花粉症は秋・冬(11月~12月)でも要注意!咳や鼻水の原因と対処法は?

花粉症は秋・冬(11月~12月)でも要注意!咳や鼻水の原因と対処法は?

花粉症というと春のイメージが強いですが、実は11月12月にも花粉症の原因になる花粉は飛んでいるのです。寒くなってくる時期なので風邪と間違えやすいので気づかない方も多い秋冬の花粉症の原因と対策方法をまとめました。


11月12月の花粉情報

花粉症というと東京だと春の初めの方から飛んでくるスギ、ヒノキの花粉によるものというイメージが強いと思います。実は11月12月など秋冬にも花粉症の原因になる花粉が飛ぶのです。

症状が出ないようにするには花粉を避けることが一番なので、まずはどんなものが花粉症の原因になる植物を知りましょう。

イネ科の植物

イネ科というお米がとれる稲を思い浮かべる方が多いですが、今回はその稲だけではなくイネ科の雑草も含まれます。種類が多いので11月12月だけではなく、一年を通して警戒が必要な植物です。川辺や堤防など水辺に多く生えているので、イネ科のアレルギーを持ってる方は避けましょう。

ヨモギ

春先では草餅の材料などとして有名なヨモギですが、秋になると花粉症の原因になる花粉を飛ばす植物に変わります。昔から草餅など食用はもちろん、薬草としても使われていたヨモギは、日本中のどこにでも生えている植物なので避けるのは難しいです。

ヨモギアレルギーを持っている方はセロリに対してもアレルギーを持っている方が多いと言われてます。食物系のアレルギーを持っていて秋冬に花粉症のような症状に悩んでいる方はヨモギアレルギーを疑ってみましょう。

ブタクサ

ブタクサはキク科で背が高く成長するのが特徴で、大きいものでは1.5mほどまで伸びます。ほかの秋冬に花粉を飛ばす植物に比べると背が高いので、その分遠くまで花粉を飛ばすことができるので注意が必要です。またこの植物もどこにでも生えてくる強い植物になっています。

ブタクサの別名に喘息草というものがあり、ブタクサアレルギーの方は咳が出る可能性があります。これはスギやヒノキの花粉の大きさの半分しかブタクサの花粉はないため、喉の奥まで入ってしまいやすいからです。花だけではなく喉にも気を付けましょう。

カナムグラ

カナムグラも秋に花粉を飛ばす植物で、繁殖力が強いのでなかなか駆除しにくい植物です。上の三つに比べるとマイナーな植物かもしれませんが、全国各地で見られます。ビールの原料のホップに近い種類の植物で、野原に生えるというよりもやぶや茂みなどに生えるので、カナムグラムにアレルギーを持つ方は避けましょう。

またカナムグラを除去しようとする方は抜くのではなく、除草剤を使いましょう。棘があって抜くときに危ないことと、生命力が強いので根っこが残ってるとまた生えてくるからです。

花粉症と風邪の見分け方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

11月12月は気温がぐっと下がってくる季節でもあります。風邪が流行る時期と重なるので、花粉症による症状なのか、風邪によるものなのかわかりにくいことがあるでしょう。そんな時に使える花粉症と風邪の見分け方をお教えします。

症状による見分け方

花粉症と風邪の症状は確かに似ていますが、よく見てみると違う点もあります。まずは自分に起きている症状をよく観察してみましょう。

まずは花粉症でも風邪でも悩まされる鼻水です。花粉症の鼻水は基本的にさらさらしていて、透明な水に近いものになります。風邪の鼻水はだんだん粘ついてきて、黄色や白など色のついたものになるので見分けることができるのです。

くしゃみも風邪と花粉症では違います。何回もくしゃみをするような場合は花粉症です。空気中に含まれる花粉を体の外に出そうとするのです。風邪の場合は体内の菌と戦っているのでそこまでくしゃみをしません。

他にも風邪の場合は発熱があったり、花粉症では目がかゆくなったりします。自分の体調をきちんと理解すれば、風邪と花粉症は見分けることができるのです。

環境による見分け方

外に飛んでいる花粉を吸いこんで、その花粉に対するアレルギー反応を起こすのが花粉症です。風邪は体内に入った菌が体の中で繁殖して、それに対する体の免疫との闘いが風邪の症状として現れます。

つまり風邪は周りに風邪の菌がなくとも体内に入ってしまえば、周りに風邪の菌がなくとも症状が出ます。しかし花粉症は周りに花粉がなければ、症状は軽くなります。外に出たときに症状の違いがある場合は花粉症である可能性が高いです。

病院で検査を受ける

花粉症かどうかを正確に確認したい場合は、病院に行くのが一番です。病院で何を調べるかというと自分が何に対するアレルギーをもっているかになります。

自分がその時期に飛んでいる花粉に対して、アレルギーを持っている場合は花粉症である可能性が高いです。まだ花粉症の症状が出ていなくとも、今後発症する可能性が高いものがわかるので予防もしやすいのでおすすめします。

11月12月の花粉症の予防法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

11月12月に起こる症状が花粉症によるものだとわかったら、今度はそれに対する予防法が必要になります。辛い花粉症に悩まないようにきちんと予防しましょう。

花粉を取り込まない

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連する投稿


アレルギー性鼻炎は何故起こる?原因・改善方法を徹底解説

アレルギー性鼻炎は何故起こる?原因・改善方法を徹底解説

アレルギー性鼻炎には年間を通じて症状の起こるものと、季節性のもの(花粉症)の2種類があります。原因となるアレルゲンも多様でそれに合った対策をする必要があります。アレルギー性鼻炎の検査や治療法、症状を軽減するための対策法についてご紹介します。


花粉症の予防・対策方法総まとめ|症状や時期に合わせてしっかり改善!

花粉症の予防・対策方法総まとめ|症状や時期に合わせてしっかり改善!

花粉症を起こす植物は様々ですが、どの植物の花粉でも共通して言えることは、花粉が飛ぶより早く対策を始める方が、症状がひどくなりにくいということです。この記事では、症状に合わせた診療科目の選び方や、病院で受けることができる花粉症の予防治療法、自分でできる花粉症の予防・対策方法を紹介します。


アルギニン摂取量は目的で異なる!目的別の摂り方を徹底解説

アルギニン摂取量は目的で異なる!目的別の摂り方を徹底解説

健康維持や美容に、筋トレなどの体作りに良いとされているアルギニン。効果が強力であるため、摂取量が決められているアルギニンですが、実は目的ごとの摂取量もある程度決まっているものなんです。今回は目的別のアルギニンの摂取量について徹底解説します。


アルギニン摂取で「不妊」を改善!その方法を男女別に徹底解説

アルギニン摂取で「不妊」を改善!その方法を男女別に徹底解説

成長ホルモンの合成を助けたり、血管を拡張したりしてくれるアミノ酸がアルギニンです。さまざまな健康効果が期待できるアルギニンには不妊改善効果もあるとされています。今回は、アルギニンと不妊のかかわりについてご紹介します。


アロエ化粧水のおすすめ市販商品10選!嬉しい美肌効果と簡単手作り方法も徹底解説

アロエ化粧水のおすすめ市販商品10選!嬉しい美肌効果と簡単手作り方法も徹底解説

昔から高い美肌効果があることで知られるアロエ。ニキビ解消効果や美白効果など、様々な効果が期待できます。アロエエキスを含む化粧品は、ドラッグストアなどでも定番人気の商品として売られていますよね。今回はアロエエキスが含まれた化粧水のおすすめを厳選して10商品ご紹介。自然の力でお肌をケアできる商品がそろっています。また、アロエ化粧水は、生のアロエが手に入れば自作することが可能。簡単な作り方もご紹介するので、アロエが手に入ったら是非お試しを♪更に、アロエの成分や肌にもたらす効果、効果的な使い方についても徹底解説します。これを読めば、アロエの美肌効果のすべてがわかるかも♡普段のスキンケアに是非アロエ化粧水を取り入れてみてくださいね。


最新の投稿


シグナリフトの幹細胞美容液の口コミや評判は本当?実際に購入してたるみ・ほうれい線への効果を検証

シグナリフトの幹細胞美容液の口コミや評判は本当?実際に購入してたるみ・ほうれい線への効果を検証

今回は話題の幹細胞美容液「シグナリフト(Signalift)の口コミや評判をリサーチ。口コミからシグナリフトの効果を探っていきます。また、実際に美容液を購入して使ってみることで、たるみ・ほうれい線・シワに効果があるか実験してみました。シグナリフトの購入は、公式サイトのお試しコースを利用したので、かなり安く入手することができました。Amazonや楽天で買うよりも安いのか、どうすれば格安で購入できるのか、編集部で調査した情報をお届けします。再生医療センターが開発したシグナペプチドという新成分をはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分も配合されているので、年齢肌・乾燥肌の方にもおすすめのシグナリフト。この記事で理解を深めてくださいね♪


安いフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

安いフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

今回は、おすすめの安いフードプロセッサーについてお伝えいたします。価格重視で選ぶときには、自分が必要としている機能に注目するのがポイント。据え置きタイプ、ハンディタイプのどちらも選択可能です。自分なりのお気に入り機能を見つけることも選ぶにあたって大事でしょう。上位には、安価ながら多機能なフードプロセッサーが多いです。


洗いやすいフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

洗いやすいフードプロセッサーおすすめランキング12選! 使いやすさが2018年人気トレンド

今回は、おすすめの洗いやすいフードプロセッサーについてお伝えします。フードプロセッサーを選ぶときには、手早く下ごしらえをするのに役立つ多彩な機能がポイントです。後片付けのしやすさ、自分が必要としている特徴にも注目して、選ぶようにしてください。上位には、各パーツの分解がしやすいタイプの商品が多いです。


フードプロセッサーおすすめランキング12選!2018年人気トレンドはリーズナブルで高機能

フードプロセッサーおすすめランキング12選!2018年人気トレンドはリーズナブルで高機能

今回は、フードプロセッサーのおすすめ商品をランキング形式で12商品ご紹介。代表的な選び方としては、フードプロセッサーの種類や容器の素材、使い勝手などさまざま。 ランキング上位には、日常に使いやすいフードプロセッサーや、リーズナブルで高機能なフードプロセッサーが揃っています。購入したいフードプロセッサーを選びましょう。


自立式ハンモックのおすすめランキング10選|「品質しっかり」が2018年人気のトレンド

自立式ハンモックのおすすめランキング10選|「品質しっかり」が2018年人気のトレンド

ハンモックは元々南米の原住民の間で使われていたアイテムでしたが、今や世界中に広まっています。海外ドラマや映画に登場するハンモックに憧れたことは誰しも一度はあるはず。通常、ハンモックは木や柱に括り付けて使用しますよね。適当な木や柱がない場合、諦めてしまうしかないのでしょうか。そこでおすすめなのがスタンドが付いた自立式ハンモックです。スタンド付きなので平坦な場所であればどこでも好きな場所で使うことができます。アウトドアだけではなく、室内での利用にもおすすめ。十分なスペースがあれば憧れのハンモックを部屋に設置することができます。今回はそんな自立式ハンモックのおすすめをランキング形式で紹介。品質がしっかりしていているものを集めました。