花粉症の予防・対策方法総まとめ|症状や時期に合わせてしっかり改善!

花粉症の予防・対策方法総まとめ|症状や時期に合わせてしっかり改善!

花粉症を起こす植物は様々ですが、どの植物の花粉でも共通して言えることは、花粉が飛ぶより早く対策を始める方が、症状がひどくなりにくいということです。この記事では、症状に合わせた診療科目の選び方や、病院で受けることができる花粉症の予防治療法、自分でできる花粉症の予防・対策方法を紹介します。


花粉症などのアレルギー症状はどのようにして起こる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

花粉症などのアレルギー症状は、その人が持っているアレルギー体質(アレルギーを起こしやすい体質)に加えて、免疫システムの働きが乱れた時に起こりやすいと言われています。

食物や植物、金属などアレルギーを起こしやすい物質は様々な種類があることがわかっており、それらはアレルゲンと呼ばれています。アレルゲンはアレルギー症状を起こす原因になりますが、本来は無害な物質です。

無害なアレルゲンが、そのアレルゲンにアレルギー症状を起こしやすい人の体内に侵入すると、免疫システムは体に危険な異物が侵入してきたと誤った認識をしてしまい、アレルゲンを体から追い出すための攻撃を始めます。この攻撃の影響で体に様々なアレルギー症状が起こると言われています。

ヒスタミンなどの影響でアレルギー症状は起こる

免疫システムは体に危険な異物が侵入してくるとその異物を攻撃するためにlgE抗体という物を作り出します。

lgE抗体は特定の異物にそれぞれ反応するようにできており、担当の異物が体に侵入してくると肥満細胞(別名・マスト細胞:ヒスタミンなどの貯蔵庫になっている)にくっついて、その異物に向かってヒスタミンなどの攻撃的な化学物質を放出させます。

アレルギーを持っている人の場合、この反応がその人のアレルゲンに対しても起きてしまいます。誤った反応でヒスタミンなどの攻撃的な化学物質が放出されると体に炎症が起き、それが様々なアレルギー症状として現れてきます。

花粉症の原因になる花粉はほぼ一年中飛んでいる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

花粉症というと春先のイメージが強いですが、花粉症の原因になる花粉はほぼ一年中何かしら飛んでいるそうです。春先の花粉症と思われているスギ花粉は季節により飛散地域を変えながら、日本のどこかで一年中飛んでいます。

スギ花粉の他にも、夏や秋にはブタクサなどのキク科の植物や、カモガヤなどのイネ科の植物などの花粉が飛んでいます。4月~6月と8月~10月にはイネ科の植物が花粉のピーク時期になり、8月~9月にはブタクサと抗原性(花粉症の起こりやすさ)がブタクサよりも強いキク科のヨモギがピーク時期になります。

10月頃の稲刈りの時期には、花粉だけでなく稲の脱穀で出るもみ殻や粉じんが花粉症の原因になります。

季節によって変わる注意が必要な花粉の種類については、下記のリンクで詳しく紹介しています。

花粉症の症状13種類紹介

花粉症の症状には次の13種類のようなものがあります。どの症状も悪化させると強い薬を使用しないと治まらなくなったり、治療が大変になるので、早めに病院にかかることをお勧めします。




花粉症の症状13種類






  • 無色透明な水っぽい鼻水


  • 鼻づまり


  • 激しく連発するくしゃみ


  • 目のかゆみ


  • 喉の痛みや違和感


  • 喉のかゆみ


  • 咳(せき)


  • 痰(たん)


  • 長引く微熱


  • 頭痛


  • 蕁麻疹(じんましん)やかゆみを伴う肌荒れ


  • 眠気やだるさ


  • 吐き気








花粉症の対策を始める時期は花粉の飛ぶ前から

花粉症の対策には病院にかかって治療を受ける対策(この記事では3つ紹介)と、食生活や生活習慣などで花粉症を予防する対策(この記事では3つ紹介)の2タイプがあります。それぞれ対策法によって始める時期は変わってきますが、ほとんどの対策は花粉が飛ぶ前、もしくは軽症のうちに始めることで効果が上がると言われています。

花粉症の症状によって診てもらう診療科目を選ぶ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

花粉症は様々な症状が同時に出たりもするので、病院にかかるときに何科にかかったらよいか診療科目に迷うかもしれませんね。複数の症状に悩まされているときにお勧めなのは、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)です。耳鼻咽喉科は花粉症を診てくれる診療科目の中で一番広い範囲の症状に対応してくれるからです。

1つの症状に特に困っているのならば、その症状に合わせて診療科目を選ぶとその後の治療がスムーズになります。

〇鼻水、鼻づまり、くしゃみなど鼻関係→耳鼻科
〇喉の痛みや咳など喉の症状→耳鼻咽喉科
〇目のかゆみなど目の症状→眼科
〇蕁麻疹など皮膚の症状→皮膚科
〇吐き気や頭痛などその他の症状→耳鼻咽喉科か耳鼻科
〇患者さんが子どもの場合→かかりつけの小児科

病院での治療法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

①アレグラなど薬による初期療法

初期療法とは、花粉が飛び始める2週間ほど前から量を調整しながら花粉症薬の服用を開始することで、花粉症シーズンを迎えた時に症状の出始めを遅らせたり、ピーク時期の症状を軽くする治療法です。

通院する期間は少し長くなりますが、症状を抑えることで強い薬を使用しなくて済むようになったり、シーズントータルで使用する薬の量を少なくすることができるそうです。特に、毎年重い花粉症の症状で悩まされる方にお勧めの治療法です。

②注射による治療3種類

花粉症の注射による治療には①ステロイド注射、②アレルギー物質注射(減感作療法:げんかんさりょうほう)、③非特異的減感作療法(ひとくいてきげんかんさりょうほう)の3種類があります。

1.劇的な効果があるステロイド注射

花粉症1シーズンに対して1回の注射ですべての症状が劇的に良くなるそうです。注射をした翌日には症状が改善すると言われるほど効くため、症状が出てからの注射で十分間に合います。

しかし、効果が強いだけあって副作用も強く出ることが多く、一度注射を打って副作用が出てしまうと、その花粉症シーズン中ずっと副作用が続いてしまうそうです。日本耳鼻咽喉科学会などから「避けた方がよい注射」として公表されています。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連する投稿


口が異常に臭いのは体の危険信号?!口臭の原因だと考えられる病気10個と対策を紹介

口が異常に臭いのは体の危険信号?!口臭の原因だと考えられる病気10個と対策を紹介

毎日歯を磨いていても異常に口が臭う。それは実は自分でも気づいていない病気を知らせている体からの危険視号かもしれません。そこで、口臭の原因となる病気とその対策をご紹介します。


10代~20代でなぜハゲる?原因8つと対策公開!

10代~20代でなぜハゲる?原因8つと対策公開!

本当なら髪が元気なはずなのに、なぜか起こってしまった10代・20代での若ハゲ。周りは何も思ってなくても、本人はかなり気にしてしまうものですよね。では、そんな10代・20代の若ハゲは何が原因なのでしょうか。原因だけではなく対策も紹介します。


アレルギー性鼻炎は何故起こる?原因・改善方法を徹底解説

アレルギー性鼻炎は何故起こる?原因・改善方法を徹底解説

アレルギー性鼻炎には年間を通じて症状の起こるものと、季節性のもの(花粉症)の2種類があります。原因となるアレルゲンも多様でそれに合った対策をする必要があります。アレルギー性鼻炎の検査や治療法、症状を軽減するための対策法についてご紹介します。


必見!コーヒーが便秘解消に効果的な理由と効果的な飲み方をご紹介

必見!コーヒーが便秘解消に効果的な理由と効果的な飲み方をご紹介

コーヒーには『便秘が解消される』という説と『便秘になりやすい』という180度異なった説があります。口コミを見ていても、便秘解消になったという発言が多い中、便秘になるという言葉を目にすることができます。実際のところ、コーヒーにはどんな効果があるのでしょうか。オススメの飲み方も含めご紹介します。


薄毛に悩む方におすすめの髪型13選(NGヘアスタイル付き)

薄毛に悩む方におすすめの髪型13選(NGヘアスタイル付き)

頭皮の目立ちやボリューム不足など、薄毛のせいで好きな髪型に挑戦しにくいと思っていませんか?薄毛の人は髪型を選べないと自分で思い込みがち。しかし、ちょっとした工夫や選び方次第で色々な髪型に変えることができます。長年薄毛を理由に同じ髪型だったあなたも、これを機にイメチェンしましょう!


最新の投稿


アイプリンの口コミや評判は本当?実際に購入して目元ケア効果を検証!

アイプリンの口コミや評判は本当?実際に購入して目元ケア効果を検証!

今話題のクマが消える美容液コンシーラー「アイプリン」。目元は年齢を重ねるにつれて、ストレートに老いが出てきてしまう部位ですよね。30代になった私も目元のクマやしわが大きな悩みの一つ。目元が老けているだけで実年齢より5歳も年上に見られてしまうことも過去にありました。コンシーラーとして塗っているだけでクマを消せるというアイプリン。果たして、根深いクマの悩みを解決してくれるコスメなのでしょうか?実際に購入して使った私が、アイプリンの本当の効果を紹介します!もしアイプリンの購入を検討されているのならば、要チェックの記事です。ぜひ目を通してみて下さい。


ヴィーナスカーブの口コミや評判は本当?実際に購入してダイエット効果を検証!

ヴィーナスカーブの口コミや評判は本当?実際に購入してダイエット効果を検証!

夏前にダイエットを成功させたい女性必見!履くだけで簡単にダイエットができると評判の加圧式骨盤ガードル「ヴィーナスカーブ」がいま人気を博しています。お手軽に痩せられると評判も素晴らしいヴィーナスカーブですが、本当にダイエット効果があるのか疑いの声も上がっています。真に効果があるのかを見極めるため、ヴィーナスカーブを使った人の口コミを徹底的に調査しました!最もお得にヴィーナスカーブを購入できる販売店も調査したので、購入を検討されている方は要チェックの記事になっています!


金剛筋シャツの口コミや評判は本当?実際に購入して筋トレ効果を検証!

金剛筋シャツの口コミや評判は本当?実際に購入して筋トレ効果を検証!

筋トレなどを行う時に着るトレーニングウェアとして今大人気の金剛筋シャツ!1日中着るだけで加圧トレーニングと同等の効果を得られる金剛筋シャツですが、実は購入前に絶対知っておくべき2つの事実があったんです。実際に使った私の失敗談をお伝えします!


マウスのおすすめ人気ランキング12選!2018年のトレンドは1,000円台で購入できる低価格な商品

マウスのおすすめ人気ランキング12選!2018年のトレンドは1,000円台で購入できる低価格な商品

今回ご紹介するのは、マウスのおすすめ人気ランキング12選です。マウスといっても様々な種類がありますよね。そこでminari編集部では数あるマウス関連商品の中でも特に需要の高いゲーミングマウス、有線マウス、ロジクール製マウス、マウスパッドの4つに着目し、機能性や使いやすさ、価格や口コミでの評判などもとにそれぞれのおすすめ人気ランキングを作成。各ランキングのおすすめTOP3を発表していきますので、マウスの購入や買い替えに悩んでいる方は是非商品選びの参考にしてください。なお、この記事では接続方式、センサー方式、解像度といったマウスの選び方や簡単に実践できるマウスのお手入れ方法についてもご紹介しています。こちらの内容もお見逃しなく。


安い!すごい!おすすめブラジャーランキング10選!2018年トレンドは機能性も高いプチプラブラ

安い!すごい!おすすめブラジャーランキング10選!2018年トレンドは機能性も高いプチプラブラ

ブラジャー選びはすべての女性の課題となるもの。一口にブラジャーと言っても、従来のワイヤーブラジャーだけでなく、スポーツブラやナイトブラ、補正下着などさまざまな種類が販売されています。しかもその種類も多種多様。ノンワイヤーのものやシームレスタイプ、バストアップに効果のあるタイプなども存在します。そんなブラジャー選びを低コストで済ませるには、ただ単に安いものを買うだけではいけません。「安かろう悪かろう」では、洗濯ですぐ消耗してしまうためです。ここでは、安い価格ながら機能性もしっかりしているプチプラブラジャーを10選ご紹介。2018年度人気が高いプチプラブラジャーは、着心地が良く機能性の充実したものです。