バタフライアブスの副作用が危ない?EMSマシンの注意すべき使い方4つ

バタフライアブスの副作用が危ない?EMSマシンの注意すべき使い方4つ

腹筋が手軽に鍛えられると今話題のEMSマシン「バタフライアブス」ですが、なんと副作用が危ない?!との噂があるそうなのです。これは気になりますよね。この噂を探るため副作用の危険性とともに、EMSマシンの注意すべき使い方を調査しました。バタフライアブスを使用する前には必ず確認してくださいね!


バタフライアブスの副作用が危ない?!噂はホント?

お腹などたるんだ部位が手軽に鍛えられると話題のバタフライアブスですが「副作用が危ない?」との口コミがあるようなのです。現在、筋トレやダイエットに使用している人はもちろん、これから購入を考えている人も「副作用が危ない?」との噂はとても気になるところですよね・・・。

バタフライアブスの副作用が本当に危ないのか、早速、結論からお伝えしますと、誤った使い方で筋トレをすると危ない副作用が起こる可能性があると言えます。

しかし、この副作用はどのEMSマシンにも言えることで、正しい使用方法を守って使えば、腹筋や太ももなど、数種類の筋肉を効果的にトレーニングできる商品なのです。

バタフライアブスは副作用が危ない?

誤った使用方法では確かに危ない・・・
↓   ↓   ↓

正しく使用すれば筋肉を鍛えることが出来る商品!

バタフライアブスは危険?!安全性は?

「副作用が危ない」と聞くとバタフライアブスは危険な商品だと感じてしまいますが、バタフライアブスはアメリカの政府機関で、医療機器などを取り扱う「FDA」の基準をクリアしたEMSマシンです。

そのため初めてEMSマシンを使用する人でも安心できる商品なのです。誤った使用方法で筋トレやダイエットをしないように注意すれば副作用も起こりませんし、安全性は高い商品と言えます。

■「FDA」とはどんな基準?
「FDA」はFood and Drug Administraion(アメリカ食品医薬品局)の略称で、医薬品をはじめとした製品管理を行っている機関です。「FDA」には製品の承認・規制、製造過程、流通の監視などの基準が設けられ検査が行われています。

バタフライアブスの正しい使用方法

バタフライアブスは正しい使用方法でトレーニングに使わないと危ない副作用が出てしまう可能性があります。副作用を回避するためにも、バタフライアブスの正しい使い方をしっかりと覚えておきましょう

■バタフライアブスの正しい使用方法
①:バタフライアブス本体を充電・セッティングする
②:バタフライアブスを貼る
③:電源を入れて使用する

正しい使い方①:バタフライアブス本体を充電・セッティングする

バタフライアブスの正しいトレーニングでの使用方法の一つ目は、充電しセッティングすることです。

バタフライアブスはワイヤレス使用できる商品であるため、まず、付属されているACアダプターとUSBコードを本体となる充電式装置にセットして充電を行ってください

充電完了後に充電式装置と電極パッドを組み合わせることでバタフライアブスとして使用することができます

正しい使い方②:バタフライアブスを貼る

充電式装置と電極パッドを組み合わせたら、電極パッドの接着面についている透明の保護シートを剥がし、腹部などの鍛えたい部位に貼ってください

電極パッドから剥がした透明の保護シートは、保管する際に毎回使用するため捨てないように注意しましょう

正しい使い方③:電源を入れて使用する

バタフライアブスを鍛えたい部位に貼った後は、電源を入れることで使用することができます「6種類の運動プログラム」と「10段階の強さレベル」を設定することで、トレーニングの長さとパターンが変わり、より効果的に筋肉を鍛えることができるのです。

貼る部位をお腹から変えれば腹筋だけでなく、太ももや背中などの筋トレやダイエットに活用することもできます。

危ない副作用を回避!EMSマシンの注意すべき使い方4つ

バタフライアブスの正しい筋トレへの使用方法を理解したうえで、危ない副作用を回避するために覚えておきたいEMSマシンの注意すべき使い方を解説します。

EMSマシンの注意すべき使い方4つを解説

■EMSマシンの注意すべき使い方4つ
①:電極ゲルパッドが肌に合うか確認!
②:バタフライアブスは弱い刺激から開始しよう!
③:長時間の使用は禁止
④:危険なシチュエーションでの使用に注意

注意すべき使い方①:電極ゲルパッドが肌に合うか確認!

EMSマシンの注意すべき使い方として、まず初めに肌に触れる電極ゲルパッドに違和感がないかを確認することが大切です。

確認する際は電極ゲルパッドを20分間、腹部や腕につけてみて肌に異常がないかどうか確認してください。かゆみなどの異常が発生した場合は、使用を中止しましょう。

電極ゲルパッドを試した際に違和感がなくても、使用中に吐き気やめまいなどの異常な症状が感じられた場合には、直ちに使用を中止し、医師に相談してください

注意すべき使い方②:バタフライアブスは弱い刺激から開始しよう!

バタフライアブスの注意すべき使い方として、初めて使用する方は、慣れるまで座りながら使用してください

また、副作用の危険を回避するために、刺激の強さに関しては、一番弱いモードから開始し、慣れたら徐々に腹筋運動の強度を高めていくことを守ってください。早く筋肉を鍛えたいからと「6種類の運動プログラム」と「10段階の強さレベル」をいきなり一番強いレベルに設定してしまうと刺激が強すぎる可能性があり、危険を伴います。

バタフライアブスの使用開始時点では一番弱いビギナーモードとレベル1の刺激となっているため、そのまま腹筋などに使用して、様子を見ながら強さを上げていきましょう。

注意すべき使い方③:長時間の使用は禁止

副作用を回避するためには使用時間を守ることが大切です。バタフライアブスを同じ部位につけて連続で刺激する場合、長時間の使用は禁止されています。

同じ部位を刺激する場合は5時間以上の時間を空けて使用してください。続けて使用したい場合は、電極パッドのつける部位を腹筋、太もも、背中などに変更して使用しましょう

注意すべき使い方④:危険なシチュエーションでの使用に注意

EMSマシンを使用すると危険なシチュエーションがあるため副作用を回避するためには使用しないよう注意してください。

バタフライアブスは貼るだけで筋肉に刺激が届き鍛えられるため、買い物中や家事をする際などに使用できるメリットがあります。しかし、入浴中やシャワーを浴びる際の使用は禁止されています。また、自動車や自転車など、乗り物を運転する際の使用も、危険が生じる可能性があるため使用することは禁止です。

EMSマシンの使い方以外での注意事項

バタフライアブスは使い方以外の点においても、副作用を回避するために注意すべき事項があります。

バタフライアブスの使用条件を確認!

バタフライアブスの使用による副作用を回避するためには、そもそもEMSマシンを使っても良いのか、その使用条件を確認しておく必要があります

バタフライアブスの使用条件

バタフライアブスの使用には条件があります。まず、対象年齢の目安は20歳以上です。未成年や乳幼児の使用は避けてください

また、妊娠中や生理中の女性、手術直後の方は利用を見合わせてください。高齢の方の場合、ペースメーカーなど電子医療機器を使用している方や、皮膚に疾患のある方の使用もおすすめできません

使用前にはベルトやピアスなどは取り外し、傷口や湿疹などがある箇所には使用しないようにしてください。

■バタフライアブスの使用条件
●未成年や乳幼児は使用禁止。
●ペースメーカーなど電子医療機器を使用している方の利用は禁止。
●皮膚に疾患のある方の利用はおすすめできません。
●妊娠中や生理中の女性、手術直後の方は利用を見合わせてください。
●使用前にはベルトやピアスなどを取り外してからお使いください。

使用する前に事前に医師の確認が必要な人

かかりつけの医師や専門医などの判断を仰がなければ使用できない場合もあります。以下のいずれかに当てはまる人は、副作用を受けないためにも必ず相談してから使用してください

■かかりつけの医師や専門医に相談すべき人
・心疾患
・MS(多発性硬化症)
・静脈の炎症
・体調や健康に不安がある時
・腹部にヤケドやケガの痕がある
・重度の内臓疾患や病を併発している
・筋肉または関節に持病や異常がある
・認知機能や身体・精神において医療及び介護が必要な方
・医療機器や精密機器を利用している
・血圧や血行に心配や不安のある方

バタフライアブスの特徴や得られる効果は?

バタフライアブスの特徴は1分間に最大4,200回の振動によって筋肉が鍛えられることです。EMSマシンの中でも高い振動数によって筋肉を刺激し、「6種類の運動プログラム」と「10段階の強さレベル」が設定できる点も大きなメリットです。

普段はなかなか鍛えることができない体の内側の筋肉であるインナーマッスルを鍛えることが可能となっています。

バタフライアブスの使用が向いている人は?

バタフライアブスは電源を入れるだけで手軽に鍛えられるEMSマシンです。そのため、お腹や二の腕などがたるんで悩んでいる人や、トレーニングしたいけど時間がない、キツい運動では続かないという人にこそ最適な商品で、正しい使用方法を守って使える人には向いている商品と言えるでしょう。

バタフライアブスは正しく使用すれば安全性の高いEMSマシン!

どんなEMSマシンにも言えることですが、バタフライアブスは誤った使用方法や、使用すべきでない人が使うことで危ない副作用が起こる可能性があることは確かです。EMSマシンの注意すべき使い方4つを頭に入れ、正しい使用方法で筋肉への効果を実感しましょう

バタフライアブスは公式サイトの「バタフライアブススターターセット」から注文することでお得に購入でき、さらに購入した人限定で30日間の返金保証を利用することが可能です。価格もお得で「30日間全額保証」もついているこの機会にお試ししないともったいないですよ!

関連記事はコチラ