食べてるのに体重が急激に減るのは危険なサイン?!考えられる11個の原因

食べてるのに体重が急激に減るのは危険なサイン?!考えられる11個の原因

特にダイエットをしているわけでもなく、食べていないわけでもない。そこには、もしかしたら何か病気が潜んでいるのかもしれません。体重の減少は、体からの大事なサインなのです。ここでは、体重減少に隠された原因と対処法を紹介していきます。知識を増やして自分の体のサインにいち早く気づいてあげましょう。


体重が減っていく原因は?

食べても太らないという体質の人もいますが、いつもと変わらない食生活のはずなのに体重がどんどん減っていく場合、それは何かしらの原因が必ずあります。今まではそんなことなかったのに突然体重が減っていったら要注意です。

ここでは、体重が減っていく原因についていくつか紹介していきます。

1. ストレスによって体重が減る

ストレスを受けるとなぜ体重が減るのか。その理由は簡単です。ストレスを解消できずに長く溜め込んでしまうことで精神的苦痛となり、食欲減退、嘔吐、吐き気、倦怠感などの症状が生まれるからなのです。

ストレスは誰しもが受けています。でも、そこで一つ一つのストレスを長く溜め込まないことが大切です。趣味を見つける、愚痴を話す相手をつくる、睡眠をとる、人によって様々なストレス解消法があると思います。

ストレスから避けることができないのであれば、ストレスを自分でコントロールする力をつけましょう。

2. 糖尿病による可能性

糖尿病は、インスリンがうまく働かなくなり糖が思うように取り込めなくなる病気です。

糖尿病の初期症状として糖分がうまく取り込めないために空腹感を感じる人が多くいます。そのため食べても食べても空腹感を感じます。しかし、これが続くと栄養をうまく取り込めなくなり、最終的には自分の体についている脂肪をエネルギーに変えていくのです。そういったことから体重減少につながっていきます。

この病気の治療は、インスリン注射や食事療法、運動療法が基本となります。1型糖尿病の人はインスリン注射が必須です。2型糖尿病は、軽症であれば食事療法や運動療法だけで治療をすることも可能です。早期治療と継続が毎日の生活習慣が大切になります。

3. 男性に多い肝硬変

アルコールが主な原因と言われている肝硬変。そのため男性のほうが肝硬変になりやすいとも言われています。

肝硬変から肝臓がんに移行することも多く、肝臓がんになってしまってからでは手遅れということも多々あります。そのため肝硬変の初期の時点で治療を行ことが大切です。

肝硬変は初期症状が少ない病気です。だから、気づかないうちに進行して肝臓がんになっていたなんていう恐ろしいこともあります。そんな少ないサインの中でも初期に現れる症状の一つとして体重減少が挙げられます。その数少ない初期症状に早く気づくことが大切です。

肝硬変の治療薬はありません。服薬治療は肝硬変を治すものではなく、細胞死の鎮静化や肝がんの抑制など進行しないための服薬となります。そのほかにも食事制限や生活習慣指導などが挙げられます。

4. アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)が原因

この病気はあまり聞きなれない病名です。アジソン病は、別名「慢性副腎皮質機能低下症」と呼ばれ、こちらが正式な病名です。年齢も性別も関係なく誰にでも起こる病気です。ほとんどの場合が突発性で他人事と油断はできないのです。

この病気を発症するとさまざまな症状が現れます。倦怠感や低血圧、筋力低下、うつ病、食欲不振、下痢、脱水、色素沈着、急性副腎皮質不全などなど・・・時には命にかかわる病気です。
そんな症状の一つに体重減少が挙げられます。食欲不振、精神症状、低血糖など多くの要因が重なり体重減少を引き起こします。

この病気の治療は、ステロイド薬を内服します。初期段階で見つけることができれば薬の量も少なく済むため、薬の副作用もあまりありません。自分で気づくということは難しいですが、脱力感やめまい、体重減少、吐き気などが初期から多くの人に見られるので、そのような症状を感じたら病院で早めの受診をおススメします。

5. 胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの胃や大腸の病気

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は意外と身近な病気です。なぜなら、その原因がストレスや生活習慣から起こることもあるからです。

胃潰瘍になると嘔吐や吐き気などから食欲がなくなります。そのため体重がどんどん減っていく人が多くいます。十二指腸も同じく食欲不振からの体重減少が見られます。その他にも腹部や背中の痛みも出てきます。この2つの病気で共通して言えるのは初期症状として体重減少があることです。

胃潰瘍も十二指腸潰瘍も治療は、服薬治療と食事や生活習慣の改善が基本となります。しかし、重度の場合手術や入院となることもあります。食生活や生活習慣で病気になったのだとしたら、自分で改善する努力をしないとまた再発してしまう恐れも十分にあります。目標を立てながら改善していく努力をしましょう。

6. 悪性腫瘍

悪性腫瘍になって体重が減ったという人が多くいます。なぜ悪性腫瘍が体重を減らしてしまうかというと、がん細胞は大量のエネルギーを使うからです。悪性腫瘍は、驚くほどのスピードで体を侵食していきます。それだけスピードが速い分、多くのエネルギーを使うということです。

悪性腫瘍は症状が出やすいところは出やすいですが、末期の状態になるまで見つからないものも多くあります。それでも倦怠感や疲労感、体重減少など見逃せないサインは何かしらあるはずです。そのサインにいち早く気づくことが大切です。

悪性腫瘍の治療方法は、その箇所や進行具合によって様々です。手術、服薬、リハビリ、食事制限など多くの治療法を組み合わせながら治療を行っていくことになります。

早期発見・早期治療・再発防止の3つが重要な鍵です。まずは、自分の日々の体調の変化にいち早く気づくことが何よりも大切です。

7. HIV感染症による体重減少

最近では日本でも増えてきたHIVという病気。HIV感染症からエイズを発症しますが、そこでも体重減少が顕著に見られます。

HIV感染症には、何段階かステージがあります。最初の頃はほとんど自覚症状がなく、エイズを発症してから気づく人も結構いるのです。HIV感染症になってから2年から10年ほど経つとエイズを発症します。個人差もありますが、この移行期に体重減少が多く見られます。7キロから10キロ以上減る人もいて、急激な体重減少に体がついていけず、一気に体力が落ちてしまいます。

HIV感染症になればずっと抗HIV薬を投与し続けることになります。しかし、しっかり服薬を続ければエイズ発症を遅らせることは可能なのです。

女性は気をつけてほしい!体重が減ってしまう原因

女性の人の多くはきれいな体を目指して努力をしている人が多いはずです。そして、その多くの人は痩せようと努力しています。

女性の体重の変化、これは女性特有のものもあるのです。

女性の体重の変化にはどのような要因があるのか、ここでは少し紹介していきます。

1. 体重が減るのは生理後

生理の日は何かと気分が晴れなかったり、体調が優れなかったり・・・でも、そんな生理が終わると痩せやすい時期に変わるのです。

生理には、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の順番で周期が変化していきます。女性ホルモンの中には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。卵胞ホルモンは女性をきれいにしてくれるホルモン、黄体ホルモンは妊娠準備のための栄養などを蓄えようとするホルモン。そのため卵胞ホルモンが多く出ている時期が痩せやすいと言われています。周期で言うと卵胞期が一番卵胞ホルモンが増加します。

周期に合わせてダイエットをしてみるといいかもしれません。

2. 妊娠中も体重が減る

妊娠中に体重が減ることは実はよくあることです。

妊娠中の中でも妊娠初期によく見られます。なぜ妊娠したのに体重が減るのかというと、筋肉が落ちたり、つわりで食べ物が入らないなどの要因が考えられます。他にも胃が圧迫されて食欲がなくなる場合もあります。

2、3キロの減少なら問題ありませんが、大幅な体重減少は赤ちゃんにも自分にも悪影響です。食欲がないからといって食べないと生まれてくる赤ちゃんが低体重児の可能性が高まります。

毎日バランスのいい食事を心がけるのが基本です。どうしても食欲がなくて食べられない時は、病院の先生と相談して点滴をしてもらうなど、何かしらの形で赤ちゃんに栄養を与えて健康な体で生んであげましょう。

3. 貧血(巨赤芽球性貧血)で減ることも

あまり聞きなれない病名かもしれませんが、この病気は正常な赤血球が減少します。そのため貧血になるのです。

この病気の症状として倦怠感、動悸、吐き気や下痢などがあります。この貧血が重くなると、神経症状を引き起こし、歩行困難になります。
そのほかにも様々な要因から体重減少も引き起こします。

主な治療は服薬や注射、食事療法などです。貧血において食事は重要な鍵となります。ビタミンB12を欠如しやすいこの病気では、卵や鶏肉、甲殻類などを多く摂取し、足りないビタミンを補う食事療法が多く実施されています。

4. 女性に多い、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

最近よく耳にするようになったバセドウ病。この病気は、甲状腺ホルモンが多く分泌されてしまう病気です。甲状腺ホルモンの働きは新陳代謝を高めること。つまり、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって新陳代謝が高まります。そのためどんなに食べ物を摂取しても体重が減ってしまうのです。

バセドウ病の治療は、服薬、手術、放射線治療があります。その中でもほとんどが服薬治療です。ほかの2つは治りは早いですが、他の病気になってしまう可能性もあるからです。

きちんと治療をしていればほとんど前と変わらない生活ができるし、仕事も出産もできます。早めの発見と適切な治療が大切です。

あまり食べていないのに太ることも危険!

いつもと変わらない生活をしているのに体重が増えたと感じている人。そこには思わぬ病気が隠れている可能性もあります。

いつもより食べているわけではないのに体重が増えたら要注意です。

甲状腺機能低下症は太る・むくみなどの症状がでる

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌が低下し、代謝の異常や神経などを調整する機能が弱くなる病気です。

この病気になると、倦怠感や傾眠のほか、皮膚の乾燥や記憶の低下などが起こります。代謝がうまくいかないことによって便秘になったり、むくんだりします。その流れで体重増加にもつながってくるのです。

全体的に女性が多く、子供から大人まで発症する病気です。この病気は、基本的に甲状腺ホルモンの投与を行います。服薬のみの治療ですので、これで副作用が出ることはほとんどありません。また、自分に合った治療を続けていれば日常生活にはほとんど支障がありません。

急激な体重低下を防ぐ方法は?

何事も体に急激な負荷をかけるのはよくありません。体重を急激に増やすのも、急激に減らすのも、体にとってはとても負担なのです。

健康的にきれいな体づくりを目指しましょう。

ストレスを溜めない生活にする

「病は気から」という言葉があるように人間の精神状態は体に大きく影響します。どんなに体が健康でも気持ちが落ち込んでいると体にも悪影響です。

ストレスが原因で倦怠感や食欲減退が起こり、いつの間にか痩せてしまって不健康になっていたなんてことがないようにストレス発散方法を見つけましょう。ストレスを溜めないためには、自分の好きなことをたくさん見つけることです。好きな食べ物、好きな場所、好きな人・・・自分の「好き」をたくさん見つけてください。

極端なダイエットを行わない

すぐにでも痩せたい気持ちはわかります。でも、無理なダイエットをしてもリバウンドをしやすい体を作っているだけです。

1日ずっと運動をしているより、毎日10分ずつだけでも運動を続けることが大切なのです。食べ物に関しても断食をしたり、いきなりこれしか食べないと決めるのではなく、毎日食べたものを記入する、食べ順を気をつける、こんなちょっとしたことから始めるだけでも効果があります。

▼体重を戻す解決策or増やす方法はこちらをチェック!▼

無理なく減った体重を増やす3つの方法

1.食生活を改善する

食べても痩せてしまう人はこの方法は向いていませんが、摂取する食材選びとして摂取カロリーの低いものばかりではなく、3大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質をバランスよく食べて、基礎代謝よりも多くのカロリーを摂取することが、まずは基本的な体重の増やし方です。

主なポイントを3つ紹介します。

ポイント1:偏食を直すこと

摂取するカロリーが多かったとしても、摂取する栄養素に偏りがある場合は、本当に必要な栄養素が摂取できておらず体重を増やせない原因にもなります。

ポイント2:朝昼晩できちんと3食摂取すること

3食しっかり食べることは1日の摂取カロリーを基礎代謝よりも多くするためには重要です。最も抜きがちな、朝食はしっかり摂取しましょう。集中力の定価や疲れやすくなったり、悪影響も多くなってしまいます。

ポイント3:よく噛んで食べる

「よく噛んで食べなさい。」よく言われることですが、せっかく食べたのによく噛まずに食べてしまうと、体内で栄養素として吸収されずらくなります。よく噛むことで、唾液が分泌され、唾液に含まれる消化酵素であるアミラーゼが消化を促してくれます。

消化酵素の働きは人によって差がありますが、普段あまり噛まずに食べているあなたは実践してみましょう。

2.トレーニングをする

仕事ばかりの生活、飲み会ばかりの生活など、運動する習慣は上手く作れないものです。よくダイエットをするためにトレーニングをする人が多いですが、実は体重を増やす上でもトレーニングはとっても大切なのです。

トレーニングをするメリットを3つ紹介します。

メリット1:基礎代謝が上がる

運動をしない人は筋肉を動かすことが少ないので、基礎代謝が少ない傾向にあります。つまり摂取カロリーが少なくても生活できてしまっています。ただし、体重を増やそうと基礎代謝が低い状態で食事だけしっかりと摂取しても脂肪が付きがちになるので、健康的な太り方はできません。

1日に使うエネルギーをあげること、つまり適度な運動やトレーニングを実施することで、自然と体はエネルギーを必要としてくるので、基礎代謝は上がります。

メリット2:体脂肪率を落とせる

体重が落ちても体脂肪は変わらない、または増えたという方もいるのではないでしょうか?その原因は運動不足による筋肉量の低下が考えられます。筋肉は脂肪よりも重いので、筋肉がなくなると体重は落ちますが、その反動で体脂肪が増えることになるからです。

筋肉をつけて体重を増やすのが理想的です。

メリット3:太りすぎない

体重が落ちたからと言って、無理に摂取カロリーを増やしてばかりいると、リバウンド状態になってしまい、理想の体重以上に太り過ぎてしまう可能性があります。

トレーニングをして筋肉を増やすことで、摂取カロリーだけでなく、消費カロリーもあげることで、健康的に体重を増やすことができます。急激な体重の増加は禁物です。

体重を増やす方法をもっと見る

3.サプリメントを活用する

食生活もトレーニングも、生活習慣を帰るのって難しいですよね。そんな時におすすめなのが、サプリメントを効果的に活用する方法です。

摂取しずらい栄養素の摂取を助けてくれたり、吸収力が食事による摂取よりも効率的なサプリなど様々な商品がありますが、共通していえるのは、毎日の食事にプラスして手軽に栄養とカロリー摂取ができます。

健康的に体重を増やすために開発されたサプリメントでおすすめ商品を3つ紹介します。

おすすめの太るサプリ1:ファティーボ

<ファティーボの商品情報>
■完全ふっくらコース:3500円
■徹底ふっくらコース:4900円
■集中ふっくらコース:6300円
■単品購入:7000円

ファティーボは、栄養の効率的な消化吸収を目的に配合された、5種の酵素と2種の麹菌が作る生酵素を厳選しています。さらに、酵素の働きを補助するビタミンとミネラルが豊富な、自然健康食スピルリナを配合しています。

さらにさらに、体のめぐりをサポートする成分を配合しているので、摂取した栄養を体中にめぐらせることができるのでおすすめです。

おすすめの太るサプリ2:プルエル

<プルエルの商品情報>
■価格:5,980円(税込)+送料500円
※2本以上買うと送料無料

健康的な体に必要な栄養素をぎゅっと凝縮したのが、プルエル。口コミ評価も高く、2017年健康製品部門モンドセレクションを受賞しているわだいの製品です。

徹底した品質管理も評価されており、バランスのとれた栄養をしっかり体内に吸収されやすいように開発されているので、無理なく体重を増やしたい方におすすめです。

おすすめの太るサプリ3:フトレマックス

<フトレマックスの商品情報>
■単品購入:11,800円(税別)
■自動お届けコース:7,680円(税別)

健康的に太ることに特化したサプリと銘打っているその名もフトレマックス。

管理栄養士が監修しているだけあり、配合されている栄養素は非常にバランスがとれています。プロテインを摂取するよりも、体重を増やしやすい体つくりをサポートしてくれます。

飲み方も簡単で牛乳に混ぜるだけ。

サプリメントが苦手な人にもおすすめです。

おすすめの太るサプリ4:Plump(プランプ)

<PLUMP(プランプ)の商品情報>
■通常価格:5,980円(税別)
■定期便 初回 2,980円(税別)
※2回目以降は3,980円(税別)

あなたの太りたい!をサポートするサプリがPLUMP(プランプ)。

7種類の酵素とハーブから作られたサプリであるプランプは、胃腸の弱さを助けてくれるサプリです。当たり前ですが、食べたものをしっかりと胃腸で溶解し、吸収しなければ太ることはできません。

プランプは痩せすぎ体質の人が持つ、この胃腸が弱いという共通点に注目し、健康に体重を増やしていくお手伝いをしてくれるサプリとなっています。

まずは自分の体の変化に気づくことが大切

これまでいくつもの体重減少の原因を挙げてきました。体重が減ることには、ダイエットに成功する以外にも、多くの病気が隠れている可能性もあります

まずは、何よりも自分の体の変化に気づくことが大切です。そのためには、日ごろから自分の体を気にかけるようにしましょう。自分の体を守るのは自分です。

自分の体を理解し、自分に合った健康的な生活を送れるように心がけてくださいね。

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


健康管理 体重

関連する投稿


アルギニン摂取量は目的で異なる!目的別の摂り方を徹底解説

アルギニン摂取量は目的で異なる!目的別の摂り方を徹底解説

健康維持や美容に、筋トレなどの体作りに良いとされているアルギニン。効果が強力であるため、摂取量が決められているアルギニンですが、実は目的ごとの摂取量もある程度決まっているものなんです。今回は目的別のアルギニンの摂取量について徹底解説します。


アルギニン摂取で「不妊」を改善!その方法を男女別に徹底解説

アルギニン摂取で「不妊」を改善!その方法を男女別に徹底解説

成長ホルモンの合成を助けたり、血管を拡張したりしてくれるアミノ酸がアルギニンです。さまざまな健康効果が期待できるアルギニンには不妊改善効果もあるとされています。今回は、アルギニンと不妊のかかわりについてご紹介します。


アロエ化粧水のおすすめ市販商品10選!嬉しい美肌効果と簡単手作り方法も徹底解説

アロエ化粧水のおすすめ市販商品10選!嬉しい美肌効果と簡単手作り方法も徹底解説

昔から高い美肌効果があることで知られるアロエ。ニキビ解消効果や美白効果など、様々な効果が期待できます。アロエエキスを含む化粧品は、ドラッグストアなどでも定番人気の商品として売られていますよね。今回はアロエエキスが含まれた化粧水のおすすめを厳選して10商品ご紹介。自然の力でお肌をケアできる商品がそろっています。また、アロエ化粧水は、生のアロエが手に入れば自作することが可能。簡単な作り方もご紹介するので、アロエが手に入ったら是非お試しを♪更に、アロエの成分や肌にもたらす効果、効果的な使い方についても徹底解説します。これを読めば、アロエの美肌効果のすべてがわかるかも♡普段のスキンケアに是非アロエ化粧水を取り入れてみてくださいね。


カロリナ酵素プラスの情報を総まとめ!効果や成分、口コミを完全解説

カロリナ酵素プラスの情報を総まとめ!効果や成分、口コミを完全解説

人気のダイエットサプリ「カロリナ酵素プラス」はみなさんもうお使いですか? それとも、まだ購入するのを迷っていますか? この記事では、カロリナ酵素プラスに関する情報を詳細にまとめました。効果や成分、口コミ、おトクに購入する方法まで、カロリナ酵素プラスに関する情報が全て詰まっていますよ!


花粉症は秋・冬(11月~12月)でも要注意!咳や鼻水の原因と対処法は?

花粉症は秋・冬(11月~12月)でも要注意!咳や鼻水の原因と対処法は?

花粉症というと春のイメージが強いですが、実は11月12月にも花粉症の原因になる花粉は飛んでいるのです。寒くなってくる時期なので風邪と間違えやすいので気づかない方も多い秋冬の花粉症の原因と対策方法をまとめました。


最新の投稿


眉毛シェーバーのおすすめ人気ランキング10選!2018年のトレンドは眉コーム付きの商品

眉毛シェーバーのおすすめ人気ランキング10選!2018年のトレンドは眉コーム付きの商品

こちらの記事では、口コミサイトの評判やamazon・楽天といった通販サイトの売れ行きなどをもとに、minari編集部が今年おすすめの眉毛シェーバーを10商品ピックアップ。使いやすさ・評判・価格の3つの総合評価が高い商品から順にランキング付けした眉毛シェーバーのおすすめ人気ランキング10選をご紹介していきます。1位や上位の商品には使いやすくて低価格の人気商品を選んでいますので、眉毛シェーバーの購入や買い替えを検討しているという方は要チェックです。刃の大きさ、コームの有無、水洗いの可否といった眉毛シェーバーの選び方についてもご紹介していますので、こちらもお見逃しなく。


赤ちゃん爪切りおすすめランキング10選!2018年人気のトレンドは月齢にあった爪切り

赤ちゃん爪切りおすすめランキング10選!2018年人気のトレンドは月齢にあった爪切り

赤ちゃん用の爪切りのおすすめ商品ランキングを作成しました。赤ちゃんは生まれた時から爪が伸びています。小さく・薄く・やわらかいので、爪切りは慣れるまで大変!少しでも自分にあった使いやすい爪切りを用意して焦らないようにしたいものです。赤ちゃん爪切りの選び方のポイントは「爪切りタイプ」「月齢」など。上位には「月齢にあった爪切り」が多くなっています。また記事内では「赤ちゃんの爪のチェック頻度」「爪の切り方・爪切りが苦手な方へのアドバイス」なども解説・紹介しています♪あなたが使いやすい爪切りタイプや赤ちゃんの月齢・年齢などを考えて、ピッタリの赤ちゃん用爪切りを探してみてください。minar.独自調査のオススメ商品目白押しです。


おしゃれな水筒おすすめ人気ランキング|機能性もチェックするのが2018年のポイント

おしゃれな水筒おすすめ人気ランキング|機能性もチェックするのが2018年のポイント

ファッションに敏感な人のために、おしゃれに持てる水筒のおすすめ人気ランキングを作成しました。水筒は、子供だけでなく大人も持ち歩いてオフィスや毎日の生活の中で活用するものです。オフィスやスポーツジムなどで水筒を使うなら、出来ればおしゃれなデザインにもこだわって選んでみたいもの。おしゃれな水筒は、バッグやステーショナリーなどと同じように、使うたびにモチベーションを上げてくれますし、他の人からも注目されそうです。2018年、おしゃれな水筒を選ぶポイントは、デザイン性だけでなく機能もしっかりとしていること。デザインと機能が上手にマッチしたものも多いので、日本製、海外製問わずに幅広くチェックしてみましょう。


飛行機用耳栓おすすめランキング10選|2018年人気トレンドは気圧変化調整機能に優れた商品

飛行機用耳栓おすすめランキング10選|2018年人気トレンドは気圧変化調整機能に優れた商品

飛行機に乗った際、耳に違和感を感じることがあります。これは気圧の変化によって引き起こされる症状で、酷い場合は痛みや頭痛を伴う「航空性中耳炎」という病気を引き起こす場合もあります。対策としては耳抜きをすることも効果的ですが、上手く出来ない方も多いですよね。そこでおすすめなのが耳の気圧の変化による耳の痛みなどを効果的に軽減してくれる飛行機用耳栓です。今回は飛行機用耳栓を10点おすすめ順にランキング作成しました。最適な耳栓を選ぶポイントは、気圧調整機能・フィット感・素材などがあります。上位にはフライトを快適に過ごせるよう、気圧調整機能に優れた商品を多数選びました。ぜひランキングをもとに飛行機用耳栓選びの参考にしてみて下さいね!


遮音効果が高い耳栓おすすめランキング10選|2018年人気トレンドはフィット感の高い商品

遮音効果が高い耳栓おすすめランキング10選|2018年人気トレンドはフィット感の高い商品

雑音や騒音から耳を守ってくれる耳栓ですが、耳栓と一口にいっても水泳用・飛行機用・睡眠用など、用途や価格帯も様々。一般的な耳栓と聞いた際に思いつくのが騒音対策用ですが、その中でも遮音効果の度合いは製品によって違います。せっかく買ったのに騒音が漏れて使えないなんて事態は避けたいもの。そこで本記事では「とにかく周囲の音をしっかりシャットアウトしてくれる耳栓が欲しい!」という方のために、遮音効果の高い耳栓を10点おすすめ順にランキング作成しました。最適な耳栓を選ぶポイントは、遮音性・周波数・付け心地などがあります。上位には遮音性の高さプラス付け心地の良さに注目し、商品を厳選しました。ぜひランキングを元に耳栓選びの参考にしてみて下さいね!


最近話題のキーワード

MINARIで話題のキーワード


体の悩み アレルギー バストアップ 睡眠 健康管理 体重