2018年版回転式チャイルドシートの人気おすすめランキング5選!乗せ下ろししやすいものが人気

2018年版回転式チャイルドシートの人気おすすめランキング5選!乗せ下ろししやすいものが人気

ドライブ中の赤ちゃんの安全を守るチャイルドシート。様々な種類がありますが、回転式チャイルドシートは乗せ下ろしのしやすさが人気です。今回は回転式チャイルドシートのおすすめをランキング形式で紹介。上位には操作のしやすい商品がランクインしています。使いやすいチャイルドシートで、ドライブタイムを快適なものにしましょう♪


回転式チャイルドシートは乗せやすくてお出かけ楽ちん!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

6際未満までの子どもに義務付けられる、チャイルドシートへの着席。さまざまなチャイルドシートが存在する中で、乗せたり降ろしたりするのが楽なのは回転式のチャイルドシートであるといわれています。車の中で自由に方向を変えられるため、乗せやすく、降ろしやすいのです。

まだ首が座っていない赤ちゃんを乗せるときに特におすすめ。回転式チャイルドシートは、ストレスフリーに、子どもと移動できるのがメリットでしょう。一方で、価格が高い、本体が重く大きい、重心が高くなり安全面が不安などのデメリットが挙げられる回転式チャイルドシート。どのような商品を選べば良いのでしょうか。

このページでは、その選び方やおすすめのチャイルドシートを見ていきましょう。

回転式チャイルドシートを選ぶポイントとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

回転式チャイルドシートを選ぶ際、どのようなことに留意すれば良いのでしょうか?ここで、チャイルドシートを選ぶ際、とりわけ回転式を選ぶ際に見ておきたいポイントをご紹介します。

回転式チャイルドシートの選び方1: 対象年齢

チャイルドシートを選ぶ際は、まずは対象年齢を見る必要があります。特に回転式チャイルドシートは固定式より価格が高いため、購入後に後悔はしたくないですよね。

新生児~1歳頃の乳幼児用、1〜4歳までの幼児用、4〜10歳までの学童用といった、子供の成長にあわせたタイプ、新生児から7歳頃まで長期間使用できるロングユースタイプの2種類があることを知っておきましょう。

回転式チャイルドシートの選び方2: 安全基準を満たしたもの

回転式チャイルドシートは回転機能の分、固定式に比べて座面が高くなります。重心が低く、シンプルな造りの固定式の方が、安全性が高いといわれているため、重心が高い回転式は安全面で心配という声も聞きます。

しかし、現在販売されている回転式チャイルドシートは、安全面もより配慮がなされているため、固定式と同じように安心できる商品です。メーカーのHPなどで、安全基準適合品かどうかをしっかり確認するようにしましょう。

回転式チャイルドシートの選び方3: 適応車種

適応車種は、固定式・回転式に関わらず見ておきたいところ。ほとんどのチャイルドシートは、どんな車にも設置できるように設計されていますが、古い車や外国車だと、規格に適応していないこともあります。チャイルドシートが車に対応しているのか、しっかり確認をしておきましょう。

また、回転式チャイルドシートは、場所も取るため、車によっては車内空間が狭く感じることも。さらに、固定式よりもかなり重量があり、頻繁に別の車に付け替える場合は大変です。自身の持つ、よく子どもと移動する車に合ったものを選びましょう。

回転式チャイルドシートの選び方4: 子どもの乗せ降ろしのしやすさ

回転式チャイルドシートのメリットは、何といっても子どもの乗せやすさ・降ろしやすさです。この乗せ降ろしのしやすさがなければ、回転式を購入する意味はないといっても過言ではないでしょう。

現在販売されている回転式チャイルドシートには、回転機能以外にも、子どもを乗せ降ろししやすくする工夫がなされています。車に取り付けて、子どもを乗せ降ろししやすいかイメージして購入するのがおすすめです。

おすすめ回転式チャイルドシート5選

回転式チャイルドシートの選び方を見てきました。それでは、実際の商品では、どんなチャイルドシートを購入すると良いのでしょうか。特におすすめの回転式チャイルドシートをランキング形式で5位まで発表します!

1位. アップリカ 回転式チャイルドシート ディアターンプラス

回転式ベッド型チャイルドシートが進化して登場!

アップリカのディアターンプラスは退院後すぐから使える新生児対応のベッド型。このあお向けに寝かせてあげられるベッド機能により、体を真っ直ぐ支えます。頭と首を安定させ、気道を圧迫せず、腹式呼吸を妨げないから安心。搭載されたやわらかクッションが、未熟な赤ちゃんの頭から足先まで衝撃からしっかり守ります。

通気性も兼ね備えているため、背中やお尻などがシート部分に熱がこもりにくい仕様。車でも家の中のように寝ていられる優れものです。シート本体が片手で回転させることができる回転式チャイルドシートなので、リクライニング操作も簡単。限られた車内スペースでも操作がラクラク。

選べる新3ステップ

成長や状況に合わせて、理想的な姿勢を守るので、長く使用できる回転式チャイルドシート。新生児期は平らなベッド型、首すわりから1歳頃までの期間はベッド型or後ろ向きイス型が選べ、大きくなったら前向きイス型でしっかり支えます。また、後部座席左右どちらの席でも、1カ所ロックでしっかり固定、シートベルトが台座の前部分を通るので、見やすく取付が簡単と、嬉しいことばかり。

成長に合わせて頭部・呼吸・姿勢を守るマモールメディカルシート装備。ベッド型の時は、頭・首への揺れや衝撃をやわらげるヘッドガード、イス型の時はヘッドレストに変化するアジャスト成長マモール機能と、安全面にも定評あり。

商品詳細はコチラ

2位. コンビ ゼウスターン ユーロEG

乗せ降ろし360度回転シート

コンビのゼウスターン ユーロGT TBは乗せ降ろししやすさ、使いやすさにこだわった回転式チャイルドシート。シート部分が360度回転するので、車高が低いセダンタイプの車や車内が狭い車でも使用しやすい商品です。乗せ降ろし時に無理な姿勢をとる必要もなく、親も子どもも楽な姿勢で、乗り降りできます。

ママ・パパの使いやすさと子どもの安心機能にこだわり

このチャイルドシートは、回転式であること以外にも、使いやすさにこだわりました。もちろん安全面も◎。片手のワンタッチリクライニングや成長に合わせてベルト位置を3段階に調節可能なジャストフィットベルトなど、親の使いやすさに考慮。

子どもの首がふれるところはソフトカバー付いており、もしものときのために車のシートと同じ難燃基準をクリアしているので安全性も格段に上がっています。

商品詳細はコチラ

3位. レカロ スタートイクス キルシェロト

回転式チャイルドシートにはないコンパクトさと軽さを実現!

体重2.5kgからの新生児期から使える、より軽量・コンパクトを実現した回転式チャイルドシート。ボタンひとつで360°回転するので、乗せ降ろしがラクラク。回転式チャイルドシートにしてはコンパクトなので、車の大きさや高さを気にすることなく、圧迫感なく乗せられます。

カラーも落ち着いた色調のレッドで、車内にマッチしやすいですよ。軽量で、他の車に付け替えるときなどにも便利。

快適さにこだわり!

回転機能の他、ヘッドレストは8段階のきめ細かな調整が可能、ハーネス連動式だから煩わしいベルト調整の必要ないなど、使いやすさにもこだわったチャイルドシートです。リクライニングは、前向き・後ろ向き共に3段階と、全48シーンコントロールで成長に合わせて調整できます。

後ろ向き取り付け時のリクライニング角度は、ママの横抱っこに近いシートポジションのため、赤ちゃんにとっても快適に過ごすことができます。レカロ独自の大型化されたヘッドレストで、頭部の保護領域を拡大。安心面も太鼓判です。

商品詳細はコチラ

4位. エールベベ 回転型チャイルドシート クルットNT2プレミアム

乗せ降ろしやすさを追求

エールベベのクルットNT2プレミアムはシートがドア側にクルッと回転する回転式チャイルドシート。シートの向きと赤ちゃんを乗せる向きが同じなので、無理な体勢をとることなく乗せ降ろしができます。

また、丸型フレームを採用したデザインのすやすやサンシェードは、3段階調節機能付き。さらに、ウォッシャブルカバーを採用しているため、ホックとフックを外すだけで本体カバーが外せて洗濯ができる仕様になっています。

安全面にも配慮

回転式チャイルドシートにありがちな安全面への不安を払拭するように、安全性に関する機能も充実しています。普段は柔らかいクッションが体を優しく支え、万一の時はヘルメットと同じ材質で頭部への衝撃を軽減する安全・快適の多層構造。成長に合わせて、肩ベルトの高さを8段階に調整できるので大きくなってからも安心です。

購入時の保証も用意されており、4年間の製品ロング保証、万一の交通事故の際にチャイルドシート無料交換(保証期間4年) 、チャイルドシート見舞金制度(保証期間1年)など安心トリプル保証。

商品詳細はコチラ

5位. ネルーム エッグショック NF-600

回転式チャイルドシートとしては非常にコンパクトな設計なので、車内ひろびろ。成長してもスペースが狭くならず、快適な車内空間を実現しました。 ベッドルームで眠るような心地よさがあると人気の高い商品です。シートの大きさ・角度を調節できるから、赤ちゃんの居心地はいつも快適。

圧迫感がなく、車内空間を大切にしながら、もしもの時も衝撃を背中全体で受け止めることができるので快適性と安全性どちらにおいても優秀なチャイルドシートです。 卵を落としても割れないほどの衝撃吸収素材を、頭からお尻部分に搭載し、理想のフィット感と安全性能を追求しました。すっぽりと包み込む優しいクッション性が体を包み込みますので、子どもの満足度も高いはず。

コンパクト設計で車内ひろびろ・安全性能バツグン

快適な使い心地に人気が集まる

ベッド型では珍しく、親と子どもが向き合うことも可能で、顔が見える安心感を実現した回転式チャイルドシート。 快適な姿勢を支えるリクライニングとヘッドレスト調節で、成長に合わせて長く使えます。リクライニングは前向き・後向き3段階可能、シート背面のつまみをスライドするだけで身長に合わせて8段階に調節できるイージームーヴレスト採用。

さらに、UVカット99%の生地を使用したサンシェードで日差しや紫外線から子どもを守ります。シートは洗える「新」衝撃吸収素材エッグショックQnewを使用。揺れない、ムレない、清潔な新素材で、子どもは快適、パパ・ママは安心ですね。

商品詳細はコチラ

回転式チャイルドシートは乗せ降ろしのしやすさと安全性、快適さにこだわって!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

チャイルドシートは、育児用品の中でも、高額な商品です。回転式のチャイルドシートは便利である一方で、高額で大きく重いというデメリットがあります。回転式チャイルドシートを選ぶ際は、コンパクトで快適にドライブできるものを選びたいもの。

また、乗せ降ろしをスムーズにする機能にも注目する必要があります。もちろん安全性もしっかり確認しておきましょう。回転式は実物の大きさや重さを確認する意味でも、ネットだけで購入するより店頭で現物をみて操作性を確認するのがおすすめ。

回転式と固定式、どちらを選ぶにしても、自身の持つ車のスペースや子どもの快適さ、パパ・ママの快適さを考慮して、より合ったものを購入してくださいね。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


チャイルドシート

関連する投稿


チャイルドシートおすすめ12選!2018年トレンドは長く使えるロングユースタイプ

チャイルドシートおすすめ12選!2018年トレンドは長く使えるロングユースタイプ

日本では、6歳未満の子どもが乗車する際にはチャイルドシートの取り付けが義務付けられています。現在、長く使用できるロングユースタイプを中心に、新生児でも使用できるチャイルドシートや4歳からをターゲットにしたジュニアシートなど子どもの安全性を考慮したさまざまなチャイルドシートが売られています。もちろん安全性の高さを最優先に選ぶべきですが、それでも「たくさんありすぎて分からない」という方のために、特におすすめのチャイルドシートをご紹介してます。購入するときの検討材料にお役立てください。2018年最も人気があるのは、長く使えるロングユースタイプ。買い替えの必要がなく便利。それでは、まずはチャイルドシートの種類とその選び方を見ていきましょう。


年齢別のチャイルドシートおすすめ10選!2018年トレンドはロングユース

年齢別のチャイルドシートおすすめ10選!2018年トレンドはロングユース

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。新生児向けのチャイルドシートや4歳からをターゲットにしたジュニアシートなど子どもの安全性を考慮したさまざまなチャイルドシートが売られています。どの年齢の子どもに、どのチャイルドシートを選べばよいのか、ママ・パパはしっかり特徴をつかんでおかなければなりません。もちろん安全性の高いものを選ぶのが一番のポイント。今回は年齢別におすすめチャイルドシートをご紹介。新生児におすすめな後ろ向きタイプ、1〜3歳におすすめ、骨格がしっかりして成長した4歳以降も使用できるタイプをそれぞれ見ていきましょう。上位にはロングユースタイプがランクインしています。


5歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは6歳以降も使えるもの

5歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは6歳以降も使えるもの

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられるチャイルドシート。現在、子どもの安全性を考慮したさまざまなチャイルドシートが売られています。骨格がしっかりしてきて、体も大きく成長した5歳児のいる家庭にぴったりなチャイルドシートとは、一体どのようなものなのでしょうか。このページでは、5歳児のいる家庭におすすめなチャイルドシートをご紹介。5歳はチャイルドシートが義務化される最後の年。ですが、6歳以降も使用できるロングユースタイプのジュニアシートも人気を集めています。安全性はもちろん、子どもの体型にあったものを選びたいですね。今回はminariが厳選したおすすめ商品をランキング形式でまとめました。


4歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは成長しても使えるジュニアシート

4歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは成長しても使えるジュニアシート

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。現在、1歳から6歳以上が使えるものや新生児も使用できるもの、さまざまなチャイルドシートが売られています。このページでは、4歳児がいる家庭におすすめなチャイルドシートをご紹介。4歳児は、体がしっかりしてそれまでとは異なる形のチャイルドシートが必要になる時期。チャイルドシートからジュニアシートに切り替えるころです。そんな4歳時期のチャイルドシートの選び方と、minari編集部厳選のおすすめ商品をランキング形式でまとめました。人気なのは、長く使用できるロングユースタイプのジュニアシート。6歳以上も使用できるものがおすすめです。


3歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドはロングユースなジュニアシート

3歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドはロングユースなジュニアシート

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。1歳から6歳以上が使えるもの、新生児も使用できるもの、さまざまなチャイルドシートが売られています。このページでは、特に3歳児がいる家庭におすすめなチャイルドシートをご紹介。3歳児のチャイルドシートの選び方と、minariが厳選したおすすめ商品をランキング形式でまとめました。体つきがしっかりしてくる3歳時期、新生児から4歳まで使用できるタイチャイルドシートでは3歳の体にとって窮屈な場合もあります。今3歳児用のチャイルドシートのうち人気なのは、長く使用できるロングユースタイプやジュニアシート。それでは、3歳児に必要なチャイルドシートの基本情報を見ていきましょう。


最新の投稿


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。


洗濯用洗剤おすすめランキング15選|綺麗に洗える商品が人気の秘訣

洗濯用洗剤おすすめランキング15選|綺麗に洗える商品が人気の秘訣

毎日の洗濯に必須の「洗濯用洗剤」。どうせ洗濯するのなら汚れを効率的に落とし、衣類を綺麗にしてくれる商品を選びたいですよね。そこで今回は洗濯用洗剤のおすすめランキングをご紹介!汚れをしっかりと落とし、綺麗に洗える商品を集めました。


HDMI変換アダプターのおすすめ商品10選|「古いタイプから最新まで」が2018年人気のトレンド

HDMI変換アダプターのおすすめ商品10選|「古いタイプから最新まで」が2018年人気のトレンド

HDMI端子はパソコンやディスプレイ、モニターの主流端子。HDMI端子同士であればそのままケーブルを使って接続することができますが、端子の規格が違うと使えないのでしょうか。こんな時に活躍するのが変換アダプターですよね。今回はHDMI端子から変換できるアダプターのおすすめ商品をご紹介していきます。今回はVGA、USBを利用したMHL、マイクロHDMI、RCAと変換できるアダプターをピックアップしました。アナログ時代のモニターやカーナビなどの機器から最新のスマートフォンまで接続できる変換アダプターの数々を集めています。端子の規格が違うからと使用を諦めていた機器も変換アダプターがあれば問題なく使うことができますね。


安いミキサーのおすすめランキング10選|「コスパに優れていて使用感も抜群」が2018年人気のトレンド

安いミキサーのおすすめランキング10選|「コスパに優れていて使用感も抜群」が2018年人気のトレンド

ミキサーはジュースやスムージーなどのジュース専用ではありません。そのままでは食べにくい果物や野菜をミキサーにかけることで、栄養そのままの健康ジュースを作ることができるのも魅力的。野菜を細かく粉砕したりペースト状にしたりして料理しやすくしてくれます。ミル自家製のふりかけやお茶、ドレッシングなどを作ることもできるので調理の幅を広げてくれる優れたアイテムです。そんなミキサーの価格はピンキリ。数千円から数万円するものまで様々です。今回は安くても優れているミキサーのおすすめ商品をご紹介していきます。コスパに優れていて使用感も抜群なものを集めました。お試しで欲しい方やあまり予算がないという方もミキサーライフを楽しみましょう。