チャイルドシートおすすめ12選!2018年トレンドは長く使えるロングユースタイプ

チャイルドシートおすすめ12選!2018年トレンドは長く使えるロングユースタイプ

日本では、6歳未満の子どもが乗車する際にはチャイルドシートの取り付けが義務付けられています。現在、長く使用できるロングユースタイプを中心に、新生児でも使用できるチャイルドシートや4歳からをターゲットにしたジュニアシートなど子どもの安全性を考慮したさまざまなチャイルドシートが売られています。もちろん安全性の高さを最優先に選ぶべきですが、それでも「たくさんありすぎて分からない」という方のために、特におすすめのチャイルドシートをご紹介してます。購入するときの検討材料にお役立てください。2018年最も人気があるのは、長く使えるロングユースタイプ。買い替えの必要がなく便利。それでは、まずはチャイルドシートの種類とその選び方を見ていきましょう。


チャイルドシートは種類・メーカーがとにかくたくさん!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

6歳未満の子どもが乗車する際に着用義務のあるチャイルドシート。購入を検討している家庭でも、その販売種類の多さに「どれを選んでいいか分からない…」という方も多いのではないでしょうか。それもそのはずで、現在各メーカーから多くの種類のチャイルドシートが販売されています。

このページでは、チャイルドシートについて勉強してきた筆者が、本当におすすめのチャイルドシートをご紹介。大切な子どもを守るための安全なチャイルドシートを見ていきましょう。

チャイルドシートの選び方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

良質なチャイルドシートを選ぶ際、どのようなことに留意すれば良いのでしょうか?まずは、チャイルドシートを選ぶ際知っておきたいポイントを見ていきましょう。

■チャイルドシート3つの選び方
・安全性の高いもの
・子どもの年齢に合ったもの
・適応車種

チャイルドシートの選び方1.安全性の高いもの

チャイルドシートで絶対考慮しなければいけないのが、安全性。現在、日本国内での使用が認められているのは、国土交通省による安全基準に適合した「Eマーク」、または2012年7月以前に製作された「自マーク」が貼られているもののみです。この他輸入品の場合は、ECE規則や米国安全基準が適用されています。必ずこれらのマークがあることを購入時に確認してください。

さらに、その年齢に合った安全性能を見ておきましょう。各メーカー独自の安全機能を備えているチャイルドシートを発売しているので、メーカー別に特徴を掴んでおくこともポイントです。

チャイルドシートの選び方2.子どもの年齢に合ったもの

チャイルドシートは、対象年齢が決まっています。対象年齢表記はチャイルドシート本体または箱、説明書に記載してあるので、必ず自身の子どもが使用して問題ないかを確認しましょう。ここでの年齢は、あくまで目安となるもので、年齢の割に体重が重いまたは軽い場合は、体重の方を見てください。

子どもの体格に合っている状態ではじめてチャイルドシートはその安全機能を発揮してくれます。子どもの成長に合わせてチャイルドシートを変形させて長い期間使用できるロングユースタイプが人気。いつまで使用したいかも考慮しておくのが良いでしょう。

チャイルドシートの選び方3.適応車種

ほとんどのチャイルドシートは、どんな車にも設置できるように設計されています。しかし、稀に古い車や外国車だと、規格に適応せず設置できないこともあります。購入前に自分の車に適応しているかどうか、確認しましょう。

新生児向けのチャイルドシートおすすめ3選

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

これまでチャイルドシートの選び方についてみてきました。しかし、新生児向けを選ぶ場合、勝手が異なります。新生児向けのチャイルドシートでは、安全上後ろ向きに設置する必要があるためです。ここで、新生児向けのチャイルドシートのおすすめTOP3を見ていきましょう。

1位. サイベックス シローナ

成長に合わせて簡単調節、リクライニング機能付き

簡単かつ安定させて固定できるISOFIXシステム対応の新生児から使用できるチャイルドシート。より安全な後ろ向き装着が最大4歳頃まで可能です。後ろ向き装着時は7段階、前向き装着時は5段階のリクライニング機能付きで子どもにとっても快適なチャイルドシートです

商品詳細はコチラ

2位. マキシコシ ペブル Pebble

ベビーカーとのドッキング可能

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


チャイルドシート

関連する投稿


年齢別のチャイルドシートおすすめ10選!2018年トレンドはロングユース

年齢別のチャイルドシートおすすめ10選!2018年トレンドはロングユース

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。新生児向けのチャイルドシートや4歳からをターゲットにしたジュニアシートなど子どもの安全性を考慮したさまざまなチャイルドシートが売られています。どの年齢の子どもに、どのチャイルドシートを選べばよいのか、ママ・パパはしっかり特徴をつかんでおかなければなりません。もちろん安全性の高いものを選ぶのが一番のポイント。今回は年齢別におすすめチャイルドシートをご紹介。新生児におすすめな後ろ向きタイプ、1〜3歳におすすめ、骨格がしっかりして成長した4歳以降も使用できるタイプをそれぞれ見ていきましょう。上位にはロングユースタイプがランクインしています。


5歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは6歳以降も使えるもの

5歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは6歳以降も使えるもの

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられるチャイルドシート。現在、子どもの安全性を考慮したさまざまなチャイルドシートが売られています。骨格がしっかりしてきて、体も大きく成長した5歳児のいる家庭にぴったりなチャイルドシートとは、一体どのようなものなのでしょうか。このページでは、5歳児のいる家庭におすすめなチャイルドシートをご紹介。5歳はチャイルドシートが義務化される最後の年。ですが、6歳以降も使用できるロングユースタイプのジュニアシートも人気を集めています。安全性はもちろん、子どもの体型にあったものを選びたいですね。今回はminariが厳選したおすすめ商品をランキング形式でまとめました。


4歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは成長しても使えるジュニアシート

4歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは成長しても使えるジュニアシート

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。現在、1歳から6歳以上が使えるものや新生児も使用できるもの、さまざまなチャイルドシートが売られています。このページでは、4歳児がいる家庭におすすめなチャイルドシートをご紹介。4歳児は、体がしっかりしてそれまでとは異なる形のチャイルドシートが必要になる時期。チャイルドシートからジュニアシートに切り替えるころです。そんな4歳時期のチャイルドシートの選び方と、minari編集部厳選のおすすめ商品をランキング形式でまとめました。人気なのは、長く使用できるロングユースタイプのジュニアシート。6歳以上も使用できるものがおすすめです。


3歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドはロングユースなジュニアシート

3歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドはロングユースなジュニアシート

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。1歳から6歳以上が使えるもの、新生児も使用できるもの、さまざまなチャイルドシートが売られています。このページでは、特に3歳児がいる家庭におすすめなチャイルドシートをご紹介。3歳児のチャイルドシートの選び方と、minariが厳選したおすすめ商品をランキング形式でまとめました。体つきがしっかりしてくる3歳時期、新生児から4歳まで使用できるタイチャイルドシートでは3歳の体にとって窮屈な場合もあります。今3歳児用のチャイルドシートのうち人気なのは、長く使用できるロングユースタイプやジュニアシート。それでは、3歳児に必要なチャイルドシートの基本情報を見ていきましょう。


2歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは乗り降りしやすいロングユースタイプ

2歳児用のチャイルドシートおすすめ10選!2018年人気トレンドは乗り降りしやすいロングユースタイプ

6歳未満の子どもが乗車する際に取り付けが義務付けられているチャイルドシート。1歳から6歳以上が使えるもの、新生児も使用できるもの、さまざまなチャイルドシートが売られています。特に2歳児がいる家庭におすすめなチャイルドシートとはどのようなものでしょうか。このページでは、2歳児のチャイルドシートの選び方と、minari編集部厳選のおすすめ商品をランキング形式でご紹介。自我が強くなり「イヤイヤ」も多くなる2歳時期なので、スムーズに乗せ下ろしのできる安全なものを選びたいですね。今2歳児用のチャイルドシートのうち人気なのは、乗せ降ろしのしやすいロングユースタイプ。それでは、2歳児のいる家庭に必要なチャイルドシートの基本情報を見ていきましょう。


最新の投稿


ストレートヘアブラシおすすめランキング10選!2018年の人気トレンドは使いやすさ

ストレートヘアブラシおすすめランキング10選!2018年の人気トレンドは使いやすさ

今回はランキング形式でオススメの「ストレートヘアブラシ」をご紹介します!ストレートヘアブラシを選ぶ際のポイントとなるのは、使いやすさが一番重要。また安全性にもこだわりたいところ。ランキング上位の商品は使いやすさも安全性も文句なしのモデルが揃っています。ヘアブラシは外出先や旅行などでも使うアイテムなので、持ち歩くことができるとより便利。コンパクトタイプ、軽量タイプ、折りたたみできるものなど、携帯性に優れた商品も人気です。これまでクセ毛や髪のうねりに悩んでいた方や縮毛矯正に興味がある方、美容院に行けず短時間でストレートヘアにしたい方は、是非自分に合ったストレートヘアブラシ選びの参考にしてください!


かわいいテプラのオススメランキング10選!2018年人気トレンドはフォント・絵文字・対応テープの豊富さ!

かわいいテプラのオススメランキング10選!2018年人気トレンドはフォント・絵文字・対応テープの豊富さ!

テプラは手軽にラベルシールを作れる便利な道具です。絵文字やフォントのバリエーションが多いテプラを選ぶと活用の幅が広がります。使用できるテープの種類の確認も大切。連続印刷・オートカッター機能など便利な機能が付いているテプラだと大量のシール作製も楽に済ませることができます。ランキングの上位にはおしゃれなシールやかわいいお名前シールを作ることができるテプラ、サンリオのキャラクターシールが作れるテプラ、お名前タグを簡単に作れるテプラを選びました。その他のテプラも便利機能がついたおすすめのテプラばかり。使いやすそうなものを見つけて子供の道具の名前付けや家の中の整理整頓、プレゼントの装飾など様々なことに活用してください。


カートリッジが豊富なテプラのオススメランキング10選!2018年人気トレンドは充実機能と手軽さ!

カートリッジが豊富なテプラのオススメランキング10選!2018年人気トレンドは充実機能と手軽さ!

テープカートリッジの種類が豊富なテプラは多目的に使用でき、家庭でも職場でも大活躍してくれます。テプラを選ぶときにはテプラ本体に搭載されているフォントの種類や便利な機能を確認するのはもちろんですが、対応テープカートリッジの種類やテープカートリッジをすぐに購入できる場所の有無も大きなポイントになります。ランキングの上位にはカットラベルにも印刷できるハイスペックテプラ、ギフトラッピングなどで活躍するおしゃれなテプラ、使い慣れたパソコンやスマホでラベルを作れるテプラを選びました。その他のテプラも水や汚れに強く風呂場でも使えるテープなど、便利なテープカートリッジに対応しているおすすめのテプラばかり。あなたにぴったりのテプラをみつけてください。


デリバリーアプリおすすめランキング10選!チェーンも有名店もデリバリーできる総合タイプが2018年人気トレンド

デリバリーアプリおすすめランキング10選!チェーンも有名店もデリバリーできる総合タイプが2018年人気トレンド

近年、デリバリーや出前がスマホから頼める宅配アプリが増加中。お店のメニューから料理を選んで住所を入力するだけで、自宅までできたての美味しい料理を配達してくれます。宅配寿司や宅配ピザだけでなく、洋食・和食・中華などの隔てなくさまざまなバリエーションがあり、「もはや宅配できないものはない!」と言うほどです。割引サービスやクーポン利用が可能なもの、ポイントが溜まるアプリもあり、簡単な上にお得に注文できます。このページでは、そんな宅配アプリのおすすめをランキング形式でご紹介。お得で美味しく、便利な宅配アプリを10選まとめました。2018年トレンドは、チェーンのメニューも専門店のメニューもデリバリーできる総合タイプ。


アイロンラベル対応のラベルライターのおすすめランキング10選|「用途の幅を広げてくれる」が2018年人気のトレンド

アイロンラベル対応のラベルライターのおすすめランキング10選|「用途の幅を広げてくれる」が2018年人気のトレンド

名入れやファイルや書類などの分類、整理などはどのようにされているでしょうか。マジックで手書きというのも味があっていいですが、おすすめは「ラベルライター」。ラベルライターでピンと来なくても「テプラ」と聞けば分かる方も多いはず。素早くきれいにラベルテープができるのでとても便利ですよね。商品によってはテープ以外のものに印刷できたりデザインやフォントを変えたりできるものもあります。便利なのがアイロンラベルやアイロン転写テープといった布製品に張り付けることができるもの。今回はそれらに対応したラベルライターのおすすめ商品をランキングでご紹介していきます。他の様々な種類のラベルにも印刷できる用途の幅を広げてくれる商品をラインナップしました。