αリポ酸の摂取量を守って素晴らしい効果をゲット!正しい摂取方法をご紹介

αリポ酸の摂取量を守って素晴らしい効果をゲット!正しい摂取方法をご紹介

強い抗酸化作用があるとされている成分がαリポ酸です。αリポ酸は美容やダイエット、生活習慣病予防などさまざまな効果があるとされていますが、正しい飲み方はあるのでしょうか。今回はαリポ酸の摂取量についてご紹介します。


αリポ酸の適切な摂取量とは

Getty logo

アメリカで注目されたのを機に日本でも高い健康効果が期待できる成分として広く知られるようになった成分があります。それがαリポ酸です。脂肪の燃焼をサポートしてくれる作用があることからダイエットサプリメントとしても人気があるαリポ酸ですが、適切な摂取量はあるのでしょうか。さっそくチェックしていきましょう。

αリポ酸の摂取量と摂取方法とは

Getty logo

αリポ酸をはじめとしたサプリメントは飲む量を増やせば増やすほど効果が高まるというわけではありません。効果が得られないだけでなく、過剰摂取により身体に悪影響を及ぼす危険性もあるため、注意が必要だといいます。

αリポ酸の摂取量の目安

αリポ酸の1日の摂取量の目安は100mg~300mgとされています。市販のサプリメントの摂取量についてもこちらの範囲内に収まるようになっているようなので、パッケージに記載されている摂取量も目安を守っていれば問題ないでしょう。

ただし、αリポ酸はほかの成分とあわせて飲むことで相乗効果が得られるとされています。αリポ酸のみ含まれているサプリメントとそのほかのサプリメントをあわせて飲む場合は問題ないようですが、αリポ酸が含まれている複数のサプリメントを摂取する場合は摂取量の上限を超えないように注意が必要です。

摂取方法とそのタイミング

αリポ酸の効果を引き出すためにこのタイミングで飲んだほうがよい!という決まりは特にないといいます。サプリメントのパッケージに摂取タイミングが記載されている場合はそれに従えばよいでしょう。

これはαリポ酸に限らず、サプリメント全般にいえることですが、食事と同じタイミングで摂ると吸収率があまりよくないという意見もあるようです。気になる人は食べ始める30分前くらいに飲むようにするとよいでしょう。

継続して摂取する

サプリメントは薬ではないので、即効性は期待できないといいます。効果を十分に得るためには毎日、欠かさず摂取し続けることが大切です。飲み忘れを防ぐという観点からいえば、毎日同じタイミングで飲むことをおすすめします。朝食後や起床時など自分でタイミングを決めておくとよいでしょう。

用量用法を守る

αリポ酸の推奨摂取量は1日あたり100mg~300mgです。規定量の範囲内で摂取する分には問題ないようですが、極端に大量に摂取すると手足の震えや舌のしびれなどといった副作用が起こる場合があるようです。αリポ酸の効果は飲む量に比例して高まるというわけではありません。αリポ酸のサプリメントを飲む場合は、用量用法を守って飲むようにしましょう。

異常を感じたら摂取を中断する

αリポ酸は規定量を守って飲んでいれば、副作用が起こるリスクは非常に低いとされています。しかし、体質によって副作用が起こる可能性があるほか、過剰摂取にも注意が必要です。万が一、αリポ酸を摂取した後、体調に変化を感じたときはすぐに摂取をやめ、必要に応じて医療機関を受診するようにしましょう。

αリポ酸の効果的な飲み方については以下をチェックしてくださいね。

αリポ酸の効果的な飲み方で健康な体をゲット!その方法を徹底解説

https://minari-media.jp/articles/2921

αリポ酸はいろいろな飲み方で効果が期待できるのでオススメ。その効果はもちろんのこと注意事項やサプリメントの選び方、オススメサプリメントに至るまでいろんな面から紹介していきます。αリポ酸の効果を知れば他の栄養素や成分と組み合わせることができるので、すでに他のサプリメントを摂取している方も更に健康増進できるのでオススメ。

αリポ酸の体内での主要な働きとその効果

Getty logo

サプリメントの成分というイメージが強いαリポ酸ですが、実はαリポ酸は体内で生成されている成分です。しかし、年を重ねるとともに生成量が減っていくとされているため、必要に応じサプリメントからの補給をするとよいとされています。では、αリポ酸は体内でどのような働きをしているのでしょうか。さっそくチェックしていきましょう。

強力な抗酸化作用を持つ

老化を進行させるとされているのが活性酸素です。活性酸素は身体をさびつかせてしまう成分で、糖尿病や高脂血症、肝機能の低下など身体にさまざまな悪影響を及ぼすとされています。αリポ酸にはこの活性酸素に対抗する抗酸化作用があるといわれています。

抗酸化作用がある成分としてビタミンCやビタミンEがありますが、αリポ酸の抗酸化作用は非常に強力で、ビタミンCやビタミンEの400倍ものパワーを持つとされています。

脂肪の燃焼を促進する

αリポ酸は脂肪酸の一種。体内で脂肪の燃焼をサポートし、代謝を上げてくれるので痩せやすい身体づくりに役立つとされています。また、αリポ酸にはブドウ糖の排出をスムーズにする作用もあるため、エネルギー変換の効率をよくしてくれるともいわれています。そのため、リバウンドを防ぎ、太りにくい身体づくりにも役立てることができるようです。

解毒酵素を活性化する

αリボ酸は硫黄化合物を持っています。硫黄化合物には体内の解毒酵素を活性化させる作用があるため、有害物質を排出する効果が期待できます。また、有害ミネラルを包む込むように結合するキレート作用があるともいわれています。

αリポ酸のデトックス効果について詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてくださいね。

αリポ酸でデトックス!生き生きとした日常が手に入ります

https://minari-media.jp/articles/2961

今注目されているのが「デトックス」での健康対策!数あるデトックス成分の中でも、αリポ酸は優れたデトックス効果があると注目される成分です。デトックスとは?αリポ酸とは?どんなものなのでしょうか?αリポ酸のデトックス効果や、より効果を高める方法・注意点・お勧めのサプリメントなど初めての人にもわかりやすく紹介します。

メラニン色素の生成を抑える

αリポ酸の抗酸化作用はシミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑え、肌の透明度を上げてくれる効果もあるとされています。また、肌のハリやうるおいのもととなっているコラーゲンの状態を左右するともいわれています。

コラーゲンは細胞と細胞の間を埋めるように存在し、肌に必要な水分をキープする役割を担っています。αリポ酸には強い抗酸化作用とキレート作用があるとされているため、老化したコラーゲンを排出し、新陳代謝を促進する効果があるともいわれています。

αリポ酸摂取で発症する可能性がある副作用

Getty logo

αリポ酸はもともと体内に存在している成分で、医薬品にも活用されています。規定量を守って摂取していれば特に問題はないようですが、まれに副作用が起こるともされているため、注意が必要です。ここではαリポ酸の副作用のリスクについて詳しくみていきましょう

αリポ酸は基本的に安全

αリポ酸は体内で生成されている成分なので、サプリメントから摂取していたとしても規定量を守っていれば副作用が起こるリスクは非常に低いとされています。しかし、体質には個人差があるため、絶対に副作用が起こらないと断言することはできないでしょう。万が一、摂取したことで異常がみられた場合は飲むのをやめ、必要に応じて医療機関を受診してください

インスリン自己免疫症候群が発症する可能性がある

糖尿病の予防効果が期待されているαリポ酸ですが、インスリン自己免疫症候群の発症リスクがあるといわれているため、注意が必要です。私たちの膵臓ではインスリンが作られています。インスリンは血糖を低下させる作用を持ち、血糖コントロールにおいて重要な役割があるホルモンです。

インスリンに対する自己抗体が作られると低血糖状態に陥り、重症化すると意識障害など危険な症状が現れることがあります。これがインスリン自己免疫症候群です。

インスリン自己免疫症候群の原因のひとつにSH基構造を持つ薬剤があります。本来、αリポ酸はSH基構造を持ち合わせていませんが、大量摂取によりSH基構造を持つ物質に変化するとされています。また、特定の遺伝子素因を持つ人がαリポ酸を摂取した場合もインスリン自己免疫症候群の発症リスクがあるというので注意が必要です。

糖尿病治療を受けているときは要注意

糖尿病を発症し、すでにその治療のために血糖値を下げる薬を飲んでいる人にもインスリン自己免疫症候群の発症リスクがあるといわれています。すでに薬を飲んでいる人がαリポ酸を飲んでしまうと急激に血糖を下げてしまう可能性があるため、注意が必要だとされています。

低血糖状態に陥ると冷や汗や手足の震えなどの症状が現れるとされています。αリポ酸を摂ってこれらの症状が現れた場合は、すぐに飲むのをやめ、必要に応じて医師の診察を受けましょう

稀に起こる可能性のある他の副作用

インスリン自己免疫症候群のほかにもαリポ酸には副作用のリスクがあることがいくつか報告されています。医薬品として大量に投与すると下痢や食欲不振などといった症状が起こる可能性があるといわれています。しかし、これは医薬品として投与した場合の報告であり、サプリメントで摂取した場合に同様の症状が現れるかは確認されていないといいます。

ただ、妊娠中や授乳中は摂取を控えたほうがよいとされています。どうしても飲みたいという人は飲み始める前にかかりつけの医師や薬剤師に相談してから飲むようにしましょう

αリポ酸とは

Getty logo

さまざまな健康効果が期待できるとされ、注目されているαリポ酸ですが、いったいどのような成分で、いつ頃から使われるようになったのでしょうか。さっそくαリポ酸の基礎知識についてチェックしていきましょう。

αリポ酸の歴史

αリポ酸は私たちの体内で生成されているだけでなく、牛や豚の肝臓、心臓をはじめ、ジャガイモやホウレン草などの野菜にも含まれている成分です。チオクト酸という名でも広く知られており、特にヨーロッパの地域では30年以上も前から糖尿病合併症の治療薬としても活用されてきました

αリポ酸はR体とS体の2種類

αリポ酸は分子構造の違いからR体とS体の2種類があります。体内で生成されているR体のほうが、S体よりも体内で活発に働くとされています。市販のサプリメントではR体とS体の両方が配合されているものと、R体のみで構成されているものがあるようです。

αリポ酸R体が肝臓で作られる

R体のαリポ酸は肝臓で生成されています。体内で作られたαリポ酸の一部は還元され、SH基を持つジヒドロリポ酸に変化します。αリポ酸はビタミンとする意見もありますが、体内で生成できるため、ビタミン様物質とするのが正しい分類のようです。

年齢とともに体内生産量は減少する

αリポ酸は肝臓で作られていますが、その生成量は年を重ねるとともに減少していくとされています。そのため、中年以降に差しかかるとどうしてもαリポ酸の量は不足しがちになるようです。そのため、αリポ酸をサプリメントから補給するという人が多いようです。

細胞内のミトコンドリアに存在する

体内でαリポ酸が存在しているのは細胞内に存在するミトコンドリアという器官のなか。ミトコンドリアはエネルギー生成の役割があるとされています。αリポ酸はミトコンドリアとともに、私たちの生命維持に欠かせない重要な役割があります

体内のすべての細胞に自由自在に入り込む

抗酸化作用があるとされるαリポ酸ですが、同じような働きをする成分はほかにもたくさんあります。そのなかでαリポ酸が注目されているのは、水と油の両方で働けるという特徴があるためです。αリポ酸は脂肪でできている細胞膜を通り、主成分が水の細胞内でも安定して存在することができるとされています。

αリポ酸を豊富に含む食品はない

多くの栄養素は食品から摂取することが可能ですが、αリポ酸は食品から摂取することが難しい成分として知られています。ホウレン草やニンジン、トマト、ブロッコリー、ジャガイモに含まれているものの、その量はごくわずか。そのため、サプリメントをうまく活用したほうが効率よく体内にとり込むことができるようです。

他の成分とお互いの力を高め合う

αリポ酸は酵素をサポートする補酵素として働くため、ほかの栄養素や成分と一緒に摂ることで効率よく栄養補給ができるとされています。目的により一緒にとるべき栄養素はさまざま。以下を参考にして飲み合わせてみてくださいね。

・カルチニン…エネルギー生産を高め、ダイエット効果を高め合う
・セレン(セレニウム)や亜鉛…デトックス効果を高め合う
・ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10…抗酸化力を高め合う

αリポ酸サプリメントの選び方

Getty logo

抗酸化作用や脂肪燃焼効果が注目されているαリポ酸。そのサプリメントにはさまざまな種類があるようです。ひと言でαリポ酸のサプリメントといってもその種類はさまざま。ここではαリポ酸の選び方についてチェックしていきましょう。

安心安全な商品を選ぶ

同じように思えるサプリメントでも原料や製法、製造場所は大きく異なります。αリポ酸のサプリメントには海外製のものも多く販売されていますが、飲み始める前に成分表や摂取方法をしっかりとチェックして飲んでも問題ないのか確認しておくようにしましょう。

R体含有率の高いものを選ぶ

αリポ酸にはR体とS体の2種類がありますが、体内で生成されているのはR体のαリポ酸です。そのため、R体のほうが体内で効率よく働いてくれるといいます。

サプリメントにはR体のみ含まれているものとR体とS体の両方が含まれているものがあるようです。含有量だけにとらわれずに含まれているαリポ酸がR体のみなのかどうかにも注目して選ぶようにしましょう。

飲みやすいものを選ぶ

高い効果が期待できるのかどうかももちろん大切ですが、何より大切なのは飲み続けられるものなのかどうかということ。どんなに高い効果が期待できるといわれていても、飲みにくいサプリメントだと継続することはできないでしょう。

サプリメントの種類はタブレットタイプやカプセルタイプ、粉末タイプなどさまざまですが、海外製のサプリメントはタブレットやカプセルのサイズが比較的大きめです。無理なく飲み込めるサイズなのか確認してから購入するようにしましょう。

続けやすいものを選ぶ

サプリメントは薬ではないため、その効果に即効性はあまり期待できないとされています。そのため、とにかく飲み続けることが大切です。飲みやすさとともにお財布に優しいものなのかもあわせて確認しておきましょう。

また、価格だけでなく購入しやすさもポイントのひとつになるでしょう。ショッピングサイトから購入できるものなのか、定期購入コースがあるものなのかどうかも合わせてチェックしておくと安心でしょう。

ネット上で紹介されているαリポ酸サプリメント商品5選

Getty logo

αリポ酸のサプリメントにはさまざまな種類があります。いったいどのようなサプリメントを選べばよいのでしょうか。ここでは口コミで高い評価を得ているおすすめのサプリメントを5つ紹介します。これか買ってみようかな?という人はぜひ参考にしてみてください。

ダイエット成分がしっかり摂れる!AFC α-リポ酸+L-カルニチン GOLD&プロテイン

【AFC公式ショップ】αリポ酸+Lカルニチン&プロテイン GOLD 30日分 アミノ酸 BCAA ダイエットサプリメント

¥ 2,288 (税込:2017/11/30時点)

シリーズ累計75万個を売り上げた人気サプリメント

「α-リポ酸+L-カルニチン GOLD&プロテイン」はシリーズ累計75万個を売り上げているという大人気のαリポ酸サプリメントです。販売元は多くのサプリメントをとり扱っているAFC。αリポ酸と相性の良いカルチニンのほか、BCAAを配合しているほか、ダイエットを効率よく進められるよう基礎機能を整える肝臓エキスやオルニチン、酵素をあわせています。

また、プロテインも含まれているので筋力トレーニングを効率よく進めることもできますよ。1つのサプリメントで必要な栄養素をすべて補いたい!という人におすすめです。

プチプラサプリならこれ!オーガランド α-lipoic acid

α-リポ酸 (60カプセル/約1ヶ月分)【123000110011301】

¥ 820(税込:2017/11/30時点)

用途に合わせてサプリメントを組み合わせて

オメガ3やアルギニン、マカなどさまざまな商品をとり扱っているサプリメント専門店がオーガランドです。「α-lipoic acid」はそんなオーガランドが販売しているαリポ酸サプリメント。オーガランドではこちらのサプリメントとともにカルチニンやコエンザイムQ10などと一緒に摂取することを進めています。

オーガランドはパッケージやテレビCMのコストをできるだけかけないようにするだけでなく、ドラッグストアなどの実店舗に卸さず直接販売することで販売コストの削減も実現。リーズナブルな価格でサプリメントを販売しています。

オーガランドが推奨している通り、ユーザーのなかにはカルチニンサプリメントと一緒に飲んでいる!という声があがっていました。

ダイエットに効果的な栄養がたっぷり!資生堂 ギムリンド スーパーバーン(RN)

ギムリンド スーパーバーン (RN) 270粒

¥ 4,080(税込:2017/11/30時点)

気分があがるパッケージに一目ぼれ

食べ過ぎが気になる人や、糖分・脂肪のとりすぎが気になる人に向けて販売されているαリポ酸サプリメントが資生堂の「ギムリンド スーパーバーン(RN)」です。

ギムリンド スーパーバーン(RN)にはαリポ酸と相性のよいカルチニンのほか、カロリーサポート成分としてタマリンド(ガルシニア・カンボジア)、パントテン酸、アカショウマ、グァバ、ギムネマ、シルベスタ、生姜、カシスが含まれています。

食べ過ぎても体重に影響しなくなったという口コミが多くみられています。

3粒で1日分のαリポ酸が摂れる!FANCL α-リポ酸

FANCL ファンケル α-リポ酸 約90日分 (徳用90粒×3袋セット)

¥ 4,387(税込:2017/11/30時点)

カルニチンやコエンザイムQ10と一緒にとって効果アップ!

3粒に100mgのαリポ酸を配合しているサプリメントがFANCLから販売されている「αリポ酸」です。FANCLも1つのサプリメントに複数の栄養素を含めるのではなく、ほかの成分を主成分としたサプリメントとあわせて飲むスタイルをとっています。

そのため、ユーザーのなかにはカルチニンやコエンザイムQ10などαリポ酸と相性の良い成分のサプリメントもあわせて購入しているという人がいました

食べる量は変わらないのに、年々、太くなってきた…と実感。α-リポ酸の力を借りようと、試すこと10日間。気持ち、すっきりしてきたかも…。もうしばらく続けてみようと思います!

いつもαリポ酸、カルニチン、コエンザイムQ10の3点を購入しています。体力や数値維持に自信がなくなりがちな私ですが、飲むと飲まないとでは、疲れ方も違うように思います。これからも続けたいサプリたちです。

何度かリピートしています。リニューアルした「糖値サポート」と併用する事も。どちらも食前に飲むのが良いようです。より良さを発揮する飲み方はショップで直接聞いています。私はずっと食後に飲んでいたんですよ。

叶美香さんも愛用!DHC α-リポ酸

DHC α-リポ酸 60日分 120粒

¥ 1,306 (税込:2017/11/30時点)

大手メーカーの人気サプリメント

スキンケアアイテムやサプリメント商品など美容や健康に役立つ商品をを多く取り扱っているDHC。DHCから販売されている「α-リポ酸」はトータルライフプロデューサーとして活躍する叶美香さんも愛用しているんだとか。彼女はトレーニングの前など代謝を上げたいときに飲むことで効果を実感しやすくなると語っています。

摂取量を守って「健康な体」を実感

Getty logo

αリポ酸は抗酸化作用や脂肪燃焼をサポートする作用などさまざまな健康効果が期待できる注目の成分です。αリポ酸の1日の摂取目安量は100mg~300mg。1度に大量に摂取してもそれにともない効果が高まるわけではないので、規定量を毎日コツコツ飲んでいくことが大切です。気になる人は今回ご紹介したサプリメントを購入してみてくださいね。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。