白髪染めを選ぶならトリートメントタイプで決まり!綺麗に染まるおすすめ商品5選

白髪染めを選ぶならトリートメントタイプで決まり!綺麗に染まるおすすめ商品5選

毎日使うことで徐々に白髪が目立たなくなる、白髪染めトリートメントをご存知ですか?存在は知っていても、本当に染まるのか?普通のトリートメントのように使える?等、あまり良いイメージを持っていない方もいらっしゃることでしょう。そこで、トリートメントタイプの白髪染めの特徴やおすすめをご紹介していきたいと思います。


なぜ白髪ができる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

白髪は、地毛の色がぬけてできるものではなく、色が入らずに髪が伸びてきたものです。髪はもともと白い色をしており、毛穴の奥に毛母細胞と一緒に存在する色素細胞(メラノサイト)で色素を作り、髪に色をつけているのです。

皮膚を紫外線から守る働きをするメラニン色素という言葉はみなさん聞いたことがあるかと思いますが、髪の黒い色も、実は頭皮を紫外線から守る目的で作られているメラニン色素なのです。

つまり白髪は、加齢や生活習慣の悪化等の原因で色素細胞の機能が低下し、髪に色がつかないまま伸びてきてしまった結果というわけです。

白髪染めトリートメントのしくみとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

白髪染めトリートメントとは、白髪染めの成分とヘアケア成分を併せ持ったアイテムです。HC染料、塩基性染料、植物性染料、トリートメント、以上4つの成分が主体となっており、メーカーにより様々な組み合わせで作られているそうです。では、トリートメント以外、3つの染料の特徴について詳しくご紹介したいと思います。

HC染料

通常のカラー剤は、酸化染料といって、キューティクルを開いて髪に色を入れる仕組みですが、HC染料は髪の内部に浸透させていくタイプの染料となっています。酸化染料よりも分子が小さく、染色能力は弱いですが、肌に着きにくい為お風呂でも手軽に染めることができます。

塩基性染料

髪に存在するマイナスイオンとくっつくことで髪を染めるタイプです。HC染料のように髪の内部に浸透させるのではなく、髪の表面に色を付ける仕組みとなっているそうです。

植物性染料

地球上に存在する植物の中には染色力を持ったものがあります。染色植物として、ヘナやクチナシは有名ですよね?しかし、植物ですので、それ自体が持っている色をつけることしかできず、その植物単体の色での白髪染めは難しいのですが、HC染料や塩基性染料との組み合わせで様々な色を作り出せるといった使い方をされているようです。

白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

手軽に自然に白髪染めができるトリートメントタイプの染料ですが、便利な反面欠点もいくつかあります。では、白髪染めトリートメントのメリットとデメリットをまとめてご紹介したいと思います。

メリット

■トリートメント成分が入っている為、コンディショナー等が不要
■髪や頭皮に優しい成分になっている。
■お風呂で手軽に染められる。
■徐々に染まっていくので自然に白髪が目立たなくなる。

デメリット

■トリートメント後、しっかりと乾かさないと枕に色がつくことがある。
■しっかりとすすいでおかないと帽子やアクセサリー等に色がつくことがある
■染色力が弱く、なかなか染まらない場合がある。
■染めるのをやめるとすぐに色落ちしていく。
■お風呂で使用する場合、放置時間が長く感じることがある。

おすすめの白髪染めトリートメント5品をご紹介

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いざ白髪染めトリートメントを使ってみようと思っても、今はいろんな商品が販売されている為、どの商品にしようか迷ってしまうかと思います。そこで、ランキングサイトやamazon、アットコスメ等通販サイトの口コミ情報から、おすすめの商品をご紹介していきたいと思います。

①LPLP(ルプルプ)

ベニバナ、クチナシ、藍の葉、藍の茎等、天然の染料を使用している為、髪や頭皮に優しい白髪染めトリートメントです。さらに、美容と健康に効果があり、特別な環境でしか育たないといわれているカゴメ昆布のネバネバ成分に含まれている『フコイダン』という成分が髪にしっかりと潤いを与えてくれるとされています。

使い方ですが、シャンプー後しっかりとタオルドライをすることをおすすめします。ミディアムヘアでゴルフボール1個分が目安とし、直接手の平に出します。次に髪全体にたっぷりとなじませ、気になる部分は念入りに塗り、コームで生え際やこめかみ等しっかりなじませます。塗り終わったら、シャワーキャップで髪を包み、20~30分おきます。

すすぎは、お湯に色がつかなくなるまでしっかりと行ってください。放置時間が少々長めを推奨されている為、肩にタオルをかけて湯船に浸かって待つのもいいかもしれませんね。また、この商品は、しっかり染めたい方はシャンプー前の使用がおすすめとされていますので、お風呂に入る前に使用すると待ち時間も苦にならないのではないでしょうか。

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント モカブラウン 200g ×1本(全4色)

¥ 1,980(税込:2017/12/19時点)

39%OFF!!(通常価格:3,240円)

②資生堂 プリオール

通常の白髪染めよりも優しい成分で出来ているのがトリートメントカラーではありますが、塩基性染料を使用していない為、さらに優しい処方となっているようです。他のトリートメントカラーが合わなかったという方でも一度試してみてはいかがでしょうか。

こちらの商品は髪の中に栄養分を浸透させるトリートメントではなく、髪の表面をコートするコンディショナーとなっています。天然の海藻エキスやコラーゲン配合ですので、傷んだ髪を補修しながらもしっかりと保湿してくれます。その他、ハリやコシをUPさせてくれる作用もあるので、使えば使う程に髪の根元がふんわりとしてようです。

使い方は、シャンプー後、しっかりとタオルドライをし、手に直接コンディショナーをのせます。(セミロングで大さじ2杯程度)地肌にすりこまないよう、気になる部分を中心に髪全体に塗り込み、5分放置します。その後、お湯に色がつなかくなるまでしっかりとすすぎ、しっかりとドライヤーで乾かします。

プリオール カラーコンディショナー N ブラウン 230g

¥ 1,290(2017/1/31時点)

カラーバリエーションは、ブラック、ダークブラウン、ブラウンの3色

③フラガール カラートリートメント

HC染料、塩基性染料のカラートリートメントで、米国オーガニック認証団体が認定した、ローズマリー、セージ、ラベンダー等のハーブエキス9種類を配合、その他にも黒真珠由来成分配合で、ツヤとなめらかさを髪に与えてくれるとされています。カラー剤独特の香りもなく、優しいハーブの香りでリラックスしながらトリートメントすることができます。また、パラベン、エタノール、シリコンの3つがフリーですので、肌の弱い方でも安心かと思います。

使い方は、トリートメントを手にとり、気になる部分にしっかりと塗布します。塗布する際は、手袋をつけたほうがいいとされています。放置時間は、長ければ長いほど、しっかりと色がつくようです。放置後は、すすぎのお湯が透明になるまでしっかりと洗い流し、ドライヤーでしっかりと乾かしてください。

フラガール カラートリートメント 250g

¥ 2,160(2017/1/31時点)

カラーバリエーションは、ブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ローズブラウンの4色

④ビゲン カラートリートメント

ハリ・コシ成分であるタウリンが配合されている為、使うごとに白髪が目立たなくなるだけでなく、髪の根元もふんわりとしてきます。その他ヒアルロン酸、ツバキ油も配合されているので、髪や地肌にも優しい処方となっています。カラー剤のようなツンとしたニオイはなく、スイートフローラルの香りで、アロマの香りに包まれながらトリートメントをすることができます。

使い方は、シャンプー後しっかりとタオルドライをし、トリートメントを適量直接手のひらに出して髪全体に塗布。5分程度放置した後、お湯の色が透明になるまでしっかりと洗い流し、お風呂から出たらしっかりとドライヤーで乾かしてください。

ホーユー ビゲン カラートリートメントNBR(ナチュラルブラウン) 180g

¥ 825(2017/1/31時点)

カラーバリエーションは、ナチュラルブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウンの3色

⑤自然派clubサスティ 利尻昆布ヘアカラートリートメント

傷んだ髪が持つマイナスイオンにプラスのイオンカラーを結合させる『イオンカラー』と、キューティクルの隙間に浸透して染める『ナノ分子カラー』の2つのカラー成分、クチナシ、ウコン等、4つの天然由来の植物色素で優しく染め上げます。

また、天然の利尻昆布に含まれるフコイダンやアルギン酸で髪や頭皮に潤いを与え、ミネラル分により髪を健やかな状態にしてくれるとされています。その他、ゆずやローズマリーといった天然の植物エキスも配合されている為、髪を染めながらツヤのある美しい髪に変わっていくことが実感できるのではないでしょうか。

使い方ですが、シャンプーした後、よく濡らした手のひらに適量のトリートメントを出し、髪にまんべんなく塗布します。10分程放置した後、お湯に色がつかなくなるまでしっかりとすすぎ、お風呂から出たらドライヤーでしっかりと乾かします。初めて使用する際は、放置時間を少し長めにすることが推奨されています。

自然派clubサスティ 利尻昆布ヘアカラートリートメント白髪染め 200g×1本(全4色)

¥ 2,000(税抜:2017/12/19時点)

1,000円OFF!!(通常価格:3,000円)

トリートメントタイプで白髪染めの面倒から解放されよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お風呂に入ったついでに白髪染めができる便利なトリートメントで、これまで少し伸びたり色褪せたりするたびにカラーリングしていた面倒から是非解放されてほしいと思います。
ヘアカラーとトリートメントの併用で髪の色も持続するようですので、白髪染めトリートメントを利用したことがなかった方は、これを機に是非試していただきたいと思います。

関連するキーワード


白髪