アクションカメラのおすすめランキング12選|臨場感あふれる映像が人気の秘訣

アクションカメラのおすすめランキング12選|臨場感あふれる映像が人気の秘訣

スポーツなどの世界で多く使われる「アクションカメラ」。機能的なことから様々な場所で使えると人気を博しています。今回はそんなアクションカメラのおすすめランキングをご紹介!初めての人も、買い替えを検討している人にも納得できる商品のみを集めました。


おすすめのアクションカメラが知りたい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「アクションカメラ」とは、ウェアラブルカメラなども呼ばれる小型のデジタルビデオカメラのことです。サーフィンやスケートボード、自転車競技など、スポーツをする際に、人の身体やモノに取り付けることで、競技者の目線から見た臨場感のある映像が撮影できるため人気を博しています。

もともとはプロレベルの競技者が映像を撮影するために用いていましたが、SNSの広がりによって一般ユーザーの使用も増えており、市場が活性化しています。

購入を検討している人はもちろん、アクションカメラのことをあまりよく知らない人も、今回ご紹介のランキングで高性能のアクションカメラを見つけてください。

アクションカメラを選ぶための重要なポイント3つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アクションカメラを選ぶ際には大事なポイントが3つあります。

これまでアクションカメラを選ぶ際に、どれにしようか迷っていた人や、初めて購入する人も、このポイントを押さえておけばお気に入りの商品を見つけることができるでしょう。

■アクションカメラを選ぶための重要なポイント3つ
1.スペックによって選ぶ
2.用途や機能によって選ぶ
3.扱いやすさも重要

1.スペックによって選ぶ

アクションカメラを選ぶ際はスペックを確認して選ぶことが重要です。特に気にしておきたいのは「フレームレート」と「画素数」です。

フレームレート

フレームレートは動画撮影した際の”コマ数”のことを表しており、フレームレートの数値が高いほど臨場感のある動画を撮影することができます。数値は30fpsあれば一般的には十分とされており、動きの激しい競技をより滑らかに撮影したい人向けに、60fpsや120fpsなどのハイスペックモデルも販売されています。

画素数

画素数は「フルハイビジョン」と「4K」の2種類があります。フルハイビジョンは200万画素以上で、4Kは830万画素以上という基準があるため、どちらの画素数が適しているのかを検討すると良いでしょう。

2.用途や機能によって選ぶ

アクションカメラはどのようなシーンで使用したいのかを検討し、その用途に合わせた機能が搭載されているモデルを選ぶことが重要です。

用途別の機能として「防水機能」や「防塵機能」、「ブレ補正」などが搭載されているのかを確認しておきましょう。

防水機能

防水機能はサーフィンやスノーボードなどの競技を撮影したい場合には必要となります。防水機能の規格として「IPX8」が最高で、数値が下がるにつれ機能も低下します。

防塵機能

防塵機能はアウトドアスポーツを撮影する際には必須の機能です。防塵機能の最高ランクは「IP6X」で、こちらも数値が下がるほど機能も低下します。

ブレ補正

ブレ補正は、スポーツを撮影する際には必須の機能です。臨場感がありながらも、ブレのない滑らかな映像を撮影したい人はブレ補正の機能が搭載されているモデルを選びましょう。

3.扱いやすさも重要

アクションカメラは扱いやすさも選ぶ際には重要な項目です。液晶が搭載されているモデルには画面をタッチすることで操作できる商品や、オンオフするだけの単純な操作のモデルなど様々な商品が販売されています。

本体の重量も軽ければ扱いが楽になり、身体に装着して使用しても違和感なく使うことができます。ディスプレイは一体型や、セパレートしているモデルもあるため、自分の用途と共に、扱いやすさも検討して選ぶと良いでしょう。

海外メーカーのアクションカメラおすすめランキングベスト6

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここからは、海外メーカーのアクションカメラをランキング形式で6つご紹介していきます!

6位 低価格で機能満載 GitUp Git2P pro packing

GitUp Git2P pro packing

¥ 12,900(税込:2017/12/25時点)

防水機能や手ブレ補正も付いている

低価格で機能満載のアクションカメラ「GitUp Git2P pro packing」。170度の画角によって広範囲の撮影が可能です。30m防水機能と共に手ブレ補正機能も付いているため、地上でも水中でも滑らかな映像を撮影することができます

この価格で手ブレ補正あり
手ブレ補正のお陰で安定した動画です、4Kが撮れるよりも自分は重宝してます。使い勝手はこの価格帯の製品ならどれも変わらないですね。

5位 フレームレートが60fpsと高い SJCAM SJ5000X Elite

【国内正規品】SJCAM ウェアラブルカメラ SJ5000X Elite シルバー 【PSEマーク取得・国内保証1年】

¥ 16,601(税込:2017/12/25時点)

気になる値段帯は?価格.comの価格比較はコチラ

wi-fi機能も搭載

フレームレートが60fpsと高い「SJCAM SJ5000X Elite」。1200万画素で170度の画角によって広範囲の撮影が可能です。画質は4Kにも対応可能です。wi-fi機能が搭載されているためその場でSNSにアップロードすることも可能です。30m防水にも対応しているため水中撮影も可能です。

コスパの良いウェアラブルカメラを探して購入しました
他のメーカーで激安なカメラを購入したことがありますが、結局画質や性能で劣っていたため全然使えなかったので今回はイイ買い物ができたのではないかと思います。

4位 コンパクトで機能的 GoPro HERO4 Session CHDHS-101-JP

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 Session CHDHS-101-JP

¥ 31,980(税込:2017/12/25時点)

操作も簡単

コンパクトで機能的な「GoPro HERO4 Session CHDHS-101-JP」。アクションカメラで有名なGoProの中でもっとも小さく、重量はわずか74gと軽量なため、身体に装着しても違和感を感じることなく競技に集中することができます。ボタンを押すだけで自動的に撮影できるため、操作も簡単。防水機能付きなのも魅力的です。

旅行カメラにおすすめ
ハウジングなしで防水だから使いやすい。旅行用カメラにおすすめです。

TOP3の前に!海外メーカーのアクションカメラは中華系が熱い

アクションカメラと言えば海外メーカーのGoProが有名ですが、中華系メーカーも参入しており、価格の安さから注目が集まっています

中華系メーカーとして日本でも有名なのは「GitUp」「MUSON」「SJCAM」などです。低価格ですが、GoProのようにスタイリッシュで、機能的にも良いと言える商品が多く発売されているため、初心者の人はもちろん、サブカメラとして使用することもできます。

3位 コスパが良いと口コミでも高評価 MUSON アクションカメラ

MUSON(ムソン)【メーカー直販/1年保証付】アクションカメラ 4K 30M防水 1200万画素 2インチ液晶画面 WiFi搭載 リモコン付き 170度広角レンズ ハルメット式 スポーツカメラ バイクや自転車、カートや車に取り付け可能 ウェアラブルカメラ HD動画対応 ドライブレコーダーとして使用可能 防犯カメラ MC2 ブラック

¥ 8,480(税込:2017/12/25時点)

多機能が魅力的なアクションカメラ

コスパが良いと口コミでも高評価の「MUSON アクションカメラ」。画質は4Kで、画角は170度と広範囲の撮影に対応しています。30m防水機能や、Wi-Fi搭載でリモコンも付いているという多機能が魅力です。価格も1万円前後のため初心者にも購入しやすい商品です。

最高!!
とてもいい商品です!!WiFiでスマホに繋げれるところと、遠隔操作でボタンを押すと録画開始、終了写真撮影ができます!!他にもいいところがあると思いますが説明しきれないですがこれは勝手得です!!安すぎます!!

2位 音声でコントロールできる GoPro HERO6 CHDHX-601-FW

GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

¥ 53,631(税込:2017/12/25時点)

気になる値段帯は?価格.comの価格比較はコチラ

高画質撮影が可能

音声コントロールも可能なハイエンドモデル「GoPro HERO6 CHDHX-601-FW」。プログラムを声に発することで機能を起動させることができる優れた性能を持っています。高画質での撮影が可能で、撮った映像をスマホに送ることで”QuikStories”アプリによって自動的に編集、動画としてそのままSNSへアップすることもできます
実勢価格 48,000円前後

まさしく最強最高アクションカムの真骨頂!!
とにかく素晴らしいです。アクションカムは初めてですが、購入前にYoutube等でレビューを見て凄く勉強しました。とにかく、今後はどこに行くにもこれ一つで良いと思います。

1位 充実の機能 GoPro HERO4 CHDHY-401-JP

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 シルバーエディション アドベンチャー CHDHY-401-JP

¥ 59,800(税込:2017/12/25時点)

気になる値段帯は?価格.comの価格比較はコチラ

滑らかな映像が撮影できる

充実の機能を兼ね備えた「GoPro HERO4 CHDHY-401-JP」。タッチディスプレイを搭載し、操作しやすいモデルです。画質は4Kでの記録に対応しており、滑らかな映像が撮影できます。40m防水機能や耐久性も申し分なく、Wi-Fiにも対応している優れたモデルです。
実勢価格 59,000円前後

最高‼️
とても良いです!画質も良くて使いやすいです‼️ゴープロがあれば人生楽しめます

国内メーカーのアクションカメラおすすめランキングベスト6

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここからは、国内メーカーのアクションカメラをランキング形式で6つご紹介していきます!

6位 フルハイビジョン映像が綺麗に撮れる CASIO EXILIM EX-FR100WE

CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-FR100WE カメラ部/モニター部分離 フリースタイルカメラ EXFR100 ホワイト

¥ 30,090(税込:2017/12/25時点)

気になる値段帯は?価格.comの価格比較はコチラ

アウトドアを想定した機能も充実

フルハイビジョン映像が綺麗に撮れる「CASIO EXILIM EX-FR100WE」。カメラ部分と液晶付きコントローラーが分離できるため様々な方法で使うことができます。ブレ補正とともに防水・防塵などアウトドアでの使用を想定した機能が満載です。
実勢価格 34,000円前後

アウトドア好きは買い!
今まではスマフォを防水ケースに入れて写真を撮っていましたが撮りにくいし落としたら怖い…。でもこれならストレスが無くパシャパシャ撮れます!

5位 タフネス機能満載 OLYMPUS STYLUS TG-Tracker

OLYMPUS アクションカメラ STYLUS TG-Tracker ブラック 防水性能30m 耐衝撃2.1m 耐荷重100kgf 防塵 耐低温-10℃

¥ 24,592(税込:2017/12/25時点)

気になる値段帯は?価格.comの価格比較はコチラ

撮影機能も充実

タフネス機能満載の「OLYMPUS STYLUS TG-Tracker」。30mの防水機能や耐衝撃性能、防塵仕様で耐荷重は100kg、-10度の低温にも耐えることができるアウトドア向けの本格派アクションカメラです。タフさだけでなく4K撮影も可能です。
実勢価格 31,000円前後

機能的には群を抜いていると思う
204度の広角や4K動画、ログ、センサー、モニター付、ライト付等、機能としてはアクションカメラとしては群を抜いていると思う。

4位 超広角で撮影可能 RICOH WG-M1 BK 08271

RICOH 防水アクションカメラ WG-M1 ブラック WG-M1 BK 08271

¥ 22,000(税込:2017/12/25時点)

気になる値段帯は?価格.comの価格比較はコチラ

コンパクトなのにタフさもあるアクションカメラ

137度の画角で超広角撮影が可能な「RICOH WG-M1 BK 08271」。手のひらサイズのコンパクトなアクションカメラでありながら、10mの防水機能や耐衝撃性能、-10度の耐寒性能を備えているタフなモデルです。
実勢価格 19,000円前後

とても便利
海水浴で海の中を撮るのに防水ケースが不要なので、とても便利でした。さらに動画も静止画もきれいです。

TOP3の前に!アクションカメラは国内メーカーにも注目

アクションカメラは以前までGoProに人気が集中し、一強という感じでしたが、国内メーカーからも続々と技術力の高い商品が開発されています

国内メーカーでは「ソニー」や「パナソニック」「リコー」など多数のメーカーからアクションカメラが発売されています。海外メーカーの商品の場合、並行輸入品を手にすると日本語の取扱説明書が同梱されてないこともあるなど、思わぬ手間がかかります。その点、国内メーカーの商品なら取り扱いも日本語で知ることができるため操作手順などもストレスなく知ることができます

アクションカメラは海外の有名メーカーだけでなく、国内メーカーのモデルにも注目して選ぶことをおすすめします。

3位 空間光学ブレ補正搭載 ソニー HDR-AS50R

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム ベーシックモデル(HDR-AS50R) ライブビューリモコンキット

¥ 37,152(税込:2017/12/25時点)

気になる値段帯は?価格.comの価格比較はコチラ

解像度の高い映像が撮影できる

空間光学ブレ補正を搭載した「ソニー HDR-AS50R」。小刻みな手ブレも補正してくれるため人気となっています。

60m防水機能と共に防塵機能や耐衝撃性、耐低温の機能も備わっています。ツァイステッサーレンズを搭載しているため解像度の高い映像や画像を撮影することが可能で、付属のライブビューリモコンによって手元でオンオフの操作も簡単にすることができます。
実勢価格 38,000円前後

手振れ補正が良いですね、ライブビューリモコンも進化してます。
SONYのアクションカムは過去何点か使用してきましたが、今回の製品の一番の進化は空間光学手振れ補正の搭載ですね、以前のモデルに比べると数段手振れ補正が効いてます

2位 小型なのにタフ設計 Panasonic HX-A1H-K

Panasonic ウェアラブルカメラ ブラック HX-A1H-K

¥ 17,817(税込:2017/12/25時点)

気になる値段帯は?価格.comの価格比較はコチラ

重量わずか45g

小型なのにタフな設計が人気の「Panasonic HX-A1H-K」。重量はわずか45gと非常にコンパクトながら、優れた防水・防塵機能が備わっている商品です。操作もボタンを押すだけとシンプルで簡単な一体型のフルハイビジョンアクションカメラです。
実勢価格 22,000円前後

小っちゃ!&軽~!
あまりにも小さいのと軽いので驚嘆してしまった。また、画質も十分!色々と用途が広がる予感です。

1位 綺麗な4K映像 SONY FDR-X3000R

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000R) ライブビューリモコンキット

¥ 54,690(税込:2017/12/25時点)

気になる値段帯は?価格.comの価格比較はコチラ

アウトドアにも最適なアクティブカメラ

綺麗な4K映像が撮影できる「SONY FDR-X3000R」。ソニー独自の空間光学ブレ補正が搭載されているため滑らかな映像を撮影することができます。ライブビューリモコンによって手元で撮影のオンオフができる点もメリットです。60mの防水機能や防塵などアウトドアにも耐えられる仕様となっています。
実勢価格 61,000円前後

GoProと悩みに悩んで
アクションカメラはGoProが有名で当初どちらを購入しようか迷いましたが、Sonyセンサーの手ぶれ補正と画質の色合いが決め手でこちらを手に入れました。早速動画作成に使ってみましたが、コチラのほうが日本人向けで使いやすさはあるのかなと思いました。

アクションカメラの実勢価格表
商品名実勢価格(円)
SJCAM SJ5000X Elite記載無し
GoPro HERO4 Session CHDHS-101-JP記載無し
MUSON アクションカメラ記載無し
GoPro HERO6 CHDHX-601-FW48,000円前後
GoPro HERO4 CHDHY-401-JP59,000円前後
OLYMPUS STYLUS TG-Tracker31,000円前後
RICOH WG-M1 BK 0827119,000円前後
ソニー HDR-AS50R38,000円前後
Panasonic HX-A1H-K22,000円前後
SONY FDR-X3000R61,000円前後

アクションカメラで臨場感あふれる映像を撮影しよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アクションカメラは海外メーカーはもちろん、国内メーカーからも数多くのモデルが誕生しています。ブレ補正や防水・防塵、耐久性など、スポーツやアウトドアの撮影に適しており、一般的なビデオカメラなどよりも広範囲の映像を撮ることが可能です。

スペックや用途・機能を見比べ、「価格」「特徴」「口コミ」の観点から選んだアクションカメラで臨場感あふれる映像を撮影しましょう!

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

最新の投稿


筋トレで肉体改造したい人は有酸素運動を取り入れた方がいい?メニューや時間も解説!

筋トレで肉体改造したい人は有酸素運動を取り入れた方がいい?メニューや時間も解説!

筋トレをすれば筋肥大が起こり、たくましい肉体へと進化していくことはすでによく知られています。意外と見落とされがちなのが、有酸素運動との組み合わせ。全てのトレーニーにとって有酸素運動が必要かといえば、必ずしもそうではありません。有酸素運動の取り入れ方は、トレーニングの方向性によって変わります。今回はどういった目的で筋トレをしている人が、どのタイミングで有酸素運動をしたらいいのかや、またどれくらいの時間を有酸素運動に費やすべきかを詳しく解説していきます。ジム通いをして筋トレを続けながらも視界に入るジョギングマシン、ランニングマシンがずっと気になっていたという人は、ぜひこちらの記事に目を通してください!


超音波美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは多目的に使えるアイテム

超音波美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは多目的に使えるアイテム

今回は超音波美顔器の人気商品を調べ上げ、2018年のおすすめランキングを作成しました。超音波美顔器の選び方は、ピーリング機能・マッサージ機能のどちらを重視するのか、あるいはその両方を実現したいのか考えてみることがおすすめです。また、超音波美顔器には、超音波以外のうれしい機能が搭載されていることも多いので、肌悩みの多い方には多機能モデルも向いているでしょう。おすすめランキングの上位には、多目的に使える超音波美顔器を厳選しました♪超音波の振動で毛穴の角栓・皮脂をはじき飛ばしたり、お肌をタッピングして美肌にしたり、さまざまな目的で使える超音波美顔器は要チェックです。お気に入りの美顔器を見つけて、スキンケアを楽しみましょう!


ニキビ対策に使える美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは洗顔で落ちない汚れの除去

ニキビ対策に使える美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは洗顔で落ちない汚れの除去

今回はニキビ対策に使える美顔器を徹底調査し、人気商品をおすすめランキング形式でまとめました。ニキビ肌の方が美顔器を選ぶときには、毛穴の角栓や皮脂をオフできるアイテムや、保湿して乾燥を防ぐアイテムを選んでみましょう。おすすめランキングの上位には、洗顔では落ちにくい毛穴汚れをクリアにできる美顔器を厳選しました。普段の洗顔ではファンデーションなどが残ってしまい、肌に刺激となってニキビができるケースも少なくありません。また、手塗りの保湿では肌が乾燥し、皮脂が過剰分泌される人も多いので、イオン導入機能などで丁寧に保湿していくことは重要です。番外編として、ニキビ・ニキビ跡に活用したいフォトフェイシャル美顔器の情報も集約していきます!


高周波美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは温熱+美顔機能の同時使用

高周波美顔器のおすすめランキング10選!2018年人気トレンドは温熱+美顔機能の同時使用

今回は高周波美顔器の人気商品を徹底調査し、おすすめランキングを作成しました。高周波美顔器を選ぶときには、「高周波」「RF」「ラジオ波」などと記載のあるアイテム、あなたの肌悩みを解消できるアイテムを選びましょう。また、習慣的に使うものなので、使い勝手のよさも忘れることはできません。おすすめランキングの上位には、高周波による温熱と、ほかの美顔機能を同時に使えるモデルを厳選しました。美容業界でも注目を集めている高周波の力で、お肌を効果的に温め、ワンランク上のスキンケアを実現していきたいですね。表面を温めるだけでは温熱できない、肌内部まで温めることができるので、美肌づくりをサポートしてくれるでしょう。


毛穴に効く美顔器のおすすめランキング10選!本質的な肌ケアが2018年人気トレンド

毛穴に効く美顔器のおすすめランキング10選!本質的な肌ケアが2018年人気トレンド

今回は毛穴に効く美顔器の人気商品を調査し、おすすめランキングで10のアイテムを集約しました。毛穴ケアを重視するときは、目的別に製品を選ぶことがおすすめです。毛穴の角栓や黒ずみ、いちご鼻が気になるなら、超音波を使ったピーリング美顔器でケアすることがおすすめです。また、毛穴の開きやたるみなどで陰影ができているときは、フォトフェイシャルや赤色LEDなどでコラーゲンの生成を促進すると効果的です。イオンの力で汚れを吸着したり、美容成分を浸透させたりするイオン機能はプラスアルファとしてあると便利です。人気ランキングの上位には、目立つ毛穴を本質的にケアできるような製品を厳選しました。お気に入りの美顔器を見つけて、上手に毛穴ケアしましょう!