大量に出る汗を止めたい!脇汗や夏にかく汗を抑えるオススメの汗対策を紹介

大量に出る汗を止めたい!脇汗や夏にかく汗を抑えるオススメの汗対策を紹介

“噴き出すようにたくさん出る自分の汗が嫌だ!”“背中の汗や脇汗の跡が恥ずかしく、駆け込んだ電車の中で恥ずかしい思いをする・・・”。このような体験はありませんか?汗かきの人間にとって、汗かきの問題はけっこうストレスのかかることです。夏場は特につらくなる汗かきですが、その原因や汗対策について、これから説明していきます。


汗かきの原因、実はたくさんある!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

発汗量や発汗の原因は、人それぞれ“個人差”があるといわれます。

なぜならそれは、汗を分泌する汗腺の数に微妙な違いがあったり、汗をかく量にも少し差があったりするからです。

しかし、それらはあくまで“誤差”の範囲内です。人からわざわざ“あの人、汗かきだよ”と言われるには、そんな誤差の範囲ではなく、“明らかに目立つ量”の汗をかいているということです。

では、その汗かきの原因とは、いったい何なのでしょうか?バリエーション豊かな汗かきの原因について、その代表的なものを例にとり、説明していきたいと思います。

肥満が原因

“太っている”と、背中や脇・胸などにたくさんの汗をかきます。この“肥満”の状態というのは、当然のこと、平均的な体型の人よりも“脂肪”が多いということです。その脂肪が多いと、体の中で作られた熱を体外に発散するときの邪魔(断熱材のような)になり、温度調節するのに苦労します。

そして、その温度調節の役割を担っているのが“汗”なので、それが脂肪によって遮られている分、必死にたくさんの汗をかいて、熱を体外に放つ必要があるのです。

また、この“脂肪”が多いことは、太っている人だけに限った話ではありません。一見痩せ体型に見える人でも、実は脂肪が多いケースもあります。そのようなケースでは、例え太っていなくても、汗をかく量が平均よりも多くなるでしょう。

飲・食生活にも原因あり

“飲むもの食べるもの”が原因になっている可能性もあります。単純な例からいくと、水を必要以上にガブ飲みしてしまった、ということも原因の一つです。

人間の体の7割ほどは水分でできていると言われます。夏場は特に、脱水症状にならないためには水分補給をマメにする必要がありますが、そのときに大量の水分を補給し過ぎてしまうと、余分な水分を体の外に排出しようとする作用が働き、それが汗と尿ということになります。

食べものが原因になるものとして、辛いものや味の濃い料理、脂肪分が多い食事などがあります。香辛料などの刺激物は“交感神経”を活発化させる作用があるので、それに伴い汗を沢山かくことになります。過剰摂取に気を付けましょう。

(交感神経とは自律神経の一つで、緊張感や興奮状態を引き起こす神経のことをいいます。)

また、飲酒によっても発汗・利尿作用が高まります。普段から飲酒している人は、汗をかきやすい体質になっているでしょう。

発達障害の過敏性による汗かき

現在、日本においてもようやく認知が進みつつある障害(脳の特徴)として、“発達障害”というものがあります。

これは、先天的に脳機能に偏りがあって、いわゆる“定型発達=健常者”とされる人々よりも能力の偏りが激しく、バランスを崩して生きづらさを抱えてしまいやすい傾向を生み出す障害のことです。

このような脳の特徴があるため、通常よりも過敏に物事に反応しやすかったり、あるいは鈍感であったりする傾向があります。

そして、その“過敏性”から、緊張したりストレスを感じたりして、汗を多量にかく、ということが考えられます。

病気が原因の可能性

何らかの病気が原因となって、汗の量が多くなる病気のことを“多汗症”といいます。

多汗症には全身から汗がたくさん出る症状と、部分的に多量の発汗をする場合の2パターンがあるのですが、前者の場合は内分泌の代謝異常、神経性の疾患、何かの感染症などが考えられます。

後者の場合は外傷によるものであったり、腫瘍によるものであったりが考えられます。

いずれにしても、病気が原因である場合は、単なる“汗かき”というレベルにとどまらず、リラックスしているときも汗をかくような傾向がありますので、より深刻であるといえます。

脇汗対策は制汗スプレー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

暑い夏の日、急いで通勤電車に乗ると、脇の下にはくっきりと“汗の跡”が残るものです。そのまま放置していると人目が気になり(特に女性)、また、不快な気持にもなってしまいます。

それを防ぐためには、制汗スプレーを脇の下に噴きかけておきましょう。制汗スプレーなら、噴き出す汗の量をある程度までコントロールでき、それによって脇下の汗跡を少しでも防ぐことが期待できます。

肌の弱い人は、刺激性に配慮したスプレーを選ぶようにしましょう。

背中の汗対策には服の交換

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

背中は広い範囲にたくさんの量の汗をかくものです。そのため、服自体がずぶ濡れになってしまい、また、汗が蒸発する際に体温が奪われ過ぎてしまう危険があります。

そこで、替えのTシャツ・下着を用意しておきましょう。綿でできたものなら汗の吸収性も良いので、そのような素材のものを選びましょう。対症療法にはなりますが、新しいTシャツ(下着)に着替えることで、噴き出す新たな汗を再び吸収し、風邪をひくことなく無難に熱の発散を行うことができます。

また、制汗スプレーもかけられる範囲でかけておけば効果的です。

その他の汗対策について

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、背中や脇汗に限定しない、体全体の汗対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

これから紹介するものは、”汗対策の基本”となり、継続的に実行することで効果が見込めるものです。それでは紹介します。

濡れタオルで拭く

一番手軽にできる対処法として、水分で湿らせたタオルで拭くというのがあります。乾いたタオルで拭くと、体温が下がらず、熱を逃がすために再び多量の汗がどっと噴き出してきます。

そこで、水分を含んだ濡れタオルで拭くことにより、体の熱を冷やしつつ、汗と一緒に蒸発して体温を下げてくれる効果が得られます。

理由を知らずに濡れタオルを使っていた人も、これからは意識的に使用していきましょう。

運動とリラックス

皮下脂肪が多い人は厚い脂肪の壁が邪魔になり、そのぶん熱を必死に発散させようとして、多量の汗が背中に湧き出ます。

それを根本から解決するには、熱の放散を妨げている脂肪自体を減少させるため、“運動をする”ことが重要です。

ハードな運動をすると長く続かないことがありますので、通勤の最中になるべく歩いたり、階段を使ったりといった、少し意識を変えるだけで効果が期待できるので、身近なことから始めましょう。

また、交感神経への刺激を減らすという意味では、落ち着いた環境で“リラックス”することも有効です。これで“副交感神経”が優位の状態となり、体が休息モードに入ることで緊張時にかいていた背中の汗が抑制されます。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


関連する投稿


汗をかきやすい人の特徴6つ|原因はなに?汗をかかない方法・対策まとめ

汗をかきやすい人の特徴6つ|原因はなに?汗をかかない方法・対策まとめ

汗をかきやすい人もいれば、いつでも涼しげな顔をしている人もいます。なぜこうした違いが生じるのか疑問に感じたことのある人もいるかもしれませんが、今回は汗をかきやすい人の特徴をご紹介します。また、汗をかかない方法・対策についても解説していくので、汗かきの人は参考にしてみましょう。


ベタベタ汗をかく人は要注意!サラサラ汗との違い、原因、改善方法を紹介

ベタベタ汗をかく人は要注意!サラサラ汗との違い、原因、改善方法を紹介

汗で体がベタベタするのって不快で嫌ですよね。そんなベタベタ汗には原因があったって知ってましたか?ここでは、不快で臭いも気になるベタベタ汗とサラサラ汗の違いや原因、改善方法を紹介します。あなたもサラサラ汗がかけるようになりましょう!


[部位別]多汗症の原因と改善方法まとめ|手・脇・足の裏・顔・頭編

[部位別]多汗症の原因と改善方法まとめ|手・脇・足の裏・顔・頭編

汗をかくと、衣服が濡れてしまったりして恥ずかしいという方も多いのではないでしょうか?グレーの服を着ると、特に目立つんですよね。そんな汗ですが、汗を異常なほどにかいてしまう。。。それって、もしかしたら多汗症かもしれません。そこで、原因と改善策をご紹介していきます。


汗のかきすぎは代謝が良い証拠?汗かきの人が気にすべき病気の兆候4選

汗のかきすぎは代謝が良い証拠?汗かきの人が気にすべき病気の兆候4選

よく汗をかく人は代謝がよくて健康的なイメージがします。確かに、それが必要に応じた適度な量の汗であれば、身体の機能が正常にはたらいている健康な証です。しかし、その汗を異様にかき過ぎてしまうという人は、危ない兆候や症状である可能性があります。知っていれば対策&対処ができますので、ここではそれらを詳しく紹介していきます。


汗をかいて衣類に「塩」ができる原因は?これって病気?対処法4つを紹介

汗をかいて衣類に「塩」ができる原因は?これって病気?対処法4つを紹介

暑い夏、噴き出す汗、Tシャツにこびりつく“白い跡”。この白い跡は汗に含まれる“塩分が結晶化したもの”で、有害なものではないのですが、正直周りの目が気になるのが悩みです。では、どうして汗で塩がでるのか、はたまたその対策はないのか詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


アイプリンの口コミや評判は本当?実際に購入して目元ケア効果を検証!

アイプリンの口コミや評判は本当?実際に購入して目元ケア効果を検証!

今話題のクマが消える美容液コンシーラー「アイプリン」。目元は年齢を重ねるにつれて、ストレートに老いが出てきてしまう部位ですよね。30代になった私も目元のクマやしわが大きな悩みの一つ。目元が老けているだけで実年齢より5歳も年上に見られてしまうことも過去にありました。コンシーラーとして塗っているだけでクマを消せるというアイプリン。果たして、根深いクマの悩みを解決してくれるコスメなのでしょうか?実際に購入して使った私が、アイプリンの本当の効果を紹介します!もしアイプリンの購入を検討されているのならば、要チェックの記事です。ぜひ目を通してみて下さい。


ヴィーナスカーブの口コミや評判は本当?実際に購入してダイエット効果を検証!

ヴィーナスカーブの口コミや評判は本当?実際に購入してダイエット効果を検証!

夏前にダイエットを成功させたい女性必見!履くだけで簡単にダイエットができると評判の加圧式骨盤ガードル「ヴィーナスカーブ」がいま人気を博しています。お手軽に痩せられると評判も素晴らしいヴィーナスカーブですが、本当にダイエット効果があるのか疑いの声も上がっています。真に効果があるのかを見極めるため、ヴィーナスカーブを使った人の口コミを徹底的に調査しました!最もお得にヴィーナスカーブを購入できる販売店も調査したので、購入を検討されている方は要チェックの記事になっています!


金剛筋シャツの口コミや評判は本当?実際に購入して筋トレ効果を検証!

金剛筋シャツの口コミや評判は本当?実際に購入して筋トレ効果を検証!

筋トレなどを行う時に着るトレーニングウェアとして今大人気の金剛筋シャツ!1日中着るだけで加圧トレーニングと同等の効果を得られる金剛筋シャツですが、実は購入前に絶対知っておくべき2つの事実があったんです。実際に使った私の失敗談をお伝えします!


マウスのおすすめ人気ランキング12選!2018年のトレンドは1,000円台で購入できる低価格な商品

マウスのおすすめ人気ランキング12選!2018年のトレンドは1,000円台で購入できる低価格な商品

今回ご紹介するのは、マウスのおすすめ人気ランキング12選です。マウスといっても様々な種類がありますよね。そこでminari編集部では数あるマウス関連商品の中でも特に需要の高いゲーミングマウス、有線マウス、ロジクール製マウス、マウスパッドの4つに着目し、機能性や使いやすさ、価格や口コミでの評判などもとにそれぞれのおすすめ人気ランキングを作成。各ランキングのおすすめTOP3を発表していきますので、マウスの購入や買い替えに悩んでいる方は是非商品選びの参考にしてください。なお、この記事では接続方式、センサー方式、解像度といったマウスの選び方や簡単に実践できるマウスのお手入れ方法についてもご紹介しています。こちらの内容もお見逃しなく。


安い!すごい!おすすめブラジャーランキング10選!2018年トレンドは機能性も高いプチプラブラ

安い!すごい!おすすめブラジャーランキング10選!2018年トレンドは機能性も高いプチプラブラ

ブラジャー選びはすべての女性の課題となるもの。一口にブラジャーと言っても、従来のワイヤーブラジャーだけでなく、スポーツブラやナイトブラ、補正下着などさまざまな種類が販売されています。しかもその種類も多種多様。ノンワイヤーのものやシームレスタイプ、バストアップに効果のあるタイプなども存在します。そんなブラジャー選びを低コストで済ませるには、ただ単に安いものを買うだけではいけません。「安かろう悪かろう」では、洗濯ですぐ消耗してしまうためです。ここでは、安い価格ながら機能性もしっかりしているプチプラブラジャーを10選ご紹介。2018年度人気が高いプチプラブラジャーは、着心地が良く機能性の充実したものです。