生え替わりのサイクルがあるように、眉毛にも生え替わりのサイクルが存在します。

眉毛の生え替わりのサイクルには、毛乳頭内の毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで眉毛が成長していく成長期、毛母細胞の細胞分裂が終わって眉毛の成長がストップする退行期、摩擦などの刺激で眉毛が抜け落ちていく退行期の3つがあり、4~5ヶ月の間で生えると抜けるを繰り返していきます。

眉毛が生えなくなる仕組み

何らかの原因によって毛乳頭が傷ついてしまったり、眉毛の生成・成長に必要な栄養や成分が不足してしまったりすると、毛母細胞の細胞分裂がストップ。本来、眉毛が生えてくるはずの成長期に入っても眉毛が生えてこず、結果として眉毛が薄くなってしまいます。

つまり、生まれつきの体質などと関係なく、ある日突然眉毛が生えなくなったという人は、何らかの原因によって毛乳頭が傷ついたり、眉毛の生成・成長に必要な栄養・成分が不足していたりする可能性があります。

眉毛が生えなくなる原因は?

Getty logo

前項にて眉毛が生えなくなる仕組みについても触れましたが、眉毛が生えなくなる具体的な原因にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、眉毛が生えなくなる原因について解説していきます。

眉毛を毛抜きで抜く

眉毛が生えなくなる原因としてまずあげられるのが、毛抜きを使った眉毛処理です。

眉毛を整えようとして、毛抜きで眉毛を抜く人は多いはず。しかし、眉毛を毛抜きで抜くと、眉毛を抜く際、眉毛の生成・成長に関与する毛乳頭まで一緒に抜いてしまうことになり、これが原因で眉毛が生えなくなってしまいます。

また、毛抜きで眉毛を抜くと、周囲の眉毛にも強いダメージが加わって他の眉毛の毛乳頭まで傷ついてしまったり、抜いた毛穴に汚れや雑菌が入り込んで炎症が起こったり、これによっても眉毛の生成・成長が阻害されてしまいます。

眉毛を毛抜きで抜く習慣があるという人は、直ちに改善を図るようにしてください。

ホルモンバランスの乱れ

眉毛が生えなくなる原因として次にあげられるのが、ホルモンバランスの乱れです。

妊娠や月経などの影響でホルモンバランスに乱れが生じると、眉毛の生成・成長に必要なホルモンの分泌力が低下することで、眉毛が生えなくなることがあります。

一般的にホルモンバランスが正常に整えば眉毛も生えてくるようになりますが、人によっては生えてこないこともあります。そのような場合には、内科や婦人科、皮膚科などの医療機関に相談してみると良いでしょう。

毛穴詰まり

毛穴詰まりも、眉毛が生えなくなる原因のひとつです。

皮脂や汚れ、化粧下地やファンデーション、クレンジング剤などが毛穴の中に詰まると、毛穴の中で雑菌が繁殖。毛乳頭に傷がつき、眉毛の生成・成長が阻害されてしまいます。

眉毛の毛穴は大きくて詰まりやすいので、眉毛を清潔に保つ、眉毛に負担の掛からないメイクを心掛ける、クレンジング剤が残らないようにしっかりすすぐなどして、日頃から眉毛の毛穴が詰まらないように意識してください。

栄養不足

眉毛の生成・成長には、たんぱく質やビタミンB群、亜鉛や鉄分などの栄養素が必要になります。

このため、日頃から栄養バランスの偏った食事をしていると、眉毛の生成・成長に必要な栄養素が不足。眉毛が生えなくなってしまうことがあります。

たんぱく質やビタミンB群、亜鉛や鉄分は、眉毛だけでなく、髪の毛の生成・成長にも必要な栄養素です。美眉・美髪を手に入れるためにも、日頃から栄養バランスの整った食事を意識するようにしてください。

病気が原因で眉毛が生えなくなることも

甲状腺ホルモン低下症という病気にかかると、眉毛の生成・成長に関与する甲状腺ホルモンの分泌力が低下。眉毛の3分の1が抜け落ち、生えなくなるという症状がみられます。

眉毛の抜け方に違和感がある、眉毛が部分的に生えてこない(もしくは薄い)、このような場合には甲状腺ホルモン低下症の疑いがありますので、直ちに内科で検査を受けるようにしてください。

眉毛を生やす方法①眉毛用育毛剤を使う 

Getty logo

ここからは、いよいよ1日でも早く眉毛を生やす方法についてご紹介していきます。まず1つ目にご紹介するのは、眉毛用育毛剤です。ここでは、眉毛育毛剤の特徴や眉毛用育毛剤を選ぶときの注意点、おすすめの眉毛用育毛剤について解説していきます。

眉毛用育毛剤って何?

眉毛用育毛剤とは、眉毛専用の育毛剤のことです。眉毛用美容液という名前でも知られており、近年では様々なメーカーから発売されています。

眉毛の生成・成長を促す成分が幅広く配合されており、生まれつき眉毛が薄い人や眉毛が思うように生えてこない人はもちろん、眉毛が左右非対称の人や眉毛の濃さにバラつきがある人にもおすすめです。

なお、眉毛用育毛剤は、今回ご紹介する眉毛を生やす方法の中で最も即効性のある効果が期待できる方法。1日でも早くふさふさの太い眉毛を手に入れたいという人には必須アイテムです。

眉毛用育毛剤を選ぶときの注意点

眉毛用育毛剤の中には、テストステロンやメチルテストステロンが配合されているものが多数存在します。テストステロンやメチルテストステロンには、毛の生成・成長を促す作用があるため、使用すれば効果的に眉毛を生やしていくことが可能です。

しかし、テストステロンやメチルテストステロンは、男性ホルモンの一種。男性ホルモンには皮脂分泌を活発にする働きがあるため、テストステロンやメチルテストステロン配合の眉毛用育毛剤を使用すると、ニキビや肌荒れなどの副作用が出ることがあります。

また、テストステロンやメチルテストステロンには、眉毛以外の毛の生成・成長を促す作用もあり、長期的に使用を続ければ、全身の毛が濃くなってしまうことも…。

こういった理由から、眉毛用育毛剤を選ぶ際には、なるべくテストステロンやメチルテストステロンを配合していない安全性の高い商品を選ぶことをおすすめします。

眉毛用育毛剤マユライズがおすすめ!

使い勝手・効果・安全性、すべてにおいて満足度の高い眉毛用育毛剤として口コミなどで話題になっているのが、マユライズです。

マユライズは、東京都にある製薬会社「リット製薬」から販売されている眉毛用育毛剤(眉毛用美容液)です。安全性の高い成分でつくられているので、前項でお話したような副作用の心配はなし。また、以下のような特徴と魅力で発売から7ヶ月で月20,000本突破するほどの高い人気を誇っています。

眉毛に効果的な育もう成分「加水分解卵殻膜」を配合

マユライズには、加水分解卵殻膜という成分が配合されています。加水分解卵殻膜とは、ニワトリの卵殻膜をアルカリや酵素の力で加水分解してつくられる成分。毛乳頭の栄養分となって、眉毛の生成・成長を促進してくれます。

安全性も高いので、眉毛やまつ毛といった目元部分の育毛にぴったり。ヒアルロン酸やコラーゲンの産生に関わる線維芽細胞とⅢ型コラーゲンを増やす働きもあり、目元部分の肌を柔らかくハリのある状態へと導いてくれます。

1日2回、数秒間塗り込むだけの簡単ケア

マユライズの人気は、その使いやすさにもあります。マユライズの使い方は、とっても簡単。毎日朝と夜の2回、眉毛全体にマユライズを塗り込むだけでOKです。

理想では、約10秒間、プレスするように眉毛全体へしっかりと液を浸透させてから指で塗り伸ばすことですが、朝のメイク前などの時間がない場合には、約5秒間、眉毛全体にしっかり塗り込めば問題ありません。

ミニマムサイズなので、ポーチに入れて仕事や旅行などに持ち運べる点も嬉しいポイントです。

違和感のない自然な使用感

眉毛用育毛剤の中には、独特のベタつきやニオイを持つものが多数存在します。しかし、マユライズは無香料でサラサラとした質感。

驚くほど自然過な使い心地な上、塗った瞬間に成分がスムーズに浸透するので、メイク前に塗ってもアイブロウやファンデーションは普段通りの仕上り。寝る前に塗っても寝方や寝相を気にする必要がありません。

まつ毛美容液としても使える

マユライズは、眉毛用育毛剤でありながら、まつ毛美容液としても使用することが可能です。

そもそも、まつ毛も眉毛同様、成長期・退行期・休止期といった3つの生え替わりサイクルで成長し、抜け落ちます。マユライズは、眉毛の生え替わりのサイクルに着目した眉毛用育毛剤なので、眉毛同様、まつ毛の生成・成長も促すことができるというわけです。

なお、マユライズのまつ毛美容液としての使い方は、上まつ毛・下まつ毛の生え際に液体をしっかり塗り込むだけでOK。健やかなハリ・コシのあるまつ毛が生えるようになるので、まつ毛を伸ばしたい人だけでなく、まつエクや付けまつ毛などでまつ毛にダメージが出ている人にもおすすめです。

眉毛を生やす方法②クレンジング

Getty logo

眉毛を生やす方法として次にご紹介するのが、クレンジングです。この中には、「クレンジングと眉毛を生やすことに何の関係があるの?」と疑問を感じる人も多いはず。しかし、誤ったクレンジングをしていると、眉毛が生えにくくなってしまうのです。ここでは、その理由をはじめ、眉毛を生やすための正しいクレンジング方法などについて解説していきます。

クレンジングのすすぎが不十分だと眉毛が生えなくなる?

眉毛が生えない原因の項でもお話しましたが、クレンジング剤のすすぎが不十分だと、クレンジング剤が毛穴の中に入り込み、毛穴詰まりが引き起こされます。毛穴詰まりが引き起こされると、毛穴の中で雑菌が繁殖。毛乳頭に傷がつき、眉毛の生成・成長に支障が及んでしまうことになります。

また、クレンジング剤のすすぎが不十分だと、せっかく眉毛用育毛剤を使用しても、効果が半減してしまいます。クレンジング剤が皮膚に残っているせいで、眉毛用育毛剤の浸透力が低下してしまうのです。

眉毛を生やすための正しいクレンジングの方法

上記でお話した通り、眉毛を生やしたい人は、正しいクレンジングの方法を身に付け、眉毛にクレンジング剤が残らないように心掛ける必要があります。

眉毛を生やすための正しいクレンジングの方法は、以下の通り。手順に従って、ひとつひとつ丁寧に実施していきましょう。

1:眉毛からクレンジングしていく

眉毛を生やすためには、クレンジングの際、眉毛のメイクを最初に落としていきましょう。

眉毛は、顔の中でもメイクが濃く施されている部位です。先に眉毛のメイクを落とせば、アイブロウや眉マスカラのメイク汚れをしっかり落とすことができる上に、ファンデーションや口紅、アイシャドウといった眉毛以外のメイク汚れが眉毛の毛穴に入り込んでしまうのを防ぐことができます。

眉毛以外のメイクは、眉毛のメイク汚れが十分に落ちたのを確認した後で落としていけばOKです。

2:ぬるま湯で時間を十分にすすぐ

クレンジングでは、丁寧なすすぎを心掛けてください。すすぎが不十分だと、クレンジング剤が眉毛の毛穴に入り込み、毛穴詰まりの原因となってしまいます。

クレンジング剤と馴染みやすいぬるま湯を使い、メイク汚れやクレンジング剤を優しく丁寧に落としていきましょう。なお、クレンジングの際にゴシゴシと眉毛を擦るのはNG。摩擦の刺激でかえって毛が抜け落ちてしまったり、毛乳頭を傷つけてしまったりすることがあります。

ぬるま湯を顔全体にパシャリと浴びせるようなイメージで、眉毛や肌に刺激を与えないようにすすいでいくのが正解です。

洗浄力の強いクレンジング剤は使わない

メイクをしっかり落とそうとして、洗浄力の強いクレンジング剤を選ぶ人がいます。しかし、洗浄力の強いクレンジング剤は、肌に負荷をかけてしまうのはもちろん、眉毛にとってもあまり良くありません。

というのも、洗浄力の強いクレンジング剤は、メイクの油分だけでなく、肌に必要な油分までもを落としてしまいます。肌に必要な油分までもが落とされてしまうと、肌は乾燥状態に。すると、身体は肌の乾燥を防ごうとして皮脂を過剰に分泌させ、結果として眉毛の毛穴詰まりを招いてしまうのです。

こういった理由から、クレンジング剤を選ぶときは、油分を落とし過ぎない洗浄力がマイルドなものを選ぶようにしてください。

眉毛を生やす方法③眉毛マッサージをする

Getty logo

眉毛を生やす方法の3つ目としてご紹介するのが、眉毛マッサージです。ここでは眉毛マッサージのメリットやおすすめのやり方についてご紹介していきます。

眉毛マッサージが眉毛を生やすのに効果的な理由

眉毛を生やすためには、眉毛の生成・成長に関与する毛乳頭に十分な栄養を届けなくてはなりません。毛乳頭へ栄養を届けるものといえば、血液。このため、眉毛の周辺の血行が悪いと、たとえ眉毛の生成・成長に必要な栄養素を十分に摂取していたとしても、毛乳頭に栄養が行き届かず、眉毛を生やすことは難しくなってきます。

そこで実践すべきが、眉毛マッサージです。眉毛マッサージには、眉毛の血行を促進する効果があります。眉毛の血行が促進されれば、毛乳頭には十分な栄養が行き届くようになります。毛乳頭に十分な栄養が行き届けば、毛母細胞の細胞分裂が促進。眉毛の生成力・成長力がアップし、眉毛が生えやすくなるのです。

眉毛マッサージのやり方

眉毛マッサージの方法は、以下の通りです。ホットタオルである程度顔の血行を促してから、もしくは入浴中に実践するのがおすすめです。

1:顔の上半分を温める

頬骨からおでこまでの顔の上半分に手の平(ホットタオルでも可)を置き、2~3分かけて温めます。

2:目の周りの骨を刺激

両手の中指を使い、目の周りにある骨をなぞっていくようなイメージで刺激します。

3:眉頭から眉尻までを刺激

両手の中指の腹を左右の眉頭に置き、眉尻に向かって優しい圧で押していきます。2~3分繰り返してください。眉毛の上を眉頭から眉尻にかけてなぞっていくように押していくのがポイントです。

4:眉尻からこめかみまでをマッサージ

眉頭から眉尻までのマッサージが終わったら、今度は眉尻からこめかみをマッサージしていきます。眉頭からこめかみに向かって優しい圧で2~3分繰り返し押していけば完了です。

眉毛を生やす方法④眉毛の整え方に注意する

Getty logo

眉毛を生やす方法の4つ目としてご紹介するのが、眉毛の整え方です。眉毛を生やすためには、眉毛の整え方にもこだわる必要があります。そこでここでは、眉毛を生やすために知っておくべき眉毛を整えるときの注意点や、正しい眉毛の整え方について解説していきます。

眉毛を整えるときの注意点

眉毛が生えてこない原因の項でもお話しましたが、眉毛を整えるときに毛抜きを使うのはタブーです。毛抜きを使って眉毛を抜くと、眉毛の生成・成長に関与する毛乳頭まで抜けてしまったり、毛乳頭に傷がついたりしてしまうため、眉毛が生えてこなくなります。

また、毛抜きを使って眉毛を抜くと、薄いまぶたの皮膚が引っ張られて目元のたるみの原因になったり、眉毛の毛穴に汚れや雑菌が入り込んで眉毛のニキビの原因になったりもします。

こういった理由から、眉毛を整えるときには毛抜きを使わないように注意してください。

正しい眉毛の整え方は?

眉毛は顔の中でも非常にデリケートな部分。このため、眉毛を整えるときには、以下の手順に従い、正しい方法で眉毛を整えていきましょう。

1:まずは眉毛をブラッシング

眉毛を整えるときには、ます眉毛をブラッシングします。眉毛の専用コームを使い、眉毛の毛の流れに沿うように、眉頭から眉尻にかけてブラッシングしていきます。

2:邪魔な毛を剃る

次にカミソリか眉毛の専用シェーバーを使い、眉毛周辺に生えている毛や眉毛のデザインの邪魔になる毛を剃っていきます。カミソリを使うときは、皮膚がダメージを受けないように、事前に化粧水・乳液などで肌を保護しておきましょう。

3:ハサミで眉毛をカット

邪魔な毛を剃り終わったら、眉毛の専用コームと専用ハサミを使って眉毛をカットしていきます。専用コームで眉毛を毛の流れに沿ってとかしていったとき、長さがまばらにならないように伸びた毛をカットしていきましょう。

このとき、全体の毛の長さを均一にしてはいけません。眉毛の毛の流れを見ながら、他の毛と重なり合っている毛、飛びぬけて長い毛など、ひとつひとつの毛を見ながら丁寧にカットしていきましょう。

眉毛を生やす方法⑤食事で眉毛の発育に役立つ栄養を摂取

Getty logo

眉毛を生やすためには、眉毛の生成・成長に必要な栄養素を摂取することも大切です。そこでここでは、眉毛を生やすために摂取すべき主な栄養素について解説していきます。

眉毛の生成・成長に役立つ5つの栄養素

眉毛の生成・成長を促すためには、以下の5つの栄養素を摂取することが大切です。眉毛を生やしたい人は、毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

たんぱく質

眉毛の99%を構成するケラチンは、たんぱく質の一種。たんぱく質を摂取するとケラチンの量も増えるので、毛の生成力がアップ。眉毛が生えやすくなるのです。

たんぱく質は、肉や魚、卵やチーズ、牛乳などに豊富に含まれています。

ビタミンB6

ビタミンB6には、たんぱく質の分解を促し、髪の生成・成長力をアップさせる働きがあります。たんぱく質と一緒に摂取すれば、効率良く眉毛の生成・成長を促すことが可能です。

ビタミンB6は、カツオやマグロ、牛レバーやサンマ、バナナに豊富に含まれています。

ビタミンB2

ビタミンB2には、皮脂の分泌量を調整する働きがあります。皮脂による眉毛の毛穴詰まりを防ぐことができ、眉毛の正常な成長を促すことが可能です。

ビタミンB2は、豚レバーや鶏レバーなどの内臓肉、うなぎや牛乳に豊富に含まれています。

鉄分

鉄分に含まれるヘモクロビンには、血液を通して酸素を身体の隅々に運ぶ働きがあります。鉄分が不足すると、血液中のヘモクロビン量が減少。眉毛に送られる酸素が減ってしまうことで、眉毛の生成力がダウンしてしまいます。これを防ぐためにも、眉毛を生やしたい人は鉄分不足に気を付けるようにしましょう。

鉄分は、豚レバーや鶏レバーなどの内臓肉、卵黄、煮干し、かつお節、干しエビ、海藻類、ほうれん草などの緑黄色野菜に豊富に含まれています。

亜鉛

亜鉛には、たんぱく質と合成して眉毛を構成するケラチンをつくりだす働きがあります。つまり、いくらたんぱく質を摂取しても亜鉛が不足していれば、ケラチンが生成されないことから眉毛は生えてこないのです。こういった理由から、眉毛を生やしたい人は、たんぱく質と一緒に必ず亜鉛も摂取するようにしてくださいね。

亜鉛は、牡蠣やかずのこ、豚レバーや牛もも肉に豊富に含まれています。

眉毛を生やすのは簡単!試せば眉毛もふさふさに

Getty logo

今回ご紹介した眉毛用育毛剤・マユライズを使いながら、日頃のケアや食事に気を付ければ、まで生えてこなかった眉毛も生えてくるようになるはずです。

ふさふさの太い眉毛を手に入れたいという人はもちろん、眉毛が左右非対称の人や眉毛の濃さにバラつきがある人も是非実践してみてくださいね。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


マユライズ

関連する投稿


眉毛育毛剤&美容液のおすすめ人気ランキングTOP10[最新版]

眉毛育毛剤&美容液のおすすめ人気ランキングTOP10[最新版]

現在、市販されている眉毛用の育毛剤や美容液にはかなりの種類があり、眉毛用の育毛剤や美容液の購入を考えている人の中には、どの商品を選べば良いかで悩んでいる人も多いはずです。そこで今回は、2017年最新版の眉毛育毛剤&美容液のおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。眉毛用の育毛剤や美容液を購入するときの参考にして下さい。


マユライズは効果なし?眉なし20代女子が4ヶ月使った驚きの結果・・・

マユライズは効果なし?眉なし20代女子が4ヶ月使った驚きの結果・・・

眉毛用美容液として高い人気を誇るマユライズですが、この中にはマユライズがどんな眉毛用美容液であるかを知らない人も多いはず。そこで今回は、様々な観点からマユライズの特徴や魅力を徹底解説。効果や安全性の実態、最安値で購入する方法などについてご紹介しますので、マユライズの購入を悩んでいるという人は是非参考にしてください。


眉毛美容液のマユライズを1ヶ月間毎日使って眉毛が生えるのか効果を徹底検証!

眉毛美容液のマユライズを1ヶ月間毎日使って眉毛が生えるのか効果を徹底検証!

マユライズは、4ヶ月間の使用が推奨されている眉毛用美容液。となると、いざお試しで1ヶ月間だけ使用してみた場合、どれくらいの効果が期待できるのでしょうか。そこで今回は、私の実践調査や口コミの傾向などから、マユライズの1ヶ月間の効果を徹底検証。果たして、1ヶ月間で眉毛を生やすことはできたのでしょうか?


解明!マユライズで眉毛が生えない人にみられる5つの特徴とは?

解明!マユライズで眉毛が生えない人にみられる5つの特徴とは?

実際にマユライズを使っている人の中には、「使っても眉毛が生えない」という人がいるのも事実。効果に定評のあるマユライズで眉毛が生えない人がいるのは、一体何故なのでしょうか。そこで今回は、マユライズで眉毛が生えない人の特徴を徹底解明。マユライズで眉毛が生えないとう人は、各特徴に心当たりがないかどうかチェックしてみて下さい。


マユライズは使い方次第で育毛効果が数倍変わる?!眉毛を生やすための正しい使い方

マユライズは使い方次第で育毛効果が数倍変わる?!眉毛を生やすための正しい使い方

「マユライズを使っても眉毛が思うように生えてこない…」そんなあなたは、マユライズの使い方を間違っている可能性が大!マユライズは使い方を間違うと、効果が大きく半減してしまうのです。そこで今回は、マユライズの正しい使い方をご紹介。正しい使い方を心掛けていけば、マユライズの本来の効果を実感できるはずです。


最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。