2018年版リクライニングできるチャイルドシートおすすめランキング5選!安定性ありのものが人気

2018年版リクライニングできるチャイルドシートおすすめランキング5選!安定性ありのものが人気

ドライブ中の赤ちゃんの安全を守るチャイルドシート。チャイルドシートの中には、リクライニングできて体勢を楽にできるものもあります。選び方のコツは、安定性をしっかり確認すること。今回はリクライニング式チャイルドシートのおすすめ商品をランキング形式で紹介。上位にはしっかり固定するための工夫の凝らされた商品がランクイン!


リクライニング機能のあるチャイルドシートが便利!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもは6歳までチャイルドシートに着席することが義務付けられています。しかし、座った状態のまま車に揺られて眠ってしまった子どもの頭が車の振動とともにぐらぐら…というのが心配な方も多いはず。そんなときに便利なのがリクライニング機能。

リクライニング機能のあるチャイルドシートなら、眠った子どもの頭がヘッドレストに固定されるので安心です。このページでは、リクライニング機能のあるチャイルドシートの選び方やおすすめ商品を見ていきましょう。

リクライニング式チャイルドシートの選び方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

リクライニング機能のあるチャイルドシートを選ぶ際、どのようなことに留意すれば良いのでしょうか?ここで、チャイルドシートを選ぶ際、とりわけリクライニング式を選ぶ際に見ておきたいポイントをご紹介します。

リクライニング式チャイルドシート選び方1.使用期間

チャイルドシートは対象年齢が異なります。新生児~1歳頃の乳幼児用、1〜4歳までの幼児用、4〜10歳までの学童用といった、子供の成長にあわせたタイプと、新生児から7歳頃まで長期間使用できるロングユースタイプがあります。

リクライニング式では乳児・幼児期より学童期の方が倒せる角度が少ないのが一般的。したがって、ロングユースタイプを購入する場合は、リクライニングの角度が何段階か調節できるものを選びましょう。

リクライニング式チャイルドシート選び方2.適応車種

適応車種は、リクライニング式であるかどうかに関わらず、チャイルドシートを選ぶ際に必ず見ておく必要があります。ほとんどのチャイルドシートは、どんな車にも設置できるように設計されていますが、古い車や外国車だと、規格に適応していないこともあります。

リクライニング式は大きさやリクライニングできる幅なども考えて選ぶ必要があります。実際に現物を確認してイメージをふくらませて購入することをおすすめします。インターネットで購入する場合も、まずはお店でメーカーのものを確認してくださいね。

リクライニング式チャイルドシート選び方3.安全性

チャイルドシートの安全性は絶対考慮して購入したいところ。特にリクライニング式は、座っていてもリクライニングを倒していても子どもの安全をしっかり守ってくれるものを選ばなくてはいけません。

現在日本国内での使用が認められているのは、国土交通省による安全基準に適合した「Eマーク」、または2012年7月以前に製作された「自マーク」が貼られているもののみです。輸入品の場合は、ECE規則や米国安全基準が適用されています。販売されているチャイルドシートにこれらのマークが付いていることを購入時に確認しましょう。

近年では、isofix(アイソフィックス)タイプのチャイルドシートも登場しています。これは、専用の固定アンカーを使ってシートに取り付けるタイプで、従来のシートベルトを使い固定する方法よりも簡単でなおかつしっかりと固定することができます。

リクライニング式チャイルドシートの選び方4.安定感

新生児用チャイルドシートは、ベッドタイプより少しリクライニングをして座っているような角度に設計されている製品が主流。新生児には苦しそうと思われがちですが、実はチャイルドシートにおいて世界的な安全基準は、大人が座るシートの座面に対して背もたれ部分が約45度の角度になること。

衝突事故などの場合も、チャイルドシートで最も広い面と子どもの体の中で最も広い面全体で、その衝撃を分散させ被害を最小限に抑えられると考えられているからです。したがって、リクライニング式チャイルドシートは背中にしっかりフィットし、安定していなければなりません。

リクライニング式チャイルドシートの選び方5.子どもの乗せ降ろしのしやすさ

子どもの乗せやすさ・降ろしやすさも、チャイルドシートの選び方では非常に重要。この乗せ降ろしのしやすさがなければ、乗せ降ろしがストレスとなってしまいます。それではママ・パパもお出かけがおっくうになってしまって良くないですよね。

特にリクライニング式は、倒したリクライニングを戻した上で乗せるまたは降ろすという動作が面倒になることも。さらに、車によってはリクライニングを倒すと狭くなり、子どもを乗せ降ろししにくくなってしまうこともあります。車の広さや乗せ降ろしの際の動作をイメージして購入しましょう。インターネットでの買い物だけではなく、実際に見て購入するのもポイントでしょう。

おすすめリクライニング式チャイルドシート5選

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもが寝ていてもしっかり支えてくれるリクライニング機能つきチャイルドシート。リクライニング式チャイルドシートのうち、実際の商品では、どんなチャイルドシートを購入すると良いのでしょうか。特におすすめのリクライニング式チャイルドシートをランキング形式で5位まで発表します!購入する際の参考としてご活用ください!

1位. マキシコシ MAXI-COSI トビ

単体でリクライニング調節可能なロングセラー

調整幅の大きいリクライニング式チャイルドシート。子どもが眠ってしまったときにも、起こさずそのまま楽な姿勢を保つことができます。確実な固定を実現した増し締め機能を搭載したロングセラーモデル。

車への装着時、シートベルトの緩みを取って、より確実に装着するための増し締め機構を搭載しています。 力の弱い女性の方でも、しっかりと固定することができ、寝姿でも安定性があるので安心です。

乗せ降ろしのしやすさ使いやすさにこだわり

肩ベルトのパッドにバネが入っていて、股バックルから外すと自動的に肩ベルトが跳ね上がるウィングハーネスや、 操作が簡単なハーネスの長さ調整スプリングクロッチなど、リクライニングの他にも使いやすさにこだわったチャイルドシート。楽に調整できるヘッドレストは、レバー操作で、肩ベルトと連動した高さの調整が可能です。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


チャイルドシート

関連する投稿


チャイルドシートおすすめ12選!2018年トレンドは長く使えるロングユースタイプ

チャイルドシートおすすめ12選!2018年トレンドは長く使えるロングユースタイプ

日本では、6歳未満の子どもが乗車する際にはチャイルドシートの取り付けが義務付けられています。現在、長く使用できるロングユースタイプを中心に、新生児でも使用できるチャイルドシートや4歳からをターゲットにしたジュニアシートなど子どもの安全性を考慮したさまざまなチャイルドシートが売られています。もちろん安全性の高さを最優先に選ぶべきですが、それでも「たくさんありすぎて分からない」という方のために、特におすすめのチャイルドシートをご紹介してます。購入するときの検討材料にお役立てください。2018年最も人気があるのは、長く使えるロングユースタイプ。買い替えの必要がなく便利。それでは、まずはチャイルドシートの種類とその選び方を見ていきましょう。


年齢別のチャイルドシートおすすめ10選!2018年トレンドはロングユース

年齢別のチャイルドシートおすすめ10選!2018年トレンドはロングユース

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。新生児向けのチャイルドシートや4歳からをターゲットにしたジュニアシートなど子どもの安全性を考慮したさまざまなチャイルドシートが売られています。どの年齢の子どもに、どのチャイルドシートを選べばよいのか、ママ・パパはしっかり特徴をつかんでおかなければなりません。もちろん安全性の高いものを選ぶのが一番のポイント。今回は年齢別におすすめチャイルドシートをご紹介。新生児におすすめな後ろ向きタイプ、1〜3歳におすすめ、骨格がしっかりして成長した4歳以降も使用できるタイプをそれぞれ見ていきましょう。上位にはロングユースタイプがランクインしています。


5歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは6歳以降も使えるもの

5歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは6歳以降も使えるもの

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられるチャイルドシート。現在、子どもの安全性を考慮したさまざまなチャイルドシートが売られています。骨格がしっかりしてきて、体も大きく成長した5歳児のいる家庭にぴったりなチャイルドシートとは、一体どのようなものなのでしょうか。このページでは、5歳児のいる家庭におすすめなチャイルドシートをご紹介。5歳はチャイルドシートが義務化される最後の年。ですが、6歳以降も使用できるロングユースタイプのジュニアシートも人気を集めています。安全性はもちろん、子どもの体型にあったものを選びたいですね。今回はminariが厳選したおすすめ商品をランキング形式でまとめました。


4歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは成長しても使えるジュニアシート

4歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは成長しても使えるジュニアシート

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。現在、1歳から6歳以上が使えるものや新生児も使用できるもの、さまざまなチャイルドシートが売られています。このページでは、4歳児がいる家庭におすすめなチャイルドシートをご紹介。4歳児は、体がしっかりしてそれまでとは異なる形のチャイルドシートが必要になる時期。チャイルドシートからジュニアシートに切り替えるころです。そんな4歳時期のチャイルドシートの選び方と、minari編集部厳選のおすすめ商品をランキング形式でまとめました。人気なのは、長く使用できるロングユースタイプのジュニアシート。6歳以上も使用できるものがおすすめです。


3歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドはロングユースなジュニアシート

3歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドはロングユースなジュニアシート

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。1歳から6歳以上が使えるもの、新生児も使用できるもの、さまざまなチャイルドシートが売られています。このページでは、特に3歳児がいる家庭におすすめなチャイルドシートをご紹介。3歳児のチャイルドシートの選び方と、minariが厳選したおすすめ商品をランキング形式でまとめました。体つきがしっかりしてくる3歳時期、新生児から4歳まで使用できるタイチャイルドシートでは3歳の体にとって窮屈な場合もあります。今3歳児用のチャイルドシートのうち人気なのは、長く使用できるロングユースタイプやジュニアシート。それでは、3歳児に必要なチャイルドシートの基本情報を見ていきましょう。


最新の投稿


お財布ポシェットのおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは機能性

お財布ポシェットのおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは機能性

お財布とバッグがひとつになったお財布ポシェット。お財布ポシェットの選び方と独自ランキングによるおすすめのお財布ポシェットをご紹介します。選ぶ際は使いやすさ、丈夫さ、形やデザインをチェック。とくに機能的なお財布ポシェットが人気を集めています。これから購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。


おしゃれなラベルライターのおすすめランキング10選|「見た目だけじゃなく機能性も大事」が2018年人気のトレンド

おしゃれなラベルライターのおすすめランキング10選|「見た目だけじゃなく機能性も大事」が2018年人気のトレンド

キングジムのテプラに代表されるラベルライター。名入れやファイルや書類などの分類、整理などにあると大活躍しれくれます。マジックで手書きというのも味があっていいですが、一度ラベルライターを使えばもう手放すことはできなくなるはず。素早くきれいにラベルテープができるので作業効率を何倍もよくしてくれます。商品によってはテープ以外のものに印刷できたりデザインやフォントを変えたりできるものも。ラベルライターは実用品ですが、その見た目にもこだわりたいですよね。所有欲を満たすような、作業意欲を上げてくれるようなおしゃれなラベルライターをご紹介していきます。見た目だけではなく機能性に優れた商品をピックアップしました。


リボンにも印刷できるラベルライターのおすすめランキング10選|「自分だけのスペシャルリボンが作れる」が2018年人気のトレンド

リボンにも印刷できるラベルライターのおすすめランキング10選|「自分だけのスペシャルリボンが作れる」が2018年人気のトレンド

名入れやファイルや書類などの分類、整理などはたくさんあるとかなり大変ですよね。手書きというのも味があっていいですが、ラベルライターを使えば楽にできちゃいます。ラベルライターでピンと来なくても「テプラ」と聞けば分かる方も多いはず。素早くきれいにラベルテープができるのでとても便利ですよね。商品によってはテープ以外のものに印刷できたりデザインやフォントを変えたりできるものも。事務的な用途以外にもデコるのに大活躍してくれます。今回はリボンに印刷できるラベルライターのおすすめ商品をランキングにしました。プレゼントや小物作りにぴったりのメッセージ入りリボンを作ることが可能。スペシャルな自分だけなリボンを作れる商品をピックアップしました。


男性でも楽しめるおすすめ少女漫画10選!ストーリーが面白い漫画が2018年の人気トレンド

男性でも楽しめるおすすめ少女漫画10選!ストーリーが面白い漫画が2018年の人気トレンド

少女漫画を読んだことはありますか?少女漫画というと、10代の男子と女子が恋愛をする展開が多いため、どうしても男性は読む機会が少なく、10代の女子が読むものだと考えてしまいがちです。でも、実は少女漫画の中には男性が見ても面白いものがたくさんあるんです。恋愛要素盛りだくさんのストーリーはもちろんのこと、ギャグ展開が多めの作品、渋い音楽を中心に物語が進む漫画、可愛い女の子が戦うものなど、少年漫画に負けないくらい面白い漫画がたくさんあるんです。そこで今回は、男性が読んでも楽しめる少女漫画を厳選してご紹介します。ストーリーが面白く、魅力的なキャラクターが多く登場する作品を選びました。映像化されている作品は漫画を読んでから見ると一層楽しめます。


電動ヘアブラシおすすめランキング10選|やさしく頭皮マッサージできるタイプが2018年人気トレンド

電動ヘアブラシおすすめランキング10選|やさしく頭皮マッサージできるタイプが2018年人気トレンド

髪は、無理やりもつれをブラッシングでほどこうとすると、ダメージを与えてしまい傷みやパサつきの原因になってしまいます。それを予防し、美しい髪に導くサポートをしてくれる電動ヘアブラシ。今は、ブラシのピンに工夫を施したもの、マイナスイオンを発生させるもの、振動を与えるもの、光エステ効果のあるものなど様々な種類が販売されています。そこで今回は、電動ヘアブラシのおすすめ人気商品を10アイテム厳選し、ランキング形式にまとめてみました。上位には頭皮を優しくマッサージできるタイプ、マイナスイオンを発生させることができるタイプが選ばれていますが、あなた自身の手のサイズに合うもの、持ち運びに使いたいかどうかも考慮しながら選ぶことが大切です。